FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 連携で助けられる命
2008年03月11日 (火) | 編集 |
11日、愛知県動物管理指導センターとボランティアさんとの話し合いは、人にも動物にも良い方向にまとまったのでしょうか。

当会の地元、川崎市動物愛護センターのHPにはここ数日、途切れることなく放浪犬等の保護収容情報が掲載されています。
保護収容情報であり迷子犬を探している飼い主のための情報提供というのが一番の目的ですが、最初から捨てられた犬であったり野犬であったならば飼い主など待っても現れるはずもなく、捕獲=殺処分でその間、生存のチャンスはどこにも与えられません。

そこで、川崎市動物愛護センターでは、収容された犬に飼い主がいなかった場合や収容期日までに飼い主が名乗り出なかった場合、川崎市内外の引取りを希望される個人及び団体に契約を交わし譲渡をします。

今日、当会では本日までに収容期日になっていた三頭の犬に飼い主が現れなかった場合の引き取りを申し出ておりましたのでセンターに電話を入れましたところ、いづれも飼い主が現れたり、飼い主の現れなかった犬には譲渡が決まりましたとのことでした。

特に、中型犬より大きい雑種の犬は都会の小さな保護場所しかない当会にとっては引取りが厳しい時もあります。
今回も、どこにお住まいの方であれ、どこの団体であれ、川崎市動物愛護センターとの話し合いで「何とか大切な命を救う方法はないだろうか」という前向きな姿勢で譲渡が成立したことは本当に嬉しいことです。
センター職員の素晴らしい仕事ぶりと、助けてあげたいという譲渡希望者の熱意で、期日を過ぎた犬の命が救われた事にご尽力いただいた双方の皆様に感謝致します。

当会では、電話で担当職員様からこの嬉しい報告を伺ったあと、このあとに続いて収容されている犬達の譲渡希望を申し入れました。

行政だけで助けろと言っても無理な事、個人の力だけでも不足、連携すれば助かる命。
収容=殺処分ではない。収容保護、それからどうなるかは関わる人しだい。

愛知県の気になる野犬捕獲。もっと事前にボランティアさんとの連携をとるべきではなかったのでしょうか。動物愛護法に基づく「命ある物」としての命を尊重した扱いをして頂きたい。子犬がいる可能性はないのでしょうか。いるなら子犬保護が先でしょう。
そうでなければ最初から殺す目的での捕獲と思われても仕方ない。
捕獲はまず保護目的で行なわれ、捕獲後は最大限、生存の機会を与えるのが動物愛護行政に携わる者の仕事でしょう。それには、ボランティアさんと事前によく情報交換をし連携協力することが不可欠です。

今からでも遅くはありません。
住民を守り、犬の命も守るために、官民協力して最善を尽くされてください。助けられる命です。


どうぞ、皆様のお声をお届けください。
豊田動物管理指導センター 0565-58-2323



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 


=2007年台風9号多摩川被災動物救済活動ご支援者の皆様へ=
収支報告とお礼を申し上げます

ミックス中型犬 「アンちゃん」の里親募集
★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト




 愛知県 12日に捕獲 野犬の処遇
2008年03月11日 (火) | 編集 |
ミクシィより http://mixi.jp/view_diary.pl?id=739770860&owner_id=12621764 
 
モコさん、助けたい命、野犬捕獲殺処分について

(時間が迫っており緊急性がありますので、一部抜粋させて頂きました)

愛知県の小さな町で何の罪もないたくさんの犬達が殺処分されようとしています。
山の中で名前も無く愛された事も無くひっそりと暮らし、ボランティアから餌をもらって命をつないできた犬達です。
行政は何か事故があったら困る、あってからでは遅いといって、1ヶ月前から住民に餌付けを依頼、今では朝晩に住宅地まで餌を求めてやってくるようになったのです。
すっかり安心して餌を食べるようになった犬達を、この12日にいっせいに捕獲し殺処分する予定になっています。・・・・・

このままではただ殺されていくのを見ていることしか出来ないのでしょうか?
小さな抗議の声を大きく変えていくことは出来ないでしょうか?
場所は愛知県幡豆郡幡豆町地内の2ヶ所、約15頭の犬達です。
決定行政は幡豆町役場住民課 0563-62-5511
執行行政は豊田動物管理指導センター 0565-58-2323
一人でも多くの中止を求める声を広げたいのです、助けたいのです。
  

愛知県  koho@pref.aichi.lg.jp
幡豆町役場 http://www.town.hazu.aichi.jp/


当会にて電話確認3月11日午後4時
幡豆町役場住民課(クラヤ様) 及び センター(シバタ様)

当会・捕獲保護は必要。捕獲後の犬の処遇について動物愛護法に基づき、個人、団体の協力を得て生存の機会を与える最大限の努力を行なってください。

センター・現在、話し合いがもたれております。

動物の命を尊重し、官民協力のもと問題が解決されるよう経過に注目したいと思います。役場、センター共に、譲渡への努力はなされる方向に感じました。

殺処分の必要はありません。
どうぞ、皆様のお声をお届けください。
豊田動物管理指導センター 0565-58-2323



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 


=2007年台風9号多摩川被災動物救済活動ご支援者の皆様へ=
収支報告とお礼を申し上げます

ミックス中型犬 「アンちゃん」の里親募集
★『犬猫救済の輪』

 愛知県 12日捕獲野犬の処遇
2008年03月11日 (火) | 編集 |
 =2007年多摩川台風被害ご支援者の皆様へ=お礼と収支報告
2008年03月11日 (火) | 編集 |
多摩川台風9号 被災動物義援金 お礼と収支報告

                                    収支報告はこちらより

  =2007年多摩川台風被害ご支援者の皆様へ=

台風9号被災動物救済活動ご支援者の皆様にお礼を申し上げます

2007年9月、台風9号被災動物救済活動におきましては、ご支援者の皆様より義援金をはじめ多くのご支援と励ましを賜りました。
大変、遅くなりましたがボランティアの協力により収支報告ができました。
ご報告をさせていただきますと共に、改めて厚く御礼を申し上げます。

この台風災害で沢山の猫たちの命が失われました。多くのホームレスさんが暮す多摩川河川敷での救済活動は、初めての一般のボランティアさんが足を踏み入れるには危険な場所も多く、終始、限られた少ないボランティアさんで連日の救済活動、復旧作業が続きました。上流で流された猫達の情報ばかりが入る中で、行方不明の猫達の生存を願い、泥に足を奪われ体の痛みを抑え、不眠不休の精神にも肉体にもきつい労働が続きました。

仕事もできず、医療費、保護費、フード代の心配も大きく頭を悩ませていた時、すぐに全国の皆様からのご支援が続々と届き、気持を切り替え、1匹でも多くの救命にと全力で取り組む事ができました。復旧作業も進み12月には、皆様にご報告とお礼を申しあげたいと思っておりました矢先、12月に入り島根県タヌキくくり罠捕獲撲殺処分というショッキングなニュースに、またも残酷に殺されていく命の救済優先の選択をせざるをえず、事務処理一切が手につかず今日に至ってしまいました。

ご支援者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。沢山の義援金の額に、動物を助けてあげたいという皆様の暖かい優しいお気持を改めて実感いたしております。
何とか命拾いした被災猫達も里親にいけた子は少なく、今も尚、河川敷でホームレスさんたちにすがり生きております。

2007年11月末までの収支報告で、¥430,118 の余剰金が出ました。
今現在も保護されております猫たち、ホームレスさんの小屋で世話をしてもらっている猫達、多摩川河川敷下流の一部だけでも約100匹の猫が生存しておりフード代をはじめ維持費がかかりますが、大切な余剰金の使途につきましては今後の災害も踏まえ検討させていただきました。

台風による多摩川氾濫は、今後近い将来にもありえることが十分に考えられ、河川敷に暮らすことの生命の危険度は非常に高いです。多摩川に捨てられた犬猫は不妊手術の徹底には努めているものの里親探しは難しくなかなか数は減りません。
そのため河川敷に暮す猫たちを保護し里親に出していけるよう保護施設(アニマルシェルター)が一日も早く必要と痛切に感じております。
災害時の緊急避難場所、捨てられた猫の一時保護など、シェルターがあれば命は救えます。そして、里親の道も開かれます。

当会では、1日でも早い時期でのアニマルシェルター設立を目指すことと致しました。
多摩川義援金の余剰金 ¥430,118 をスタートにアニマルシェルター設立基金を設けます。

アニマルシェルターは、災害時緊急避難場所・愛護センター引き出し動物の保護場所・里親に出すのが困難な老猫傷病猫・なついていない猫等の終生飼養などに使われます。

この度の、大災害の被災動物たちへの多大なご支援に深く感謝申し上げますと共に、引き続き、飼い主のいない不幸な動物たちの救済に皆様の暖かいご支援を宜しくお願い申し上げます。

   2008年3月10日
              犬猫救済の輪  代表  結 昭子