FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 拡散希望 ☆命の代弁(犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院2020.06.06) 茨城県、見せかけの犬猫殺処分ゼロ発表
2020年06月06日 (土) | 編集 |
拡散希望 
命の代弁(犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院2020.06.06)


茨城県、見せかけの犬猫殺処分ゼロ発表



(犬猫救済の輪の行政への基本姿勢)

譲渡団体として行政と仲良くしていかなければ、上手にやっていかなければ・・という声が多い中、「言うべきことは言う」のが犬猫救済の輪の基本姿勢です。これまでもこれからも変わることはありません。
なぜなら、動物は口がきけないからです。動物愛護団体は動物の代弁者でなければならないからです。

(茨城県動物指導センターに譲渡協力を申し出た理由)

2016年 茨城県は全国でも先進的な「茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」を公布しました。かつて殺処分ワースト1だった茨城県が、国民の悲願ともいうべき殺処分ゼロにチャレンジを始めて下さったことが嬉しく他県からではありますが譲渡団体としての協力を申し出ました。

(茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例の精神)
条例は尊い精神に満ちた宣言で始まっています

犬や猫は,人間に最も身近な動物の一つであり,家族同様の存在として私たちの生活に癒やしと潤いを与えてくれる。
その一方では,飼い主の犬や猫の習性に対する理解不足による身勝手で無責任な飼養放棄,県民からの苦情及び相談に基づく犬の捕獲等により,多くの犬や猫が殺処分されている。
特に,本県は,犬の殺処分頭数が長年にわたり全国上位に位置するほど多く,県民が深く憂慮すべき状況にある。
犬や猫の命を尊ぶことがひいては人間の命の尊厳の確保につながることに鑑み,今こそ,犬や猫を飼養し,又は業として犬や猫を取り扱う者には,それらの命の大切さに対する認識を新たにして行動することが求められている。
ここに,私たちは,県,市町村及び県民が一体となって,犬や猫の殺処分ゼロを目指すことを声高らかに宣言し,犬や猫と共に幸せに暮らせる社会の実現に向けて行動する決意を明確にするため,この条例を制定する。


(2019年度、見せかけの殺処分ゼロ達成発表)

条例公布3年後の本年5月、茨城県は犬猫殺処分ゼロを達成したと発表しました。

犬猫の殺処分ゼロは見せかけ?実は568匹処分(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/31632
 県が、二〇一九年度に県内で殺処分された犬猫は「ゼロ」だったと発表した。担当課は「地道な啓発活動の効果が出た」と胸を張るが、「攻撃性がある」などの理由で「譲渡不適」と判断して殺処分した数は除外されている。「収容中死亡」も含めれば、実際の殺処分数は犬が百四十四匹、猫は四百二十四匹。 県が二十六日に公表した資料のタイトルは「本県における犬及び猫の殺処分ゼロの達成について」。「譲渡適性があると判断した犬猫の殺処分数がゼロとなり、県総合計画の目標を達成した」と宣言した。(転載ここまで)

茨城県内で犬猫殺処分ゼロ 19年度 集計見直し目標達成(茨城新聞)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e5133c0ea4f1662d0bfa561e47c926eede582f1
県は19年度に「譲渡候補犬の選定に関するガイドライン」を策定。県動物指導センター(笠間市)に収容後、譲渡に至らなかった犬や猫について、(1)攻撃性や病気などで譲渡が適切でない(2)家庭で飼育できる(3)収容中死亡-に分類。うち(2)のみを殺処分頭数として集計する方針に変更した。(転載ここまで)

568匹が死んでいるのに、わざわざ、殺処分された犬猫が「ゼロだった」と発表する必要があるのでしょうか?実際には、生きていたからセンター扱いになった犬144匹、猫424匹が死亡しているのです。
「家庭で飼育できる犬猫は殺処分しなかった」というだけです。二重帳簿のようだと言ったら言い過ぎでしょうか。
568匹が死んでいるのに「殺処分ゼロ、目標が達成した」と宣言する茨城県。
茨城県条例が謳う殺処分ゼロとは、この程度のものだったのでしょうか。

(他自治体にも悪影響)
今回の茨城県のように多くの犬猫を殺処分していても独自の基準を設けて、殺処分ゼロと宣言する自治体が出てくることが心配です。

(難しい立場の動物を救うことこそ動物愛護行政のゴール)

犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、病気や事故で治る見込みが無く耐え難い苦痛に苦しむ動物以外の殺処分も安楽死もするべきでないと考えます。
年をとっている、障がいがある、まだ乳を飲んでいる、病気、人間に心を閉ざしている等の犬猫は、工夫と予算があれば救えるのです。ここに手を差し伸べることが大事です。こうした犬猫は今回の茨城方式では殺されても構わない命、殺されたことすらカウントされない命でした。
 茨城条例では「犬や猫の命を尊ぶことがひいては人間の命の尊厳の確保につながることに鑑み」とあります。
条例で言う「犬や猫の命」には前述の様に何らかのハンデのある犬猫の命も含まれていると信じます。茨城県はどこから違う道に迷い込んだのでしょうか。
おそらく茨城県は「まず譲渡しやすい犬猫から始めて段階的に殺処分を減らしていくのです」と反論するでしょう。
 けれども、どの犬猫にも公平に同時にチャンスが与えられるべきです。
「ハンデがあるからこそ、この子を家族に迎えたい」「虐待されて反抗的になっているからこそ、社会復帰させてあげたい」と思う団体や個人がいることも事実です。そういうニーズもあるということです。
環境省動物愛護室は以前、当会の問い合わせに対して、「譲渡選定担当者は、動物の情報や社会のニーズを適切につかみ、各動物の社会復帰の可能性を見出し、譲渡者とのマッチングを進めるよう対応していただきたいです。これにより、より多くの犬猫に社会復帰のチャンスが与えられるでしょう。」と明快に答えられました。

人間社会と同様、動物愛護行政においても、弱い立場のものを尊んでこそ、国民、県民の倫理や道徳に叶う道ではないでしょうか。
ハンデのある犬猫を葬ったうえでの見せかけの殺処分ゼロは、当初、茨城条例が目指したゴールとはその精神において、全く異なるものであると考えます。


(予算が無いと言う一方で、ジンベイザメ館に130億円)
昨年、知事に対して殺処分を回避するための案が議会からも私達からも提案されましたが、収容犬を生かすために保護スペースを増やして欲しいという願いは認められませんでした。そのような中、知事が130億円もかけてジンベイザメ2頭を展示する巨大水槽を計画していると知り驚きました。犬猫救済の輪では生き物を人間の娯楽のために見世物にすることに反対しています。生き物を捕らえて見世物にすることの残酷性と、予算の使い方の問題点を指摘して徹底的に抗議しました。(130億円ジンベイザメ館は議会で全会派一致で否決)
議会に十分な説明もないまま130億円もの予算を自由に使おうとしていながら、不幸なセンター収容犬は生かす場所がないとのことでした。今後「予算が無いから」という理由は認められません。少しの予算でいいのです。工夫を凝らせば、皆が肩を寄せ合って生きていけるのです。


(茨城県でなぜ犬の収容が多いのか、犬の場合)
茨城県の場合、明確に答えが出ています。センターが狂犬病予防法に基づく、犬の登録と鑑札装着を飼い主に徹底させることを怠っているからです。
残念ながら茨城県ではこの仕事がほとんど行われていません。
どういうことかと言うと、センターには、職員が住民を指導する際の「注意指導書」という書式がありますが、センターに確認したところ、ここ2年は出されていないし、そもそも、今まで出したことが無いそうです。
何故、法律を守らせないのでしょうか。

以下、大事な点なので詳しく記述します。
犬の殺処分をなくす一丁目一番地はセンターが狂犬病予防法に基づき犬の登録と鑑札装着を徹底することです。

1) 狂犬病予防法は「人のための感染症対策の法律」
先ず初めに理解しておかなければならないのは、狂犬病予防法とは厚労省が主管している「人間のための、人を感染症から守るための法律」であるということです。動物愛護の問題ではなく、何よりも人の命にかかわる法律だという認識を持つことが必要です。

第一条 この法律は、狂犬病の発生を予防し、そのまん延を防止し、及びこれを撲滅することにより、公衆衛生の向上及び公共の福祉の増進を図ることを目的とする。

狂犬病は人をはじめ、すべての哺乳類及び鳥類に感染します。現在のところ治療法もなく、一度発病してしまうと、必ず死亡してしまう恐ろしい病気です。アジア諸国での発生は多く、いつ狂犬病が進入するか予断を許さない状況にあります。コロナウィルス同様、ウイルスの海外からの侵入を許してしまうと狂犬病の流行を防ぐことは困難なので、重要となるのが狂犬病予防接種です。狂犬病予防法では飼い犬の登録と狂犬病予防注射が義務付けられていますが、接種率が低ければ、流行を抑えることができません。要は「狂犬病という人の病気を予防し、いざ発生した時の防疫体制がとれるように犬の管理をしっかりとしよう」というのが狂犬病予防法の目的なので、自治体はこれを怠ることはできないのです。

2)狂犬病予防法が犬の飼い主に課している義務
人を致死率の高い感染症から守るために制定された狂犬病予防法では、犬の飼い主にいくつかの義務を課しています。
• 犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に、その犬の所在地を管轄する市町村に登録の申請をし、鑑札の交付を受けること
• 犬の所在地の移動があった場合、届け出ること
• 毎年1回、4月から6月までに狂犬病予防注射を受け、注射済票の交付を受けること
• 鑑札や注射済票を犬に付けること
※上記のうちどれかひとつでも違反があれば、20万円以下の罰金または科料が科せられます

3)収容犬が多い原因は犬の未登録と鑑札の未装着
茨城県では、鑑札が無く放浪している犬達がセンターに次々に収容されてきます。野犬ではなく人に飼われていた、いわゆる所有者不明の犬達です。
茨城県動物指導センターの公表する資料では、2016年度にセンターに収容された犬の総数1628頭の95%が所有者不明。2017年度総数1325頭のうち97%が所有者不明です。(2019年度は1421頭が収容)収容数が多く収容スペースが足りないという理由で殺処分が行われています。
また、放浪していたためか警戒心が強くなる場合もあります。こうした犬達が、譲渡適性を見る県独自の判定で殺処分の対象になっています。
飼い主がきちんと犬の登録をして(迷子札の役目をもつ)鑑札を犬に装着してあれば、迷子になってセンターに収容されても飼い主のもとに戻すことが出来ます。

4)センターの怠慢(不作為)が犬の殺処分を招いている
つまり、人の命を守り、犬を殺さないで済ませるために茨城県がやるべきことははっきりしています。①未登録犬を発見し、②登録させ、③鑑札を装着させることです。
しかしながら、これらがほとんど行われていないことが判明しています。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-6913.html
当会の質問に対してセンターからは「茨城県動物の愛護と管理に関する条例」に基づいて犬を放し飼いにしないで欲しいと啓蒙しているとの回答がありましたが、条例よりも上位である狂犬病予防法による、犬をきちんと登録させ鑑札をつけさせるという、当たり前の業務が全く行われていないことが、殺処分になる放浪犬を生み出している元凶です。


(茨城県でなぜ子猫の収容が多いのか 猫の場合)
不妊手術を推進するための、不妊去勢手術助成金の在り方に問題があります。
2019年度、死亡した猫424匹の殆どは離乳前後の子猫です。不妊去勢手術助成金は全国でも珍しいほど高額ですが、その分、頭数が少ないのです。
高額とされる横浜市でさえ、1頭あたり6000円の助成金です。低料金で手術を行ってくれる協力病院を発掘することも大事です。
※犬・猫の不妊(避妊)及び去勢手術に対する全国市町村助成金リスト
http://joseikin4catsdogs.web.fc2.com/
※猫避妊五千円から病院リスト
https://nekomokazokukeikaku.jimdo.com/

(情報公開)
動物指導センターが行っていることは全て公共事業ですので、県民に対して情報公開を基本としなければなりません。
当会はセンターに対して、二つの重要な情報公開を求めています。
一つ目は、センター犬猫飼養管理委託会社選定審査内容と経過の情報
二つ目は、殺処分が決まった犬の情報

センター委託会社選定審査内容は「非公開とする」(要綱)とされ、県税を用いて行う公共事業の在り方として公平性と透明性の確保がなされていません。犬猫の大事な命を扱う会社のやり方、考え方によってセンターでの飼育環境、ひいては命さえ左右されます。
当会はこの点に関して知事あてに、情報公開を原則とする選定方式を採用していただくことを提言しております。

また、やみくもに犬を引き取るのではなく「殺処分が決まった犬」を可能な限り引き取りたいと申し出ている団体がいます。野犬保護にも実績があります。殺処分する前に相談してほしいと7つの団体連名で申し入れをしていますが、センターは「今後も教えない」と回答しています。これは殺処分される犬からすると、最後のチャンスも与えられず葬られることであり団体からすると「殺処分されそうな犬」を推測して必要以上に多く引き出さざるを得ず、精神的にも経済的にも大きな負担がかかっています。教えないという行為は法律に基づかない行為なので公務員の裁量権の逸脱ほか、いくつかの法にふれる可能性があります。

(茨城県議の先生方へ)
わが国でも先進的なゼロ条例は先生方が議員立法で公布された誠に貴重な条例です。
この条例に感銘を受けた多くの団体や個人が譲渡事業に参画しました。
私達が県外のセンターへ遠い道を車を走らせ通い続けてまいりました理由は、本当の意味での殺処分ゼロに茨城県が真剣に取りくんでいると信じていたからです。
議会においても、先生方は真摯にセンターの犬猫たちのために貴重な発言を続けて下さっております。

今回「見せかけの殺処分ゼロ」(東京新聞の報道タイトルのまま)は、先生方が望まれた結果でしょうか。
カウントしない命があるということは、人間社会で弱者をどう考えるかということにも繋がります。

また、新型肺炎蔓延の恐怖に日本中がさらされている中、人を感染症から守る狂犬病予防法に基づく業務がなされていない事には動物愛護行政上の問題であると同時に防疫上の危険があります。

数々、お願いしたいことはありますが、今回の「殺処分ゼロ宣言」に際し、今一度、センターのもの言えぬ犬猫たちの言葉に耳を傾けていただけましたら幸いです。


☆負傷動物にも医療を(TNR日本動物福祉病院)

TNR日本動物福祉病院では、多くの不妊手術は勿論のこと、
飼い主のいない多くの負傷動物にも医療を施せるように取り組んでいます。

茨城県動物指導センターから来た負傷猫さんたちは事故による骨折等で手術が必要でしたが、海外からの手術機材の入荷がストップになり、再度値段は高くなりますが国内に注文を出すなどして時間がかかり、新型コロナはこんなところにも影響を及ぼしています。

外での暮らしは、危険がいっぱいです。交通事故では骨折が多く、脊髄神経が損傷し下半身麻痺を起こした猫も数多くセンターに収容されます。ボランティアさんは、引き出してあげたくても医療にかかる費用に悩まれたり、毎日の圧迫排尿の覚悟もしなくてはなりません。
引き出されTNR日本動物福祉病院にやって来た3匹の猫達、できる限りのことをしてあげたい。

アゴちゃん   おこげちゃん  アンニンちゃん それぞれに治療を受けてこの度無事にボランティアさんのお家で暮らすことになりました。
20200314_184701.jpg

20200314_184931.jpg

20200314_184928.jpg



20200328_201011.jpg

20200328_200931.jpg

20200314_210144.jpg

20200322_232704.jpg

20200316_133441.jpg


20200528_172233.jpg

20200528_172335.jpg

20200314_201928.jpg





そしてまた、今日も病院にやって来た子。
20200605_212542.jpg

20200606_190520.jpg

20200606_191330.jpg

TNRで病院に来た猫さんは、横隔膜ヘルニアでこれから手術を受けます。
20200605_213125.jpg

成猫の引取りが多くなっています。
若くなくても、病気があっても、みんな今生きている命です。
お迎えいただける方はいらっしゃいませんか。
優しいお声がかかるのを待っています。



★TNR日本動物福祉病院
TNR日本動物福祉病院(11時ー20時 044-276-9388)は、通常でも、飼い猫でも飼い主のいない猫でも、猫メス6000円 オス5000円でいつでも不妊手術をお受けいたしておりますのでご利用下さい。
横浜市・川崎市在住の方は、行政の助成金もご利用になれます。

top_kv_funins_20191028032350ac8.jpg

★犬猫救済の輪 では、TNR日本動物福祉病院で飼い主のいない猫の不妊手術を実施するさい、行政からの助成金の適用が受けられない全ての地域の方には、当会予算の範囲で無料不妊手術チケットを発行致しております。詳細をよくご覧の上、ご利用下さい。
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/hospital/campaign_2.html

★不妊手術お役立ち情報
・犬・猫の不妊(避妊)及び去勢手術に対する全国市町村助成金リスト
・猫避妊五千円から病院リスト

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7312.html


マンスリーサポーター様募集
猫の誕生日バースデードネーション今年もスタートしました
(100匹シェルター猫と多頭飼育猫たちに幸せな一日を)


クレジットカードから毎月500円からの定額ご寄付で、恵まれない動物たちを支援する「マンスリーサポート」。お陰様で沢山の命が救われています。詳細をご覧になられ、お一人でも多くの方にご参加いただけましたら幸いです。
 12月には、年に一度猫の誕生日を企画して、普段は質素に暮らす保護猫たちを喜ばせてあげることができました。いつも以上に多くの皆様から温かいご寄付を賜り猫たちの喜ぶ姿は今までで一番幸せな日に見えました。
 今年も昨年同様、猫の誕生日プレゼントに、バースデードネーションをスタート致しました。猫たちの為に温かいお気持ちをお寄せ下さいませ。

詳細はこちらをご覧ください >>> 




66_201912312310230a5s_2020052623543216d.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
楽天ほしいものリストはこちら
子猫の季節、子猫物資にご協力お願い致します。また、当会は高齢猫多数保護しています。やわらかいウエットも有難いです。
・ペットシーツワイド中厚100枚
400枚 ・ちゅーる種類問わず ・焼カツオ高齢猫用・子猫用カルカンパウチ(チキン以外なら種類問わず)・ワンラックキャットミルク・ねこちゃん牛乳ベビーキャット・トイレの紙砂種類問わず・紙砂80L・ペレット猫砂・魚正各種・黒缶各種・いつものごちそう① ・いつものごちそう②・気まグルメ・ペロッティ猫缶種類問わず・ファミリー缶・たまの伝説・キャネットミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛




 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。





スポンサーサイト




 拡散希望!!☆7団体から茨城県へ2回目の申し入れ 「殺す前に犬の扱いに熟達した団体等に相談していただきたい。殺さず助けられる可能性が高いので。」
2020年06月02日 (火) | 編集 |
★6月猫の里親会日程
6月7日・14日・21日・28日の日曜日に、TNR日本動物福祉病院内で行います。
6月里親会からは、子猫の里親募集も開始します。コロナ対策には、一層のご協力をお願い申し上げます。
  院内里親会は、見学のみの方はご遠慮ください。一家族様づつご案内させていただきます。また、しばらくの間、メールフォームでの里親希望、または、里親会参加予約を受け付け中です。電話にてできますところまでお話を進めたうえで、必要に応じ猫と対面していただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

☆犬猫救済の輪 猫の里親会 
6月7日(日) 13時~18時  雨天決行 
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
TNR日本動物福祉病院内

アクセス
1kanban1_201511110202174f8.jpg
猫は、感情が豊かです。先住猫さんのいないご家庭では、淋しい想いをさせないよう二匹飼いでお願いしています。
  ペットのおうち
里親会ページ参加予定猫の写真は  こ ち ら 

20200601_152334.jpg


20200601_152713.jpg
子猫は、生後1.5か月、1回目のワクチン終了後から里親募集を開始です。体調が急変することがありますので譲渡は近くの地域に限定しています。譲渡条件をご確認の上、里親会参加お申込みはメールフォームよりお願い致します。



☆緊急!!飼い主さん、病状急変、猫をお引き取りいただける方急募!!

場所は、神奈川県秦野市です。
癌の治療を受けている飼い主さんは、誰か猫をもらってくれる人がいないか知人等にお願いしてきましたが、今i現在8匹の猫の世話をしているそうです。昨日病状が急変し猫のことだけを心配しています。


1.タンゴ  黒    15才 オス 自力で食べられず強制給餌。
20200601_211431[1]


2.ムー   三毛  14才 メス 口が溶けている。ケージに入れている。病院にはかけていないとのこと。
20200601mu.jpg


3.ビビ.   白茶  10才 オス
bibi2.jpg


4.シマ   キジトラ 10才 メス
sima4 (1)


5.ハナ   三毛   13才 メス
hana_20200602160523956.jpg


6.ブー   白黒    8才 オス
20200601_160659[1]


7.サビ   サビ    7才 メス
20200601_160617[1]


8小太郎  白黒   4才 オス

20200601_160636[1]


当会では、すでにいくつか引取ることが決まっている猫たちがおります中での対応しかできません。生命的に厳しいと思われる、高齢15才の猫と、口が溶けてしまって食べられない猫の二匹を、即決で、受け入れることに致しました。食べさせてもらえなければ生命が維持できません。飼い主さんは、手その他の痛みから強制給餌ができていないそうです。
コロナで自粛が続いていますが、待てない命ですので、6月1日、直行便でTNR日本動物福祉病院に入りました。

どうか、他の6匹の猫さんのお引き取りのご検討をいただけませんでしょうか。不妊去勢手術は済んでいます。ワクチン、ウィールス検査他の医療はかけられていません。お受けいただけます場合には、ワクチン他医療面は、TNR日本動物福祉病院で対応をさせて頂きます。お申し出をお待ちいたしております。 メールフォーム


拡散希望!!☆7団体から茨城県へ2回目の申し入れ書
「殺す前に犬の扱いに熟達した団体等に相談していただきたい。殺さず助けられる可能性が高いので。」



茨城県動物指導センターでは、譲渡に向かないと判断した犬猫は、県独自のガイドラインでを殺処分してよいとしています。
 先日「2019年度茨城県犬猫殺処分ゼロ達成」と発表されましたが、こうして殺処分になった犬達をカウントしていません。実際に殺処分された犬猫は何と568匹

https://www.tokyo-np.co.jp/article/31632
犬猫の殺処分ゼロは見せかけ?実は568匹処分(東京新聞)

※このことについては近日中に犬猫救済の輪としての考え方を県に提出予定です。



犬については、攻撃性があると判断された犬達が殺処分対象になります。その判断は本当に正しいのでしょうか。
さらに、幸いにも多くの野犬等の保護経験から犬の扱いに熟達した団体が、こうした犬に生きるチャンスを与えたいと引き取りを検討し、
殺処分が決定した犬を闇へ葬るのではなく、「殺す前に犬の扱いに熟達した団体等に相談していただきたい、助けられる可能性が高いので」と、以前から要望してきましたが、センターは殺す犬を教えてくれません。

私達、茨城県動物指導センターの収容動物の譲渡に協力している7団体は、あらためて、センターと県生活衛生課に対して、殺す前に相談して欲しい旨、申し入れをしました。
今回は2回目の申し入れとなります。
以下、これまでの申し入れ状況と県の回答、2回目の申し入れ書です。


*****【1回目申し入れ書】*****

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7292.html

茨城県生活衛生課長 
松本 徹様
茨城県動物指導センター長
理崎 清士 様

              緊急の申し入れ

拝啓、私達は、茨城県動物指導センター登録譲渡団体とその協力団体です。
県内の譲渡団体CAPINは、以前から、県と動物指導センターに「殺処分の対象となった犬を引き取ります」と申し入れをしております。
四月から、理崎様が動物指導センター長に着任されましたので、改めて下記申し入れ致します。何卒ご確認くださるようお願いいたします。
尚、この申し入れに対するお返事は早急に文書にて申し入れ代表団体CAPINまで頂きたくお願いいたします。

                記

1) 譲渡適性が無いとして、殺処分する予定の犬がいれば、どんな犬でも殺処分する前に必ずCAPINに相談して下さい

2) 全ての収容犬の譲渡適性判定結果を公開して誰でも閲覧できるようにして下さい。

令和2年4月20日
認定NPO法人動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 代表 鶴田真子美
特定非営利活動法人 神奈川ドッグ プロテクション 代表 菊池英隆
一般社団法人ケンの家 代表 浅川晶枝
小さな命を守る会 代表 其木洋子
常総ワンゼロ 代表 安藤直子
タンポポの里 代表 石丸雅代
犬猫救済の輪 代表 結昭子


****【1回目の申し入れ書に対する茨城県の回答】*****


o1000133314767332785.jpg


*****【今回2回目申し入れ書】****


茨城県生活衛生課長 松本 徹 様
茨城県動物指導センター長 理崎 清士 様

確認と第2回申し入れ書

4月21日付けの申し入れ書へのご回答を拝読いたしました。以下、確認と更なる申し入れです。何とぞよろしくお願い申し上げます。
確認
センターに収容された全ての犬の第一次譲渡判定結果を動物指導センターのホームページで公開いただくということを確認いたしました。当然のことながら、飼い主持ち込みの犬もふくめ、収容犬全頭、漏れのないようにしてください。


   第2回 申し入れ書


*最終的に茨城県動物指導センターで殺処分する犬を決定した場合でも、あらゆるタイプの犬の扱いに熟達した団体では引き取って助けられる可能性が高いので殺処分する前に連絡をいただきたいというのが、今回の七団体申し入れの最も大事な要望です。
*ところが理崎センター長は「今後も殺処分する犬を私達に教えることはない」と口頭で回答されました。七団体一同、誠に残念であり、承服しかねます。
新センター長・理崎様におかれては、そのような犬にこそ手を差し伸べたい、何とか生かしてやりたいという七団体の真剣な思いを理解していただけず残念でなりません。

「殺処分する犬を教えない、譲渡しない」という理崎センター長の言動については以下の様に考えます。

(法に基づかない裁量権の濫用)
1) 公務員が法律にないことを制限したり、禁止したりすることは裁量権の範囲を逸脱しています
犬は法律上、人の生命と財産に危害を加える「特定動物」から除外されており、法で定めるところの「愛護動物」なので、「譲渡先で噛んでしまうのではないか、その際の責任を問われるのではないか」との想像上の理由だけで、どの犬を殺すのか教えずに情報を制限したり、犬の譲渡を禁止することはできません。とりわけ、あらゆるタイプの犬の扱いに熟達した団体への情報制限と譲渡拒否はセンター長の裁量の範囲を超えた裁量権の濫用にあたります。

(基本的人権の制限)
2)動物指導センターを法の範囲内で利用したり、センターが提供するサービスを受ける権利は全ての県民、譲渡団体にあります。
殺処分になる不幸な犬をセンターから引き取り、訓練やリハビリを行い社会に貢献したいという人々の基本的な自由と権利が制限されることには問題があります。センターが犬を教えずに殺すことによって損なわれてしまうのは、犬の殺処分を減らす公益性の高い活動です。公共の目的に即した市民の行為に制限を与えるべきではありません。
憲法第31条「何人も、法律の定める手続きによらなければ、その生命若しくは自由を奪われ、またはその他の刑罰を科せられない」に係わり、違憲である可能性があります。

(動物の愛護と管理に関する法律違反)
3)「助けられる可能性が高いので、殺処分する前に相談して下さい。」と七団体が文書と面談にて強く申し入れをしてあるにもかかわらず、犬の情報を出すことなく殺処分した際には、殺す以外にも明らかに生かす方法があったということで「みだりに殺した」ことになり、動物愛護管理法第2条違反となります。そもそも法の基本的考え方として、よりソフトな選択肢がある場合はそちらを選択しなければなりません。殺すという究極的に厳しい行為は他に選択肢がある場合、先ずは他の選択肢を採らなければなりません。これは動物愛護行政のことだけではなく行政の取るべき行為の基本であります。

(県条例違反)
4)さらに譲渡団体に対して、「どの犬を殺処分するか教えないが、殺処分されそうな犬を推測して持って行って良い」というようなセンターの姿勢によって、団体は殺処分されそうな犬をあれこれ予想して必要以上に引き出す羽目に陥っています。殺処分される犬が当たればよし、当たらなければ殺されるという、まるでロシアンルーレットのようなやり方ではありませんか。殺される犬を想えば、苦しくても止めることもできず、団体は常に過度の緊張の中にいます。
センターに誠心誠意協力している団体に対して、この様な過剰な精神的、物理的負荷をかけ続けることは人道的にも看過できません。
尚、「茨城県犬猫の殺処分ゼロを目指す条例」では「県の責務」として以下の様にあります。

3 県は、この条例の目的を達成するため、犬又は猫の殺処分頭数の減少に資する活動を行う人材及び団体の育成に努めるものとする

殺処分対象の犬にも手を差し伸べようとする民間協力者に感謝するでもなく逆に必要以上の負担と苦しみを負わせることは、育成とは真逆の団体潰しにもつながる重大な条例違反であることを申し添えます。

私達七団体はここに再度、殺処分予定の犬を事前に教えていただくことを強く申し入れいたします。

令和2年5月27日


認定NPO法人動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 代表 鶴田真子美
特定非営利活動法人 神奈川ドッグ プロテクション 代表 菊池英隆
一般社団法人ケンの家 代表 浅川晶枝
小さな命を守る会 代表 其木洋子
常総ワンゼロ 代表 安藤直子
タンポポの里 代表 石丸雅代
犬猫救済の輪 代表 結昭子




★TNR日本動物福祉病院
TNR日本動物福祉病院(11時ー20時 044-276-9388)は、通常でも、飼い猫でも飼い主のいない猫でも、猫メス6000円 オス5000円でいつでも不妊手術をお受けいたしておりますのでご利用下さい。
横浜市・川崎市在住の方は、行政の助成金もご利用になれます。

top_kv_funins_20191028032350ac8.jpg

★犬猫救済の輪 では、TNR日本動物福祉病院で飼い主のいない猫の不妊手術を実施するさい、行政からの助成金の適用が受けられない全ての地域の方には、当会予算の範囲で無料不妊手術チケットを発行致しております。詳細をよくご覧の上、ご利用下さい。
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/hospital/campaign_2.html

★不妊手術お役立ち情報
・犬・猫の不妊(避妊)及び去勢手術に対する全国市町村助成金リスト
・猫避妊五千円から病院リスト

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7312.html


マンスリーサポーター様募集
猫の誕生日バースデードネーション今年もスタートしました
(100匹シェルター猫と多頭飼育猫たちに幸せな一日を)


クレジットカードから毎月500円からの定額ご寄付で、恵まれない動物たちを支援する「マンスリーサポート」。お陰様で沢山の命が救われています。詳細をご覧になられ、お一人でも多くの方にご参加いただけましたら幸いです。
 12月には、年に一度猫の誕生日を企画して、普段は質素に暮らす保護猫たちを喜ばせてあげることができました。いつも以上に多くの皆様から温かいご寄付を賜り猫たちの喜ぶ姿は今までで一番幸せな日に見えました。
 今年も昨年同様、猫の誕生日プレゼントに、バースデードネーションをスタート致しました。猫たちの為に温かいお気持ちをお寄せ下さいませ。

詳細はこちらをご覧ください >>> 




66_201912312310230a5s_2020052623543216d.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
楽天ほしいものリストはこちら
子猫の季節、子猫物資にご協力お願い致します。また、当会は高齢猫多数保護しています。やわらかいウエットも有難いです。
・子猫用カルカンパウチチキン以外なら種類問わず・ワンラックキャットミルク・ねこちゃん牛乳ベビーキャット ・ちゅーる種類問わず・焼カツオ高齢猫用・トイレの紙砂種類問わず・紙砂80L・ペレット猫砂
・魚正各種・黒缶各種・いつものごちそう① ・いつものごちそう②・気まグルメ・ペロッティ猫缶種類問わず・ファミリー缶・たまの伝説・キャネットミックス・ペットシーツワイド中厚100枚
400枚 
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛




 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






  拡散希望 ☆茨城県動物指導センター管理飼養業務委託に関する提言書を提出しました。
2020年05月22日 (金) | 編集 |
★所沢さくらねこ診療所 不妊手術日は、5月23日(土)、5月30日(土)です。ご利用ください。
  https://tokorozawasakuraneko.web.fc2.com/

★5月猫の里親会日程 
24日・31日の日曜日TNR日本動物福祉病院内で行います。
 
院内里親会は、見学のみの方はご遠慮ください。一家族様づつご案内させていただきます。また、しばらくの間、メールフォームでの里親希望、または、里親会参加予約を受け付け中です。電話にてできますところまでお話を進めたうえで、必要に応じ猫と対面していただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

☆犬猫救済の輪 猫の里親会 
5月24日(日) 14時~18時  雨天決行 
 川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
 TNR日本動物福祉病院内

アクセス
1kanban1_201511110202174f8.jpg
先住猫さんのいないご家庭では、淋しくないよう是非、二匹飼いをお勧めいたします。
  ペットのおうち
里親会ページ参加予定猫の写真は  こ ち ら 

image4_202005170623079a9.jpeg
image5_20200517062309ebe.jpeg


20200331_222757_202005151321056c4.jpg

202005090509497dd_2020051513210626e.jpg

l



拡散希望
☆茨城県動物指導センター管理飼養業務委託に関する提言書を提出しました。


大事な犬猫の命を扱う委託会社を選ぶのに 「審査内容については非公開とする」「結果についての異議申し立ては一切認めない」という茨城県
「茨城県動物保護収容及び飼養管理業務委託に係るプロポーザル」審査における透明性、公平性確保に関する質問書について 県から回答

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7304.html




茨城県知事
大井川和彦様

茨城県動物指導センター管理飼養業務委託に関する提言書

                                          
                                2020年5月13日
                                犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院
                                代表 結 昭子
                                           
                                                   
知事におかれては、ご公務繁多の折、私どもの質問書に対してご回答を頂き感謝いたします。その上で、今後の茨城県動物指導センター管理飼養業務委託先選定方法のあるべき方策について以下の通りご提言申し上げる次第です。県民本位の県政を推進されていかれるためにも、どうかその思いを受け止めていただき改善していただきますよう要望いたします。
ご検討のほどお願い申し上げます


(県民や登録譲渡団体等への情報公開)
(1)今回、公募型プロポーザル審査の形式をとられた理由のひとつとして、その会社が「感染症に対して適正な防疫措置がとれるかどうかなど柔軟に評価、選定したかったから」とご回答いただきました。登録譲渡団体としましても、センターに収容された迷子の愛犬愛猫を探す飼い主の立場からも感染症は大変心配な事項です。
不幸にして昨年 センターでパルボが発生し多くの犬が犠牲になったこともあり、今回、感染症対策に関してどのような提案が入札希望業者からなされたのかは、是非公表していただきたいことの一つです。当時の委託会社(今回委託が決定した会社と同一)がとった防疫措置に改良すべき点があったのではないかとの見方があることも事実ですので、なおさら公開されるべきであると考えます。感染症対応は一つの例にすぎません。せっかくプロポーザル方式をとられたのですから、あらゆる事項について、会社からの提案内容や審査に係る一連の事柄の情報公開はこのような点からも必須であると考えます。県の委託業務先の情報については今後、県民への情報公開を原則として制度改善を求めます。

(委託期間)
(2) 毎年入札が行われており、今回の契約期間も1年とあります。1年では会社が提案し受託した業務を持続的に県民に提供することに不安があります。
請負する側の会社からすれば、通常、安定的な経営が確保されなければ、1年後に落札できなかったら社員や経営の見通しが全く立ちません。
一方、審査する立場からすれば、その会社の実績とともに、少なくとも、安定的な経営が確保されているかどうかの実績や現状及び見通し等の経営方針を確認する必要があります。にもかかわらず、1年の委託期間であることに疑問を抱かざるを得ません。
形の上では1年毎に入札があり自由競争の形を呈していますが、実際には一社だけに長く安定的に仕事を与え続けることが暗黙の了解となっているのではないかと疑念が生じることにもなりかねません。
プロポーザル方式を採用する場合には、入札希望全社からの提案内容をより広く県民に公開し透明性を持った厳しい審査を行い、少なくとも3年程度の期間の委託とすべきだと考えます。
委託期間を3年以上とすると同時に、3年以上とするからには、審査項目はより詳細に多岐にわたることと、審査に係る全ての情報を公開することをご検討ください。

(委託会社の契約違反行為に対する罰則)
(3)委託会社に契約規約違反があれば契約を解除するとのご回答ですが、契約違反となる場合の具体的な事項について明確ではありません。それ以外にも契約解除をせざるを得ないケースとして、経営破たんや法令順守違反(コンプライアンス)等不測の事態はいつ起こるとも限りません。委託会社が、こうした契約違反を行った場合には、今後一定の期間は入札できない等の罰則規定を取り入れ厳格に対処すべきです。

(次点会社の扱い)
(4) その場合、次回入札がある年度末まで、動物の飼養管理者を不在にすることはできません。この様なケースを想定して、多くの自治体はプロポーザル方式では得点が次点であった会社が暫定的に残りの期間あるいはそれ以降も一定期間は委託を受けることになっています。こうした意味からも、落札した会社のみならず、次点の会社の情報(会社名、提案内容、審査における得点等)も公にしておかれるべきと考えます。受注会社が業務を続行できなくなった場合に、次点会社が速やかに業務を請け負うことを規定に入れていただく必要があります。


(審査会の構成員)
(5)審査会の委員を「公にする規定はありません」とのご回答ですが、他都市では、多くの場合、あらかじめ審査会委員の一覧がホームページに掲載されています。さらに今回の審査委員は県生活衛生課内とされていますが、多くの自治体ではメンバーには県職員だけはなく、外部の有識者が委嘱されて氏名所属共に公開されています。担当課は事務局となって、公平性に配慮しています。審査会委員メンバーの公表は、どれだけその選考審査が公平公正であったか、専門的な視点で行われていたのか等を知らしめるために、避けることはできません。外部有識者をはじめ県民の代表も含めて委員会を構成し、その審査会委員の名簿も公開されるべきです。

(指定管理者制度の活用)
(6)以上のことから、センター業務の委託化の手法については、本来は「指定管理者制度」を活用し運営されるべきです。全国的にも、県直営施設がある一方で、指定管理者制度を活用している自治体も少なくありません。あるいは、センターの一部の業務だけを委託することも考えられますが、その場合であっても、1年契約では、安定的な業務運営をすることは困難です。今後、他都市の先進事例を参考に、指定管理者制度での運営が可能となるよう検討ください。







(参考、他都市における事業者選定に関する情報公開の一例 )
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kyodo-manabi/chiikishisetsu/kamigo/0823morinoie.files/0003_20180710.pdf

最優秀提案者の選定にかかる審査は、学識経験者等で構成する審査委員会が担当し た。審査委員会の委員は、次の5名で構成される

氏名 所属・役職
委員長 宮本 和明 東京都市大学都市生活学部教授
委員 勝又 英明 東京都市大学工学部教授
委員 齋藤 真哉 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授
委員 原 悦子 アンダーソン・毛利・友常法律事務所弁護士
委員 廻 洋子 敬愛大学国際学部特任教授




1_2020051302163528f.jpg
3_202005130216387aa.jpg
4_20200513021640a37.jpg



★土浦多頭猫さん(現在55匹です)のお世話と掃除 ボランティアさん募集茨城県内の方、または、月に一度ほど多頭猫さんたちのお世話に通っていただくことが可能なボランティアさんを求めています。
詳細お問い合わせは、お気軽に、 メールフォームにて
★現在の希望支援物資 不用のシステムトイレ本体の中古がございましたらお送りいただけませんか。猫のトイレが新聞紙のみですが少し格安のチップを購入して使ってあげたいと思っています。
爪とぎ爪とぎ(シェルターや多頭飼育猫たちのために)・魚正各種・黒缶各種・ドライフード・キャネットミックス他種類問わず

★ボランティアさん募集中(保護猫たちのお世話です。)
動物病院内保護猫室、週1回から、1日4時間位ボランティアしませんか。  
メールフォーム にてボランティアのお申し出をお待ちしています。

★シェルターボランティアさん募集中(保護猫たちのお世話です。)
猫たちに愛情を注ぎお世話に協力してくださるボランティアさんを募集しております。
現在シェルターボランティアさんは24名、AM7:00~PM24:00までの間、曜日を決めてのシフト制です。
週1回より、1日4時間程度、詳細はご相談。川崎駅からバス10分と歩2分、是非、ご参加を。
 メールフォーム

★長崎県佐世保市多頭犬猫レスキュー
受け入れ態勢は整いましたが、コロナの影響で搬送は延期になっております。

★支援物資のお願い
楽天ほしいものリストはこちら
・トイレの紙砂種類問わず・紙砂80L・ペレット猫砂ベビーキャット ・焼カツオ高齢猫用・ねこちゃん牛乳
・魚正各種・黒缶各種・いつものごちそう① ・いつものごちそう②・気まグルメ・ペロッティ猫缶種類問わず・ファミリー缶・たまの伝説・キャネットミックス・ペットシーツワイド中厚100枚
400枚 
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。


◆マンスリーサポーター様募集
クレジットカードから毎月定額寄付で、恵まれない動物たちを支援する「マンスリーサポート」。動物たちの命を救おうとする人達のお気持ちが集まることで、沢山の命が救われていきます。詳細をご覧になられ、ご参加いただけましたら幸いに存じます。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

詳細はこちらをご覧ください >>> 



 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。










 ☆大事な犬猫の命を扱う委託会社を選ぶのに 「審査内容については非公開とする」「結果についての異議申し立ては一切認めない」という茨城県 「茨城県動物保護収容及び飼養管理業務委託に係るプロポーザル」審査における透明性、公平性確保に関する質問書について 県から回答
2020年05月21日 (木) | 編集 |
☆大事な犬猫の命を扱う委託会社を選ぶのに
「審査内容については非公開とする」「結果についての異議申し立ては一切認めない」という茨城県


「茨城県動物保護収容及び飼養管理業務委託に係るプロポーザル」審査における透明性、公平性確保に関する質問書について

県から回答が来ました。



当会は、4月15日茨城県動物指導センター、委託会社入札審査についての情報公開を求め質問書を提出しました

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7280.html

このほど県から下記の様に回答がありました。
公開されない情報が多く、密室の中で審査が行われたとしか考えられませんでした。

犬猫救済の輪では、5月18日、県に対し、審査の内容をきちんと情報公開していただけるよう、また本当に犬猫のためになる委託方法に改善していただくよう提言書を提出いたしました。
提言書は次回ブログに掲載いたします。


p_20200424025037e2c.jpg
茨城県動物指導センター(笠間市HPより)

o_202004240250386cb.jpg

4月15日付の当会の質問への回答が県から来ました。


 犬猫救済の輪の質問(黒文字)とそれに対する茨城県の回答(青文字)
(業務委託契約の手法)
1)今回の業務委託において、一般競争入札ではなく、プロポーザル方式にした理由等事業者選定に関する内容について、県民や議会に対して、十分な説明がなされていないように思われます。非公開とされているため、説明されていないのであればその理由をお答えください。
動物指導センターには咬傷癖のある犬、大型の特定犬等取扱いが難しい個体が収容されるため、委託業者は動物の取扱いに長けたものが望ましく、また、パルボウイルス感染症等の発生、蔓延を防止するため、適正に防疫措置を行える業者を選定する必
要がありました。 入札に参加される業者を柔軟に評価し選定するため、プロポーザル方式にて選定することとしました。


(審査会の構成員)
2)審査会の委員構成が公開されていませんが、少なくとも他都市の事例を見ても、審査会委員の構成員の名簿は公開されるべきものと考えられますが、茨城県として今回明らかにされていない理由をお答えください。
 審査会委員はプロポーザル審査委員会設置要項において別に定めており、公にする規定はありません。


(選定基準の公開)
3)提案者が複数社あった場合には、その選定に関しては、事業実績・契約期間内における経営収支見通し・業務体制・コンプライアンスの順守規定・危機管理体制・業務委託にあって自社の特筆すべき施策等の有無、各項目について、選定指標の設定と選定方法を、審査会の中で、議論規定した上で、行われるべきと考えます。具体的には、点数制を用いて比較対照し、事業計画における複数社の点数制による比較方式も採用され、より透明性公平性が担保される選定基準とすべきです。こうした一定の選定基準のもとで選定されたのかどうかも明らかになっていません。今回の選定基準及び選定経過についてお答えください。
 選定基準については、3月5日に公開した「茨城県動物の保護収容及び飼養管理業務等委託公募型プロポー ザルの公告」のとおり、第1次審査にて書類の不備等を事務局で審査し、第2次審査にて審査会委員が以下の 審査項目ごとに点数制で審査しています。

【審査項目】
 業務基本事項
・飼養管理についての知識はあるか
 ・委託料の積算方法、金額は妥当であるか
 業務実施体制
・委託業務に必要な知識及び経験等を有する人材を十分に確保しているか
 ・業務に使用する車両等の設備は妥当であるか
 ・指示、連絡体制は整っているか
 業務実績等
・同種又は類似業務の実績があるか
・動物愛護管理に関係する活動実績があるか

 


(応募事業者の選定結果に至る根拠の公表)
4)審査会が、単に提案されている事業者の事業内容を一定の審査基準において、審査を行った末に、「審査会からの意見」を付議することがたまにあります。これは、落札業者A社が、100点満点レベルではなく、仮に65点で、B社が、58点だったという結果が出たりしますと、そもそも県民の税金を使って業務委託するわけですから、決定した事業者のレベルがあまり低いと、行政サービスのレベルも低いということになります。それは、県民にとっては不幸なことであるため、県が責任をもってA社に委託したとしても、今後の業務において、レベルアップをするための様々な改革や改善を行うように、業務委託契約時に指導助言をすることが必要だと考えます。
こうした意味からも、点数評価の公開等の必要性についてお答えください。
各業者の合計点数については公表していませんが、委託業務に関し、委託業者には必要に応じて助言指導を行っています。

(選定事業者の契約期間中の不祥事等の対応)
5)業務委託された業者が、契約期間中に、不祥事を起こすなど、明らかに公共の福祉と相反する事案が生じた場合、契約解除等の対処法について、契約書等に明記されているのかどうか。その基本方針をお答えください。
 受託者が契約に違反した際は、この契約を解除できる旨、契約書に明記されています。




次回ブログで、提言書を掲載いたします。



★土浦多頭猫さん(現在55匹です)のお世話と掃除 ボランティアさん募集茨城県内の方、または、月に一度ほど多頭猫さんたちのお世話に通っていただくことが可能なボランティアさんを求めています。
詳細お問い合わせは、お気軽に、 メールフォームにて
★現在の希望支援物資爪とぎ爪とぎ(シェルターや多頭飼育猫たちのために)・魚正各種・黒缶各種・ドライフード・キャネットミックス他種類問わず

★ボランティアさん募集中(保護猫たちのお世話です。)
動物病院内保護猫室、週1回から、1日4時間位ボランティアしませんか。  
メールフォーム にてボランティアのお申し出をお待ちしています。

★シェルターボランティアさん募集中(保護猫たちのお世話です。)
猫たちに愛情を注ぎお世話に協力してくださるボランティアさんを募集しております。
現在シェルターボランティアさんは24名、AM7:00~PM24:00までの間、曜日を決めてのシフト制です。
週1回より、1日4時間程度、詳細はご相談。川崎駅からバス10分と歩2分、是非、ご参加を。
 メールフォーム

★長崎県佐世保市多頭犬猫レスキュー
受け入れ態勢は整いましたが、コロナの影響で搬送は延期になっております。

★支援物資のお願い
楽天ほしいものリストはこちら
・トイレの紙砂種類問わず・紙砂80L・ペレット猫砂ベビーキャット ・焼カツオ高齢猫用・ねこちゃん牛乳
・魚正各種・黒缶各種・いつものごちそう① ・いつものごちそう②・気まグルメ・ペロッティ猫缶種類問わず・ファミリー缶・たまの伝説・キャネットミックス・ペットシーツワイド中厚100枚
400枚 
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。


◆マンスリーサポーター様募集
クレジットカードから毎月定額寄付で、恵まれない動物たちを支援する「マンスリーサポート」。動物たちの命を救おうとする人達のお気持ちが集まることで、沢山の命が救われていきます。詳細をご覧になられ、ご参加いただけましたら幸いに存じます。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

詳細はこちらをご覧ください >>> 



 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 拡散希望!!☆共に生きる!!攻撃性があるとして殺処分される犬を救うための考察   茨城県に7団体が緊急の申し入れ
2020年05月05日 (火) | 編集 |
拡散希望!!☆共に生きる!!
攻撃性があるとして殺処分される犬を救うための考察  
茨城県に7団体が緊急の申し入れ


4月22日、申し入れ代表団体のCAPINさんが動物指導センター、県生活衛生課に赴き申し入れ書を手渡しました。




茨城県生活衛生課長 
松本 徹様
茨城県動物指導センター長
理崎 清士 様



              緊急の申し入れ

拝啓、私達は、茨城県動物指導センター登録譲渡団体とその協力団体です。
県内の譲渡団体CAPINは、以前から、県と動物指導センターに「殺処分の対象となった犬を引き取ります」と申し入れをしております。
4月から、理崎様が動物指導センター長に着任されましたので、改めて下記申し入れ致します。何卒ご確認くださるようお願いいたします。
尚、この申し入れに対するお返事は早急に文書にて申し入れ代表団体CAPINまで頂きたくお願いいたします。

                記

1) 譲渡適性が無いとして、殺処分する予定の犬がいれば、どんな犬でも殺処分する前に必ずCAPINに相談して下さい

2) 全ての収容犬の譲渡適性判定結果を公開して誰でも閲覧できるようにして下さい。



令和2年4月22日


認定NPO法人動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 代表 鶴田真子美
特定非営利活動法人 神奈川ドッグ プロテクション 代表 菊池英隆
一般社団法人ケンの家 代表 浅川晶枝
小さな命を守る会 代表 其木洋子
常総ワンゼロ 代表 安藤直子
タンポポの里 代表 石丸雅代
犬猫救済の輪 代表 結昭子
 連絡先 鶴田真子美(Tel090-6112-7179)







CAPINさんは殺処分になる犬を引き取るので教えて欲しいとセンターにお願いしていますが、センターは教えません。
せっかく、差し伸べられた手を振り払うことなく、まずは、相談していただきたいと思います。
譲渡適性判定で落ちた犬でも、犬の扱いに馴れた団体や個人が愛情を注ぎ手をかけることで、家庭犬に生まれ変わり生きていくことが出来ます。また、適した環境を整えたシェルターで終生、穏やかな生涯を過ごすことも出来ます。
攻撃性がある犬は殺しても良いのではなく、救うための方法はあります。殺処分する前に相談して下さい。
私達はどんな命も差別なく救おうと努力しています。行政にも生かす道を探す努力を求めます。

y
みんな平等だろうが、命だぞ (山田裕貴さん・・CAPINの車椅子のまーちゃんと)








CAPIN様 ブログより
https://ameblo.jp/capin-blog/entry-12591603488.html

茨城県動物指導センター、県庁生活衛生課に緊急の申し入れ  4.22
2020-04-23 07:12:20
テーマ:2020ストップ!センター犬の殺処分
茨城県動物指導センターにて。

4月22日11時半より、複数のセンター登録団体で、緊急申し入れと面談を致しました。
o1080081014747670813.jpg

o1080081014747670815.jpg

o0750033214747670817.jpg

o0750042514747670823.jpg
センター長、保護指導課長、愛護推進課長


o0750039414747670827.jpg

o1080080914747670831.jpg

o1080144014747670833.jpg

o1080080914747670837.jpg
センター掲示物






茨城県庁2階ロビーにて、
4月22日14時より、
生活衛生課課長に緊急申し入れをし、面談しました。

o0942075014747672526.jpg

o1080060714747670857.jpg

o1080060714747670862.jpg




o1080144014747495947.jpg


茨城県の形は座った犬の形をしています、と小学校で習うそうです。

犬や動物を可愛がって大事にする県であってほしいです。



by 鶴田おかめ


★土浦多頭猫さん(現在55匹です)のお世話と掃除 ボランティアさん募集茨城県内の方、または、月に一度ほど多頭猫さんたちのお世話に通っていただくことが可能なボランティアさんを求めています。
詳細お問い合わせは、お気軽に、 メールフォームにて
★現在の希望支援物資
ねこ用爪とぎキャットハウス(シェルターや多頭飼育猫たちのために)・魚正各種・黒缶各種・ドライフード・キャネットミックス他種類問わず

★ボランティアさん募集中(保護猫たちのお世話です。)
週1回から、1日4時間位ボランティアしませんか。  
メールフォーム にてボランティアのお申し出をお待ちしています。

★長崎県佐世保市多頭犬猫レスキュー
受け入れ態勢は整いましたが、コロナの影響で搬送は延期になっております。

★支援物資のお願い
楽天ほしいものリストはこちら
・紙砂80L ・森乳ワンラック細口乳首必要数10個 ・森乳ワンラック哺乳瓶10個・焼カツオ高齢猫用・ねこちゃん牛乳・魚正各種・黒缶各種・いつものごちそう① ・いつものごちそう②・気まグルメ・ペロッティ猫缶種類問わず・ファミリー缶・たまの伝説・キャネットミックスベビーキャット ・ペットシーツワイド中厚100枚
400枚 
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。


◆マンスリーサポーター様募集
クレジットカードから毎月定額寄付で、恵まれない動物たちを支援する「マンスリーサポート」。動物たちの命を救おうとする人達のお気持ちが集まることで、沢山の命が救われていきます。詳細をご覧になられ、ご参加いただけましたら幸いに存じます。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

詳細はこちらをご覧ください >>> 



 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。













 ★里親会お知らせ ☆拡散希望!! ☆「茨城県動物保護収容及び飼養管理業務委託に係るプロポーザル」審査における 透明性、公平性確保に関する質問書
2020年04月24日 (金) | 編集 |
署名のお願い!!茨城県の犬猫を助けて!!
ボイス・フォア・ズーアニマルズ(ボイス)さんの署名にご協力ください


署名主旨
茨城県はジンベイザメ展示に巨額の税金をつぎ込むよりも、センターで殺処分される犬猫を助ける方がずっといい。


(署名はこちら)
https://www.thepetitionsite.com/515/408/047/saving-our-dogs-or-catching-a-whale-shark/

v_20200401114221194.jpg
署名文(英文、和訳)、署名方法はこちらをご覧ください

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7265.htmll

ボイス・フォア・ズーアニマルズさん(Voice for Zoo Animals)のフェイスブック
https://www.facebook.com/V4ZAJapan/



拡散希望!!
☆「茨城県動物保護収容及び飼養管理業務委託に係るプロポーザル」審査における
透明性、公平性確保に関する質問書


「審査の内容は非公開」 このようなことが茨城県では許されるのでしょうか。
茨城県動物指導センター、委託会社入札審査についての情報公開を求め質問書を提出しました。


茨城県動物指導センターでは動物の飼養管理を民間事業者(会社等)に委託しています。
今回も入札で事業者を決めましたが、審査の内容は非公開でした。
今回は公募型プロポーザル方式でした。
プロポーザル方式というのは複数の者に事業を提案してもらい、その中から優れた提案を行った者を選定する方式です。
県税を使って行う仕事の委託先を決めるのに、どんな事業者(会社等)がどんな提案をしたのか、どんな審査が行われ、どの事業者が最優秀だったのか、次点の会社とは何が異なっていたのか、審査員は誰だったのか等、細かく知る権利が県民にはあります。
多くの自治体が公募型プロポーザル方式の透明性・公平性を確保し、事業者 選定に対する県民及び入札参加事業者の信頼を得るために、情報を一般に公開していることを踏まえ、当会は茨城県に以下のような質問書を提出いたしました。

県税を使って犬猫の命を扱う会社を選ぶ大切な審査です。
犬猫救済の輪では、県に対し、審査の内容をきちんと情報公開していただけるよう、要望してまいります。


p_20200424025037e2c.jpg
茨城県動物指導センター(笠間市HPより)

o_202004240250386cb.jpg
写真CAPIN




茨城県知事
大井川和彦様


「茨城県動物保護収容及び飼養管理業務委託に係るプロポーザル」審査における
透明性、公平性確保に関する質問書


この程、茨城県動物保護収容及び飼育管理の業務委託に関して、プロポーザル方式を採用され、事業者選定が行われました。当該プロポーザル実施要領に「審査の内容については非公開とする」と記載されていますが、健全な行政サービスを継続的に確保するためには、個人情報に配慮しながらも、できるだけ県民に対して業者選定審査の内容と過程を明らかにすることが不可欠だと考えます。県民の税金を用いて行う事業の委託先選定作業には透明性と公平性が求められている事は言うまでもありません。つきましては、以下の質問事項に対して、早急に(少なくとも14日以内)ご回答いただけますようお願いいたします。

                      質問
(業務委託契約の手法)
1)今回の業務委託において、一般競争入札ではなく、プロポーザル方式にした理由等事業者選定に関する内容について、県民や議会に対して、十分な説明がなされていないように思われます。非公開とされているため、説明されていないのであればその理由をお答えください。

(審査会の構成員)
2)審査会の委員構成が公開されていませんが、少なくとも他都市の事例を見ても、審査会委員の構成員の名簿は公開されるべきものと考えられますが、茨城県として今回明らかにされていない理由をお答えください。

(選定基準の公開)
3)提案者が複数社あった場合には、その選定に関しては、事業実績・契約期間内における経営収支見通し・業務体制・コンプライアンスの順守規定・危機管理体制・業務委託にあって自社の特筆すべき施策等の有無、各項目について、選定指標の設定と選定方法を、審査会の中で、議論規定した上で、行われるべきと考えます。具体的には、点数制を用いて比較対照し、事業計画における複数社の点数制による比較方式も採用され、より透明性公平性が担保される選定基準とすべきです。こうした一定の選定基準のもとで選定されたのかどうかも明らかになっていません。今回の選定基準及び選定経過についてお答えください。


(応募事業者の選定結果に至る根拠の公表)
4)審査会が、単に提案されている事業者の事業内容を一定の審査基準において、審査を行った末に、「審査会からの意見」を付議することがたまにあります。これは、落札業者A社が、100点満点レベルではなく、仮に65点で、B社が、58点だったという結果が出たりしますと、そもそも県民の税金を使って業務委託するわけですから、決定した事業者のレベルがあまり低いと、行政サービスのレベルも低いということになります。それは、県民にとっては不幸なことであるため、県が責任をもってA社に委託したとしても、今後の業務において、レベルアップをするための様々な改革や改善を行うように、業務委託契約時に指導助言をすることが必要だと考えます。
こうした意味からも、点数評価の公開等の必要性についてお答えください。

(選定事業者の契約期間中の不祥事等の対応)
5)業務委託された業者が、契約期間中に、不祥事を起こすなど、明らかに公共の福祉と相反する事案が生じた場合、契約解除等の対処法について、契約書等に明記されているのかどうか。その基本方針をお答えください。


令和2年4月15日
犬猫救済の輪・TNR日本動物福祉病院
代表 結 昭子



★ボランティアさん募集中(保護猫たちのお世話です。)
週1回から、1日4時間位ボランティアしませんか。  
メールフォーム にてボランティアのお申し出をお待ちしています。


★長崎県佐世保市多頭犬猫レスキュー
受け入れ態勢は整いましたが、コロナの影響で搬送時期を慎重に検討しております。
感染してはいけませんし、また感染させませんように細心の注意を払いながらの日々です。4月に搬送予定でしたが、佐世保の現在得られております情報、また東京神奈川の現在の状況からも、搬送を見送っております。


★茨城県土浦市多頭飼育猫さん
土浦多頭飼育猫用、支援物資のお願い

・キャラットMIX・キャネットミックスドライフード種類問わず缶詰黒缶等 種類は問いません。 ・ペットシーツワイド中厚100枚
400枚  川崎にてお受けさせていただきます。ペットシーツ等、届いております。ありがとうございます。


★支援物資のお願い
楽天ほしいものリストはこちら
・紙砂80L ・紙砂56L  ・森乳ワンラック細口乳首必要数30個 ・森乳ワンラック哺乳瓶10個・焼カツオ高齢猫用・ねこちゃん牛乳・魚正各種・黒缶各種・ドライフード種類問わず
・いつものごちそう① ・いつものごちそう②・気まグルメ・ペロッティ猫缶種類問わず・ファミリー缶・たまの伝説・キャネットミックス・スマックドライ多頭用種類問わず・ベビーキャット
※中古バスタオル・フェイスタオル・タオルケット募集(洗濯してあればシミや穴あきOK。香り付きの柔軟剤を使ったものはご遠慮ください。)
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。


◆マンスリーサポーター様募集
クレジットカードから毎月定額寄付で、恵まれない動物たちを支援する「マンスリーサポート」。動物たちの命を救おうとする人達のお気持ちが集まることで、沢山の命が救われていきます。詳細をご覧になられ、ご参加いただけましたら幸いに存じます。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

詳細はこちらをご覧ください >>> 



 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 ☆「みんな平等だろうが、命だぞ」 俳優・山田裕貴さん、CAPINさん訪問
2020年04月15日 (水) | 編集 |
署名のお願い!!茨城県の犬猫を助けて!!
ボイス・フォア・ズーアニマルズ(ボイス)さんの署名にご協力ください


署名主旨
茨城県はジンベイザメ展示に巨額の税金をつぎ込むよりも、センターで殺処分される犬猫を助ける方がずっといい。

(署名はこちら)
https://www.thepetitionsite.com/515/408/047/saving-our-dogs-or-catching-a-whale-shark/

v_20200401114221194.jpg
署名文(英文、和訳)、署名方法はこちらをご覧ください

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7265.htmll

ボイス・フォア・ズーアニマルズさん(Voice for Zoo Animals)のフェイスブック
https://www.facebook.com/V4ZAJapan/

4月のスケジュール
所沢さくら猫診療所 TNR日本動物福祉病院より獣医出向 飼い主のいない猫の不妊手術  4月19日(日)
★猫の里親会 TNR日本動物福祉病院内 雨天決行
 4月18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)
院内里親会は、見学のみの方はご遠慮ください。一家族様づつご案内させていただきます。また、しばらくの間、メールフォームでの里親希望、または、里親会参加予約を受け付け中です。電話にてできますところまでお話を進めたうえで、必要に応じ猫と対面していただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解ご協力をお願い申し上げます。
☆犬猫救済の輪 こねこ成猫里親会 
4月18日(土)・19日(日) 14時~18時  雨天決行 
 川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
 TNR日本動物福祉病院内

アクセス
1kanban1_201511110202174f8.jpg
先住猫さんのいないご家庭では、淋しくないよう是非、二匹飼いをお勧めいたします。
  ペットのおうち
里親会ページ参加予定猫の写真は  こ ち ら 
※ 必ず、里親会ページ下の 「譲渡条件(一部)」 をお読みいただき、ご来場ください。
20200331_222757.jpg
20200331_222723.jpg



☆「みんな平等だろうが、命だぞ」
俳優・山田裕貴さん、CAPINさん訪問


認定NPO団体・CAPINさんは 茨城県で犬達を殺処分から守るため、茨城県動物指導センターから殺処分されそうな犬達を引き取っています。茨城県動物指導センターは殺処分予定の犬を教えてくれないので、真っ先に殺処分されそうな人に心を閉ざしている犬を引き取っています。そのためCAPINさんのシェルターにはこうした犬達が肩を寄せ合って暮らしているのです。

先日放送の番組では 山田裕貴さんがCAPINさんのシェルターの犬達に会いに行きました。山田さんは人に心を閉ざし無表情だった犬に根気よくボール遊びをしてあげていました。結果、犬が嬉しそうにボールを咥えて・・・
下半身不随の柴犬を車椅子で散歩に連れて行き、菜の花の香を楽しませてあげて・・・ 山田さん、ありがとうございました。


山田裕貴さんのブログ
https://ameblo.jp/yuki-yamada-we/entry-12588642138.html
2_2020041512340615b.jpg

c_20200415123620b6a.jpg


明日は #志村どうぶつ園 です
志村さんにお会いできなくて
本当に残念です
小さい頃からずーっと
笑わせてもらった

保護犬のわんこたちと楽しく過ごしました
近づくだけで怯えてしまう子もいました

自分に何が出来るだろうと
志村さんみたいに
わんこたちに明るく話しかけました

こんなにも
新しい飼い主さんたちを
待っているわんこたちが
いるなんて

中には
人間に傷つけられた子もいました

みんな平等だろうが

命だぞ

と思いました

だからこそ
めいいっぱい
心を開きました


少しでも
こういう子達がいるんだと
知ってもらいたい






このあと
『天才! #志村どうぶつ園』

自分も実家で犬を飼ってます。

たくさんの犬たちが
新しい飼い主さんたちを待っています

たくさんの人に知っていただけますように


CAPINさんのブログ
https://ameblo.jp/capin-blog/


犬猫救済の輪ではこうした犬達が殺処分にならないよう茨城県に様々な提案、要望を行っています。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7277.html


★長崎県佐世保市多頭犬猫レスキュー
受け入れ態勢は整いましたが、コロナの影響で搬送時期を慎重に検討しております。
感染してはいけませんし、また感染させませんように細心の注意を払いながらの日々です。4月に搬送予定でしたが、佐世保の現在得られております情報、また東京神奈川の現在の状況からも、搬送を見送っております。現地の近くの方で搬送等のお手伝いを申し出て下さったボランティアさんがおりまして、良い時に実行できますように事前にキャリーケースを発送します。また、前回、犬のフードは送っておりますので、猫のフードや犬猫の水を運ぶポリタンクを現地で購入して頂けますように、今週中にも支援金10万円をボランティアさんの口座にお振り込みさせていただきます。大切に使わせていただきます。ありがとうございます。


★茨城県土浦市多頭飼育猫さん
土浦多頭飼育猫用、支援物資のお願い

・キャラットMIX・キャネットミックスドライフード種類問わず缶詰黒缶等 種類は問いません。 ・ペットシーツワイド中厚100枚
400枚  川崎にてお受けさせていただきます。ペットシーツ等、届いております。ありがとうございます。


★支援物資のお願い
楽天ほしいものリストはこちら
・紙砂80L ・紙砂56L  ・森乳ワンラック細口乳首必要数30個 ・森乳ワンラック哺乳瓶10個・焼カツオ高齢猫用・ねこちゃん牛乳・魚正各種・黒缶各種・ドライフード種類問わず
・ペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・いつものごちそう① ・いつものごちそう②・気まグルメ・ペロッティ猫缶種類問わず・ファミリー缶・たまの伝説・キャネットミックス・スマックドライ多頭用種類問わず・ベビーキャット
※中古バスタオル・フェイスタオル・タオルケット募集(洗濯してあればシミや穴あきOK。香り付きの柔軟剤を使ったものはご遠慮ください。)
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。


◆マンスリーサポーター様募集
クレジットカードから毎月定額寄付で、恵まれない動物たちを支援する「マンスリーサポート」。動物たちの命を救おうとする人達のお気持ちが集まることで、沢山の命が救われていきます。詳細をご覧になられ、ご参加いただけましたら幸いに存じます。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

詳細はこちらをご覧ください >>> 



 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 拡散希望☆茨城県に狂犬病予防法の徹底を求めた要望に対する回答がありました。犬猫救済の輪より茨城県への再質問
2020年04月11日 (土) | 編集 |
署名のお願い!!茨城県の犬猫を助けて!!
ボイス・フォア・ズーアニマルズ(ボイス)さんの署名にご協力ください


署名主旨
茨城県はジンベイザメ展示に巨額の税金をつぎ込むよりも、センターで殺処分される犬猫を助ける方がずっといい。



(署名はこちら)

https://www.thepetitionsite.com/515/408/047/saving-our-dogs-or-catching-a-whale-shark/

v_20200401114221194.jpg

署名文(英文、和訳)、署名方法はこちらをご覧ください

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7265.htmll

ボイス・フォア・ズーアニマルズさん(Voice for Zoo Animals)のフェイスブック
https://www.facebook.com/V4ZAJapan/



拡散希望
☆3/27茨城県に狂犬病予防法の徹底を求めた要望に対する回答がありました。
  4/10犬猫救済の輪より茨城県への再質問をしました。


犬の殺処分を無くす1丁目1番地は 狂犬病予防法で決められた犬の登録と鑑札の装着です。
茨城県で殺処分になる殆どが、飼い主が登録していない、或は鑑札をつけていないまま徘徊していた犬達です。
犬猫救済の輪では狂犬病予防法の徹底を求めて下記の様に要望しました。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7261.html

要望1 センターに収容される犬が多い市町村を戸別訪問して未登録犬の発見、登録手続きの開始(市町村への連絡)を始めてください。苦情等があり、出向いた先でも同様。

要望2 鑑札をつけていない犬について飼い主にその場で鑑札をつけるよう指導し、紛失の場合はその場で手続を開始する(市町村への連絡)

要望3 要望1、2、で行った記録でもある「注意指導書」の枚数や概要を毎月県のホームページで発表して下さい。(最低限、発行した注意書の枚数)

要望4 この問題の経過を可視的に経年的に把握するためにGIS地図情報システムの導入をお願いします。環境省もGIS導入には積極的です。





4月8日、茨城県から回答が来ました。
10人以上の職員さんが閲覧されたようです。
松本徹; 小岩明彦、小森春樹 長島ゆみ子、出口貴仁、磯﨑久美 理崎清士 上松るみ子、富田和則、飯田剛士



犬猫救済の輪 結 昭子 様

日頃より、本県行政の推進にご協力を賜り御礼申し上げます。
お寄せいただきましたご意見について、下記のとおりご回答させていただきます。
                    記
・要望1,2について
茨城県動物指導センターに収容される犬が多い市を対象に、平成31年度から適正飼育指導員を設置するなど適正飼養に関する指導強化を図っており、登録、狂犬病予防注射についてもリーフレット等を用いて指導しています。
今後も、市町村との情報共有を図りながら、適正飼養に関する啓発指導により一層努めてまいります。

・要望3,4について
要望に関しましては、今後の参考とさせていただきます。
貴重なご意見をいただき、ありがとうございました(転載終)






狂犬病予防法に定められた犬の登録、鑑札、予防注射済み証の装着を飼い主に実行させるのは県の大事な仕事です。(市町村は事務手続き)
啓蒙や、指導という抽象的な対応で終わらせてはいけません。指導の結果、個別の犬がどうなったかを確実にフォローすることが求められます。
必ず、登録、鑑札、注射済証の装着まで見届けてこそ、公務員の仕事と言えます。
そこで、犬猫救済の輪から再度質問をします。




茨城県からの回答に対する犬猫救済の輪の再質問

質問A  要望1,2についての県の回答は適正飼育指導員がリーフレット等を用いて啓発や指導を行っているとのことでした。これは「茨城県動物の愛護と管理に関する条例」中の下記項目に基づく行為ですか。

 第2条(6) けい留 飼い犬を逃げるおそれがなく,かつ,人に危害を加えることのないように,さく,おりその他の囲いの中で飼養し,又は鎖等でつないでおくことをいう。ただし,特定犬(規則で定めるものを除く。)については,おりの中で飼養することをいう。
 第5条(1) 飼い犬をけい留しておくこと
 第14条 知事は,この条例の施行に必要な限度において,動物の所有者から必要な報告を求め,又は当該職員をして動物を飼養する場所その他関係ある場所(人の住居を除く。)に立ち入らせ,その飼養状況を調査させることができる。

質問B 苦情や情報により適正飼育指導員が実際の飼養者宅などに出向き指導等した件数を2019年度について何件だったかお答えください。

質問C 質問Bの件数の中で、犬の登録が済んでいるかどうか、鑑札や注射済証を装着しているかどうかをチェックし確認したかどうか。確認した件数をお答えください。

 質問D 質問Cでチェックした結果、未登録、鑑札や注射済証が装着されていなかった場合、どのような措置をとりましたか。
 
質問E 指導を行った犬について後日 登録が済んだかどうか、鑑札と注射済証が装着してあるかどうか確認したかどうかお答えください。確認した件数を2019年についてお答えください。

県条例を遵守させると同時に、人の命と健康を守る防疫上、重要な狂犬病予防法では犬の登録、鑑札、注射が国民に義務づけられていますので、公務員として徹底して遵守させなければならないと思います。啓蒙とか指導とかの生易しい対応ではなく、法に基づいた実務を行っていただけますことを強く要望しますとともに、今回の再質問にご回答くださるにあたっては、県の狂犬病予防担当の保護指導課長のお名前を含めてのご回答をお願い申し上げます。
ご検討の結果を大変勝手ながら10日程度でご回答のほどお願い申し上げます。


令和2年4月10日
犬猫救済の輪代表 結 昭子



★長崎県佐世保市多頭犬猫レスキュー
受け入れ態勢は整いましたが、コロナの影響で搬送時期を慎重に検討しております。


★茨城県土浦市多頭飼育猫さんのお世話 ボランティア募集
茨城県土浦市多頭飼育猫さんのお家に、お掃除に行って下さるボランティアさんいませんか。
週に1回、または月に1回、平日でも休日でも大助かりです。何回か、継続していただけると助かります。
メールフォームよりお問い合わせください。電話で詳細をお話させていただきます。
メールフォーム 
土浦多頭飼育猫用、支援物資のお願い
・キャラットMIX・キャネットミックスドライフード種類問わず
・ペットシーツワイド中厚100枚
  400枚  
缶詰黒缶等 種類は問いません。 川崎にてお受けさせていただきます。



★支援物資のお願い
楽天ほしいものリストはこちら
・紙砂80L ・紙砂56L  ・森乳ワンラック細口乳首必要数30個 ・森乳ワンラック哺乳瓶10個・焼カツオ高齢猫用・ねこちゃん牛乳・魚正各種・黒缶各種・ドライフード種類問わず
・ペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・いつものごちそう① ・いつものごちそう②・気まグルメ・ペロッティ猫缶種類問わず・ファミリー缶・たまの伝説・キャネットミックス・スマックドライ多頭用種類問わず・ベビーキャット
※中古バスタオル・フェイスタオル・タオルケット募集(洗濯してあればシミや穴あきOK。香り付きの柔軟剤を使ったものはご遠慮ください。)
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。


◆マンスリーサポーター様募集
クレジットカードから毎月定額寄付で、恵まれない動物たちを支援する「マンスリーサポート」。動物たちの命を救おうとする人達のお気持ちが集まることで、沢山の命が救われていきます。詳細をご覧になられ、ご参加いただけましたら幸いに存じます。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

詳細はこちらをご覧ください >>> 



 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 ☆殺処分から犬達を救うための考察 (殺処分をなくす一丁目一番地は自治体が狂犬病予防法に基づき犬の登録と鑑札装着を徹底すること)☆里親会のお知らせ3月28日(土)・29日(日)
2020年03月27日 (金) | 編集 |
☆殺処分から犬達を救うための考察
(殺処分をなくす一丁目一番地は自治体が狂犬病予防法に基づき犬の登録と鑑札装着を徹底すること)

1、攻撃性があるとして殺処分される犬を救うための考察(前回の考察)
(イヌが特定動物から除外された経緯から言える事)
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7260.html


2、狂犬病予防法に基づいた考察(今回の考察)
狂犬病予防法における犬の登録、鑑札装着を行政が飼い主に徹底させることが大事です。
(殺処分をなくす一丁目一番地は自治体が狂犬病予防法に基づき犬の登録と鑑札装着を徹底すること)

1) 狂犬病予防法は「人のための法律」
先ず初めに理解しておかなければならないのは、狂犬病予防法とは厚労省が主管している「人間のための、人を守るための法律」であるということです。(
動物愛護だけの問題ではなく、何よりも人の命にかかわる法律だという認識を持つことが必要です。
第一条 この法律は、狂犬病の発生を予防し、そのま (ヽ)ん (ヽ)延を防止し、及びこれを撲滅することにより、公衆衛生の向上及び公共の福祉の増進を図ることを目的とする。

狂犬病は人をはじめ、すべての哺乳類及び鳥類に感染します。現在のところ治療法もなく、一度発病してしまうと、必ず死亡してしまう恐ろしい病気です。
現在国内においては狂犬病の発生はありませんが、アジア諸国での発生は多く、いつ狂犬病が進入するか予断を許さない状況にあります。
ウイルスの海外からの侵入を許してしまうと狂犬病の流行を防ぐことは困難なので、重要となるのが狂犬病予防接種です。狂犬病予防法では飼い犬の登録と狂犬病予防注射が義務付けられていますが、接種率が低ければ、流行を抑えることができません。要は「狂犬病という人の病気を予防するために犬などの管理をしっかりとしよう」というのが狂犬病予防法の目的なので、自治体はこれに真剣に取り組まなければなりません。

2)狂犬病予防法が犬の飼い主に課している義務
人の命を守るために制定された狂犬病予防法では、犬の飼い主にいくつかの義務を課しています。
• 犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に、その犬の所在地を管轄する市町村に登録の申請をし、鑑札の交付を受けること
• 犬の所在地の移動があった場合、届け出ること
• 毎年1回、4月から6月までに狂犬病予防注射を受け、注射済票の交付を受けること
• 鑑札や注射済票を犬に付けること
※上記のうちどれかひとつでも違反があれば、20万円以下の罰金または科料が科せられます

3)犬が殺処分される原因は犬の未登録と鑑札の未装着
どんな犬が殺処分になっているのでしょうか。
茨城県を例にとると、鑑札が無く放浪している犬達がセンターに次々に収容されてきます。野犬ではなく人に飼われていた、いわゆる所有者不明の犬達です。
センターの公表する資料では、平成28年度にセンターに収容された犬の総数1628頭の95%が所有者不明。29年度総数1325頭のうち97%が所有者不明です。収容数が多くなり収容スペースが足りないという理由で殺処分が行われています。
また、放浪していたためか警戒心が強くなる場合もあります。こうした犬達が、譲渡適性を見る判定で譲渡不向きとされて殺処分の対象になっています。
飼い主がきちんと犬の登録をして(迷子札の役目をもつ)鑑札を犬に装着してあれば、迷子になってセンターに収容されても飼い主のもとに戻すことが出来ます。
犬の殺処分の大部分は犬の未登録と鑑札の未装着が原因です。

4)行政の怠慢(不作為)が犬の殺処分を招いている
つまり、人の命を守り、犬を殺さないで済ませるために行政がやるべきことははっきりしています。①未登録犬を発見し、②登録させ、③鑑札を装着させることです。
残念ながら、例えば茨城県ではこの仕事がほとんど行われていません。
どういうことかと言うと、センターには、職員が住民を指導する際の「注意指導書」という書式がありますが、センターに確認したところ、ここ2年は出されていないし、そもそも、今まで出したことが無いそうです。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-6913.html

注意指導書

登録を徹底し、全ての犬の戸籍がはっきりしないと、狂犬病が発生した際、自治体は措置がとれなくなるので、そのような意味からも行政の怠慢はあってはならないことなのです。

5)今すぐ、行政がすべきこと
① 未登録犬の発見
 うろうろしている等、近隣からの苦情処理で飼い主を訪問した際に、犬が登録してあるかどうか確かめる。
センターに収容される犬が多く出る地域や住民からの情報を駆使して、ローラー的に戸別訪問をして、登録していない犬の発見に努める。

② 未登録犬の登録をその場で行う
まだ登録していなかったら、20万円以下の法違反であることを告げ、その場で、市町村に連絡し、登録の手続きを始める。登録済みの鑑札が飼い主元に届くよう手配を手助けをする。

③  鑑札装着の確認を行う
鑑札をしていない犬に20万円の法違反であることを告げ装着を促すとともに、鑑札の発行、再発行の手続きの手助けをその場で行う。後日再び装着を確認する。

④ ①~③の記録を文書に残す。後述のGISシステムの活用も検討
茨城県でいうとことの「注意指導書」に記入し保管し定期的に、経過を確認する。

6)自治体によるGIS(地図情報システム)の導入が効果的です。
電子地図上に反映させ、継続してデータ収集し地域の正確な状況や取り組みの推移、進捗状況が誰にでもわかるようにシステムを作ることが、新しく効果的な手法です。地域の現在の状況、時間の経過による変化が一目でわかります。
川崎市では所有者不明の猫対策にGISを使い、表彰されています。ちなみに川崎市は犬猫ともに殺処分ゼロです。
(参考)
川崎市、第2回「地方公共団体における統計利活用表彰」第1次審査で「GISを活用した猫の適正飼養の普及啓発と支援(ひと・どうぶつMIRAIプロジェ クト)」で表彰
http://www.stat.go.jp/info/guide/rikatsuyou/pdf/result1_2017.pdf


GISが犬の苦情処理や未登録犬の発見、鑑札装着推進に役立つ理由は以下の通りです。
※情報把握がしやすく
※県全域、および特定地域の情報を管理できるようになり、
※苦情の多い地域や、犬の収容数の多い地域を把握しやすくなり
※問題を点ではなく面で見ることができより正確に俯瞰できる。
※経過追跡記録することで、やりっぱなしが無くなる
※担当職員の異動や退職による記録の分断がない。





茨城県へ犬猫救済の輪からの要望書

前略、年度末のお忙しい時に失礼いたします。かねてより、大井川知事は犬の殺処分を減らすためには
① 収容スペースは新たに広げることはしない。
② 入り口対策をして、犬のセンターへの収容を減らすことに尽きる
と発言されています。

収容スペースを広げずに、入り口対策だけで殺処分を減らすためには、具体的にどんな対策を行っているのかを明確にしていただき、更に確実で有効性のある措置をお取りいただく必要があると考えます。

つきましては、新年度から実施していただきたいことを以下の様にご要望申し上げます。何とぞ前向きにご検討下さいますようお願いいたします。

要望1 センターに収容される犬が多い市町村を戸別訪問して未登録犬の発見、登録手続きの開始(市町村への連絡)を始めてください。苦情等があり、出向いた先でも同様。

要望2 鑑札をつけていない犬について飼い主にその場で鑑札をつけるよう指導し、紛失の場合はその場で手続を開始する(市町村への連絡)

要望3 要望1、2、で行った記録でもある「注意指導書」の枚数や概要を毎月県のホームページで発表して下さい。(最低限、発行した注意書の枚数)

要望4 この問題の経過を可視的に経年的に把握するためにGIS地図情報システムの導入をお願いします。環境省もGIS導入には積極的です。



ご検討の結果を大変勝手ながら10日程度でご回答のほどお願い申し上げます。

令和2年3月27日
犬猫救済の輪代表 結 昭子




☆長崎県佐世保市多頭犬猫レスキュー
4月より搬送を開始できるように受け入れ態勢を整えます。
sasebo.png

佐世保の犬猫につきましては、一頭でも、里親になっていただけます方がいらっしゃいましたら、是非、ご連絡下さい。
いくつか条件もございますが、詳細につきましてお話をさせて頂きます。当会では、猫の引取り準備を進めておりますが、中型犬の引取りは収容場所がなく不可能です。一頭でもお引取りいただけます方がいらっしゃいましたらとてもありがたいです。宜しくお願い申し上げます。 メールフォーム 


佐世保の犬猫レスキューに関わる費用にご寄付を賜れましたら有難いです。
フード等の維持費、搬送用備品キャリーケース等、駆虫、ワクチン、フィラリア薬、空輸費用等に使わせていただきます。
支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(佐世保)と明記下さい。銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に (佐世保)とご入力下さい。




★ボランティア募集
茨城県土浦市多頭飼育猫さんのお家に、お掃除に行って下さるボランティアさんいませんか。
週に1回、または月に1回、平日でも休日でも大助かりです。何回か、継続していただけると助かります。
メールフォームよりお問い合わせください。電話で詳細をお話させていただきます。
なかなかみんなが集まることは難しいですし、今は、集まるより一人で行ってできる掃除をして帰ってくる方が良いかもしれません。初回はできる限り、ご一緒させていただきたいと思っておりますが、次からはおひとりでも猫達のためにと足を運んでいただけましたら本当に有難いです。
多頭猫さんのお家は、ボランティアさんが入れるように、一階を猫のスペース、二階をお父さんの生活スペースに分けて、つまり二世帯住宅のようにしました。ボランティアさんは、1階のみで猫たちのお世話をします。
ボランティアのお申し出をお待ちしております。宜しくお願い申し上げます。
メールフォーム 


土浦多頭飼育猫用、支援物資のお願い
・ドライフード種類問わず キャラットミックス キャネットチップ・ペットシーツワイド中厚100枚  400枚  
缶詰黒缶等 缶詰 種類は問いません。 川崎にてお受けさせていただきます。



★支援物資のお願い
楽天ほしいものリストはこちら
・紙砂80L ・紙砂56L・魚正各種・黒缶各種・ドライフード種類問わず
・ペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・いつものごちそう① ・いつものごちそう②・気まグルメ・ペロッティ猫缶種類問わず・ファミリー缶・たまの伝説・キャネットミックス・スマックドライ多頭用種類問わず・ベビーキャット・子猫用カルカンドライ
※中古バスタオル・フェイスタオル募集(洗濯してあればシミや穴あきOK。,柔軟剤を使ったものは不可)
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。


◆当会の活動を支えて下さい。マンスリーサポーター様募集
クレジットカードから毎月定額寄付で、恵まれない動物たちを支援する「マンスリーサポート」。動物たちの命を救おうとする人達のお気持ちが集まることで、沢山の命が救われていきます。詳細をご覧になられ、ご参加いただけましたら幸いに存じます。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

詳細はこちらをご覧ください >>> 



 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。







 ☆17日(月)、茨城より20匹ほどの猫さんお迎え予定です。ワンちゃんも一頭救えそう。
2020年02月17日 (月) | 編集 |
☆ボランティアさん募集
images_20200217011434530.jpg

TNR日本動物福祉病院(川崎駅よりバス10分徒歩2分)
保護室には、50頭程の動物が保護されています。動物センターから引き取った猫たちは、一旦TNR日本動物福祉病院の猫室で健康管理をし、里親会参加に向けてなつくようにボランティアさんの手でお世話されます。多くの命を救い幸せに生きるチャンスを与えるためにお多くの人手が必要です。週1回、1日4時間程、あなたの手をお貸しいただけませんか。
お気軽にお問い合わせください。 メールフォーム


☆犬猫救済の輪 こねこ成猫里親会 
2月22日(土)・23日(日)・24日(月)
13:00~17:00 雨天決行
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
TNR日本動物福祉病院内

アクセス
1kanban1_201511110202174f8.jpg
院内里親会では、抱っこや遊んだりして決められます。
      ペットのおうち
里親会ページ参加予定猫の写真は  こ ち ら 
※ 必ず、里親会ページ下の 「譲渡条件(一部)」 をお読みいただき、ご来場ください。


☆17日(月)、茨城より20匹ほどの猫さんお迎え予定です。
ワンちゃんも一頭救えそう。

今日も里親の決まった子のお届けに行ってまいりました。

茨城県動物指導センターからのお引取りは今期180匹ほどになりそうです。
里親の決まった子は約140匹です。

引取りや保護、里親探し、お届けと、1年間そして毎年、その繰り返しです。


あきら君とバリ君もセンターから迎えた子。春生まれですから、しっかり逞しく育ってくれました。
二匹一緒です。食器やトイレも二匹分用意して下さっていました。
脱走対策ののぼれんにゃんも取り付けて下さっていました。
バリ君は、早々に遊んでもらっていましたが、あきら君は、しばらく猫をかぶることにしたようです。
幸せになってね。
20200216_195510.jpg



さて、送りだしたら、また、お迎えです。
17日は、土浦多頭飼育のお掃除とお世話がてら成猫数匹をお引取り予定。
それから、茨城県動物指導センターにまわって、ワンちゃん一頭、できたら子猫は全頭、白血病などの傷病成猫数頭を引き取りたいと思っています。

と、TNR日本動物福祉病院のスタッフにミーティング時に伝えておきましたら、すっかり受け入れ準備が整っていました。
従業員ながら、感謝です。
20200216_213411.jpg



20200216_213432.jpg



土浦多頭猫さんたちへのフードご支援ありがとうございます。
なかなか厳しい経済状況で、ご支援に頼って養っている状況です。
搬送させていただきますね。
20200216_232138.jpg


では、朝の出発ですので、少し寝ようかな。


土浦多頭飼育猫用、フードのご支援を宜しくお願い申し上げます。
ドライフード・缶詰 種類は問いません。
缶詰黒缶等 ・キャネットドライ等 川崎にてお受けさせていただきます。



★支援物資のお願い
フード・猫砂のご協力をお願い申し上げます。
楽天ほしいものリストはこちら
・紙砂80L ・紙砂56L
・キャネットミックス・スマックドライ多頭用種類問わず・ペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・いつものごちそう① ・いつものごちそう②・気まグルメ・魚正各種・黒缶各種・ペロッティ猫缶種類問わず・ファミリー缶・たまの伝説
※中古バスタオル・フェイスタオル募集(洗濯してあればシミや穴あきOK。,柔軟剤を使ったものは不可)
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。


◆マンスリーサポーター様募集
クレジットカードから毎月定額寄付で、恵まれない動物たちを支援する「マンスリーサポート」。動物たちの命を救おうとする人達のお気持ちが集まることで、沢山の命が救われていきます。詳細をご覧になられ、ご参加いただけましたら幸いに存じます。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

詳細はこちらをご覧ください >>> 



 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。