FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 6-7
2006年06月07日 (水) | 編集 |
6月6日環境局局長と面談後、新聞社3社と連絡をとる。午前中の、阿部孝夫市長の定例記者会見で、記者が、富士見公園の猫について質問すると、「そんなに、猫が大切だったら、愛護団体が、全部引き取ったらいい。私は、そう思います。」と発言したそうです。開いた口が、ふさがらないといいますか、これが、川崎市の動物愛護のすべてを物語っているようです。
東京新聞が、昨日の、環境局局長との面談の結果を掲載して下さいました。他社は、少し後に、シェルター等の実現経過、健康福祉局生活衛生課の今後の方針などを追って、効果的に掲載しましょうということになりました。
スポンサーサイト