FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 6-9
2006年06月09日 (金) | 編集 |
深夜12時。猫用ハウスを3箇所に置いて見た。水、餌、またたびを撒いて、みんな、上手く移動してくれるとよいのですが。

余談ですが、先週の金曜日、こんなことがありました。富士見公園のたくさんの猫を不妊手術後、預かっている訳ですが、トイレ、フード、ゴミの量がすごい。ゴミ収集日に、いつもの場所にポリ袋5・6袋出しておくと、『業務用のゴミは、引き取りません。』とシールが貼られ、取り残されている。なんだか、悲しくなってしまった。臭いも周りの迷惑になるし、置いておけない。仕方なく、電話をして、説明しますから来て下さいという。男性3人が来て、これは、みんな富士見公園の猫達で、私は、ここで商売をしている訳ではありません。解って下さいと訴えた。すると、若い男性が、「大変ですね。ボランティアなんですよね。」と言ってくれた。その一言で、疲れが、スーッと癒され、嬉しかった。そして、上司と思われる男性が、「このあと、土・日なので、今日のうちに引き取りに来させますよ。」と言って、その場から、電話で指示していたようだ。行政の中にも、いろいろな方がいる。ちょっとした親切な言葉や優しさ、柔軟な対応、行政サービスに大切なことだと思う。
スポンサーサイト