FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 川崎市動物愛護センター 「全頭、譲渡します」
2008年04月09日 (水) | 編集 |
inu9-2.jpg


川崎区保護犬9頭
2008-04-0003 川崎区 田島町 犬 チワワ 雌
2008-04-0004 川崎区 田島町 犬 トイプードル 雄
2008-04-0005 川崎区 田島町 犬 トイプードル 雌
2008-04-0006 川崎区 田島町 犬 フレンチブルドッグ 雄
2008-04-0007 川崎区 桜本 犬 トイプードル 雄
2008-04-0008 川崎区 桜本 犬 ミニチュア・ダックスフンド 雄
2008-04-0009 川崎区 桜本 犬 ヨークシャー・テリア 雌
2008-04-0010 川崎区 桜本 犬 ヨークシャー・テリア 雄
2008-04-0011 川崎区 桜本 犬 ボルゾイ 雌


更新が遅く申し訳ございません。

4月7日、15時半、川崎市動物愛護センターの西村獣医より電話を頂きました。

西村獣医「今期も宜しく御願い致します。」
結「こちらこそ、宜しく御願い致します。」
西村獣医「連絡が遅くなり申し訳ありません。」
結「とんでもございません。大変な作業をありがとうございます。」

結「現在の状態はいかがでしょうか。」
西村獣医「シャンプーをしました。体力はあります。」

結「今後については、どのようにお考えでしょう。赤ちゃん猫にはミルクを、犬達にも少しでも体力をとフードと水を与え幸せになってくれる事を願ってセンターに託しました。センターに入ったために命を落とす事があってはならないと思っています。譲渡できますか。」
西村獣医「譲渡します。」

結「どのようにですか。」
西村獣医「これから獣医師会に引き続き治療をお願いします。譲渡できるようになったら一般に譲渡します。」

結「ありがとうございます。疥癬は治療さえすればみるみるきれいになるでしょうが直腸脱のフレンチブルは大丈夫ですか。」
西村獣医「それが一番酷いですね。今のところ便は正常です。一日二日で生命にかかわることはないので獣医師会とよく相談します。」

結「赤ちゃん猫は、お世話が大変です。夜もありますし。こちらで預かりも引き取りもできますよ。」
西村獣医「職員でやります。今もミルクをやりました。」

結「ありがとうございます。犬も猫もいつでも受け入れられる体制ですので必要な時は連絡ください。HPの収容動物情報には通常通りの掲載で期日が来た時点で消されるのでしょうか。」
西村獣医「そうです。HP上は、通常の扱いです。」

結「保護期間が長くなりますと狂犬病やワクチン接種も必要になりますね。」
西村獣医「疥癬がよくなってきたころに次を考えます。」

結「譲渡についてですが、不妊手術は重要です。特に純血種はまた繁殖に使われる可能性があります。ただでもらえるならと安易な里親希望を申し出る人もいます。現在、川崎では不妊手術をして譲渡していませんし、譲渡の条件にもなっていないのは問題です。」
西村獣医「いづれは、センターで不妊手術をできるようにすることも検討中です。里親になる人には不妊手術の意味は説明していますが、欲しい人の中にはメスをいれるのは可哀想という人がいます。」

結「センターで不妊手術をして譲渡できるようにしていただきたいと思います。それまでは、せめて不妊手術をいつまでに実施して証明書を送るというような契約のもとに譲渡して欲しいと思います。
それから、飼い主をつきとめたいですね。悪質な繁殖者のための尻拭いばかりでは。まだ、沢山の犬が残っている可能性も十分ありますし。」
西村獣医「そうですね。そういう飼い主に適正飼育を指導したりして改善させるのが我々の仕事ですから。」

結「一般に譲渡されるのはとてもよい事です。もし、里親が決まらない子が出た時にはこちらに譲渡していただけますか。」
西村獣医「はい、わかりました。今後とも、宜しくお願い致します。」

結「お忙しい中を、連絡をいただきましてありがとうございました。どうぞ、大変ですが宜しく御願い致します。今後とも、宜しくお願い致します。」



皆様へ、

ご心配を頂きまして大変ありがとうございます。
ご報告の通り、前迫所長様、センター職員の皆様、譲渡に向けて犬猫たちを保護してくださっています。
センターに入ったと聞きますと殺処分されるという不安や恐怖に襲われますが、川崎市動物愛護センターも確かに良い方向に進んでおります。今回のケースもその良い例でございます。

官民一体になってとにかく命を大切にしていく、助かる命なら協力して助けるという体制が今期中にも確立しますように、皆様の貴重なご意見と職員の皆様への激励の言葉をお送り頂けましたら幸いです。

どうぞ、本件、全ての犬猫達が譲渡されるまで暖かくお見守り下さい。
また、愛情責任をもって里親になっていただけます方は、センターにお申し出くださいませ。



〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743
メールアドレス:35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。
 
★4月27日(日) 犬猫里親会
★『犬猫救済の輪』

スポンサーサイト