FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
  ☆猫の殺処分 真っ暗な闇に沈んでいく茨城県動物指導センター  殺してしまえば済むという考えでは、助かる命も助けられない。
2019年08月02日 (金) | 編集 |
犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院 8月の予定
里親会
8月 3日(土)・10日(土)・11日(日)・17日(土)・24(土)・25日(日)・31日(土) TNR日本動物福祉病院内 14時~18時
8月4日(日) 蒲田ペットスマイル店頭    12時~17時
8月18日(日)戸越銀座ペットスマイル店頭 12時~17時
出張不妊手術 所沢さくら猫診療所
8月24日(土)・31日(土)
無料不妊手術受付中
昨年11月1日、皆様からの多大なご支援を賜りまして移転開業致しましたTNR日本動物福祉病院は飼い主のいない猫の不妊手術や怪我をして運び込まれた猫の入院などで大変忙しく日々時間に追われております。不妊手術は通常でもメス6000円・オス5000円で実施しておりますが、犬猫救済の輪よりできます限り無料不妊手術チケットを発行させていただき、現在までに野良猫272頭に無料不妊手術チケットを発行させていただきました。8月も、無料不妊手術チケット発行を継続いたしておりますので、詳細をご確認の上ご利用ください。詳細は、こちらから。
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/hospital/campaign_2.html


☆犬猫救済の輪 猫の里親会 子猫30匹以上参加

20190730_003935.jpg
20190730_004047.jpg


①8月3日(土)14時~18時 雨天決行
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
TNR日本動物福祉病院内
院内里親会では、抱っこや遊んだりして決められます。

②8月4日(日)12時~17時 雨天決行
ペットスマイル 蒲田店
東京都大田区西蒲田7-66-12
JR蒲田駅西口1分サンロード商店街 

kamata_20190731231946261.gif


ペットのおうち
http://www.pet-home.jp/contribute_user_151327/
ロンリーペット
http://lonelypet.jp/team/detail/189/

元気過ぎて、目が離せません
ちゃまめは『かくれ名人』で、リビングに居るはずなのにどんだけ探しても見当たらない(ドアは締め切っていてリビングから出れない状態) 数分するとどこからかフラッと出て来て「ナァ~ン」とすり寄ってきます、とても不思議です(笑)






☆猫の殺処分 悪化の一路を辿る茨城県動物指導センター

真っ暗な闇に沈んでいく茨城県動物指導センター 
殺してしまえば済むという考えでは、助かる命も助けられません。
必死で救い続けてきたボランティアをどう考えているのですか。
センターは、統率力のあるトップがいない限り、命の犠牲は止まらない。
        殺処分に一直線
訴える言葉も持たない抵抗する力もない弱い命は黙って殺されるだけ。
動物達も救おうとするボランティアもたまったものではありません。





8.1
飯田センター長より

犬猫救済の輪 代表 結 昭子様


 日頃より,大変お世話になっております。

 お電話がつながらないようなので,メールにてご連絡させていただきます。
 
 8月1日現在,子猫の収容頭数は,乳のみが約70数頭,離乳が約30数頭,
合計で110頭弱になっております。
 ここのところ乳のみの収容が多く,離乳を含めた全頭の飼養管理が限界の
状況になっております。

 そのため,衰弱,脱水症状,食欲がない等で正常な成長が見込めない子猫
については,早い段階で安楽殺を行い,健康状態の良い子猫の飼養管理に
注力していきたいと考えております。
 何卒ご理解いただきますようお願いいたします。



 その他,過日ご要望がありましたことについてご連絡いたします。

 ・子猫の収容情報については,毎日は無理ですが,3日に1回程度はご提供させていただきます。

 ・子猫へのパルボワクチンの接種については,離乳約30数頭のうち猫かぜや脱水症状の猫を除いた約20頭に接種しております。多くは7/29に一部はそれ以前に接種しました。

 ・先日メールで送付いただいた添付ファイルについては,メールシステムの関係で開けなかったため,FAXでお送りいただければ幸いです。

 ・7/8に引き出していただいて以降,約50頭の子猫が死亡しております。

 ご不明な点等ございましたらご連絡ください。




今期、無理なく猫の殺処分ゼロは達成できるはずでした。
ボランティアの声を聴かず、ボランティアが猫を引き出そうとしても、引き出せない状況を作ったのは茨城県動物指導センターです。
できることもやらず、安易に殺す。何処まで命を粗末に扱うのでしょうか。






☆支援物資のお願い川崎
※子猫保護、現在50匹以上。猫砂、子猫用ミルク、不足しています。ご協力お願い致します。
楽天ほしいものリストはこちら
・ドライロイヤルカナンベビーキャット・トイレの紙砂・森乳粉ミルク・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・猫元気子猫用・カルカン子猫用種類問わず ・美味しい缶詰食欲元気のない子用に焼津のマグロ各種・猫缶・ファミリー缶 多頭保護猫用猫缶種類問わず・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・a/d缶 ・トイレの紙砂・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶 ・スマックドライ多頭用・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ワンラック哺乳器用乳首30個・ちゅーる 

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。





スポンサーサイト

 ☆福島フード支援のお願い ☆TNR無料不妊手術 ☆茨城県動物愛護署名 「殺す犬を引き取ります。」 譲渡しない理由は・・。 茨城県に公開質問状を提出
2019年07月23日 (火) | 編集 |
☆福島帰還困難区域救済活動 フード支援のお願いです

福島被災動物救済活動は、各給餌ポイントに設置したセンサーカメラで食べにくる猫がもういなくなったことを確認し、東日本大震災から8年の今年の3月をもちまして一旦終了とし連携ボランティアも解散してそれぞれの活動に戻るとご報告をさせて頂きました。

その後は自由意志で自費の活動となり、それまでのようには人も回数も少なくなりましたが、どこかにまだ生き延びている猫がいたらという心配から確認を続けています。
福島の活動用に皆様からのご支援で購入させていただいた軽自動車のスズキエブリィも楢葉拠点に置き、ほぼ毎週、帰還困難区域内の活動にボランティアさんの足となっております。

今なおバリケードで閉ざされた帰還困難区域。
IMG_6937.jpg


除染や家屋の解体が進んでいますが、手つかずの所も沢山あります。
IMG_6928.jpg


今回、ボランティアのMさんが、大熊町で猫を発見しました。
給餌ポイントに居つくようになっています。
まだおさんと一緒に、捕獲機も手製で工夫して作り、保護を試みています。
line_228230279190979.jpg



line_228260352163676.jpg


連携ボランティアは解散し、個人での活動となっておりますが、9年目の今も現地に通い頑張って下さっているボランティアさんがいます。先日、Mさんから電話をいただきフードのご支援を少しいただけましたらとてもありがたいですとのことでした。
関東からの交通費だけでも大変です。フードの支援で負担が少しでも軽くなればと思います。また、励ましになればと思います。

皆様、もしよろしければ、福島大熊町双葉町バリケードで閉ざされた帰還困難区域内で小さな命を犠牲にしないために最後まで頑張って下さっているMさんとMさんのお仲間に協力して差しあげていただけませんでしょうか。
楢葉拠点倉庫は、今も、使っています。支援物資も受入れていただけます。

送り先は以前のまま、犬猫救済の輪にしておきます。
届きましたフードは、Mさんが楢葉拠点で受け取り、スズキエブリィに積み、活動に使わせていただきます。
支援物資は、写真をこちらのブログで掲載しご報告させていただきます。
今は、在庫がございません。一回限りでも助かります。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

福島支援フード 指定日時なし 
受入先
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
        村尾智恵様方 犬猫救済の輪M
        080-8749-5626

楽天欲しい物リスト・キャネットチップ ・ねこ元気等、種類問いません。


☆TNR 

地元川崎区内 自分の行動範囲で出会う猫さんは、殆ど不妊手術を終えていますが、たまーに、何処からか新顔さんが現れます。
私が野良猫さんの給餌をしている場所は、現在自宅付近4箇所のみと少なくなりました。
そこに、通ってくるようになった猫さん、先日、TNR日本動物福祉病院で不妊手術してもらいました。

遠く他県からも、不幸な命を増やさないためにと野良猫の不妊手術に連れて来て下さる方々がいらっしゃいます。
怪我や衰弱した猫、まだまだ小さな子猫、毎日のように傷病の猫が運び込まれてきます。
外で生きることは厳しいですね。

よろしければ、飼い主のいない犬猫の無料不妊手術をご利用ください。
 犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院
詳細は  こちらから 
20190622_005111.jpg



tnr_20190723060843844.jpg



大拡散希望!! 【署名協力のお願い】
☆助かる命まで殺すという茨城県動物指導センター


署  名          
茨城県は犬を殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください

手軽にできるオンライン署名はこちら。
署名のダウンロードはこちらから。

  o0750056214494505518.jpg
茨城県では、「犬猫殺処分ゼロをめざす条例」が施行され、昨年12月からは半年にわたり殺処分を行わずにいました。そのため犬の収容数が多くなりましたが、生かすために収容場所を広げることなどはせず、犬を間引き殺処分して収容適正数を保つことにしました。この間引き殺処分を行うために県は6月、ガイドラインを作成し発表しました。これは譲渡適性がある犬か譲渡不適の犬かを判定するもので、譲渡不適とされた犬を殺処分の対象とするものです。けれども、そもそも茨城県センターに収容される犬の大部分は迷子の元飼い犬たちであり、凶暴な犬はほとんど見当たりません。収容適性頭数を越えた犬は譲渡適性があるにもかかわらず譲渡不適と判断され殺処分されてしまいます。しかも、譲渡不適として殺処分した犬達は殺処分にカウントすらされず「ニセの殺処分ゼロ」が宣言されるわけです。茨城県の「ニセの殺処分ゼロ」を目指す方法が、全国自治体に広がる恐れがあります。この生命軽視のガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください。
 
要望
1本ガイドラインを即刻廃止すること。
2動物指導センターの敷地に犬舎を増設し、過密収容を避け個別管理を徹底すること。
3県内1箇所ではなく複数箇所に保護譲渡機能を分散させること。
4職員増員やドッグトレーナーの雇用とボランティアの受け入れを行うこと。

署名送付先・連絡先:  全国動物ネットワーク (担当:小田島)
〒305-0051 つくば市二の宮2-7-20 坂本博之法律事務所
029-851-5580 (TEL)  029-851-5586 (FAX)
  
参考
知事定例記者会見要旨
http://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/hodo/press/19press/p190624.html##4
ガイドライン
http://www.pref.ibaraki.jp/soshiki/hokenfukushi/doshise/documents/guideline.pdf
意見書  〈 7.3全国動物ネットワークから県知事に提出 
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7044.html


茨城県署名 殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を!!
状況報告 New 


2019年7月22日 —
CAPIN様 ブログより
https://ameblo.jp/capin-blog/page-3.html

「殺す犬を引き取ります。」 譲渡しない理由は・・。

7.22 茨城県に公開質問状を提出
o0809108014508606501.jpg

o0809108014508606503.jpg


公開質問状

茨城県動物指導センター所長 飯田明広様

前略、ご多忙中、失礼申し上げます。

何度か申し入れさせていただいている通り、当会は譲渡団体として殺処分と判定されてしまった犬の引き出しを希望しております。

その件につきまして、以下の通りお尋ね申し上げます。

大変、お手数をおかけいたしますが、文書にて今週中(26日迄)の返信をお願い申し上げます。

なお、ご回答は公開させていただきます。何とぞよろしくお願い申し上げます。

質問1 殺処分決定から殺処分実行日まで何日ありますか。

質問2 殺処分が決定した犬がどの犬なのか事前に教えていただけますか。

質問3 質問2で殺処分が決定した犬を教えていただけないとしたら、その理由を具体的にお答えください。

質問4 一般の個人ではなく、犬の扱いに精通している団体に譲渡適性が無いとされた犬を譲渡することに、問題がありますか。 

質問5 センターが譲渡に適さないと判定した犬を救済する方法があるとすれば、どの様な方法があるとお考えですか。 



茨城県署名 殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を!!
犬達を救うためオンライン署名にご協力お願い致します。


☆支援物資のお願い川崎
※子猫保護、現在50匹以上。猫砂、子猫用ミルク、不足しています。ご協力お願い致します。
楽天ほしいものリストはこちら
・トイレの紙砂・森乳粉ミルク・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・猫元気子猫用・カルカン子猫用種類問わず・ロイヤルカナンベビーキャットウエット・ロイヤルカナンベビーキャット ・美味しい缶詰元気のない子用・気まグルメ・猫缶・ファミリー缶 多頭保護猫用猫缶種類問わず・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・a/d缶 ・トイレの紙砂・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶 ・スマックドライ多頭用・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ワンラック哺乳器用乳首30個・ちゅーる 

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。





 拡散☆本日里親会雨天決行21日(日)こねこ30匹戸越銀座ペットスマイル里親会へ!! ☆茨城県動物愛護署名 意見書の内容
2019年07月20日 (土) | 編集 |


20190720_221211.jpg

犬猫救済の輪 猫の里親会 子猫30匹参加
7月21日(日) 12:00~17:00 雨天決行
ペットスマイル 戸越店
品川区戸越2-6-6 戸越銀座商店街

togosi.jpg


※ 必ず、里親会ページ下の「譲渡条件(一部)」をお読みいただき、ご来場ください。

参加予定の子たち一部ご紹介♥













20190720_014231.jpg

20190720_014318.jpg

20190720_013537.jpg


IMG_9093.jpg

IMG_9290.jpg

IMG_9209.jpg

IMG_7941_20190627021029bc5s_201907130000008db_2019071906354305d.jpgIMG_7950_20190627020319e21s_20190719063818491.jpg


IMG_8724_201907190635440da.jpg

IMG_8867_20190712044436dce_20190719063541e37.jpg

IMG_8793_20190719064044f85.jpg

IMG_8849s_20190719063538c17.jpg

IMG_8958_20190720032830e2c.jpg


IMG_8153_20190713000003f7fs_20190719063537095.jpg
rurukizi長毛

D8fOmsEUYAAxFIG_20190712235958f25s_20190720032828a90.jpg

IMG_7697_20190627023816ffa_201907200328316b9.jpg

D6zuWT8U0AAdu16s_201907122359553cb_201907200328277c7.jpg


20190720_014902.jpg
 
    ❤30匹の子猫が、出会いを待っています。成猫さんもよろしく。ご家族おそろいでお出かけください。❤


大拡散希望!! 【署名協力のお願い】
☆助かる命まで殺すという茨城県動物指導センター


署  名          
茨城県は犬を殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください

手軽にできるオンライン署名はこちら。
署名のダウンロードはこちらから。

  o0750056214494505518.jpg
茨城県では、「犬猫殺処分ゼロをめざす条例」が施行され、昨年12月からは半年にわたり殺処分を行わずにいました。そのため犬の収容数が多くなりましたが、生かすために収容場所を広げることなどはせず、犬を間引き殺処分して収容適正数を保つことにしました。この間引き殺処分を行うために県は6月、ガイドラインを作成し発表しました。これは譲渡適性がある犬か譲渡不適の犬かを判定するもので、譲渡不適とされた犬を殺処分の対象とするものです。けれども、そもそも茨城県センターに収容される犬の大部分は迷子の元飼い犬たちであり、凶暴な犬はほとんど見当たりません。収容適性頭数を越えた犬は譲渡適性があるにもかかわらず譲渡不適と判断され殺処分されてしまいます。しかも、譲渡不適として殺処分した犬達は殺処分にカウントすらされず「ニセの殺処分ゼロ」が宣言されるわけです。茨城県の「ニセの殺処分ゼロ」を目指す方法が、全国自治体に広がる恐れがあります。この生命軽視のガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください。
 
要望
1本ガイドラインを即刻廃止すること。
2動物指導センターの敷地に犬舎を増設し、過密収容を避け個別管理を徹底すること。
3県内1箇所ではなく複数箇所に保護譲渡機能を分散させること。
4職員増員やドッグトレーナーの雇用とボランティアの受け入れを行うこと。

署名送付先・連絡先:  全国動物ネットワーク (担当:小田島)
〒305-0051 つくば市二の宮2-7-20 坂本博之法律事務所
029-851-5580 (TEL)  029-851-5586 (FAX)
  
参考
知事定例記者会見要旨
http://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/hodo/press/19press/p190624.html##4
ガイドライン
http://www.pref.ibaraki.jp/soshiki/hokenfukushi/doshise/documents/guideline.pdf


茨城県署名 殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を!!
状況報告 New 


意見書  〈 7.3全国動物ネットワークから県知事に提出 〉

主旨
令和元年6月11日に策定された茨城県「譲渡候補犬の選定に関するガイドライン」は安易な殺処分を全国的に助長させるものであり、直ちに廃止し、弱い立場の犬猫こそ救う真の殺処分ゼロを目指す方針を策定していただくことを要望します。

内容
茨城県は、これまで「犬猫殺処分ゼロを目指す条例」に基づき、いばらき自民党をはじめとする県議会各会派、県内・県外の譲渡団体の協力のもと、真の殺処分ゼロを目指して今年1月より殺処分をせずに来ましたが、6月、新たなガイドライン」を策定して、一転、安易な殺処分を再開しました。
このガイドラインを用いると、例えば平成30年度では446頭の殺処分が行われたが、18頭だけしか殺処分しなかったことになります。つまり428頭を今後、堂々と殺処分できることになります。
この428頭には人馴れしていないためや、収容場所不足による「間引き」のために殺処分される犬猫が含まれています。殺処分になる犬猫の判定も曖昧であり「譲渡適性が無かった」の一言で多くの命が葬られていくことになります。

茨城県ガイドラインの大きな間違い(環境省分類の誤った使われ方)
茨城県のガイドラインは環境省の殺処分の考え方に基づいているとしていますが、これは大きな誤解です。
茨城県がガイドラインのもととしているのは、環境省「殺処分ゼロ目標の考え方の再整理」「殺処分数の試行的分類」です。(以下環境省の区分)
http://www.env.go.jp/council/14animal/y140-47/mat03-2.pdf

しかし、環境省にも確認しましたが、「環境省がこのように犬猫を分類したのは殺処分をゼロに近づけていくためであり安易な殺処分を推進させるためではない。自治体は特に収容場所が足りないとか人なれしていないなどの理由による殺処分を減らすことを優先的に取り組んでいくべきだ」とのことです。

(環境省資料より説明)
分類① 譲渡することが適切ではない(治癒の見込みがない病気や攻撃性がある等)
分類② 分類①以外の処分
分類③ 引き取り後の死亡
     ↓
今後は、いわゆる「殺処分ゼロ」ではなく、分類②による殺処分 数を減少させていく方向で対応していくことが必要ではないか? (以上環境省原文)

具体的には殺処分を環境省が減らそうとしているこの分類②の中にはたとえば「施設の収容可能頭数等の物理的制限により飼養が困難な動物」や「人に馴染まないため、希望者があらわれない動物」(環境省原文)も含まれていますが、茨城県動物指導センターが殺処分を再開しようとする理由は、まさに施設の収容可能頭数の物理的制限や人馴れの問題です。茨城県がこれから殺処分していこうとしている犬猫は環境省が分類②でこれから助けていきたいとしている犬猫でもあります。また茨城県動物指導センターには 区分①にある「人や他の動物に重大な危害を及ぼす」ような犬はほとんど収容されていません。これはセンターを視察した議員団や譲渡団体の証言から明らかです。


私達は「不可逆的な疾病や事故のための耐え難い苦痛を取り除くための措置としての安楽死」を除いて殺処分はあってはならないと考えています。

収容場所が足りない、人手がない、予算がないなどの工夫次第でどうにでもなる理由によって殺処分される犬猫がなくなることを目指していかなければなりません。人や動物に重大な危害を及ぼすような僅かな犬についても神奈川県の様に社会化のトレーニングを行う等、救済していくべきだと考えます。

茨城県はこの様に環境省の意図を誤用して、最も弱い立場の犬猫を安易に殺処分ができるようなガイドラインを運用しようとしていますが、全国自治体も同じ過ちを犯す可能性がありますのでここで正しておかなければなりません。


犬達を救うためオンライン署名にご協力お願い致します。


☆支援物資のお願い川崎
※子猫保護、現在50匹以上。猫砂、子猫用ミルク、不足しています。ご協力お願い致します。
楽天ほしいものリストはこちら
・トイレの紙砂・森乳粉ミルク・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・猫元気子猫用・カルカン子猫用種類問わず・ロイヤルカナンベビーキャットウエット・ロイヤルカナンベビーキャット ・美味しい缶詰元気のない子用・気まグルメ・猫缶・ファミリー缶 多頭保護猫用猫缶種類問わず・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・a/d缶 ・トイレの紙砂・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶 ・スマックドライ多頭用・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ワンラック哺乳器用乳首30個・ちゅーる 

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 ☆ 意見書  〈 7.3全国動物ネットワークから県知事に提出 〉
2019年07月20日 (土) | 編集 |

意見書  〈 7.3全国動物ネットワークから県知事に提出 〉

主旨
令和元年6月11日に策定された茨城県「譲渡候補犬の選定に関するガイドライン」は安易な殺処分を全国的に助長させるものであり、直ちに廃止し、弱い立場の犬猫こそ救う真の殺処分ゼロを目指す方針を策定していただくことを要望します。

内容
茨城県は、これまで「犬猫殺処分ゼロを目指す条例」に基づき、いばらき自民党をはじめとする県議会各会派、県内・県外の譲渡団体の協力のもと、真の殺処分ゼロを目指して今年1月より殺処分をせずに来ましたが、6月、新たなガイドライン」を策定して、一転、安易な殺処分を再開しました。
このガイドラインを用いると、例えば平成30年度では446頭の殺処分が行われたが、18頭だけしか殺処分しなかったことになります。つまり428頭を今後、堂々と殺処分できることになります。
この428頭には人馴れしていないためや、収容場所不足による「間引き」のために殺処分される犬猫が含まれています。殺処分になる犬猫の判定も曖昧であり「譲渡適性が無かった」の一言で多くの命が葬られていくことになります。

茨城県ガイドラインの大きな間違い(環境省分類の誤った使われ方)
茨城県のガイドラインは環境省の殺処分の考え方に基づいているとしていますが、これは大きな誤解です。
茨城県がガイドラインのもととしているのは、環境省「殺処分ゼロ目標の考え方の再整理」「殺処分数の試行的分類」です。(以下環境省の区分)
http://www.env.go.jp/council/14animal/y140-47/mat03-2.pdf

しかし、環境省にも確認しましたが、「環境省がこのように犬猫を分類したのは殺処分をゼロに近づけていくためであり安易な殺処分を推進させるためではない。自治体は特に収容場所が足りないとか人なれしていないなどの理由による殺処分を減らすことを優先的に取り組んでいくべきだ」とのことです。

(環境省資料より説明)
分類① 譲渡することが適切ではない(治癒の見込みがない病気や攻撃性がある等)
分類② 分類①以外の処分
分類③ 引き取り後の死亡
     ↓
今後は、いわゆる「殺処分ゼロ」ではなく、分類②による殺処分 数を減少させていく方向で対応していくことが必要ではないか? (以上環境省原文)

具体的には殺処分を環境省が減らそうとしているこの分類②の中にはたとえば「施設の収容可能頭数等の物理的制限により飼養が困難な動物」や「人に馴染まないため、希望者があらわれない動物」(環境省原文)も含まれていますが、茨城県動物指導センターが殺処分を再開しようとする理由は、まさに施設の収容可能頭数の物理的制限や人馴れの問題です。茨城県がこれから殺処分していこうとしている犬猫は環境省が分類②でこれから助けていきたいとしている犬猫でもあります。また茨城県動物指導センターには 区分①にある「人や他の動物に重大な危害を及ぼす」ような犬はほとんど収容されていません。これはセンターを視察した議員団や譲渡団体の証言から明らかです。


私達は「不可逆的な疾病や事故のための耐え難い苦痛を取り除くための措置としての安楽死」を除いて殺処分はあってはならないと考えています。

収容場所が足りない、人手がない、予算がないなどの工夫次第でどうにでもなる理由によって殺処分される犬猫がなくなることを目指していかなければなりません。人や動物に重大な危害を及ぼすような僅かな犬についても神奈川県の様に社会化のトレーニングを行う等、救済していくべきだと考えます。

茨城県はこの様に環境省の意図を誤用して、最も弱い立場の犬猫を安易に殺処分ができるようなガイドラインを運用しようとしていますが、全国自治体も同じ過ちを犯す可能性がありますのでここで正しておかなければなりません。

 ☆茨城県動物愛護署名 ケージ購入や仕切設置が実現しない理由は、委託業者の反対があるため ☆ガク君、福島被災猫
2019年07月19日 (金) | 編集 |









犬猫救済の輪 猫の里親会 子猫30匹参加
①7月20日(土)雨天決行 14時~18時
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
TNR日本動物福祉病院内

院内里親会では、抱っこもできます。


②7月21日(日) 12:00~17:00 雨天決行
ペットスマイル 戸越店
品川区戸越2-6-6 戸越銀座商店街

togosi.jpg


※ 必ず、里親会ページ下の「譲渡条件(一部)」をお読みいただき、ご来場ください。

参加予定の子たち一部ご紹介♥
20190720_014231.jpg

20190720_014318.jpg

20190720_013537.jpg


IMG_9093.jpg

IMG_9290.jpg

IMG_9209.jpg

IMG_7941_20190627021029bc5s_201907130000008db_2019071906354305d.jpgIMG_7950_20190627020319e21s_20190719063818491.jpg


IMG_8724_201907190635440da.jpg

IMG_8867_20190712044436dce_20190719063541e37.jpg

IMG_8793_20190719064044f85.jpg

IMG_8849s_20190719063538c17.jpg

IMG_8153_20190713000003f7fs_20190719063537095.jpg
rurukizi長毛

20190720_014902.jpg
 
    ❤30匹の子猫が、出会いを待っています。成猫さんもよろしく。ご家族おそろいでお出かけください。❤


大拡散希望!! 【署名協力のお願い】
☆助かる命まで殺すという茨城県動物指導センター


署  名          
茨城県は犬を殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください

手軽にできるオンライン署名はこちら。
署名のダウンロードはこちらから。

  o0750056214494505518.jpg
茨城県では、「犬猫殺処分ゼロをめざす条例」が施行され、昨年12月からは半年にわたり殺処分を行わずにいました。そのため犬の収容数が多くなりましたが、生かすために収容場所を広げることなどはせず、犬を間引き殺処分して収容適正数を保つことにしました。この間引き殺処分を行うために県は6月、ガイドラインを作成し発表しました。これは譲渡適性がある犬か譲渡不適の犬かを判定するもので、譲渡不適とされた犬を殺処分の対象とするものです。けれども、そもそも茨城県センターに収容される犬の大部分は迷子の元飼い犬たちであり、凶暴な犬はほとんど見当たりません。収容適性頭数を越えた犬は譲渡適性があるにもかかわらず譲渡不適と判断され殺処分されてしまいます。しかも、譲渡不適として殺処分した犬達は殺処分にカウントすらされず「ニセの殺処分ゼロ」が宣言されるわけです。茨城県の「ニセの殺処分ゼロ」を目指す方法が、全国自治体に広がる恐れがあります。この生命軽視のガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください。
 
要望
1本ガイドラインを即刻廃止すること。
2動物指導センターの敷地に犬舎を増設し、過密収容を避け個別管理を徹底すること。
3県内1箇所ではなく複数箇所に保護譲渡機能を分散させること。
4職員増員やドッグトレーナーの雇用とボランティアの受け入れを行うこと。

署名送付先・連絡先:  全国動物ネットワーク (担当:小田島)
〒305-0051 つくば市二の宮2-7-20 坂本博之法律事務所
029-851-5580 (TEL)  029-851-5586 (FAX)
  
参考
知事定例記者会見要旨
http://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/hodo/press/19press/p190624.html##4
ガイドライン
http://www.pref.ibaraki.jp/soshiki/hokenfukushi/doshise/documents/guideline.pdf


茨城県署名 殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を!!
状況報告 New 

ケージ購入や仕切設置が実現しない理由は、委託業者の反対があるため

BDSvSsICmEYsvMO-800x450-noPad.jpg

2019年7月12日

委託会社が掃除しにくくなるという理由で犬たちのケージも買ってもらえなかった

県庁、生活衛生課訪問 (続き)

当会「どの犬を殺すのか、殺したのかを知ってどうするのかと、茨城県生活衛生課の方も言います。茨城県動物指導センターのセンター長にも若い女性の職員さんにも言われました。

1頭だって県民は助けたいんです。私達、県民の感覚をわかってください」

当会「6月11日に殺処分が再開したこともセンターから教えていただけませんでした」

県生活衛生課「県の方では殺処分を再開したのはわかっていましたが、何日に何頭どの犬かはわかりません」

弁護士「真実をオープンにするべきだと思います」

生活衛生課「センターの職員は頑張って治療やお世話をしていると思います」

当会「頑張っている職員さんたちのためにも、犬達を助けるのに必要なもの、人員とかトレーナーとかの予算を請求していただきたいのです」

市議「民間のシェルターでもやっているのだから、事故を防ぐためにも犬のゲージとかも必要です」

当会「(犬が過密に収容されていたので)大部屋をパーテーションで区切ってほしいとセンターに提案しましたが駄目と言われました。それならば夜間だけでもゲージに喧嘩早い犬や臆病な犬を分けて入れて欲しいとお願いしました」

県生活衛生課「ゲージとかの消耗品はセンターの判断で買えます」

当会「それなら、そのようにセンターに言ってください」

 (追記) 当会もケージやパーテーション、仕切を要望していました。議員さんも弁護士さんもセンターに赴き、犬同士のかみ合い等不測の事態が起きないように、大部屋をパーテーションで区切ることや、ケージで1頭づつ管理することを要望しました。センター長は「部屋を区切ると委託会社が掃除しにくくなるのでケージやパーテーションは委託会社に許可してもらわなければできない」と言いました。

委託会社の社長は、昨年度末に当会との電話で「殺処分は必要なので、センターに殺処分を続けさせるために、私は委託業者をやめない」と明言していました。



☆フォスターペアレント様 ありがとう
p-195 26-11 岳  
2013.11.15 保護NO1484 富岡町夜ノ森南
白黒 オス 4.2キロ 
保護時推定5才(2019年現在推定11才)
 FIV(-) Felv(+)


苦しみの長い月日を生き抜いて、
やっとボランティアさんに保護してもらえた命。
犬猫救済の輪シェルター 白血病ルームで暮らしています。



シェルター、白血病の猫さんたちのお部屋。まとめ役のガクくんです。

高いところから見下ろして、みんなを見守っている優しいガクくん。おかげさまで白ルームは平和です。

その落ち着いた風貌と面倒見の良さから、猫望も人望も厚いガクくんです。

IMG_0097_20190719034122cfd.jpg


IMG_0025_2019071903412662b.jpg


IMG_0100_20190719034123560.jpg


IMG_0026_20190719034125a78.jpg



ガクくんの日常は幸せそのもの(^^)

2013年、福島県富岡町夜の森南でボランティアさんに保護されて犬猫救済の輪にやってきたガク君。
白血病キャリアだけどあれから6年、何事もなく元気に暮らしています。
毎日平和すぎて幸せだよ〜って聞こえてきそうです。

毎日、大親友のようかんくんとつるんでます。

ずーっとようかんくんと一緒です。
どこに行くにも追いかけてついて行くところを見ると、ガクくんのほうが慕っているみたいでした。

IMG_0038_20190719035908d97.jpg


IMG_0037_20190719035909872.jpg


IMG_0033_20190719035910532.jpg



IMG_0079_201907190359134f4.jpg



IMG_0066_2019071903591273a.jpg


IMG_0073_20190719035915567.jpg




アンリちゃんにも慕われて2匹でドライを食べあっていたり相変わらずの仲良しぶり。

時々夕日を眺めたり、外気に当たったり、みんなと一緒にドライを食べたり、、、

猫ちゃん同士、仲良しなのって見ていて微笑ましいですね。







フォスターペアレント様 ありがとうございます。


フォスターペアレント制度

※100匹猫さんが暮らすシェルターで、週1回1日4時間程度(7::00~24:00の間、ご希望のお時間で)ボランティアしませんか。詳細は、 メールフォーム にてお気軽にお問い合わせください。



☆支援物資のお願い川崎
※子猫保護、現在50匹以上。猫砂、子猫用ミルク、不足しています。ご協力お願い致します。
楽天ほしいものリストはこちら
・トイレの紙砂・森乳粉ミルク・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・猫元気子猫用・カルカン子猫用種類問わず・ロイヤルカナンベビーキャットウエット・ロイヤルカナンベビーキャット ・美味しい缶詰元気のない子用・気まグルメ・猫缶・ファミリー缶 多頭保護猫用猫缶種類問わず・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・a/d缶 ・トイレの紙砂・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶 ・スマックドライ多頭用・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ワンラック哺乳器用乳首30個・ちゅーる 

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。





 Sippo 朝日新聞転載 茨城県、「譲渡不適」の犬猫を殺処分数から除外 判断指針を作成
2019年07月17日 (水) | 編集 |
犬猫救済の輪 猫の里親会 子猫30匹参加
①7月20日(土)雨天決行 14時~18時
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
TNR日本動物福祉病院内

院内里親会では、抱っこもできます。


②7月21日(日) 12:00~17:00 雨天決行
ペットスマイル 戸越店
品川区戸越2-6-6 戸越銀座商店街

togosi.jpg


※ 必ず、里親会ページ下の「譲渡条件(一部)」をお読みいただき、ご来場ください。
えr

IMG_8958_20190717165236bbe.jpg

IMG_7747_20190717162702f4b.jpgIMG_7779_20190717162704d51.jpg

rurukizi長毛
 
    ❤30匹の子猫が、出会いを待っています。ご家族おそろいでお出かけください。❤


大拡散希望!! 【署名協力のお願い】
☆助かる命まで殺すという茨城県動物指導センター


署  名          
茨城県は犬を殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください

手軽にできるオンライン署名はこちら。
署名のダウンロードはこちらから。

  o0750056214494505518.jpg
茨城県では、「犬猫殺処分ゼロをめざす条例」が施行され、昨年12月からは半年にわたり殺処分を行わずにいました。そのため犬の収容数が多くなりましたが、生かすために収容場所を広げることなどはせず、犬を間引き殺処分して収容適正数を保つことにしました。この間引き殺処分を行うために県は6月、ガイドラインを作成し発表しました。これは譲渡適性がある犬か譲渡不適の犬かを判定するもので、譲渡不適とされた犬を殺処分の対象とするものです。けれども、そもそも茨城県センターに収容される犬の大部分は迷子の元飼い犬たちであり、凶暴な犬はほとんど見当たりません。収容適性頭数を越えた犬は譲渡適性があるにもかかわらず譲渡不適と判断され殺処分されてしまいます。しかも、譲渡不適として殺処分した犬達は殺処分にカウントすらされず「ニセの殺処分ゼロ」が宣言されるわけです。茨城県の「ニセの殺処分ゼロ」を目指す方法が、全国自治体に広がる恐れがあります。この生命軽視のガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください。
 
要望
1本ガイドラインを即刻廃止すること。
2動物指導センターの敷地に犬舎を増設し、過密収容を避け個別管理を徹底すること。
3県内1箇所ではなく複数箇所に保護譲渡機能を分散させること。
4職員増員やドッグトレーナーの雇用とボランティアの受け入れを行うこと。

署名送付先・連絡先:  全国動物ネットワーク (担当:小田島)
〒305-0051 つくば市二の宮2-7-20 坂本博之法律事務所
029-851-5580 (TEL)  029-851-5586 (FAX)
  
参考
知事定例記者会見要旨
http://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/hodo/press/19press/p190624.html##4
ガイドライン
http://www.pref.ibaraki.jp/soshiki/hokenfukushi/doshise/documents/guideline.pdf


o1080080914503592516.jpg

o1080080914503592499.jpg

o1080080914503592501.jpg

o1080080914503592504.jpg

o1080080914503592507.jpg

o1080080914503592525.jpg

o0810060714503592512.jpg

o1080080914503592520.jpg

o1080080914503592521.jpg

犬達を救うためオンライン署名にご協力お願い致します。


茨城県、「譲渡不適」の犬猫を殺処分数から除外 判断指針を作成
Sippo
朝日新聞
2019/07/13
https://sippo.asahi.com/article/12535290


 犬猫の殺処分「実質ゼロ」を掲げる茨城県は、「攻撃性がある」などとして「譲渡不適」と判断して殺処分した数を、従来の殺処分数のカウントからは除外する方針を決めた。「譲渡不適」などを除いた範囲で「殺処分ゼロ」をめざすという。

 環境省は全国の自治体に対し、2015年度分の調査から、これまで「殺処分」として報告していた数の内訳を(1)攻撃性があったり、治癒する見込みがない病気があったりするなどで「譲渡不適」、(2)病死や老衰を含む「収容中死亡」、(3)それ以外の「その他」、の3区分に分類して報告するよう求めている。

 県は環境省の分類に沿う形で今年度から殺処分数の削減目標の範囲を変え、(1)(2)を除いた(3)のみの数をカウントすることにした。東京都は同様の数え方で、18年度に「犬猫殺処分ゼロを達成」と発表している。

 ただ、「殺処分ゼロ」が目的化し、恣意(しい)的な集計によって殺処分数を少なく見せる事態を懸念する声もあるため、県は県動物指導センターに収容された犬について、譲渡適性を客観的に判断するガイドラインを独自に作成し、6月から運用を始めた。

 ガイドラインによると、犬はセンターに持ち込まれた日のうちに健康状態や人への攻撃性、人を恐れているかなどを1次判定。収容から8日目以降に、複数の職員の目でより具体的な基準を用いて2次判定を行うことで、適性判断の客観性の確保をめざすという。

 県生活衛生課によると、県内の犬猫殺処分数は、08年度の9028頭から減少傾向にあり、18年度は446頭。このうち犬の「譲渡不適」は155頭、「収容中死亡」は62頭、「その他」は18頭だった。猫は「譲渡不適」が11頭、「収容中死亡」が200頭、「その他」はゼロ。一方で、18年度にセンターに収容された犬猫は3千頭近かった。


079bd25778dfad858764bd31a026314d.jpg


 先月下旬に新方針を発表した大井川和彦知事は「処分頭数を減らすためには、センターに持ち込まれる犬猫をそもそも減らすということが重要」と述べ、飼い主が犬猫の所有者明示を徹底することや不妊去勢手術の実施、猫はなるべく屋内で飼うことなどを求めた。
(佐藤仁彦)
NPO、廃止求め意見書

 特定非営利法人「動物愛護を考える県民ネットワーク」(つくば市)は3日、県が策定した犬の譲渡適性に関するガイドラインの廃止を求める意見書を県に出した。

 理由として、外部の意見を聞かずに拙速につくられるなど策定過程が不透明▽殺処分にカウントしない「譲渡不適」の判断が恣意(しい)的に行われる恐れがある▽真の殺処分ゼロに向けた施策になっていない――などを挙げた。

 同ネットワークは「自治体にこのようなガイドラインの策定が広がれば、実際には殺処分が続いているのに数字上の『ゼロ』だけが増えることになる」としている。




 
☆支援物資のお願い川崎
※茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動にて、猫用トイレに新聞紙を利用しています。TNR日本動物福祉病院にお届けいただけます方がいらっしゃいましたら土浦便でお届けさせていただきます。※子猫保護、現在50匹以上。猫砂、子猫用フード不足しています。ご協力お願い致します。
楽天ほしいものリストはこちら
・トイレの紙砂・猫元気子猫用・カルカン子猫用種類問わず・ロイヤルカナンベビーキャットウエット・ロイヤルカナンベビーキャット ・森乳粉ミルク・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・美味しい缶詰元気のない子用・気まグルメ・猫缶・ファミリー缶 多頭保護猫用猫缶種類問わず・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・a/d缶 ・トイレの紙砂・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶 ・スマックドライ多頭用・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ワンラック哺乳器用乳首30個・ちゅーる 

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 ☆茨城県動物愛護署名のお願い 私たちの手の届かないところでどんどん殺されていく ☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動 物資搬送 ひまわり君&ブン君当会ファミリーになりました。
2019年07月16日 (火) | 編集 |

大拡散希望!! 【署名協力のお願い】
☆助かる命まで殺すという茨城県動物指導センター


署  名          
茨城県は犬を殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください

手軽にできるオンライン署名はこちら。
署名のダウンロードはこちらから。

  o0750056214494505518.jpg
茨城県では、「犬猫殺処分ゼロをめざす条例」が施行され、昨年12月からは半年にわたり殺処分を行わずにいました。そのため犬の収容数が多くなりましたが、生かすために収容場所を広げることなどはせず、犬を間引き殺処分して収容適正数を保つことにしました。この間引き殺処分を行うために県は6月、ガイドラインを作成し発表しました。これは譲渡適性がある犬か譲渡不適の犬かを判定するもので、譲渡不適とされた犬を殺処分の対象とするものです。けれども、そもそも茨城県センターに収容される犬の大部分は迷子の元飼い犬たちであり、凶暴な犬はほとんど見当たりません。収容適性頭数を越えた犬は譲渡適性があるにもかかわらず譲渡不適と判断され殺処分されてしまいます。しかも、譲渡不適として殺処分した犬達は殺処分にカウントすらされず「ニセの殺処分ゼロ」が宣言されるわけです。茨城県の「ニセの殺処分ゼロ」を目指す方法が、全国自治体に広がる恐れがあります。この生命軽視のガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください。
 
要望
1本ガイドラインを即刻廃止すること。
2動物指導センターの敷地に犬舎を増設し、過密収容を避け個別管理を徹底すること。
3県内1箇所ではなく複数箇所に保護譲渡機能を分散させること。
4職員増員やドッグトレーナーの雇用とボランティアの受け入れを行うこと。

署名送付先・連絡先:  全国動物ネットワーク (担当:小田島)
〒305-0051 つくば市二の宮2-7-20 坂本博之法律事務所
029-851-5580 (TEL)  029-851-5586 (FAX)
  
参考
知事定例記者会見要旨
http://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/hodo/press/19press/p190624.html##4
ガイドライン
http://www.pref.ibaraki.jp/soshiki/hokenfukushi/doshise/documents/guideline.pdf


茨城県署名 殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を!!
状況報告 New 
私たちの手の届かないところでどんどん殺されていく

NPMEwMPlZxVpYQL-800x450-noPad_20190716093848848.jpg

茨城県動物指導センター長に「殺す犬は教えない」と言われ納得いきません。
言葉を持たない弱い立場の犬たちが、なぜ、殺されなければならないのですか。
命ではないのですか。物なのですか。

7月12日、茨城県庁生活衛生課を訪問しました。 
茨城県庁で、生活衛生課の課長代理他2名と面談しました。

以下、会話要旨 前半

当会「殺さないという選択肢はないのですか」

生活衛生課「犬の収容数が多すぎて、単にあの部屋にいるだけになっています」

当会「収容される犬は去年は300頭を切ってきて、だいぶ減ってきました。コントロールできる数になってきましたよね」

生活衛生課「そうですね。かつては8年間も茨城県は殺処分ワーストでしたが。」

生活衛生課「適正飼育指導員制度を始めて、犬の放し飼いを取り締まっています。野犬も減ってきたと思います。蛇口を閉めないといけません」

当会「市町村にもっと動いてもらいセンターに入ってくるのを減らしていかないと」

当会「茨城県だけが犬を収容するところが1か所だけですね。分散しないのですか。3月の県議会でも分散するようにお話しがあったけれど」

生活衛生課「予算が必要です」

当会「道路1本に10億とか20億とか予算があるのだから、地元の不幸な犬のために少しの予算をとれるよう知事に要望してください」

市議「生かしたいと考えてるボランティアさんの手の届かないところで、どんどん殺されてしまうのではないかと、皆さん心配なさっています」

当会「今日殺す子を引き出したいから教えて欲しいとセンターに言っても教えてもらえませんでした。何番の子を殺すと聞いてその子を引き出すことはできない理由は何ですか。受け入れる準備は整っています。これまで処分された犬のことも教えていただけないのです」

生活衛生課「それをなぜ知りたいのですか、なぜ知りたいかわかりません。」

当会「それは1頭1頭愛情をもって見ているからです。センターから出してあげるから待っててねと1頭1頭気にかけているからです。殺されることが決まってしまったのなら、その犬を先に引き出してあげたい。生かしてあげたいと思うからです」


犬達を救うためオンライン署名にご協力お願い致します。


☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動 物資搬送 
 ♥ひまわり君&ブン君当会ファミリーになりました。



多頭飼育猫さんは、犬猫救済の輪にお預かりしている4匹以外に、土浦にあと62匹が暮らしています。
土浦にいる子たちは病気の子と人馴れしていない子たちです。里親さんは簡単には見つかりそうにありません。

そんな中、ずっと里親募集をしてきたけどまだ決まっていないブン君とヒマワリ君を、当会のシェルターに移動してのんびり暮らしてもらうことにしました。
ふたりとも皮膚の炎症が酷かったのですが、ずっとTNR日本動物福祉病院にいたのですっかりきれいピカピカになりました。
里親に行けるのが一番良かったのですが、ケージ暮らしが長くなってきたのでシェルター暮らしを決めました。


ブン君
20190702_195323.jpg


ヒマワリ君
himawari_20190712230823b15.jpg


シェルターに行くよー。
20190702_195402.jpg


        シェルターで伸び伸び暮らして下さいな。みんなと仲良くね。


20190714_164314.jpg
7月14日(日)茨城県土浦市多頭飼育猫フード用品搬送便
今回も多頭猫さん総合栄養食と結石用フード、また、一頭だけ大型犬がおりますが犬のフードのご支援もいただきましたので搬送させていただきました。猫用トイレに使う新聞紙のご協力もありがとうございました。
今後共、宜しくお願い申し上げます。

 
☆支援物資のお願い川崎
※茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動にて、猫用トイレに新聞紙を利用しています。TNR日本動物福祉病院にお届けいただけます方がいらっしゃいましたら土浦便でお届けさせていただきます。※子猫保護、現在50匹以上。猫砂、子猫用フード不足しています。ご協力お願い致します。
楽天ほしいものリストはこちら
・トイレの紙砂・猫元気子猫用・カルカン子猫用種類問わず・ロイヤルカナンベビーキャットウエット・ロイヤルカナンベビーキャット ・森乳粉ミルク・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・美味しい缶詰元気のない子用・気まグルメ・猫缶・ファミリー缶 多頭保護猫用猫缶種類問わず・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・a/d缶 ・トイレの紙砂・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶 ・スマックドライ多頭用・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ワンラック哺乳器用乳首30個・ちゅーる 

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 ☆殺す犬を教えない茨城県動物指導センター
2019年07月14日 (日) | 編集 |

大拡散希望!! 【署名協力のお願い】
☆助かる命まで殺すという茨城県動物指導センター


署  名          
茨城県は犬を殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください

  o0750056214494505518.jpg
茨城県では、「犬猫殺処分ゼロをめざす条例」が施行され、昨年12月からは半年にわたり殺処分を行わずにいました。そのため犬の収容数が多くなりましたが、生かすために収容場所を広げることなどはせず、犬を間引き殺処分して収容適正数を保つことにしました。この間引き殺処分を行うために県は6月、ガイドラインを作成し発表しました。これは譲渡適性がある犬か譲渡不適の犬かを判定するもので、譲渡不適とされた犬を殺処分の対象とするものです。けれども、そもそも茨城県センターに収容される犬の大部分は迷子の元飼い犬たちであり、凶暴な犬はほとんど見当たりません。収容適性頭数を越えた犬は譲渡適性があるにもかかわらず譲渡不適と判断され殺処分されてしまいます。しかも、譲渡不適として殺処分した犬達は殺処分にカウントすらされず「ニセの殺処分ゼロ」が宣言されるわけです。茨城県の「ニセの殺処分ゼロ」を目指す方法が、全国自治体に広がる恐れがあります。この生命軽視のガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください。
 
要望
1本ガイドラインを即刻廃止すること。
2動物指導センターの敷地に犬舎を増設し、過密収容を避け個別管理を徹底すること。
3県内1箇所ではなく複数箇所に保護譲渡機能を分散させること。
4職員増員やドッグトレーナーの雇用とボランティアの受け入れを行うこと。

署名送付先・連絡先:  全国動物ネットワーク (担当:小田島)
〒305-0051 つくば市二の宮2-7-20 坂本博之法律事務所
029-851-5580 (TEL)  029-851-5586 (FAX)
  
手軽にできるオンライン署名はこちら。
署名のダウンロードはこちらから。

参考
知事定例記者会見要旨
http://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/hodo/press/19press/p190624.html##4
ガイドライン
http://www.pref.ibaraki.jp/soshiki/hokenfukushi/doshise/documents/guideline.pdf


茨城県署名 殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を!!
状況報告 New ☆殺す犬を教えない茨城県動物指導センター

殺す犬を教えない

NPMEwMPlZxVpYQL-800x450-noPad.jpg

7月11日 茨城県動物指導センター長と面談。

殺すことが決まった犬は教えることも譲渡もしません。
どの犬を殺処分したのか、次にどの犬を殺処分するのかも最後まで教えてもらえませんでした。
助けようがありません。


センター長と面談しました。水戸市議も同行して下さいました。会話要旨です。(順不同)

センター長「殺処分再開してから10頭くらい殺処分した。1回に4~5頭」

当会 「理由は?」

センター長「収容スペースが足りない。譲渡適性が無いのを長くは置いておけません」

市議 「今後も定期的に殺すのですか?」

センター長「そうなります。」

当会 「殺される犬を教えてください。引き出したい」

センター長「そういう譲渡のしかたはしません。 処分するから、これを持っていけというやり方はしません」

市議「殺処分することが決まった犬の中に、引き取れる人がいれば殺処分しないですむのではないですか?」

センター長「ガイドラインに基づいてやります」

当会「どの犬が殺されるのか教えて欲しい」


センター長「それを知ってどうするのですか」

当会「私たちはこの半年、センターに定期的に通って犬たちの写真を撮って全国に里親探しを呼び掛けています。1頭1頭を強い思いで見ています。殺してしまうなら助けさせてください」

センター長「センターに入ってくる犬が多すぎて難しいです」

弁護士「議員の先生が言っても犬の情報を出さないということですか。もっとオープンにするべきでは?」

センター長「なんでも公開すればよいというものではありません」

市議「目の前の命を助けたいというCAPINと、犬がセンターに入ってくるのを抑えたいというセンター両方が協力して頑張る時だと思う。協力できないのですか」

センター長「今は無理です」


 
☆支援物資のお願い川崎
※茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動にて、猫用トイレに新聞紙を利用しています。TNR日本動物福祉病院にお届けいただけます方がいらっしゃいましたら土浦便でお届けさせていただきます。※子猫保護、現在50匹以上。猫砂、子猫用フード不足しています。ご協力お願い致します。
楽天ほしいものリストはこちら
・トイレの紙砂・猫元気子猫用・カルカン子猫用種類問わず・ロイヤルカナンベビーキャットウエット・ロイヤルカナンベビーキャット ・森乳粉ミルク・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・美味しい缶詰元気のない子用・気まグルメ・猫缶・ファミリー缶 多頭保護猫用猫缶種類問わず・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・a/d缶 ・トイレの紙砂・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶 ・スマックドライ多頭用・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ワンラック哺乳器用乳首30個・ちゅーる 

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 拡散☆茨城県動物愛護署名のお願い 状況報告 New 7月10日、殺すことが決まった犬の引取りを要望したのに対し、茨城県動物指導センター長は全面拒否。 ☆本日こねこ成猫里親会13日(土)・14日(日)TNR日本動物福祉病院内
2019年07月13日 (土) | 編集 |
☆本日、猫の里親会 子猫多数参加
大坂からトラックにのったまま川崎に来てしまった赤ちゃんたちは、すくすく育って里親会デビューです。
IMG_8958.jpg

7月13日(土)・14日(日) 雨天決行
14時~18時
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
TNR日本動物福祉病院内

院内里親会では、抱っこや遊んだりして決められます。
※ 必ず、里親会ページ下の「譲渡条件(一部)」をお読みいただき、ご来場ください。
生後2か月位迄の子猫は、体調が急変することありますので、フォローできます川崎区・幸区・中原区・高津区・大田区・鶴見区と(品川区・世田谷区・港北区の一部)に地域を限定しています。

1kanban1_201511110202174f8.jpg

30匹以上の子猫たちが参加します。ご家族おそろいでお出かけください。
ss

20190712102359.jpg

20190711_001044.jpg

IMG_8867_20190712044436dce.jpg

IMG_8793.jpg
IMG_8849.jpg

IMG_8724.jpg

a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/b/a/n/banbihouse/20190523065829e2b.jpg" target="_blank">rurukizi長毛
IMG_8153_20190713000003f7f.jpg

D8fOmsEUYAAxFIG_20190712235958f25.jpg

20190627021413595s_20190712235954ec2.png

IMG_7941_20190627021029bc5s_201907130000008db.jpgIMG_7950_20190627020319e21s_201907130000017da.jpg

IMG_6943_20190627022335311_201907131746514bd.jpg

あやめちゃん
美人さんていわれるのよ。何のことかしら?
20190706_220230.jpg



D6zuWT8U0AAdu16s_201907122359553cb.jpg

IMG_4637_20190615004700ades_20190712235957652.jpg

D6zuWUNUYAAsKKcs_201907130000042b7.jpg

バジル

 13日(土)・14日(日)TNR日本動物福祉病院内 里親会へお出かけくださいね。


 
大拡散希望!! 【署名協力のお願い】
☆助かる命まで殺すという茨城県動物指導センター


署  名          
茨城県は犬を殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください

  o0750056214494505518.jpg
茨城県では、「犬猫殺処分ゼロをめざす条例」が施行され、昨年12月からは半年にわたり殺処分を行わずにいました。そのため犬の収容数が多くなりましたが、生かすために収容場所を広げることなどはせず、犬を間引き殺処分して収容適正数を保つことにしました。この間引き殺処分を行うために県は6月、ガイドラインを作成し発表しました。これは譲渡適性がある犬か譲渡不適の犬かを判定するもので、譲渡不適とされた犬を殺処分の対象とするものです。けれども、そもそも茨城県センターに収容される犬の大部分は迷子の元飼い犬たちであり、凶暴な犬はほとんど見当たりません。収容適性頭数を越えた犬は譲渡適性があるにもかかわらず譲渡不適と判断され殺処分されてしまいます。しかも、譲渡不適として殺処分した犬達は殺処分にカウントすらされず「ニセの殺処分ゼロ」が宣言されるわけです。茨城県の「ニセの殺処分ゼロ」を目指す方法が、全国自治体に広がる恐れがあります。この生命軽視のガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください。
 
要望
1本ガイドラインを即刻廃止すること。
2動物指導センターの敷地に犬舎を増設し、過密収容を避け個別管理を徹底すること。
3県内1箇所ではなく複数箇所に保護譲渡機能を分散させること。
4職員増員やドッグトレーナーの雇用とボランティアの受け入れを行うこと。

署名送付先・連絡先:  全国動物ネットワーク (担当:小田島)
〒305-0051 つくば市二の宮2-7-20 坂本博之法律事務所
029-851-5580 (TEL)  029-851-5586 (FAX)
  
手軽にできるオンライン署名はこちら。
署名のダウンロードはこちらから。

参考
知事定例記者会見要旨
http://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/hodo/press/19press/p190624.html##4
ガイドライン
http://www.pref.ibaraki.jp/soshiki/hokenfukushi/doshise/documents/guideline.pdf


茨城県署名 殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を!!
状況報告 New 

2019年7月10日
殺処分する犬の引き取りを要望したが、センターは拒否
NCSGHUtYLkyRGIu-800x450-noPad.jpg

7月10日、殺すことが決まった犬の引取りを要望したのに対し、茨城県動物指導センター長は全面拒否。

センター長と電話で話しました。

センター長「ガイドラインに沿って、譲渡に適さなく長く置いておけない犬を殺処分しています。」
当会「普段お世話をしていない保護指導課が来て、その犬のことがどこまでわかりますか。それで譲渡不適で殺すのですか? 『噛み犬、キケン!』と書かれていても、センターから引き取ったら普通の犬であることが多いです。心のケアを一ヶ月もしていけばかなり変わります。生きるチャンスを与えてください。」

私達は、一般の人ではなく犬の扱いに慣れた保護団体です。
茨城県常総市の野犬128頭全てを保護した実績があります。譲渡も進んでいます。譲渡しても何の問題も起きません。

当会「当会が殺すことが決まった犬達を引き出します」
センター長「予約が無ければだめです」
当会「殺すことが決まった犬の引出しを予約します」
センター長「予約方法も変わりました。殺すことが決まった犬がどの犬かは教えられません」

どんな犬が殺されるのかも教えてもらえず、「予約が無ければ譲渡できない」と言われ、「では予約します」と言えば、「予約の方法が変わった」と。


これでは私たちは、殺される犬はどの子だろうか、あの子か、あの子もかと悩みその子を引き出しますと予約をすれば、それはハズレで違う子があの子もあの子も殺されてしまったということになります。

何で、そんなことをする必要があるのでしょうか。そんな思いをさせられなければならないのでしょうか。
確実に殺すと言っている犬を、確実に引き取りますから譲渡して下さいとお願いしているのに、なぜ、そこまでして殺すのでしょうか。

1頭でも助けてくれる団体があれば、「有難うございます。是非お願いします」というのが普通ではないでしょうか。
何としても譲渡を拒む茨城県動物指導センター。最後まで聞き入れてもらえませんでした。

密室で、いったい何十頭の助けられる命が殺されていくのか心配でなりません。

残念ながら、センター長の言葉からは、「何が何でも、殺す。やります。」という頑なな決意しか感じられませんでした。




2019年7月10日
センターで殺処分がすでに再開したと聞く
o0800059914493996330_20190712034903dd5.jpg

7月10日朝、動物指導センターに電話をしました。
「殺処分はしていないですね?」と質問したら、笠井課長(保護指導課)は「殺処分をやっている」と答えました。
センターから、何度も「パルボが沈静化するまで殺処分は行いません」と聞いていたので、耳を疑いました。
パルボ発生犬舎に私たち民間団体は今も立ち入りが禁じられたままだからです。

「なぜ殺処分したのか?」と問うと、課長は「譲渡ができなかったから」と答えました。
「いつ、何頭を殺処分したのですか?殺処分した犬のナンバーを教えてほしい」、と聞いても、「教えられるか判断できない」
とのこと。
犬舎に立ち入りできないので、何頭、どんな犬が殺処分となったのか、私達には全く見当がつきません。本当に譲渡ができないような犬達だったのでしょうか。

センター長に電話を代わっていただきたいと話すと、お留守というので、センター長から連絡を頂きたいと伝言を頼みました。

犬達を救うためオンライン署名にご協力お願い致します。



 
☆支援物資のお願い川崎
※茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動にて、猫用トイレに新聞紙を利用しています。TNR日本動物福祉病院にお届けいただけます方がいらっしゃいましたら土浦便でお届けさせていただきます。※子猫保護、現在50匹以上。猫砂、子猫用フード不足しています。ご協力お願い致します。
楽天ほしいものリストはこちら
・トイレの紙砂・猫元気子猫用・カルカン子猫用種類問わず・ロイヤルカナンベビーキャットウエット・ロイヤルカナンベビーキャット ・森乳粉ミルク・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・美味しい缶詰元気のない子用・気まグルメ・猫缶・ファミリー缶 多頭保護猫用猫缶種類問わず・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・a/d缶 ・トイレの紙砂・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶 ・スマックドライ多頭用・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ワンラック哺乳器用乳首30個・ちゅーる 

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 拡散☆茨城県動物愛護署名のお願い 殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を!!状況報告 New ☆13(土)・14(日)は子猫里親会へ
2019年07月12日 (金) | 編集 |
大拡散希望!! 【署名協力のお願い】
☆助かる命まで殺すという茨城県動物指導センター


署  名          
茨城県は犬を殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください

  o0750056214494505518.jpg
茨城県では、「犬猫殺処分ゼロをめざす条例」が施行され、昨年12月からは半年にわたり殺処分を行わずにいました。そのため犬の収容数が多くなりましたが、生かすために収容場所を広げることなどはせず、犬を間引き殺処分して収容適正数を保つことにしました。この間引き殺処分を行うために県は6月、ガイドラインを作成し発表しました。これは譲渡適性がある犬か譲渡不適の犬かを判定するもので、譲渡不適とされた犬を殺処分の対象とするものです。けれども、そもそも茨城県センターに収容される犬の大部分は迷子の元飼い犬たちであり、凶暴な犬はほとんど見当たりません。収容適性頭数を越えた犬は譲渡適性があるにもかかわらず譲渡不適と判断され殺処分されてしまいます。しかも、譲渡不適として殺処分した犬達は殺処分にカウントすらされず「ニセの殺処分ゼロ」が宣言されるわけです。茨城県の「ニセの殺処分ゼロ」を目指す方法が、全国自治体に広がる恐れがあります。この生命軽視のガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください。
 
要望
1本ガイドラインを即刻廃止すること。
2動物指導センターの敷地に犬舎を増設し、過密収容を避け個別管理を徹底すること。
3県内1箇所ではなく複数箇所に保護譲渡機能を分散させること。
4職員増員やドッグトレーナーの雇用とボランティアの受け入れを行うこと。

署名送付先・連絡先:  全国動物ネットワーク (担当:小田島)
〒305-0051 つくば市二の宮2-7-20 坂本博之法律事務所
029-851-5580 (TEL)  029-851-5586 (FAX)
  
手軽にできるオンライン署名はこちら。
署名のダウンロードはこちらから。

参考
知事定例記者会見要旨
http://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/hodo/press/19press/p190624.html##4
ガイドライン
http://www.pref.ibaraki.jp/soshiki/hokenfukushi/doshise/documents/guideline.pdf


茨城県署名 殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を!!
状況報告 New 

2019年7月10日
センターで殺処分がすでに再開したと聞く
o0800059914493996330_20190712034903dd5.jpg

7月10日朝、動物指導センターに電話をしました。
「殺処分はしていないですね?」と質問したら、笠井課長(保護指導課)は「殺処分をやっている」と答えました。
センターから、何度も「パルボが沈静化するまで殺処分は行いません」と聞いていたので、耳を疑いました。
パルボ発生犬舎に私たち民間団体は今も立ち入りが禁じられたままだからです。

「なぜ殺処分したのか?」と問うと、課長は「譲渡ができなかったから」と答えました。
「いつ、何頭を殺処分したのですか?殺処分した犬のナンバーを教えてほしい」、と聞いても、「教えられるか判断できない」
とのこと。
犬舎に立ち入りできないので、何頭、どんな犬が殺処分となったのか、私達には全く見当がつきません。本当に譲渡ができないような犬達だったのでしょうか。

センター長に電話を代わっていただきたいと話すと、お留守というので、センター長から連絡を頂きたいと伝言を頼みました。


2019年7月9日
TDVPrcxnsDgQjWR-800x450-noPad.jpg
■7.3、茨城県知事にガイドラインに関する意見書を提出、記者会見を行いました。(会見写真は右より坂本博之弁護士、箱山由実子弁護士、カナダ動物保護団体SPCAイングリッド・ロフグレンさんです。)NHK、新聞社6社が参加し、1時間にわたる記者会見を行いました。

知事室を訪ね、秘書課に手渡しました。
担当課(生活衛生課)にも提出しました。

このような不当なガイドラインに基づいて安易な殺処分が行われることは絶対に認められません。一頭ごとに命です。これを阻止していくため、県との交渉、県への提言も続けてまいります。

また、ガイドラインを、同日、担当課からいただきました。県議会、委員会にもはからず、委員たちも知らず、作成後も秘密裏にされ、入手すらできなかったガイドライン。ガイドライン発表の直前に県庁生活衛生課を訪ね、パルボ罹患のセンター救済をお願いしに直談判したときも、一切知らされませんでした。直前に開かれた愛護推進委員の集まりでも触れられなかったそうです。このように、策定の過程があまりに非民主的です。

譲渡不適な犬はおりません。
そもそも犬は社会性ある愛護動物です。どんな犬も変わります。心傷ついた犬もだんだん心を開きます。野犬の怯えた瞳が信頼の眼差しに変わるときがあります。病気を持ち、あるいは怪我をしていても、私たちが淡々とやるのは手術と医療と投薬です。年をとっているからといって、わざわざ殺してしまっても良いでしょうか。怖がり犬に、慣れていく時間を与えず、毒エサを食べさせるのでしょうか。

県知事の発言にありましたが、446頭殺処分したのに譲渡不適切な犬は殺してもカウントしないため殺処分は18頭だけにできてしまうガイドラインです。これは、命への冒涜ではないでしょうか。


カナダの動物保護団体SPCAから来日されたイングリッドさんが、ガイドラインの内容に驚いておられます。東京オリンピックを前に世界の注目が日本に集まっているなかで、こんな事実歪曲は、倫理が問われる、と。動物を助けるというより、動物を抹殺するためのガイドラインである、と。ニセの殺処分数を表に出すことにより、実際の殺害数を隠蔽し、殺害事実を曖昧にするものである、と。あのセンターの環境で個々の犬の譲渡適正を判定することはできない、と。

犬達を救うためオンライン署名にご協力お願い致します。


☆お届け
里親様宅に迎えられた子猫、ひとつの命の一生です。
自分ではどうすることもできない感情を持つ小さな命。粗末に扱ってはならない。

犬猫救済の輪では、里親様に全て二重ドアの脱走対策をしていただいたうえでお届けさせていただいております。
IMG_0854_20190712041521604.jpg


IMG_0778_20190712041522151.jpg

IMG_0742_20190712041523987.jpg

子供たちも優しく育ちますね。幸せを心から祈ります。


7月13日(土)・14日(日)は子猫里親会へ 子猫多数参加
7月13日(土)・14日(日) 雨天決行
14時~18時
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
TNR日本動物福祉病院内

院内里親会では、抱っこや遊んだりして決められます。
※ 必ず、里親会ページ下の「譲渡条件(一部)」をお読みいただき、ご来場ください。
生後2か月位迄の子猫は、体調が急変することありますので、フォローできます川崎区・幸区・中原区・高津区・大田区・鶴見区と(品川区・世田谷区・港北区の一部)に地域を限定しています。

1kanban1_201511110202174f8.jpg

30匹以上の子猫たちが参加します。ご家族おそろいでお出かけください。
ss

20190712102359.jpg

20190711_001044.jpg

IMG_8867_20190712044436dce.jpg

IMG_8793.jpg
IMG_8849.jpg

IMG_8724.jpg

a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/b/a/n/banbihouse/20190523065829e2b.jpg" target="_blank">rurukizi長毛

IMG_6538.jpg


 
☆支援物資のお願い川崎
※茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動にて、猫用トイレに新聞紙を利用しています。TNR日本動物福祉病院にお届けいただけます方がいらっしゃいましたら土浦便でお届けさせていただきます。※子猫保護、現在50匹以上。猫砂、子猫用フード不足しています。ご協力お願い致します。
楽天ほしいものリストはこちら
・トイレの紙砂・猫元気子猫用・カルカン子猫用種類問わず・ロイヤルカナンベビーキャットウエット・ロイヤルカナンベビーキャット ・森乳粉ミルク・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・美味しい缶詰元気のない子用・気まグルメ・猫缶・ファミリー缶 多頭保護猫用猫缶種類問わず・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・a/d缶 ・トイレの紙砂・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶 ・スマックドライ多頭用・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ワンラック哺乳器用乳首30個・ちゅーる 

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。