FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 川崎区『飼い主のいない猫の適正管理』ガイドライン仮案
2008年07月07日 (月) | 編集 |
川崎区役所保健福祉センター衛生課
吉岡課長
井上係長

                                  犬猫救済の輪 結 昭子


先日課長様にお願いいたしました、川崎区・野良猫の適正管理ガイドラインにつきまして、対応が遅いので、私なりに他の地域の資料等参考にして作成してみましたのでご活用いただけましたら幸いに存じます。

野良猫を適正に扱うことが、ご自身が実際にこのガイドラインに従って現場でできるかどうかが重要です。その点に、ひとつでもできないことがあれば、使えないガイドラインになってしまい無意味です。
ガイドラインにそって、苦情の方も一度会合を持てば、話がスムーズに進み、保健所としてもやりやすくなるのではないでしょうか。

至急、確認ご検討の上、できあがりましたら、メールにてご返送ください。
当会では更に、不妊手術をしようと思った人が誰でも実際にできるような不妊手術の実施方法の詳細等の手引きを作成します。


尚、昨日、事件現場の帰り道、川崎市川崎区大島3- ○○○○ 車の下とまわりに黒白猫(母猫らしき1匹+子猫4ヶ月位3~4匹)が目につきました。
飼い猫か野良猫かもわかりませんが、不妊手術がしてなければ子猫も更に秋には子供を生み大変な数になってしまいます。状況確認の上、結果をお知らせください。


殆どがこのようなケースですから、このガイドラインとこのあと作成する捕獲の仕方など詳細を記したガイドブックを一緒にお渡しすれば、野良猫の適正管理に多くの区民が参加しやすくなり問題や苦情も減っていくと思います。
試しに、これを持って行ってみてはいかがでしょうか。

では、ご報告をお待ちいたしております。

犬猫救済の輪 結 昭子




A4 表面

飼い主のいない猫を減らすために
皆様のご理解とご協力をお願いいたします


(=^・^=)区民のみなさまへのお願い
猫が庭に入ってフンをしたり、車に傷をつけられたりして、猫を迷惑に思う人もいます。
迷惑を受けた人は「猫がいなくなればいい」「排除したい」と考えてしまうかもしれません。
しかし、猫が増える原因をなくさなければ根本的な解決にはなりません。
 飼い主のいない猫は、もともとは無責任な飼い主に捨てられたり、それにより繁殖した猫で人間による被害者ともいえます。今まで、猫に関心が無かった人も、地域の問題のひとつとして、どうしたら猫を減らすことができるか、この問題を一緒に考えていただきたいと思います。



猫の飼い主へのお願い

愛情と責任をもって終生飼養してください。
猫を外に出しますと、猫の習性から物で爪をといでしまったり、土や砂のあるところにフンをしたりして結果的に他人に迷惑をかけることになりかねません。不妊・去勢手術をしていない猫を外に出すと、すでに外にいる飼い主不明猫との交尾により繁殖してしまいます。メスは、望まれない子猫を出産したり、オスも外に子どもを沢山つくってしまいます。どうしても、飼い猫を外に出す場合には、不妊・去勢手術をしておくことは飼い主のマナーであり責任です。

(=^・^=) 室内飼いをしましょう。
迷子や交通事故、他の猫とのけんかでのケガ、病気などから猫を守るためにも室内飼いをしましょう。猫は、室内でも棚をつける等して上下運動ができれば運動不足にはなりません。

(=^・^=) 不妊・去勢手術をしましょう。
不妊手術をすることで発情のストレスがなくなり、飼い主の愛情の元で安全に穏やかに暮らす事ができます。

(=^・^=) 身元表示をしましょう
川崎区では、ねこの飼養状況届出制度を施工し適正飼養を推進しています。届出いただいた飼い主に「ねこペンダント」をさしあげます。迷子札として首輪につけてあげてください。

(=^・^=) 終生愛情と責任を持って飼いましょう
万一飼い続けることができなくなった場合は、ポスター・譲渡会・インターネット等で新しい飼い主を探しましょう。猫を遺棄することは、犯罪です。

(=^・^=) 飼い主としての責任を自覚し、周辺の環境に配慮しましょう
猫をどうしても外に出す場合は、フンの処理等、十分に配慮してください。

川崎区役所保健福祉センター衛生課 201-3223


A4 裏面

飼い主のいない猫にエサを与えている方へのお願い

ねこは1年に平均2回出産し、1度に5~6匹の子猫を生みます。
不妊・去勢手術をしないと、1年で10匹以上も増えてしまい、その子猫も生後半年で繁殖できるまでに成長します。
「かわいそう」だからといって、飼い主のいない猫に不妊・去勢手術をせずにエサだけを与えることは、結果的に「かわいそう」な猫を増やすだけで、状況を悪化させるだけです。

(=^・^=) 不妊・去勢手術を必ず行ってください
エサを与えるだけでは、猫は出産を繰り返しどんどん増えてしまいます。近隣に迷惑をかけないため、不幸な猫を増やさないためにも、エサを与える方は、責任を持って不妊・去勢手術を行ってください。川崎市では、不妊・去勢手術の一部を助成しています。助成金の申請は川崎区役所保健福祉センター衛生課で受け付けています。

(=^・^=) 地域の方へ活動をPRし、地域の合意が得られるよう努めましょう

(=^・^=) エサ与える場所は、常に清潔に保ってください

(=^・^=) 新しく飼い主になってくれる人をさがしましょう



地域での取り組みを支援します
川崎区役所保健福祉センター衛生課では、地域での飼い主のいない猫の適正管理を推進するため、上記項目についての詳細を記した、手引き「~川崎区飼い主のいないねこの適正管理ガイドブック~」を作成中です。

川崎区役所保健福祉センター衛生課 201-3223





川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。
 
シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト




 ペルシャ猫レスキュー、ご支援者様へ
2008年07月07日 (月) | 編集 |
ペルシャ猫100匹・レスキュー をほんの少しですがお手伝いさせていただきました。
当会では、活動に当たり緊急のワクチン、不妊手術とその後の里親探しを協力させていただく予定でおりました。
先週10匹受け入れを申し出ましたが、お渡しいただけました数は諸事情により4匹となりました。
4匹につきましては、7月7日までにすべて里親様が内定し、当会にて責任を持ってお届けさせていただきます。
 週明けよりボランティアさんの協力が入るとの発表をなされております。役割分担など一応の見通しがつくものと思われますので、当会はこれで撤退させて頂くことと致しました。

何より、沢山の数の猫の保護活動をしている当会には、ワクチン未接種の猫達の中に入っていけないという弱点があります。無防備な猫達にいつどこでウィールスを持ち込んでしまうかわかりません。それでは、救済するつもりがまったく反対の結果を招いてしまうかもしれません。
わづか1週間の活動でしたが、4匹のペルシャ猫に良い里親様を見つけてあげられましたことは大きな成果でした。
これも、皆様の応援のお陰です。

緊急ご支援のご協力を賜りました皆様、深く、感謝申し上げます。
残念ながらこちらでは、不妊手術ワクチンをお受けするにいたりませんでしたので大きな出費はございません。
これで、ご支援のお願いは終了させていただきます。会計ご報告は後ほどさせていただきます。
残りました場合は、ライフキャッツ様にお送りさせていただきます。また、今後何かお役に立てることがございましたら微力ながらお手伝いさせていただくこともあるかもしれません。

皆様、暖かいご支援ご協力、本当にありがとうございました。
                                        犬猫救済の輪 結 昭子




川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。
 
シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』