FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 島根県知夫村 捕獲用かごわな購入40万円
2008年03月15日 (土) | 編集 |
島根県知夫村

情報公開条例は4月1日に施行、村民と村内に勤務する人を対象に限定

 捕獲用のかごわな購入40万円  に大きな疑問

知夫村は、タヌキ被害防除の為の柵設置を急ぐと共に、被害が出た場合のタヌキの譲渡方法等、今から真剣に取り組み、殺処分をしない解決方法で共生していくべきです。

外部を頑なに閉鎖しようとする知夫村行政に改善の姿勢はみられません。悪習のまま、小さな島で声を上げられない弱い立場の村民を抑え、更に強くなっている一部の権力者の思惑が見えます。



知夫村が情報公開条例  議会で可決  県内最後の制定
 知夫村議会3月定例会が11日開会し、防護ネット購入などのタヌキ対策費約110万円を盛り込んだ総額9億5160万円の2008年度一般会計当初予算案など26議案が提出され、村情報公開条例案など17議案を可決した。

 県内市町村の情報公開条例制定は、1995年の旧出雲市が最初で、2005年の西ノ島町で20市町が制定したことになり、知夫村が最後に残っていた。

 情報公開条例は4月1日に施行され、村民と村内に勤務する人を対象に限定し、公文書を開示する。個人の利害や権利を損ねる場合は公開できないとしている。対象の限定について、同村は、一連のタヌキ駆除問題で駆除方法などに関する村外からの開示請求が相当数あり、対象を拡大すると対応しきれない恐れがあることなどを理由に挙げている。影原正美村長は「条例制定で村民に開かれた村政を目指したい」と話していた。

 一方、当初予算案のタヌキ対策費は、▽防護ネットの購入費30万円▽専門家講習12万8000円▽捕獲用のかごわな購入40万円▽人件費27万円――の4項目。07年度一般会計補正予算案でも防護ネット購入費30万円を計上、可決された。

(2008年3月12日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/news/20080311-OYT8T00778.htm




愛知県幡豆町 野犬捕獲に関する問題

嘆願書を作成させていただきました。
よろしければ一言ご意見等も添えて、署名の上、直接お送りください。


豊田動物愛護管理指導センターでの捕獲犬死亡に関する嘆願書.pdf
http://homepage2.nifty.com/inunekokyusainowa/aiti-hokaku.pdf
※リンクのご協力お願い申し上げます。


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 


ミックス中型犬 「アンちゃん」の里親募集
★『犬猫救済の輪
スポンサーサイト