FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 5-30
2006年05月30日 (火) | 編集 |
「我々は、スポーツマンシップにのっとり、正々堂々と闘うことを誓います」
アメフト世界大会関係者や参加国は、この事実をどう考えるだろう

***********************************************************
第3回アメリカンフットボール・ワールドカップ2007川崎大会

日本アメリカンフットボール協会は、2005年4月19日、次回(2007年)のアメリカンフットボール ワールドカップ(W杯)を日本の川崎市で開催することを発表した。

2005年3月末の締め切りまでに開催国として立候補したのは日本だけで、4月10日の国際連盟理事会で承認された。


日本アメリカンフットボール協会は、国内での開催都市(自治体)を公募しており、4自治体が手を挙げたが、国内のアメフトのゲームでも実績のある川崎市が選ばれた。

試合会場としては、川崎球場と等々力硬式野球場があてられる。

ワールドカップはこれまでに4年に1回開かれており、第1回(1999年、イタリア)、第2回(2003年、ドイツ)とも、日本が優勝している。

第3回大会は、2007年の6月から7月にかけて6日間、4チームが参加して行われる。日本のほかに、ヨーロッパ、アメリカ大陸、アジア・オセアニアの各地域から3代表が決まる。2007年大会では、米国の参戦の確度が高いと、日本協会は述べている。

スポンサーサイト