FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 TNR告知 町内会掲示板・回覧板
2008年10月15日 (水) | 編集 |
野良猫が沢山いる原因が、無責任な餌やりによって増えてしまっているという現実はとても残念に思います。もう少ししましたら、この問題を取り上げますので、何か良い解決策が見つからないかその時には是非、皆様のお知恵を貸してください。

TNRの現場の殆どが不妊手術をせずに手を広げ、ひたすら餌を撒き歩き、ひとりの行いで数十匹に飼い主のいない猫を増やしてしまったあとです。無責任な餌やりに悩まされながら複雑な気持ちでTNRを進めておりますが、そんな中でも、町内会が掲示板や回覧板に問題を大きく取り上げ取り組む姿勢を示して下さったことは大きな進展で嬉しく思います。

何度、保健所に掲示板や回覧板にチラシを入れて積極的に啓蒙してほしいとお願いしたかわかりません。
皆に見ていただければ、共通の認識をもって動物愛護精神も向上していくのに一度としてやっていただけませんでした。

はじめて、ここまでできたと思います。
町会長様のリーダーシップと町内会の皆様の協力に感謝しております。
そして、内部、外部からの大きな支援があってこそ、実現可能な大変な活動です。
皆様のお力を借りて、目的を達成するまでやり遂げます。
どうか、応援してください。お見守りください。



「桜本2丁目自治会から、「財団法人どうぶつ基金」に申し込みがあり、無料不妊チケットを100枚発行していただきました。」
 「財団法人どうぶつ基金」 HPより転載
川崎区桜本二丁目自治会地域猫活動支援について
2008/10/15 (Wed)

<財)どうぶつ基金では川崎区桜本二丁目自治会での地域猫100匹にたいして無料不妊手術を行っています。詳細は右、地域猫無料不妊手術事業をご覧ください。http://doubutukik.exblog.jp/i15/




kokuti1_convert_20081015032230.jpg

告知

のら猫無料不妊手術のお知らせ     
                     桜本2丁目町内会     会長 ・・・・・・・・  衛生部                             
桜本2丁目町内会には、野良猫のフン尿・仔猫が産まれている等の苦情が寄せられています。動物愛護の観点からも飼い主のいない不幸な猫をこれ以上増やさないために、町内の野良猫全頭に不妊手術を施し1代限りとして管理していくことで野良猫を減らしていく事に地域で取り組むことになりました。

桜本2丁目町内会では、町内の野良猫の不妊手術を進めておりますので、飼い猫はなるべく外に出さないで下さい。どうしても出される方は、不妊手術を施したうえで首輪に電話番号等飼い猫である事を必ず明記していただくか、川崎区保健所に飼養届出をし指定ペンダントを装着してください。ご協力をお願い申し上げます。首輪だけで連絡先電話番号の無い場合は野良猫とみなし不妊手術を実施致します。

有志による、川崎区『野良猫適正管理推進グループ』と資金提供神奈川県の『財団法人どうぶつ基金』様の協力が得られ、不妊手術を希望される住民の申請により9月後半より開始されております。
野良猫の不妊手術をしたい方は11月11日迄に町内会各区各班担当部長までお申し出下さい。
また、公園、会社の敷地など、野良猫のいる場所について詳しい情報がありましたらお知らせ下さい。

野良猫に餌を与えている方でまだ不妊手術を実施されていない猫がいましたらこの機会に必ず全頭不妊手術を受けてください。今回は、不妊手術費用は、『財団法人どうぶつ基金』が全額負担します。
餌だけ与え不妊手術をしない方は、不幸な猫を増やすばかりか地域の環境を悪化させ近隣の迷惑になります。野良猫に餌を与える方は必ず責任を持って不妊手術を実施してください。
特別な事情で不妊手術が実施できない方は町会にご相談下さい。

猫を飼われている方で、不妊手術をしていない猫は絶対に外に出さないで下さい。

オスでも野良猫の子供をつくることになりますので大変迷惑になります。
不妊手術の相談(捕獲器貸出・料金や病院等)は、愛護団体等を紹介致します。町会にご連絡下さい。

不妊手術実施までの手順
1、 苦情等を町会で収集 2、現場確認 3、TNR実施 
〔T・箱ワナで捕獲し N・不妊手術(+ノミ、ダニ駆除+ワクチン接種) R・元いた場所に戻す〕
不妊手術済の猫は、麻酔中にメスは右耳オスは左耳の先端を少しだけ平にカットします。手術済の目印です。不妊手術で1年に2~3回、一度に4~5匹の繁殖を断ち切ることで大きな成果がでます。

4、その後は、区民や地域の有志等で適正管理し、里親探しにも努めます。
適正管理には猫の好き嫌いに関わらず地域の皆様の積極的な参加協力をお願い致します。
地域で管理できればただ餌をやるだけのルールやマナーが守れない無責任な餌やりさんにはやめていただく事ができます。
※ 野良猫適正管理 地域ボランティアさん募集
・ルールやマナーの守れる餌やりさん、片付けのみ、フン掃除のみなど数人が連携し管理を分担することで常に清潔な住みやすい地域環境を保つ事ができます。
・手術後のなついている猫は里親探しをします。
・猫の里親になっていただける方、一時預かりのできる方を募集しています。ご連絡下さい。


神奈川県動物愛護管理推進計画  環境省の通達によって、本年1月に策定されました。(以下 本計画より抜粋)
施策2 飼い主のいないねこに対して、ボランティア、関係団体等の協力を得ながら、不妊去勢手術等の繁殖制限措置の実施の推進を図ります。
施策5 動物の適正飼養の推進、居住環境に応じた飼育方法、飼い主のいないねこの適正管理等についてのガイドラインを作成することなどを検討し、住民間でも相互理解を深め、地域での問題解決を図ります。
TNR協力 川崎区『野良猫適正管理推進グループ』有志による無償ボランティアです。猫の引き取りはできません。



■のらねこ(野良にゃん写真集) 

noraneko_bannertif.gif 「のらねこ。」ナレーションの紹介はこちらから。



川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。



『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

|

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
スポンサーサイト