FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 7-15
2007年07月15日 (日) | 編集 |
川崎市猫の不妊手術助成金制度の効用

今期より野良猫にも助成金が適用されるようになりました。また、指定獣医の枠が神奈川県全域に広がりました。さて、その効用は。予想以上のものです。1匹あたりの助成額はまだ十分とは言えない♀¥3000♂¥2000です。申請用紙を取りに保健所まで行かなくてはならない、申請用紙を出しに保健所まで行かなくてはならないと二度手間です。それでも、市民の動物愛護の意識、不妊手術の重要性の認識は深まり高まっています。手間を惜しまず保健所に足を運び手続きをし助成金を受けられ1匹でも多くと世話する野良猫の不妊手術を実施しています。相談や捕獲器を借りにいらっしゃる方が急増しています。素晴らしい成果です。健康福祉局の制度改革は、もっと早くなされるべきではありましたが何はともあれここまでたどり着いたことは高く評価できることです。更に積極的な市民サービス向上に努めていただきたいと願っています。現状では、申請手続きの簡素化、つまり2度も保健所に足を運ぶことは市民にとって時間や交通費の点で負担になりますし、保健所窓口も用紙を毎回渡す時間手間がかかるわけです。申請用紙や説明書は、市のホームページから印刷できるようにしたり、希望する指定動物病院に置いてあれば便利です。まだまだ、知らない人も多いので早く多くの方に知っていただく事ができ、結果、1匹でも早く1匹でも多く不妊手術がすすみます。市民の声に耳を傾けていただければ小さなことはこれからももっと改善され現実に見合ったよりよい制度になっていくでしょう。野良猫の繁殖を未然に防ぐことで猫の苦情やトラブルも大幅に減らせます。動物愛護の発展のため、市内の苦情等の問題解決のため、行政と市民が協働で取り組むこと、動き出したことを実感しております。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

★『犬猫救済の輪』
★里親会 里親会以外の日は、シェルターで面会もできます。
★『シェルターの猫たち』
・・ボランティアおぐちゃんのブログ
スポンサーサイト