FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 収容動物に生きるチャンスを!
2008年07月08日 (火) | 編集 |
「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」様のお知らせメールより、転載許可

迷子犬猫が無事にお家に帰れるために、新しいお家を待つ犬猫に、
1日も早く新しい家族ができますように、
ぜひ皆さんのブログやサイト、掲示板で宣伝してください。

**************************************
『2008年度版 全国動物愛護・管理センター・保健所一覧 』
http://www.animalpolice.net/jititai/jititai2008/index.html
**************************************
自治体の収容動物情報
http://jititai-sos.animalpolice.net/
**************************************
北海道・青森・岩手の動物愛護センター・保健所に収容されていて、
今日・明日・明後日が収容期限の犬猫たちの情報をまとめてみました。
お心当たりの方がいないか、ぜひ見てみてください!!
また、譲渡情報もありますので、新しく犬猫を家族にしたい方にも教えてあげてください。
この3県で、31件の情報がありました。

http://jititai-sos.animalpolice.net/



**************************************************************
日本にアニマルポリスを誕生させよう!
http://www.animalpolice.net/

 ~動物愛護管理法の改正を!~
 動物虐待への対策強化を求める請願 署名活動
http://www.animalpolice.net/aigohou/aigohou2007/

狂犬病予防法を改正しよう!
(※迷子犬の公示期間2日を2週間以上に!!)
http://www.animalpolice.net/yobouhou/







川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。
 
シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト




 里親様からのお便り
2008年07月08日 (火) | 編集 |
里親様からのお便り  ボン君&まひるちゃん

ボン君は飼い主さんの事情、まひるちゃんは、動物看護学校の閉鎖で残されましたが、当会の里親会で素晴らしい飼い主さんと出会うことができました。

hamada.jpg

こんばんは、Hです。

先日のペット博でファッションコンテストがあり、ボンは見事ペット博賞をいただきました。
また、運動会では「待て」の部で優勝しましたよ。おまけに、お利口だったということで、特別賞までもらいました。我が家に来たばかりの時のボンを思い出すとウソのようです。
・・・・・・・・・・・

よく「何犬ですか?」と聞かれるので「雑種ですよ。里親会で引き取ったんですよ」と話します。
この日もそんなやりとりが何度もありました。
ペット博は、浦安市の里親会の参加もありましたが、その一方で、子犬の安売りをしているショップもあり、何か矛盾を感じます。
ボンを連れて外に出る時は、ボンが里親会出身だということ、最初はしつけに手がかかったこと、でも、人間しだいで良い子になるということ、人間の身勝手な事情でそういう犬が後を絶たないことを、ボンに目を留めてくれた人に話してます。
結さんのような立派な活動はできないけど、少しでも知ってもらえるようにと思って…。
ボンは、こういうところに行くと、とてもおりこうです。家ではいまだに興奮することもありますが…。

ペット博でいただいた賞品の小型犬用のイチゴ型のハウス(?)とヒルズのフード、バザーなどにでも使っていただけたら嬉しいです。もちろん新品、未開封です。

里親会に顔を出したいと思いながら、なかなか予定が合わず行けません。
これから暑くなりますが、体に気をつけてくださいね。
また連絡します。


追伸
お母様のこと、御愁傷様でした。
そのような中でも、動物たちのために頑張っている結さんには、本当に頭が下がります。
私も昨年、父を亡くしました。ガンでした。ボンはお父さん子でしたから、真似をしなくていいのに、一緒にガンになったのです。でも、不思議なことに、父が亡くなった後に消えてしまいました。細胞検査までして悪性と言われたのに!父がボンのガンも持っていってくれたようです。きちんとお別れもしていってくれたようで、亡くなった日、ボンはずっと空を見上げて動かず、誰かの話を聞いているようでした。おかげでボンは体調を崩さず乗り越えてくれて、おまけにまひるとも仲良くなってくれました。
父は私の宝物のボンを守ってくれました。
きっと結さんのお母様も、結さんと結さんの宝物を守ってくれると思います。

                                                H





川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。
 
シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』