FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 9-26
2006年09月26日 (火) | 編集 |
南部公園事務所萩原所長に、午後4時半、電話。シェルター建設に関わる一部工事について、一度決まった約束を破ったのはなぜか説明を求める。所長「自分達にもわからない。上からの命令。行政でやる予定だったが取り消しになった。理由はわからない。」当会「説明になっていない。水道の配管工事の見積もりはいくらか。電気の配線見積もりは、」所長「水道配管工事約50万円。電気配線工事約15万円。」当会「これで、65万、フェンス60万。合計140万。会議で使った人件費合わせたら、数百万でしょう。それだけあれば、公園猫、全頭保護できたのでは・・」当会「水道をホースで引く事について、確実に、通常量の水圧はあるのか。あとから、水が、届かないと言うことは起きないか、絶対大丈夫といえるのか。」所長「通常の水圧で出るようにすることを約束する。」
スポンサーサイト