FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 8-3
2007年08月03日 (金) | 編集 |
里親会 8月5日(日)大田区蒲田 ペットスマイルにて 
子猫多数参加・富士見公園成猫たちの里親さん募集
 不妊手術、室内飼い等、譲渡規約有り。お待ちいたしております。

今後の公園管理の方向
公園管理者は、公園に起きている全ての問題に対し適切に対処しなくては管理しているとはいえません。富士見公園のように私達が動いたのは、そこに犠牲になる命があり人道上止むを得ない為のことであり、本来は公園管理が行き届いていればなかったことです。富士見公園がここまでひどい環境になった経緯を写真入で掲載しているサイトも拝見しましたが、これまでの公園管理は行き届かないどころかまさに放置状態でした。南部公園事務所には全面改修され開園された富士見公園で、もし猫が発見された場合、放置せずにこちらに連絡を下さいと申し上げておりますが、行政、市民協力してやりましょうという意味であって、見つけたら連絡しますだけでは、あまりにも能無しでは。

国土交通省で、「地域猫」という言葉を知らなかったり公園の猫問題での問い合わせが初めてというのには驚きましたが、確かに地域猫もまだ新しい動きといえばそうですから、これからもっとひとりひとりの声を届けていく必要があると感じました。猫の問題が今までとりざたされなかった為に公園法に特に猫について書かれておりませんが、同時に餌箱禁止ともありません。それどころか、非常災害に際し仮設工作物の設置は認められています。解釈の問題ですから、猫の問題も愛護思想が高まれば人道上非常事態と認識することはさほどむずかしいことではないでしょう。公園管理者は、許可の申請に係る工作物その他の物件又は施設がこれに該当し、都市公園の占用が公衆のその利用に著しい支障を及ぼさず、かつ、必要やむを得ないと認められるものであつて、政令で定める技術的基準に適合する場合に限り、許可を与えることができるともあります。現状をよく理解し公衆のその利用に著しい支障を及ぼさず、かつ、必要やむを得ないと認められれば、今の公園法でなんら問題なく餌箱寝箱の仮設工作物設置は可能なのです。ここでも、担当者の前向きに取り組む姿勢が有るか無いかで決まるといってもいいでしょう。私達ひとりひとりにできることは、声を届けることですが、地域担当者に言って断られて終らず、国などにも同じ声を届ける事が必要と今回強く感じました。なかなか、市民が国に問合せをすることなどは大それたことのように感じがちですが、そんなことはありません。電話、メールなどぜひ、なさってみてください。そうしたひとりひとりの声によって、動物愛護に関しては環境省の指針等も改善され先日訪れました川崎区保健所の窓口にも環境省の内容の充実したパンフレットが並ぶようになりました。国の指針は、行政職員にも国民ひとりひとりにも大きな啓蒙となります。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

★『犬猫救済の輪』
★里親会
 里親会以外の日は、シェルターで面会もできます
☆横浜方式のねこ引き取り制度見直しを求める署名 署名用紙  横浜アニマルファミリー
ケンの家 里親募集中
二子玉川いぬねこ里親会ご紹介ー毎月第4日曜日
スポンサーサイト