FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 5-18
2006年05月18日 (木) | 編集 |
捕獲1日目。雨というのに、まだ大人になりきらない三毛猫がゴミの山のまわりをうろうろ、食べ物を探しています。捕獲の間は、お腹を空かしていないと、捕獲器に入ってくれません。目をつむりました。

川崎市議会議員民主・市民連合 宮前区の織田勝久先生が、電話を下さいました。先日、富士見公園を、高津区の堀添健議員と、川崎区の飯塚正良議員と共に視察され、私達の要望が通るようにご尽力頂いております。
前年、川崎市動物愛護行政の改善改革を求める陳情書を提出したときから、経緯をよく知っていらっしゃいますので、こちらの要望書も、すぐに、内容を理解していただけたと思います。今期、健康福祉局をもう一度、担当していただけることになり、今回の件でも、大変な、お力添えを頂いております。現状報告として、健康福祉局の更に上の部署で話し合いを進めて下さっているとのことです。全国の皆様の声が、今日は、海外からの声も、必ず、大きな力となって動物達を救うと信じています。まず、猫をそのままにして24日からホームレスさんの小屋を解体することは延期していただかなければならないことを御願い致しました。その前に、連絡を頂けるそうです。

今日から、不妊手術終了まで、数日、一層、時間に追われます。ホームページ更新は、その後になると思われますが、ご了承ください。
スポンサーサイト