シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 「殺処分減らしたい」 迷子専用電話サービス30日開始
2009年01月31日 (土) | 編集 |
子犬と猫の里親会 

2月1日(日) 12時~17時 雨天決行
ペットスマイル蒲田店 店頭



http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-090128X514.html
迷子ペット捜しに専用電話=「PC苦手な高齢者を支援」-埼玉県
2009年1月28日(水)07:30
 パソコンを持っていなかったり、操作が苦手なお年寄りに代わり、迷子の犬や猫を県職員がデータベースから代行検索するサービスを埼玉県が30日から始める。全国でも初の取り組みという。

 保健所などは収容中の迷子ペットの写真が一括検索できるシステムを公開しているが、パソコンが使えないと利用できなかった。県内には13の保健所がある。このため、複数の保健所に何度も問い合わせる必要があり、捜し出すのをあきらめてしまうお年寄りも多かった。

 新サービスでは専用電話でペットの特徴を告げるだけ。県職員が検索し、見付かればまた電話で知らせてくれる。見付からない場合でも、特徴が全保健所で一括して共有される。

 パソコンがなくても、電話一本で県内の迷子ペットがすべて調べられる。県は「ペットはお年寄りにとって寂しさを紛らわす大事な存在。一匹でも多く飼い主に返し、殺処分の削減につなげたい」としている。東京都など隣県の住民も利用可能だ。

 専用受付番号は048(824)2170。平日午前9時から午後5時まで受け付ける。




http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20090129-567-OYT1T00075.html
迷子の犬猫捜しに専用ダイヤル、埼玉県内の13保健所
2009年1月29日(木)09:15
 迷子になった犬や猫が、1匹でも多く飼い主のもとへ帰れますように--。埼玉県は、県内13保健所などで保護している犬と猫の情報を電話で検索できるサービスを30日から開始する。

 同時に飼い主からの「迷子届」も受け付ける。

 県生活衛生課によると、2007年度に保健所などで保護した犬は2996匹、猫は3847匹。うち飼い主のもとに帰った犬は694匹、猫は7匹にとどまる。施設のスペースには限りがあるため、飼い主が約1~2週間見つからない場合は殺処分しており、県は「少しでも処分数を減らしたい」としている。

 1匹でも多く引き取ってもらおうと、県は08年3月、川越市保健所を除く全保健所と動物指導センター、さいたま市動物愛護ふれあいセンターについて、県のホームページ上で、保護した犬や猫の画像を検索できるようにした。

 今回は新たに電話の専用ダイヤルを設け、犬猫を保護している県内の全施設を一括検索できるようにした。迷子になった犬猫の特徴や連絡先を届ける「迷子届」も受け付け、似た犬猫が見つかれば飼い主に連絡する。同課は「ペットがいなくなった場合はすぐに連絡してほしい」としている。

 専用ダイヤル(048・824・2170)の受け付けは土日祝日を除く午前9時~午後5時。



当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2
■H21.01.19 川崎市動物愛護センター公開質問2回答
■H21.01.26 川崎市動物愛護センター公開質問3-1
3-2
■H21.01.29 川崎市動物愛護センター質問回答日について ・ 当会返信
〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』



★中川こうじさん「のらねこ。~ちいさな命の物語」写真展(神戸市灘区)
★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
スポンサーサイト

 フォスター・ペアレント(みそかちゃん)
2009年01月30日 (金) | 編集 |
子犬と猫の里親会 

2月1日(日) 12時~17時 雨天決行
ペットスマイル蒲田店 店頭


子猫~成猫迄、多数参加いたします。お待ちしております。
<浜子ちゃん、♀ 生後4ヶ月 ワクチン 不妊手術済>
hama1_convert_20081118152240.jpg

<ルビーちゃん、♀ 生後8ヶ月 ワクチン 不妊手術済>
rubi864.jpg

<サンデー君、♂ 推定2才 ワクチン 不妊手術済>
CIMG1964.jpg
sandeCIMG1959_convert_20090121023253.jpg

<ダダちゃん、♀ 生後6ヶ月 ワクチン 不妊手術済>
CIMG0802.jpg

中型犬ミックスの子犬生後4ヶ月(15キロ位になると思われます。)ケン♂・シロ♀・リキ♂
peyanngu2258.jpg



★フォスター・ペアレント様 ありがとう
☆みそかちゃん 茶トラ白 ♂ 年令不明 老猫かもしれません。
フォスターペアレント:88号様 

2009.01.30UP


はじめまして、「みそか」です。ハイ、その通り、晦日に現れたので「みそかちゃん」なんて付けられちゃいました。男の子にしては小柄、優しい顔をしています。

HPへのUPが遅くてごめんなさい。

フォスター・ペアレント様のお陰で不自由なく楽しく暮しています。ありがとう。

涙目は慢性的です。歯はありません。喉の奥の方が潰瘍のようにただれてお口が痛いです。
月に約二回の治療を受けます。それで痛みは治まるようですが、あまり改善は見られません。
ボランティアさんが自宅でお世話する猫さんは、ひどい口内炎でしたが漢方を使ってとても良い状態を保っているそうです。そういうのやってあげたいけど手が足りなくてできないのはもどかしいところ。

でも、お世話係さん、一生懸命、「みそかちゃん」の事を考えて食事も工夫してくれます。
「みそかちゃん」の食事はお皿が二つ。
ひとつには、大好物のカニカマをほぐしてあげていました。その前に、レンジでチンしているので「何してるの」とききますと「冷蔵庫から出したばかりは冷たいからね。」と口内炎にしみないように、美味しく食べられるように気を使ってました。
もうひとつのお皿の中身は猫缶ですが、これもなんと3種盛。
愛ですねー。

CIMG2115.jpg

CIMG2151.jpg
フォスター・ペアレント様、ありがとうございます。
守って下さる方がいることは、本当に心強いです。



当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2
■H21.01.19 川崎市動物愛護センター公開質問2回答
■H21.01.26 川崎市動物愛護センター公開質問3-1
3-2
■H21.01.29 川崎市動物愛護センター質問回答日について ・ 当会返信
〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』



★中川こうじさん「のらねこ。~ちいさな命の物語」写真展(神戸市灘区)
★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会

 川崎市動物愛護センターより
2009年01月29日 (木) | 編集 |
子犬と猫の里親会 

2月1日(日) 12時~17時 雨天決行
ペットスマイル蒲田店 店頭

peyanngu2258.jpg
中型犬ミックスの子犬生後4ヶ月(15キロ位になると思われます。)ケン♂・シロ♀・リキ♂
子猫~成猫迄、多数参加いたします。お待ちしております。



犬猫救済の輪
代表 結 昭子 様

いつもお世話になっております。
平成21年1月26日付けで質問のありました「収容猫の譲渡について」の回答日の要望が1月末日となっております。
所内において検討をしておりますが、通常業務のほかに緊急業務、緊急出動等が入ってきております。早急に回答できるよう心がけておりますが、回答日を2月6日(金)までとさせていただきます。
なお、譲渡対象猫については、従来どおり譲渡させていただきます。
よろしくお願いいたします。

   平成21年1月29日
                 
                      川崎市動物愛護センター所長          



川崎市動物愛護センター所長 前迫様、     平成21年1月29日
譲渡担当獣医師 西村様、           犬猫救済の輪 結 昭子


センター収容幼猫譲渡についての1月29日付けご返信について

前略、先に当会がお願いした質問の回答は1月末日までには不可能であり、2月6日まで延期し、その間の譲渡は従来どおりの猫のみとのお返事を、本日メールにていただきました。

しかしながら、当会では以下の理由により、1月末日中のご回答を重ねてお願い申し上げます。

理由1 当会の質問1,質問2は、すでに環境省自然環境局総務課動物愛護管理室から「生後50日以前、自立前、離乳前、治療が必要な幼猫を川崎市動物愛護センターから団体等へ譲渡することには問題がない」とのご回答をいただいております。所内でのご検討を待つまでも無く、回答いただける内容であると思います。

理由2 今回のご回答期限を1月中とさせていただいた最も重要な理由は、ご回答が遅れれば遅れるほど、その間、これらの幼猫達から生きるチャンスが奪われ致死処分になるからです。収容動物の譲渡をすすめ、命をつなげることが動物愛護センターの最大の任務といえます。譲渡担当獣医師の西村先生におかれましてはこの点を再確認いただきますよう心からお願い申し上げます。当会がこの業務に最大限の協力をさせていただく所存であることはすでに申し上げたとおりです。

尚、質問3(収容動物の情報提供)については、一般向けにはホームページやその他技術面での検討が必要かと存じますので、多少、ご回答に日数がかかりましてもいたし方ございません。有効な情報提供の方法をお考えいただきたいと思います。但し、当会への情報提供については至急、具体的にご検討いただきますようお願い申し上げます。幼猫は保護収容後の保管の問題もあるかと思います。その点の協力体制について、ご連絡いただければ当会では早急に相談に応じさせていただきます。

今回、当会は本件に関して環境省のご指導をいただいているため、一連の経過を環境省に報告させていただいておりますことからも、伏して迅速なご対応をお願い申し上げます。




当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2
■H21.01.19 川崎市動物愛護センター公開質問2回答
■H21.01.26 川崎市動物愛護センター公開質問3-1
3-2


〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』



★中川こうじさん「のらねこ。~ちいさな命の物語」写真展(神戸市灘区)
★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会

 殺人事件現場に残された猫達の今は、
2009年01月28日 (水) | 編集 |
子犬と猫の里親会 

2月1日(日) 12時~17時 雨天決行
ペットスマイル蒲田店 店頭

peyanngu2258.jpg
中型犬ミックスの子犬生後4ヶ月(15キロ位になると思われます。)ケン♂・シロ♀・リキ♂
子猫~成猫迄、多数参加いたします。お待ちしております。


毎日新聞 2009年1月22日 地方版
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20090122ddlk14040162000c.html

殺人:猫に餌やり注意で 弁護側、殺意を否認--地裁支部で初公判 /神奈川
 野良猫の世話を注意されて不満を持ち大家を殺したなどとして殺人罪などに問われた川崎市川崎区浜町3の無職、高田正雄被告(69)

の初公判が21日、横浜地裁川崎支部(加登屋健治裁判長)であった。弁護側は殺意を否認し、責任能力について争う姿勢を示した。

 起訴状は、高田被告が昨年6月5日午後3時40分ごろ、アパート2階外通路上で、大家の片野文也さん(当時76歳)の首や背中をサ

バイバルナイフなどで突き刺し殺害、さらに片野さんの長男の妻・由美さんをバールで殴るなどして2カ月のけがをさせた、としている。

 高田被告は起訴事実の認否で「突き刺してはいない」と述べたが、被告人質問では「ナイフで下からなでた」と表現。「(ナイフを持ったのは)とっさだった。殺すつもりはなかった」とも話す一方、由美さんへの暴行などについては「分からない」と繰り返した。

 また事件前日に片野さんの家族から「野良猫に餌をやらないで」などと注意されたことに関し「朝から家賃を持っていったら突然怒られて、爽快(そうかい)な気分じゃなかった」と不満を口にした。

 不審な言動が続いていることなどから、弁護側は高田被告の精神鑑定を請求している。【中島和哉】


殺人事件現場、川崎区浜町3 残された猫達の今をお伝えいたします。

「二度とこのような悲しい事件が起こってはならない」
そのためには、現状を変えなければなりません。

あの日から、現場に通い続けて参りました。
猫達の給食、糞の掃除を続けながら、多すぎる数の野良猫をこれ以上増やしてはならないとそのために懸命に働きかけてまいりました。
町会で地域の問題として考え、取り組んでいただきたい、人様のお力もお借りして申し入れもさせていただきましたが、いまだに現場となった町会は消極的です。

けれど、隣接する桜本1丁目、2丁目町内で以前から地道にTNR活動をなされていた住民の方が、野良猫の不妊手術を進めるべきとの声を町会に届けてくださり、町内会の皆様の賛同を得る事ができました。神奈川県「財団法人どうぶつ基金」様よりの資金提供により9月から活発なTNRの実践活動がスタートし、12月末には200匹の野良猫たちのTNRを達成致しました。

すべては終了しておりませんが、街にはすでに成果が現れているような気配が十分に見られます。捕獲をする際には、給食に協力していただける家や会社をたずね話し合いを持ちました。不妊手術後のお世話を確実にしていただける所では、路上へのエサのばら撒きをする人に猫達が安全に給食できる場所が確保できた事を告げ、路上に餌をばら撒くのをやめて頂きました。
猫たちはそれぞれの給食場所付近に分かれ、路上でエサを求め放浪する猫は極端に見かけなくなりました。

事件現場はといいますと、猫達は住めないアパートですからその前の路上を放浪する野良猫は30匹以上、路上猫という言葉がぴったりの猫達で道路を横断し交通事故死も後を絶ちませんでした。
私は、まず、近隣の聞き込みを行ないました。わかったことは、猫好きさんが多い街、餌やりさんも何件もありました。
そこでまず、私は、不妊手術を終えたあと、猫があちこちさまよい歩き交通事故に合ったり人の目に付きすぎてトラブルのもとになったりしないようにするために、それぞれの猫達の給食場所を分散する事にしました。

給食場所は道路を挟み、桜本1丁目側でお世話をしているAさんのお宅と、浜町3丁目事件現場近くのBさんのお宅が引き受けて下さいました。以前から、猫たちを可愛がってエサをあげていたそうですが事情もあり不妊手術はできていませんでしたが、不妊手術には大変理解を示してくださり喜んで協力して下さいました。

話が決まり給食場所は、綺麗に棚をセットし、発砲スチロールの猫ハウスも数個セットできました。
そして路上猫達は、桜本1丁目TNRで全頭不妊手術を終え少しづつこの場所も落ち着く方向でした。

しかし、私が、一番心配していた事が次々と起きてしまい、本当に人間たよりの野良猫が外で一生を生きるということがどれほど難しいことかを目の前で見ている現状です。

といいますのは、餌やさんがいなくなったら・・・ということです。

事件現場では、2008年6月、犯罪を犯した人がいなくなり、猫達は近隣の方達にエサを貰って生き延びていました。
ご年配のご夫婦は猫たちを不憫に思いそれは一生懸命にお世話をして下さいました。「以前にも入院をしていたこともあって、いつどうなるかもわからない体なんだよ。」と自分より猫達の事を心配されていました。

わたしは、せめて、猫たちのドライフードをお届けさせていただきながら、いつも「体に気をつけてね。」と励ますことしかできなかったのですが、12月倒れて入院したとの知らせが入りました。そして、退院することなく今後は娘さんに引き取られ介護を受けますとの挨拶をご主人から頂きました。

可愛がられていた猫達はいまもずっとアパートの塀の上で、帰ってくることを信じて待っています。

またも残されてしまった野良猫たちのよりどころは給食場所を作って下さったお隣のBさん宅、「Bさんがたよりなんだから、ホントにホントに元気でいてよ。」話しかけると、いつもにこにこされて気さくな方でした。

正月、いつものようにBさんに使っていただくようにとドライフードを玄関脇において来ました。
それから数日後、ドライフードは封が開けられないまま置いてありました。

まさか・・・

ご近所に声をかけ、それから、入院した事を知りました。
次に入った知らせは、1月中旬・・Bさんが亡くなりました。

悲しすぎます。残された猫達、どうやって生きていけばよいのでしょう。

やらなければならないことが沢山ありすぎてまだ、給食場所のことや、ご近所の皆様との話ができておりません。

かわいそうな・・・のらねこ。

今、ここから引き取った幼猫、キジトラの「ハマちゃん」と黒白の「浜子ちゃん」の里親探しをしています。

hama3185.jpg

hama1_convert_20081118152240.jpg

これから、成猫も懐いている子から里親を探すことになると思います。
協力病院の先生が作って下さったカレンダーの売上収益で、今ここの野良猫たちのフード代は賄われています。
野良猫達の生きる権利、最低の生きる権利を守ってあげたい。





当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2
■H21.01.19 川崎市動物愛護センター公開質問2回答
■H21.01.26 川崎市動物愛護センター公開質問3-1
3-2


〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』



★中川こうじさん「のらねこ。~ちいさな命の物語」写真展(神戸市灘区)
★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会

 環境省 犬猫の処分半減へ収容施設を拡充へ 
2009年01月28日 (水) | 編集 |
TBSニュース
環境省 犬猫の処分半減へ収容施設を拡充へ 


環境省は、飼い主が見つからず、処分される犬や猫を減らすため、収容施設を拡充させることにしました。

 2006年度に全国およそ400か所の施設で保護された犬や猫は37万匹ですが、引き取り手が決まったのは1万7000匹のみで、9割以上が処分されています。

 こうしたことから環境省は、来年度から収容施設の新築や改修を支援するとともに、保護する期間を現在よりも長くして、引き取り手と出会う機会を増やし、この10年間で処分される犬や猫を半減させる方針です。27日11:43


 フォスター・ペアレント (キャラちゃん)
2009年01月27日 (火) | 編集 |
★フォスター・ペアレント様 ありがとう
☆キャラちゃん 三毛猫です  フォスターペアレント:神奈川県  M様 
2009.01.28UP


一番寒いこの季節も、「まだ若いですから」とキャラちゃんは、日中殆どお外にいます。
上手に陽だまりを見つけます。
そして、気持ち良さそうにお昼寝をするキャラちゃんを見るのはこちらも気持ち良い気分ですが、一緒にお昼寝してるわけにはまいりませね。「キャラちゃん、どうぞ、私の分も寝ておいて下さいな。」
kyara0101.jpg

IMG_1833.jpg
少しスリムになったような気がしますが、元気です。勿論、食欲もあります。大人顔になったのかな。





当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2
■H21.01.19 川崎市動物愛護センター公開質問2回答
■H21.01.26 川崎市動物愛護センター公開質問3-1
3-2


〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』



★中川こうじさん「のらねこ。~ちいさな命の物語」写真展(神戸市灘区)
★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会


 環境省「譲渡支援のためのガイドライン」見解
2009年01月26日 (月) | 編集 |
★中川こうじさん「のらねこ。~ちいさな命の物語」写真展(神戸市灘区)


■H21.01.26 川崎市動物愛護センター公開質問3-1 3-2
「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」平成20年4月から11月
収容猫総数957匹、譲渡総数45匹。譲渡率4.7%


川崎市動物愛護センターより、1月19日付け「収容猫の譲渡に関する質問」へのご回答をいただきました。

回答によると、子猫の譲渡は環境省「譲渡支援のためのガイドライン」に基づき離乳前の子猫は譲渡せず、生後50日~90日程度以上を譲渡の基準としており、今後は環境省の動向を見て判断していきたいとのことでした。
ガイドラインの解釈は、収容動物の譲渡を進めるために大変重要ですので、当会では、川崎市動物愛護センターよりの回答書を事前に環境省自然環境局・総務課・動物愛護管理室室長様宛に送らせて頂きました。
その上で、1月22日、環境省自然環境局・総務課・動物愛護管理室室長様に本ガイドラインについてご説明いただきました。

環境省の、「譲渡支援のためのガイドライン」解釈につきましての明解な見解が示されましたので、本日、1月26日付けにて、あらためて川崎市動物愛護センター宛に、確認と質問を送らせて頂きました。



川崎市動物愛護センター所長・前迫様               平成21年1月26日

獣医師・西村様    

                                犬猫救済の輪 結 昭子

1月19日付け「収容猫の譲渡に関する質問」へのご回答をいただきました。ご多忙中、大変有難うございました。ご回答をふまえ、あらためて確認と質問をさせていただきます。

ご回答によると、子猫の譲渡は環境省「譲渡支援のためのガイドライン」に基づき離乳前の子猫は譲渡せず、生後50日~90日程度以上を譲渡の基準としており、今後は環境省の動向を見て判断していきたいとのことでした。

ガイドラインの解釈は、収容動物の譲渡を進めるために大変重要ですので、当会では1月22日、環境省自然環境局・総務課・動物愛護管理室室長様に本ガイドラインについてご説明いただきました。以下はご説明の概略です。

1)動物愛護管理法に基づき「保管動物は、適正に飼養及び保管し、できるだけ生存の機会を与えるように努めること」と定められています。譲渡は生存の機会を与えるための手段です。ガイドラインは実情に応じて慎重に、活用できる部分をうまく使い、譲渡の一層の推進に役立てていただきたいと願っております。

2)ガイドラインはあくまで目安であり、49日未満や離乳前の自活していない子猫を譲渡してはいけないということはありません。


3)譲渡選定担当者は、動物の情報や社会のニーズを適切につかみ、各動物の社会復帰の可能性を見出し、譲渡者とのマッチングを進めるよう対応していただきたいです。これにより50日に限らず成犬、成猫等、より多くの犬猫に社会復帰のチャンスが与えられるでしょう。

4)センターで保管、飼育、治療などが充分にできない現状で、離乳前の子猫、治療が必要な猫、なついていない猫、レベル3~5に該当する猫に、動物愛護団体や個人ボランティアが最終飼い主となる個人家庭への譲渡を目指して、責任を持って社会復帰のためのリハビリを行う場合、これらの団体などにセンターが譲渡することには問題がありますかとの問いについては「問題はありません」。

つきましては、かねてより当会が申し入れをさせていただいていた離乳前、自活していない子猫、生後50日以前の子猫等の譲渡を進めていただき、より多くの収容動物に社会復帰のチャンスを与えていただくとともに、別紙の質問にお答えくださるようお願い申し上げます。尚、日々失われていく命を惜しみ、大変勝手ながら、ご回答は早急に1月末日までにファックスまたはメールにてお送り下さい。よろしくお願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------

(別紙)

質問1 今後、離乳前あるいは50日以前の子猫を当会を含む団体及び個人ボランティア等に譲渡しますか。当会は環境省「譲渡支援のためガイドライン」(註)に沿って、譲渡された動物についての全責任を負うことをお約束いたします。

註 環境省「譲渡支援のためのガイドライン」より

団体等への譲渡について
・団体が窓口になったとしても、最終飼い主はあくまでも個人家庭であること。        ・利潤追求のために動物を利用しないこと
・譲渡した動物についての責任は団体が負うこと(譲渡後調査も含む)

回答




質問2 平成21年2月初日から譲渡開始が可能ですか。

回答




質問3 残念ながら、現在、川崎市動物愛護センターでは収容動物の数に比して、ホームページ等で情報提供(註)される譲渡動物数がかなり少ないと言わざるをえません。一般的に譲渡を円滑に促進し、できるだけ多くの動物に生きるチャンスを与えるために、情報提供する動物数を増やすことを含め、情報提供の改善にどのように取り組んでいただけますか。



註 環境省「譲渡支援のためのガイドライン」より

情報提供について
保管する犬及びねこ等の動物については、所有者若しくは新たに飼養を希望する者の発見に努める必要があることから、広報、インターネット等を活用して、できる限り広域的かつ迅速に情報を提供する必要があります。インターネットについては、情報をできる限り最新のものに更新しておくとともに、インターネットを利用できない市民への考慮等、幅広い広報手段の活用も検討すべきです。また、近隣の都道府県知事やボランティア等との協力も有効です。

回答 

  




当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2
■H21.01.19 川崎市動物愛護センター公開質問2回答
■H21.01.26 川崎市動物愛護センター公開質問3-1
3-2


〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会

 25日・本日里親会/里親様からのお便り(静岡 ビーグル・パルちゃん)
2009年01月25日 (日) | 編集 |
犬猫救済の輪 子犬と猫の里親会 

1月25日(日) 12時~17時 雨天決行
ペットスマイル戸越銀座店 店頭


子犬3ヵ月半 3頭参加します。
子猫・成猫多数参加します。
お出かけ下さい。宜しくお願い申し上げます。



里親様からのお便り (パルちゃん)

お住まいが遠方でもありましたので事前に十分なやり取りをさせていただいた上で、更に、ご家族で里親会に来ていただきました。先住犬、8才のビーグルちゃんも一緒に来てお見合いです。
気に入っていただきました。先住犬の飼い方は、里親様を決めるときのとてもよい判断材料になります。この子も、必ず、幸せになれると確信いたしました。
K様 ありがとうございました。

PICT0001.jpg

犬猫救済の輪 結様

里親会でビーグルメスの里親になりました静岡のKと申します。
我が家の一員となって早一週間になろうとしています。
帰宅後すぐに名前をつけました。

  『パル』です。

我が家は夫婦揃って清水エスパルスの大ファンの為そのマスコットの名前をそのままつけました。

家に帰ってからのパルは、やはり結さんのおっしゃっていた通りそれはそれはやんちゃでいたずらのとても盛んなワンちゃんで、新しいスリッパはすぐにつぶれてしまいました。
ごみ箱の中身を引きずり出し食いちぎり、座布団の上でおしっこしました。

でもパルの行動がとても愛らしく時にはピアノに映る自分の姿にビビって吠えてみたり、ソファから転げ落ちたり、意味もなく駆けずり回る姿はおかしくて我が家の中は笑いに絶えません。
子供たち2人もとても気に入ってうちのなかで今アイドル状態です。

もともと飼っていたお姉さん犬のビビはまだ新入りのパルに馴染めず警戒しています。
これから時間を掛けて仲良くなってくれたらと無理強いしないようにしています。
パルはといえば家に来たばかりとは思えないくらい、とってもノビノビと生き生きと跳ねまわっています。

これからパルのこと家族の一員として楽しくそして大事に育てて行きたいと思っています。

犬猫救済の輪で頑張ってくださっている結さんには本当に感謝しています。
ありがとうございました。
 
また、メールで状況を報告させていただきますので今後ともよろしくお願いします。

 静岡県 K
    





当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2
■川崎市動物愛護センター公開質問2回答

〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』


★中川こうじさん「のらねこ。~ちいさな命の物語」写真展(神戸市灘区)
★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 「五十歳の志」動物福祉病院設立基金 お礼とご報告(犬猫救済の輪)
2009年01月24日 (土) | 編集 |
犬猫救済の輪 子犬と猫の里親会 

1月25日(日) 12時~17時 雨天決行
ペットスマイル戸越銀座店 店頭


子犬3ヵ月半 3頭参加します。
子猫・成猫多数参加します。
お出かけ下さい。宜しくお願い申し上げます。



2008年1月1日~12月31日
「動物福祉病院設立基金」 お礼とご報告

2008年1月から12月末までの基金の合計額は、¥619,500です。
これまでの総額は¥4,562,627となりました事を、ご報告申し上げますとともに心より厚く御礼を申し上げます。
五十歳にして志しました動物福祉病院の開設ですが、あっという間に三年が過ぎました。準備期間は、あと二年しかございません。

行政が飼い主のいない猫達の不妊手術をするようになって欲しい。そんな動きも見られ始めています。
犠牲になる不幸な命がある以上、行政も民間も止まっていてはいけない。

有言実行、
☆2011年開設に向け、今年度より、場所の選定等の準備作業に入りました。
全ての設備を備えてのスタートではありません。できるところでスタートします。
予定より早い開設もあるかもしれません。獣医さんの確保など良いタイミングがあれば開設は早まります。
開設まで更に力を込める時期に入りました。

私達の力で、恵まれない不幸な動物を救いましょう。動物の福祉のためにできること、
「動物福祉病院設立基金」に、尚一層のご協力をお願い申し上げます。
                              2009年1月24日 犬猫救済の輪 結 昭子




当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2
■川崎市動物愛護センター公開質問2回答

〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』


★中川こうじさん「のらねこ。~ちいさな命の物語」写真展(神戸市灘区)
★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 頑張れ戦士 [ハーちゃん基金」 会計報告
2009年01月23日 (金) | 編集 |
犬猫救済の輪 子犬と猫の里親会 

1月25日(日) 12時~17時 雨天決行
ペットスマイル戸越銀座店 店頭


子犬3ヵ月半 3頭参加します。
子猫・成猫多数参加します。
お出かけ下さい。宜しくお願い申し上げます。



頑張れ戦士たち [ハーちゃん基金」  会計報告 2008.01.01~12.31

ご挨拶

今期のご支援総額は前期を上回り、¥467100 となりましたことをご報告申し上げますとともに、厚く御礼を申し上げます。
重い病気や怪我、長期の治療を要する動物たちに寄せられました皆様からのご支援で、助けられた動物達に代わり、心より「ありがとう」と申し上げます。

今期は、ボランティアのオグさんが保護しました生後1ヶ月半の子猫「咲ちゃん」が排便が自力でできない鎖肛という重度の障害に苦しみました。難しいといわれる手術に希望を託し、費用を作るためにアルバイトを増やし頑張るオグさんに心打たれ、皆様からオグさん頑張れ、咲ちゃん頑張れのメッセージが届きました。経験者様からの病院情報や何より心配な高額な医療費援助のためにご支援が寄せられました。

オグさんにとって咲ちゃんの苦しみを除いてあげたい想い、沢山の不安の中で、皆様の応援がどれほど励ましになったことでしょう。結果、咲ちゃんは、無事手術を乗り越えることができ成長し元気にしております。今も完治とまではいかず通院しながら、オグさんも奮闘の日々ですが、命あり幸せありの今日があることに皆様にはただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
咲ちゃんの手術は情報をお寄せ下さいました方の紹介の病院で受ける事ができ、高度医療にもかかわらず病院の善意で費用の心配はしなくてよいですとおっしゃっていただいたそうです。

咲ちゃんへと寄せられましたご支援は、咲ちゃんが少しでも快適に幸せな生活を送ってもらえるように、オグさんにお渡し致しますことをご了承下さい。
咲ちゃんの経過は、ボランティアおぐちゃんのブログ
「シェルターの猫たち」カテゴリー<咲ちゃん>をご訪問くださいね。

また当会でも、協力病院のご好意で診療から手術、入院費用まで大変良心的な低料金でお世話になっておりますが、救済される動物の数が多いことや重症のケースも多く、頻繁に病院にかからなければなりません。通常の治療費は自己負担で賄い、ハーちゃん基金は緊急の生命救済措置のために大切に備え、有効に使わせていただきたいたいと思っております。

改めまして、今期、ハーちゃん基金によって助けられました動物達に代わり、皆様に厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。
                          2009.01.22 犬猫救済の輪 代表 結 昭子





当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2
■川崎市動物愛護センター公開質問2回答

〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』


★中川こうじさん「のらねこ。~ちいさな命の物語」写真展(神戸市灘区)
★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 1月25日・犬猫里親会お知らせ
2009年01月22日 (木) | 編集 |
犬猫救済の輪 子犬と猫の里親会 

1月25日(日) 12時~17時 雨天決行
ペットスマイル戸越銀座店 店頭


子犬3ヵ月半 3頭参加します。
子猫・成猫多数参加します。
お出かけ下さい。宜しくお願い申し上げます。



ダダちゃん 6ヶ月メス ワクチン2回、不妊手術済。
一寸臆病ですが、猫じゃらしで遊ぶのが大好きです。
CIMG0789.jpg
CIMG0810.jpg

ルビーちゃん 8ヶ月ワクチン2回、不妊手術済 懐いています。
rubi864.jpg
rubi1627.jpg

サンデー君」 黒 大きな男の子 推定2才 ワクチン2回、不妊手術済。
なついています。べったり甘えます。 活発です。1匹飼いのできる方。
CIMG1959.jpg
CIMG1965.jpg
CIMG1964.jpg

「浜子ちゃん」生後3ヶ月半 黒白♀ ワクチン2回、不妊手術済
懐いています。
hama1_convert_20081118152240.jpg


愛知県動物保護管理センター
が2才グレートデンのオス2頭、メス1頭(3頭とも60キロ・不妊去勢済)の飼い主を募集しています!愛知県在住の方以外でも対象にしています。




当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2
■川崎市動物愛護センター公開質問2回答

〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』


★中川こうじさん「のらねこ。~ちいさな命の物語」写真展(神戸市灘区)
★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 フォスター・ペアレント(ピーター君)
2009年01月21日 (水) | 編集 |
犬猫救済の輪 子犬と猫の里親会 

1月25日(日) 12時~17時 雨天決行
ペットスマイル戸越銀座店 店頭


子犬3ヵ月半 3頭参加します。
子猫・成猫多数参加します。
お出かけ下さい。宜しくお願い申し上げます。


★フォスター・ペアレント様 ありがとう
☆ピーター君 ♂ 茶トラ白 老猫です  フォスターペアレント:長野県  F様 
2009.01.21UP


2007年 川崎区内の公園より保護 2009年現在12才以上には見えます。

数年前までは、ちょとこわそうなお兄さんがとっても小まめに猫達の世話をしていた公園。そのためか、だれも文句を言う人はいなかった。事務所移転かその方が来られなくなってからは沢山いた猫達を守ってくれる人はなく近隣からは餌箱も猫ハウスも捨てられてしまう。
今も、猫達にとっては安心して暮せる環境ではない。

遠くから時々餌をあげに来るという人からの相談で、当会では全頭不妊手術を実施。10匹の猫を里親に出してきた。同じ公園にいた殿君やモーリス君たちは、里親会で良い縁に恵まれ幸せを掴んだ。
この公園に行けるのは週に1回だけのいつも夜中になる。それでも、いつも足元にスリスリよって来るピーター君をなついているので里親探しをしようと決めて保護しました。
いつも暗くてわからなかったけれどピーター君はかなりの老猫のようです。
歯が殆どないし慢性鼻水。薬もあまり効かない。里親さん無理そう。
当会ファミリーとして暮らすことになりました。宜しく御願い致します。

pi-ta1958.jpg

pi-ta1920.jpg

pi-taIMG1713.jpg

pi-ta090106.jpg


年令のせいでしょう。瘠せてきました。少し黄疸も見えます。
でも特に具合が悪い様子はありません。

大人しく穏やかなピーター君、寝ている時間も長くなりました。
爪を切るときだけ怒りますので、一度に全部は切れません。

いつも、私のベッドで寝ています。
私が、足がだるいので足元を高くして寝ますといつも朝になるとその一番高い所をピーター君が占領しています。私が起きますと、頭をすりつけ、おはようの挨拶をします。可愛いです。

ピーター君が老猫ですので、見えないところにおられるフォスター・ペアレント様は、いろいろと心配して下さいます。近況報告がもっとできると良いのですが、申し訳なく思っております。

これからは、なるべくなら病院に通ったりしなくてよいように、食べ物などに配慮して体調を維持するように心がけます。


愛知県動物保護管理センター
が2才グレートデンのオス2頭、メス1頭(3頭とも60キロ・不妊去勢済)の飼い主を募集しています!愛知県在住の方以外でも対象にしています。




当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2
■川崎市動物愛護センター公開質問2回答

〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』


★中川こうじさん「のらねこ。~ちいさな命の物語」写真展(神戸市灘区)
★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 子犬と猫の里親会 お知らせ
2009年01月21日 (水) | 編集 |
犬猫救済の輪 子犬と猫の里親会 

1月25日(日) 12時~17時 雨天決行
ペットスマイル戸越銀座店 店頭


子犬3ヵ月半 3頭参加します。
子猫・成猫多数参加します。
お出かけ下さい。宜しくお願い申し上げます。

詳細は、犬猫救済の輪 http://homepage2.nifty.com/inunekokyusainowa/


3ヵ月半、シロちゃん、メス
siro1.jpg
3ヵ月半、ケンちゃん、オス
ken1.jpg
3ヵ月半、リキ君、オス
riki1.jpg

推定2才、サンデー君、オス 活発です。1匹飼いのできる方。
sandeCIMG1959_convert_20090121023253.jpg


<里親 譲渡条件>
・東京・神奈川にお住まいのなるべくお近くの方。お届け致します。
・子猫は、生後6ヶ月で当会指定獣医(川崎)にて不妊手術を受けていただける方。
・先住の犬猫の不妊手術が実施されていること。
・完全室内飼い(猫はベランダに出さないこと。リードでの散歩や、旅行などに連れて行かないこと)
・脱走防止のため網戸などがあること。
・お届け後、1週間後、1ヵ月後の近況報告を頂けること。
・生後6ヶ月以上の不妊手術済の猫には費用はかかりません。
・子犬子猫のワクチン、不妊手術は里親様のご負担となりますのでご了承願います。

  その他譲渡規約により譲渡ができない場合もございますのであらかじめご了承ください。

只今、里親会参加の富士見公園成猫と多摩川台風被災猫は、すべて義援金によりワクチン・不妊手術済です。費用はかかりません。
富士見公園の猫達は、里親様が決定(犬4頭・子猫45匹・成猫51匹)現在まで100匹達成です!
残り、富士見公園シェルターと南部公園事務所側公園の一部に残る里親探しの数は50匹です。
引き続き、成猫の里親様をお待ちいたしております。宜しくお願い申し上げます。

里親希望お問合せは メール にて 
(飼われる環境等をお書き添えくださいますと判断がしやすいです。その上で、アンケート記入、譲渡契約、お届けとなります。個人情報は里親探しの目的のみに拝見させていただき、責任をもって管理させていただきます。譲渡が成立しなかった場合は速やかに消去させていただきます。)


愛知県動物保護管理センター
が2才グレートデンのオス2頭、メス1頭(3頭とも60キロ・不妊去勢済)の飼い主を募集しています!愛知県在住の方以外でも対象にしています。




当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2>
■川崎市動物愛護センター公開質問2回答


〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』


★中川こうじさん「のらねこ。~ちいさな命の物語」写真展(神戸市灘区)
★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 川崎市動物愛護センター公開質問2回答
2009年01月20日 (火) | 編集 |
公開質問2に対しまして、川崎市動物愛護センター譲渡担当西村獣医より回答を頂きましたので公開させていただきます。

平成21年1月19日

 犬猫救済の輪
 代表 結 昭子 様

川崎市動物愛護センター所長


収容猫の譲渡に関する質問について(回答)


 平成21年1月16日付けで質問いただきました収容猫の譲渡について、次
により回答いたします。

質問1 当会「犬猫救済の輪」への幼猫の譲渡を積極的にしていただけない理
由をお答えください。

 回答 現在、川崎市では動物を譲渡するにあたり環境省が作成した「譲渡支
援のためのガイドライン」に基づき実施しております。ガイドラインで
は子猫の譲渡にあたり①生後50日~90日程度、健康と判断されるこ
と②人及び社会に順応性があると判断されることなどとされております。
    離乳前の子猫の譲渡については、当動物愛護センターに登録されてお
   ります「新たな飼い主を探す活動をするボランティア団体等」の方々に
は、従来からこの説明をさせていただいておりますので、ご理解をいた
だきたいと思います。今後、子猫の譲渡をするにあたっては環境省の動
向を見ながら適宜対応していきたいと考えております。
    収容された子猫が離乳後で、健康であると判断できる場合については
従来どおり譲渡させていただきますので、これについての話し合いの機
会をもちたいと考えております。ご連絡をいただきたいと思います。

質問2 今現在、川崎市動物愛護センターでは収容猫の譲渡率を上げるために
どのような働きかけをしていますか。また、今後、どのような方法を講
じる予定ですか。

 回答(現在の方法) 
    川崎市では動物を譲渡するにあたり「動物の引渡し実施要綱」に基づ
き実施しております。
申し込み資格には、住所等の要件がありますが、近年、川崎市近隣の
方々からも子猫の飼養希望がありますので引き渡し後の飼養管理調査が
でき、さらに適正に飼養管理ができる方であれば譲渡をしております。

回答(今後予定している方法)
    環境省が推進する「家庭動物の終生飼養支援推進事業」に基づき、川
崎市の引渡し対象者の基準に該当し遵守事項が守ることのできるボラン
ティア団体等からの相談があれば対応していきたいと考えております。
   現在、1団体から登録の申し込みがあり話し合いを進めております。




現在は、おおまかな質問に対してご回答を頂いておりますところですから、おって、ひとつひとつ分析し改善を求めてまいります。

それにしましても、この回答には、保護動物に積極的に生存のチャンスを与えようとする姿勢がまったく感じられませんので、一言申し上げておきます。

環境省作成の「譲渡支援のためのガイドライン」の趣旨は、その題名のとおり、譲渡をすすめるためのものです。携わる職員が譲渡をすすめるさいにどのようにしたらうまくできるのか、やりやすい参考例をあげながら、基準にして役立ててくださいというものです。そのモデルとして生後50日以上の一番譲渡しやすい例で説明しています。

どこにも生後49日未満の子猫は、譲渡の対象にしてはならないとは書いてありません。
生後49日未満の子猫は最初から保護目的で収容するのではなく、殺処分目的で収容し、速やかに殺処分しなさいとは書いてありません。
それどころか、譲渡ができるよう各自治体で工夫するよう、例もあげています。

○自治体における工夫例
 自治体によっては、譲渡動物の見極めやしつけをしつけの専門のボランティアにお願いしたり、休日の動物の世話をボランティアにお願いしたりしている。

生後2ヶ月に満たない子猫は、幸せに生きられる大きな可能性を持っています。
外の過酷な環境で風邪をひいていても、瘠せていても、下痢をしていても、ほんの数日良い環境の中でわづかな治療をするだけで元気になる生命力を持っています。
その間を引き受けてくれ一般家庭に譲渡してくれる愛護団体や個人ボランティアさんを募集し、生存のチャンスを与える工夫をなぜしないのでしょうか。
すでに、引取りを申し出ている団体になぜ引き渡さないのでしょうか。

これでは、環境省がせっかく決め細やかに作った「譲渡支援のためのガイドライン」は、「殺処分支援のためのガイドライン」になってしまいます。生後49日未満の子猫は譲渡してはいけません。生存のチャンスを与えてはいけません。殺処分をすすめましょう。という事になってしまいます。

どうしたらこのような誤った解釈ができるものか、まったく理解できません。

また健康であると判断できる場合については 従来どおり譲渡させていただきますとのことですが、それさえも当会では負傷動物以外には、お願いしてもお願いしても譲渡していただいておりません。それとも獣医の目から見て、保護した猫はみんな涙目だから健康とは言えない、お腹に虫がいて下痢をしているから健康とは言えない。なので譲渡不適切で殺処分決定ということでしょうか。まず、生きるチャンスを与えるには、譲渡対象にしていただかなくてはなりません。


「今後、川崎市の引渡し対象者の基準に該当し遵守事項が守ることのできるボランティア団体等からの相談があれば対応していきたいと考えております。 」

ボランティア団体からお願いされれば聞いてやってもいいではなく、譲渡事業を推進するセンターが、民間に協力を呼びかけるのが、積極的に取り組むということではないでしょうか。




当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2
■川崎市動物愛護センター公開質問2回答

〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
    


 アニマルシェルター設立基金ご報告(犬猫救済の輪)
2009年01月19日 (月) | 編集 |
2008年3月より設けました『シェルター設立基金』は、前期台風9号支援者様よりの 余剰金¥430,118に加えまして、2008年12月末日までに、¥477,600のご寄付を賜りまして、基金の合計額は¥907,718に達しました。
厚く御礼を申し上げます。

 特に都会では、市民が、迷子、怪我、病気、衰弱などの不幸な動物たちに遭遇したとき、保護したくても保護できる生活環境にない場合が殆どです。行政動物愛護センターの現状は、周知のとおりです。動物たちにとっては非常な現実です。

今、手を差し伸べなければならない命の緊急保護シェルター、1日も早い実現が望まれます。
皆様の願いのこもった大切な基金です。お気持ちをしっかりと受け止め実現させていただきます。
引き続き、皆様の暖かいご支援を宜しくお願い申し上げます。   
                             2009.1.19 犬猫救済の輪 結 昭子



当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2

〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 福岡市・犬猫の殺処分を減らす愛護施策
2009年01月19日 (月) | 編集 |
当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2

〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp




福岡市:犬猫の殺処分減らそう 来年度から愛護施策

 殺処分となる猫や犬を減らそうと福岡市は来年度から、全国でも珍しい動物愛護施策を始める。猫の体に飼い主の情報が詰まったマイクロチップを埋め込む手術への助成や、野良猫への不妊・去勢手術の無料実施などを柱とし、殺処分の多くを占め、住民の苦情も相次ぐ「猫問題」に重点を置いたのが特徴だ。

 市や動物愛護団体によると、福岡県の昨年度の殺処分件数は犬と猫を合わせ約1万6000頭で、3年連続で全国ワースト1。総数の約2割を福岡市分が占めている。市は「殺処分半減が10年後の目標。地域ぐるみで愛護活動を進め、人と猫が共生できる社会にしたい」と話す。

 市が3月に策定する「市動物愛護管理推進実施計画」の素案によると、市内に2カ所ある動物センターの獣医師が野良猫の不妊・去勢手術を担当。動物病院では通常、1匹2~3万円かかる手術費を、市が直接行うことで軽減できるという。

 対象は複数の住民がエサやりやふんの始末をしている「地域ねこ」。計画には動物愛護目的の寄付金の受け付けも盛り込む。

 
NGO「地球生物会議」(東京)は「野良猫の過剰繁殖が悲しい殺処分につながる。自治体が自ら無料で手術を施すのは画期的で、全国でも例がない」と話している。【鈴木美穂】

毎日新聞 2009年1月15日 0時27分(最終更新 1月15日 0時49分)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090115k0000m040156000c.html?inb=rs




banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 里親様からのお便り(かいちゃん&もんちゃん)
2009年01月18日 (日) | 編集 |
素適な宇宙船地球号 人情下町ノラ猫事件簿

18日、10チャンネル 23時より上映

当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2

〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp


手のひらにかるくおさまるほど小さな赤ちゃん猫も、愛情を注ぎ手をかけ、3回のワクチン、不妊手術と立派に育てあげてくださる里親様が沢山いらっしゃいます。
ペットショップで買わず、不幸な子を助けてあげたいと待って下さっている方が大勢いらっしゃいます。
それなのに、川崎市動物愛護センターは、生まれたばかりの赤ちゃんだからと、自活できないからと、そんな理由で譲渡せず、殺し続けることなど許されることなのでしょうか。
ペットショップではないのです。愛護センターです。
愛護センターに入る命は、不幸な命なのです。
選別して良い商品をお客様の前に出すところではないのです。

不幸な命だからこそ、人間が手を差し伸べなければ自活できない愛護動物だからこそ、生きるチャンスを最大限に与えるために努力するのが、愛護センターの職員としての職務ではないですか。
命を救う仕事に誇りを持っていただきたいです。



里親様からのお便り(かいちゃん&もんちゃん)

ご無沙汰しております。
紋&貝の里親のです。

昨日、二人の去勢手術を済ませてまいりました。
全身麻酔をするので、当日午前中に血液検査(腎臓と肝臓を調べるとかで)をして
実施されました。

無事終わって、夕方迎えに参りまして元気です。
昨日は麻酔をしたので食事は与えないように言われて、今朝からお水とごはんを。
抗生物質を2日間飲みますが、傷口はつくそうで、術後はそれで終了。
縫っていないので・・・。

去勢の証明書はないそうです、ワクチンの時は3回ともあったんですが・・。
それで、確認をとられるようでしたら下記のY病院にお問い合わせをお願いします。

ちょうど生後6ヶ月でしょうか
体重 3.3と3.4キロ 細長い体つき
標準のようです。

今朝の二人です。
かいちゃん 3.4キロ
kma.jpg

もんちゃん
kmb.jpg

手のひらに乗っていた子がこんなに大きくなりました。
連れてきていただいたとき、あまりの小ささにビックリしましたが・・・。
km.jpg
km3.jpg
km2.jpg


これからも家族として大事に暮らしてまいります。

お体に気をつけられてご活躍されますよう、お祈りいたしております。

                                     T





banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 フォスター・ペアレント・更新(クリちゃん)
2009年01月16日 (金) | 編集 |
当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2

〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



★フォスター・ペアレント様 ありがとう

☆クリちゃん(クリントン) ♂ 栗色 老犬です  フォスターペアレント:神奈川県  T様 
2009.01.16更新

kuri1931.jpg

kuri1946.jpg
「歳とっても驚くほど元気だね。」と言っていたクリちゃんことクリントン。
目にも容姿にも動きにも、めっきり老犬を感じさせるようになりました。
動物たちの一生は早いですね。老いを感じるようになると特に進むのが早く感じます。
1年前とは確実に違っています。無表情な顔をしているときが多くなりました。
寂しいことですけど、1日1日に幸せを感じて生きて欲しいと思います。

散歩中に栗色の毛を風になびかせ、いつまでもジャンプするように走り続けるクリの姿はもう見られなくなりました。日によって調子の良い日とムラがあって、今日などはスタッフにじゃれていたそうです。

寝る時間が多くなりました。
クリは最後まで私達と共に生きる事になります。何をしてあげたらクリは喜んでくれるでしょう。
クリの幸せを考えて時間を大切に共に生きたいと思います。

フォスター・ペアレント様には、連絡をすることもなくひたすら支えていただいてクリと私達の今日があります。申し訳なさ、有難さで涙が出ます。

フォスター・ペアレント様。ありがとうございます。




banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 川崎市動物愛護センター公開質問2 なぜ?
2009年01月16日 (金) | 編集 |
当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2



 川崎市動物愛護センター公開質問2

川崎市動物愛護センター所長 前迫様
担当獣医師 西村様

「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問へのご回答について


「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問に対しまして、平成20年4月から11月までの状況をご回答いただきましてありがとうございました。

細部につきましては詳細に検討させていただきますが、質問2の回答によりますと、この間、貴センターに収容された猫の総数957匹に対し、譲渡された総数は45匹です。譲渡率わずか4.7%です。(そのうち、幼ねこの譲渡は総数694匹中34匹で4.9%)

当会では常々、貴センター収容猫の譲渡協力を申し出ておりますが、積極的に譲渡していただけない理由をぜひともお答えいただきたいと思います。
ちなみに、今の時期ですと生後3ヶ月未満の猫に99%里親をつけることが可能であり、生まれたばかりの子猫の哺乳をはじめとする飼育に関わるボランティアの手もあります。年間では、過去の譲渡実績からも、センターより約100匹の猫の譲渡を受け入れ、新しい飼い主を探しお届けから不妊手術まで責任を持って行う事が可能です。まず、当会が長年に渡りお願いしている幼猫を譲渡していただけない理由を率直にずばりご回答下さい。

これにつきましては、数字のデータ等の調べはございませんので、即日、1月19日(月)までにご回答をお願い申し上げます。


尚、貴センターとして譲渡率を上げ収容動物に生きるチャンスを与えるために、今後どのような方法で民間の協力を求めていくのか、
前迫所長、西村獣医師のご見解を具体的に箇条書き等で明らかにしていただけますようお願い申し上げます。

当会では全力をあげて貴センターの譲渡業務に協力させていただく所存です。


平成21年1月16日
犬猫救済の輪  結 昭子





川崎市動物愛護センター所長 前迫様
担当獣医師 西村様
            
公開質問
まことにお手数ですが、別紙送付致しました質問2項目についてのご見解を記入の上、
1月19日までに、メールあるいはファックスにて返信賜りますようお願い申し上げます。

質問1 当会「犬猫救済の輪」への幼猫の譲渡を積極的にしていただけない理由をお答え下さい。
回答 








質問2 今現在、川崎市動物愛護センターでは収容猫の譲渡率を上げるためにどのような働きかけをしていますか。また、今後、どのような方法を講じる予定ですか。
回答
 現在の方法




 今後予定している方法








〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会


 ■「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答
2009年01月15日 (木) | 編集 |
当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf


■「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
   21年1月14日
 犬猫の救済の輪
 代表 結 昭子 様

                     川崎市動物愛護センター所長 

公開質問の回答について

 平成21年1月5日付けで質問いただきました収容猫の状況について下記の
とおり回答いたします。
 なお、集計については平成20年4月から11月まで、
また、成猫は生後91日以上、幼猫は生後91日未満とさせていただきます。

質問1 平成20年4月から11月までの猫の引き取り数
 総数(798)匹、そのうち成猫(104)匹、幼猫(694)匹
* 引取り総数には、負傷保護収容数は含まれていません。

質問2 同期間の引き取り時の状況
 飼い主放棄(181)匹、飼い主不明(617)匹、負傷保護収容(159)匹

質問3 同期間の収容猫の譲渡状況
 総数(45)匹、そのうち成猫(6)匹、幼猫(34)匹、負傷保護収容猫(5)匹

質問4 同期間の譲渡先について
 譲渡団体へ 総数(2)匹、
そのうち成猫( )匹、幼猫( )匹、負傷保護収容猫(2)匹
 個人ボランティアへ 総数(8)匹、
そのうち成猫(1)匹、幼猫(7)匹、負傷保護収容猫( )匹
 一般家庭へ 総数(35)匹、
そのうち成猫(5)匹、幼猫(27)匹、負傷保護収容猫(3)匹

質問5 譲渡登録について
登録譲渡団体数
 平成19年3月時(4)団体
  平成20年12月時(5)団体
登録譲渡個人ボランティア数
 平成19年3月時(2)名
  平成20年12月時(3)名
   
〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会


 コウジ君、永眠(犬猫救済の輪)
2009年01月14日 (水) | 編集 |
1月10日コウジ君、永眠

大田区の神社の境内で生まれ保護したコウジ君。
兄弟のにゃすこちゃんは、今も里親様宅で幸せに暮らしています。

コウジ君、臆病で触れない子で、でも可愛くて愛しくて抱っこしてあげたかったよ。

よだれが出たり、やせてきたりしてなんとか検査をしたらFIV猫エーズ陽性。
負けないで生きて欲しかった。
食も細いけれど美味しいもの食べたいよとキッチンから1メートル離れて貰えるのを待っていたね。

コウジ君のために買った我が家にしては豪華な食べ物も冷凍庫にいっぱい残ってしまいました。

随分瘠せてきたのが気になっていたけれど、急に大量の血を吐いて、胃壁が剥がれた物までドッと吐いて、体の中で何が起きているのか、何度も繰り返し吐血して今までの猫エーズの子にも見たことのない症状でした。

すっかり元気を消失してしまったコウジ。痛み止め、止血剤、ステロイド、補液、先生の治療に祈りを込めたけれど・・・。
翌朝、力つきて息を引き取りました。

まだまだ若かったのに、人間が恐くて、病気と戦い、幸せ薄い子でした。
私には、そんなコウジが愛しくて、コウジ君の写真をパソコンの壁紙にしたりもしました。

なつかせてあげる事ができなくて、ごめんね、ごめんね、コウジ。

kouzi.jpg
CIMG1733.jpg



当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問


〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹 殺処分減らせ 来年度 住民の世話が条件
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66298

福岡市動物愛護の愛護と管理推進協議会 議事録 20年9月17日
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

福岡市長への応援メッセージはこちらから
https://www.city.fukuoka.lg.jp/message/

担当部署への応援メッセージはこちらから
【問い合わせ先】保健福祉局生活衛生部生活衛生課
 住所:福岡市中央区天神1丁目8の1
 電話番号:092-711-4273
 FAX番号:092-733-5588
 メール






banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会

 川崎市動物愛護センター公開質問の回答について
2009年01月14日 (水) | 編集 |
川崎市動物愛護センターへの公開質問の回答をお待ちの皆様へ

失礼致しました。
13日迄の回答をお願い致しておりましたが、担当獣医師西村様より「14日に回答を送ります。」との電話連絡を頂いております。

生まれた命は、殺される為に生まれてきたわけではありません。
例えば、今の季節は里親希望者は子猫は欲しくてもどこでもいないと言われます。
生まれたばかりの赤ちゃん猫でもその日から引き受けて育ててくれるボランティアや譲渡希望者が大勢いるのです。
センターに入った子猫は、私達に譲渡さえしてくれれば、今の時期99%里親を付ける事が可能なのです。
川崎市動物愛護センターは、動物愛護の精神に則り、1日でも早く改善し、譲渡を待つ民間に引き渡しができるようにするべきです。

日々、無駄に殺されていく命を救う為に、回答はできる限り早く公開し、次にやるべきことに進みたいと思います。
川崎市民の皆様、また、東京、神奈川、全国から応援メールありがとうございます。
しっかりやってまいります。
また、ご意見、ご指導を宜しくお願い申し上げます。



当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問


〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹 殺処分減らせ 来年度 住民の世話が条件
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66298

福岡市動物愛護の愛護と管理推進協議会 議事録 20年9月17日
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

福岡市長への応援メッセージはこちらから
https://www.city.fukuoka.lg.jp/message/

担当部署への応援メッセージはこちらから
【問い合わせ先】保健福祉局生活衛生部生活衛生課
 住所:福岡市中央区天神1丁目8の1
 電話番号:092-711-4273
 FAX番号:092-733-5588
 メール






banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち・・・ももちゃんの動画も見てね!
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 フォスター・ペアレント(もみじちゃん&リンダちゃん)
2009年01月13日 (火) | 編集 |
★フォスター・ペアレント様 ありがとう

☆もみじちゃん ♀ 三毛  メス まもなく3才
フォスターペアレント:広島県   M 様 
2009.01.14 UP

☆リンダちゃん ♀ サビ  メス まもなく3才
フォスターペアレント:広島県   松前様 
2009.01.14 UP

momizi3.jpg

momizi7.jpg

rinnda.jpg

rind20080601fujimi03-996d5.jpg


名前が二つある人気猫ちゃん「もみじちゃん」は、「=すももちゃん」ともいいいます。ボランティアさんに可愛い写真を沢山撮ってもらっています。
触れるけれど抱っこはできない。なんとかゴロニャンにして里親に出してあげたいとボランティアさんも一生懸命遊んだりブラッシングしてくれたりしたのですが、そこから先がイマイチなつききらない。そんな感じで月日は流れもう3才位になってしまいます。

2008年10月、「里親さんのなかなか決まらない子のフォスター・ペアレントを」とお申し出下さった方がいらっしゃいました。
そして、同じ年令位の同じような状況の「もみじちゃん」と「リンダちゃん」の写真をお送りさせていただきましたところ、なんと2匹のフォスター・ペアレントをお引き受けくださることとなりました。

家族猫さん2匹の写真も送ってくださり、病気もせず病院にかかることもなくこれたのでその分、飼い主のいなかった子達の役に立てたらとおっしゃってくださいました。大変な活動の中にも、優しい心ある方とのご縁に、沢山の感動も頂きます。

「リンダちゃん」も食べているときなどは撫ぜてあげられますが、普段は近寄るとハーッと怒ります。
里親も諦めてはおりませんが、いつになるかわかりませんので事情をお話させていただきお世話になる事に致しました。
どうぞ、宜しくお願い申し上げます。



当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。

■川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問


〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹 殺処分減らせ 来年度 住民の世話が条件
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66298

福岡市動物愛護の愛護と管理推進協議会 議事録 20年9月17日
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

福岡市長への応援メッセージはこちらから
https://www.city.fukuoka.lg.jp/message/

担当部署への応援メッセージはこちらから
【問い合わせ先】保健福祉局生活衛生部生活衛生課
 住所:福岡市中央区天神1丁目8の1
 電話番号:092-711-4273
 FAX番号:092-733-5588
 メール






banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち・・・ももちゃんの動画も見てね!
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 センターよりの老犬チーズちゃん死亡/多摩川のコロ君(20才)死亡
2009年01月13日 (火) | 編集 |
川崎市動物愛護センター 担当者様、職員一同様

ご報告申し上げます。

譲渡していただきましたマルチーズの老犬ですが、
1月9日の早朝、病院にて亡くなりました。
元気に楽しく暮しておりましたが、心臓、肝臓、腎臓と非常に悪く、年明けより肺水腫もあり入院の末、残念ながら回復させてあげられませんでした。

短い期間でしたが、ボランティアさんの深い愛情と献身的なお世話でおそらく幸せであっただろうと思われる時間をすごさせてあげられましたこと、引き取って本当に良かったと思っております。
ありがとうございました。                               犬猫救済の輪 結 昭子


ti-zu2.jpg

チーズちゃん、小さな小さな体で精一杯生きました。老犬で足はヨロヨロしてもころんでも、すぐに起き上がって楽しそうに走りました。いつも嬉しそうな顔をしていました。
もう少しは、チーズちゃんの幸せな日々が続いて欲しかったけれど、残念でボランティアさんは泣いたけれど、チーズちゃんは、「楽しくて嬉しくて幸せだったよ。ありがとう。」と言って旅立ったと思います。
チーズちゃん、やすらかに。


不幸な経過を辿り最後はセンターで孤独な死を迎える動物たち、みんなみんな、どんなに短い日々でも一瞬でも、最後の最後は「楽しくて嬉しくて幸せだったよ。」を知って欲しい。感じて欲しい。




koro1.jpg
多摩川河川敷でホームレスさんのお父さんに可愛がられ一生をおくりましたコロ君。
初めて目にしたとき、ホームレスさんは「コロは13才位になるな」といっていましたので、それから年をとり今は18才位かなと思っておりましたが、亡くなった時、ホームレスさんのお父さんが言うには、「コロは平成元年に子犬で来たから20才に間違いないんだ。」ということです。

病気ひとつせず、20年。
フォスター・ペアレント様 K様のご支援を頂き、毎年のワクチン、フィラリア予防、ノミダニ予防もやってもらうことができました。
コロ君が亡くなったのは正月でしたので、k様には今日、電話でご報告とお礼を申し上げました。

k様は、最初、当会から猫の里親になって下さった方です。その後犬猫たちと暮す中で、ワンちゃんの散歩中に捨て猫の乳飲み子を発見したりしてはまた家族に迎え入れたり、里親探しをしたりもされているそうです。

こうした一生も珍しいですが、コロ君なりには、ホームレスさんのお父さんに可愛がられ、おだやかでほんのりした一生を過ごせたのではないかと思います。
コロ君、やすらかに。



当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。

■川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問


〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹 殺処分減らせ 来年度 住民の世話が条件
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66298

福岡市動物愛護の愛護と管理推進協議会 議事録 20年9月17日
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

福岡市長への応援メッセージはこちらから
https://www.city.fukuoka.lg.jp/message/

担当部署への応援メッセージはこちらから
【問い合わせ先】保健福祉局生活衛生部生活衛生課
 住所:福岡市中央区天神1丁目8の1
 電話番号:092-711-4273
 FAX番号:092-733-5588
 メール






banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち・・・ももちゃんの動画も見てね!
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 バザー協力ありがとう/川崎市動物愛護センター
2009年01月12日 (月) | 編集 |
10日、11日、好天に恵まれまして、ボランティア5名でバザーを開催いたしました。
前年、全国の皆様よりお送りいただきましたバザー品のご提供のお陰で、約7万円の収益がでました。ほぼ、売りつくしました。
早々に、この後すぐの野良猫不妊手術費用に当てさせていただきます。
活動費の捻出の為にも、バザーは続けたいと思います。
ご支援物資の受け入れが早くできますよう手配しなければと思っております。

また、里親会やバザーの会場でお会いした方から、募金や現金のご寄付を頂く事がございます。本当にありがとうございます。

前期まで現金のご寄付につきましては総額で計上しておりましたが、今期からは、個別に明細をご報告できるように致します。遅れながらではございますが、犬猫救済の輪ホームページ収支報告のページに掲載いたしますので宜しくお願い申し上げます。



不幸な野良猫を減らすために不妊手術がどれ程重要かがわかっていても、携わる人達にとって自己負担の額があまりにも多額であることは悩みの種で、心がけては見ても繁殖の勢いに追いつかない状況です。

行政は、見てみぬフリができずに野良猫の世話をする餌やりさん個人に、全てを押し付けるのではなく、まずは、一番に重要である繁殖を防ぐ不妊手術を行政が率先して行い、あとの世話の協力をを市民にお願いすべきです。

川崎でも、市民の声を受ける各区保健所や、直接命を受け取り殺処分を行なう川崎市動物愛護センターは、一番現状を把握している担当部署です。その担当部署職員が改善の必要性を声をあげなければ改善は望めません。
 人による不幸な命の犠牲をたつために、人が殺処分を行うなどという仕事をなくすために、仕事をして下さい。
殺すのではなく生かすために、ひとつの命を生かすためあらゆる方法、システムで譲渡するのが動物愛護の業務でしょう。

生まれてしまって殺すのではなく生まれないように行政で不妊手術を行なってください。
行政には何人もの獣医がいるのですから、やる気があればできることです。
そうすれば、不幸な命の発生を未然に防ぎ、殺処分は不要になり、それにかかる費用も人件費も不要になり、税金の無駄使いはなくなります。



福岡市の議事録を読みました。
次のようなすばらしい発言があり、感動しました。
必読です!
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

委員(動物愛護に関する法人等) 

 先ほどの話でもあったように,市が手術を行うのに獣医師が必要であれば,我々福岡市獣医師会の獣医師を無給の嘱託獣医として使って頂ければ,協力はできると思う。「無給ではできない」という会員もいるかもしれないが,それが福岡市民のためにもなるのであれば,それなりのこともできるかもしれない。この問題に対しては,痛みはみんなで負わなくてはいけないし,そのための議論なので,知恵を絞ればできるような気がする。

 子猫については,生まれたての子猫は,2時間おきにミルクをやらないといけないし,排便,排尿の世話もいるので,とても動物管理センターの方々には不可能だと思う。我々もそのような可哀想な子猫に対して,本当に何とか保護してあげたいと思うが,不妊手術ができるまで誰が預かるのか,という問題が出てくる。

 よってそのような子猫を預かってもいいという人たちのグループをいろいろ作り,盲導犬ではないが,パピーのようなシステムができればいいと思う。そして福岡市から,たくさんというわけにもいかないだろうが,何らかの援助を行う一方,不妊手術が必要なときがくれば,獣医師会でも,本当に前向きにやろうという先生がボランティアでやってくれるはずである。





■川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問


〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹 殺処分減らせ 来年度 住民の世話が条件
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66298

福岡市動物愛護の愛護と管理推進協議会 議事録 20年9月17日
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

福岡市長への応援メッセージはこちらから
https://www.city.fukuoka.lg.jp/message/

担当部署への応援メッセージはこちらから
【問い合わせ先】保健福祉局生活衛生部生活衛生課
 住所:福岡市中央区天神1丁目8の1
 電話番号:092-711-4273
 FAX番号:092-733-5588
 メール






banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち・・・ももちゃんの動画も見てね!
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会


 頑張れ!戦士たち(恋ちゃん)
2009年01月10日 (土) | 編集 |
年末の12月30日の夜のこと、TNRを終え、帰路に向う車の中で電話がなりました。
男性の個人ボランティアさんで長年野良猫の世話をして下さっている方でした。
「8年前に結さんに不妊手術をして貰った猫が衰弱してもうダメかもしれないけど、辛そうで、食べさせてあげたいし生かしてあげたいけど自分のてにおえないんだ。病院が休みになってしまってみてもらうこともできなくて・・・・」「すぐにそっちに向うから見ててあげて」

老猫、恋ちゃんでした。歯も1本もないおばあちゃん猫です。
「どんななの?」「目も潰れてしまった様だし鼻がガビガビに塞がっていて酷い状態だから1週間前に病院に連れて行ったら風邪でしょうということで注射と栄養剤を打って貰ったんだけど、そのあと鼻のかさぶたがとれたら穴が開いていて骨が見えるし、もう2週間以上食べられなくてやせ細っててしまったんだよ。食べようとするのにたべられないから、食べさせてあげたいし1日でも生かしてあげたいから、結さんなにか栄養付けさせる方法ないかと思って。」

男性ボランティアさん、数年前にも、フクちゃんという顔が腫れ上がった猫で助けを求めてきたことがあります。
「もっと早く、言わなきゃ、駄目だよ。助かるかどうかわからないよ。」そう言ったけれど、沢山の犬猫を保護している私に頼むはとても気が引けたのでしょう。

恋ちゃんですが、引き取ったときは力なく動かず、体重1.5キロ、内臓が機能してくれている事を祈り処置に入りました。

恋ちゃん、頑張って新年を迎えました。
埋没しているように見えた右目が開き眼球が確認できました。見えているようです。

鼻の横の大きな穴は腐って骨が見えていますが汚れをとり薬を注入しています。
縫うにもこの場所では、それより麻酔に持ちこたえられないでしょう。
koi8.jpg
koi0812301.jpg
先生と相談しながら見守っています。
シリンジでの流動食が程ほどの量、飲み込めるようになりました。酷かった下痢も治まり、栄養も吸収されているようです。しっかり顔を持ち上げるようになりました。
トイレにも歩いて自分で入れるようになりました。

ただ、顔の穴は、少し広がってしまったように見え、心配です。また、診察です。

男性ボランティアさんには現状を報告しました。
「助かったら、お家の中で余生のんびり暮させるからね。」

『頑張れ!戦士たち』に恋ちゃんが加わりました。
応援してくださいね。
koi6.jpg


 川崎市動物愛護センター
2009年01月08日 (木) | 編集 |
今日、川崎市動物愛護センターに収容犬2匹の引き出しに行ってまいりました。
まだまだ、譲渡団体が少ないことを切実に感じます。

譲渡担当獣医の西村さんにお会いできましたので、少し意見を述べさせていただきました。

このような譲渡する犬に、ワクチンを打って頂きたいが国からの予算の確保はできているのか。必要としている部署であるセンターが要望し来期からでも実施することで、命の譲渡の安全が守られるよう、また、ボランティアの自己負担が少しでも軽減できて1匹でも多くの命が救えるようにして欲しい。

公開質問に対しては、数字を出しているとのことでした。

幼猫譲渡に消極的なのはなぜか、1番に担当職員の意識が問題ではないか。
譲渡を希望する団体、個人がいるのに殺す理由は何か、厳しく追求していきます。

引き取った猫の数を真剣に救おうと考えるのであれば、川崎市内だけでは譲渡団体、個人の受け入れ先はとても足りません。

川崎市動物愛護センター引渡し対象者の基準 では、
「市外在住者であっても、動物愛護センター所長が特に認める個人、団体にあっては引渡しをすることができる。」とされています。

細長い地形の川崎市では、市内にこだわるのではなく、センターを中心に半径何キロというような円を画く範囲に譲渡受け入れをお願いしなければ譲渡は進みません。命に国境はないとおっしゃられた方がいましたが、まったく、狭い範囲内で境界線を引き、助かる命までも犠牲にするなどなんと愚かな行いでしょう。神奈川・東京は最低当たり前。関東近県、場合によっては日本全国でもよい。

今の時代に、歩いていくわけはなく、車で、しかも高速もあります。
1時間で動ける位の距離は近距離です。これ位の範囲さえも譲渡の対象域にしないのは譲渡を進めようとする意識が低いとしかいえません。

当会の里親決定先をみてもその半数以上が川崎市外への譲渡です。

管理ができないなどというのも理由になりません。
数少ない譲渡団体、個人、の受け入れ先の状況をチェックするにしてもたいした時間は要しません。

今現在も、幼猫の譲渡を強く要望しております。今日も、何匹もの幼猫の公示がされていました。
それなのに私達に1匹も譲渡してくれず殺すのはなぜですか。
電話1本、「子猫が収容されました。世話が行き届かないので引き取りに来てくださいませんか。」それだけで動いてくれる民間がいるのに、生かせる命をなぜ粗末にするのか、ことごとく殺すのか。

譲渡担当としてその権限のある西村獣医が、譲渡するといえば譲渡できることのはずです。譲渡先が市外県外であれば、所長に伝え許可をもらえば譲渡できることです。

所長が、生かしては駄目だ、認めない、殺せというのでしょうか。川崎市が譲渡は動物愛護法に反すると言うのでしょうか。部下が世話をしたくないから1日も置かず殺した方がいいと言うのでしょうか。

もう何年も、譲渡を担当する西村獣医ひとりの意識でひとりの言葉で、川崎市動物愛護センターの譲渡は大きく促進するのです。
私達は、受け入れ態勢を整えてあとはセンターからの譲渡を待つのみなのですから。

よくお願いしてまいりました。
返事を待つしかありません。その間にも苦しんで消されるそのひとつひとつの命を助けたいとおもいながら。



前例があってもなくても、意識があれば、やれるのです。
川崎市動物愛護センターは、学んで欲しいと思います。


AERA ’08.12.8. No.55 より記事を抜粋


熊本市のすばらしい目標 「犬殺処分ゼロ」

毎日、全国の地方自治体で、犬が殺されている。

その数、1年間で約11万匹。

2006年度の全国の地方自治体に収容された犬は14万2110匹、そのうち、新たな飼い主が見つからず殺処分されたのは、11万2690匹。

その方法の多くは、十数匹を処理室に入れ、二酸化炭素に注入し窒息死させる。

飼い主に捨てられ、野犬として自治体に収容される犬ばかりではなく、飼い主自ら何らかの理由によって飼えなくなったと持ち込むケースも後を絶たない。
また、ブリーダーやペットショップ関係が在庫処分のために大量に遺棄する場合もある。
いずれにしても人間の身勝手な都合により、この犬たちの命は消えていくのである。


そんな中、2002年、熊本市動物愛護センターの職員たちは、「殺処分ゼロを目指す」と実現不可能とも思える目標を掲げた。

合い言葉は「嫌われる行政になろう」

熊本市動物愛護センターの久木田憲司所長は、「本来、市の窓口は市民に嫌な思いをさせてはいけないのですが、犬を捨てに来た人には、嫌な思いをしてもらおうと決めました。
窓口では時には声を荒げてでも説得し、翻意してもらおうと考えたのです。」


と当時を振り返って語る。

動物愛護法では、「飼い主が持ち込んだ動物は、地方自治体が引き取る。」とあるが、熊本市では、引き取りは緊急避難的措置であって、同じく動物愛護法にある「飼い主は最後まで飼う義務がある」という理念こそ重視すべきだと判断したのだ。

センター職員と無責任な飼い主たちとの戦いが始まった。
場合によっては、飼い主を殺処分に立ち会わせることも。


飼い主に犬を抱えさせたまま、獣医師が麻酔薬などを注射し、犬は飼い主の腕の中で亡くなっていく。
飼い主は「二度とペットは飼わない。」と言って帰って行くそうだ。


もちろんセンターのこうした対応には、市の広報窓口には少なくない苦情が寄せられるが、久木田所長は「ちょっとでも犬の命を救える可能性があるなら、そのために全力を尽くす。

それが私たちの原点です。」と意に介さない。


「殺処分ゼロ」の取り組みには、行政だけでなく、獣医師会、ボランティア団体、ペットショップなど取扱業者らが、熊本市動物愛護推進協議会を結成し、精力的に活動している。

地道な活動の結果、2007年度は、熊本市が飼い主などから引き取った犬はわずか52匹。
10年前の10分の1まで減った。迷子犬などの保護を合わせても610匹。
一方、返還・譲渡に努めた結果、殺処分された犬は78匹にとどまった。

殺処分の数がこれだけ少ないから、1匹ずつ麻酔薬などでの安楽死をさせることが可能になる。
熊本市動物愛護センターにある二酸化炭素による殺処分機は2年以上動いていない。




熊本市では「殺処分ゼロ」の取り組みには、行政だけでなく、獣医師会、ボランティア団体、ペットショップなど取扱業者らが、熊本市動物愛護推進協議会を結成し、精力的に活動しています。
ブログのご紹介をさせていただきます。
http://kumamotoa.exblog.jp/8094815/


ブログのご紹介をさせていただきます。
牧原秀樹衆議院議員ブログ



■川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問


〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹 殺処分減らせ 来年度 住民の世話が条件
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66298

福岡市動物愛護の愛護と管理推進協議会 議事録 20年9月17日
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

福岡市長への応援メッセージはこちらから
https://www.city.fukuoka.lg.jp/message/

担当部署への応援メッセージはこちらから
【問い合わせ先】保健福祉局生活衛生部生活衛生課
 住所:福岡市中央区天神1丁目8の1
 電話番号:092-711-4273
 FAX番号:092-733-5588
 メール






banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち・・・ももちゃんの動画も見てね!
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 フォスター・ペアレント更新(グレー君)
2009年01月08日 (木) | 編集 |
1月10日(土)11日(日)8時~15時、川崎競馬場にてフリーマーケットを開催いたします。当会動物愛護カレンダーの販売も行ないます。お出かけ下さい。お手伝い頂けます方(初めての方も歓迎)は、事前にメールでお知らせ下さいね。野良猫不妊手術費用が不足しています。今年も、元気に楽しいバザーで飼い主のいない猫たちを助けましょう。


★フォスター・ペアレント様 ありがとう

☆グレー君 ♂ グレー縞  フォスターペアレント:東京都様   中本様 
2009.01.08更新

グレー君、とっても大きいんですよ。筋肉質で野性的です。
今まで病気をしたこともなく頼もしく生きています。今年も健康でね。

なつけばネ。里親にいけるのにネ。
どんな過去があるのでしょう。鋭い目でキッと人間を見つめます。
仲良くなれたら嬉しいんだけど。 CIMG1747.jpg

gure5.jpg



■川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問


〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹 殺処分減らせ 来年度 住民の世話が条件
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66298

福岡市動物愛護の愛護と管理推進協議会 議事録 20年9月17日
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

福岡市長への応援メッセージはこちらから
https://www.city.fukuoka.lg.jp/message/

担当部署への応援メッセージはこちらから
【問い合わせ先】保健福祉局生活衛生部生活衛生課
 住所:福岡市中央区天神1丁目8の1
 電話番号:092-711-4273
 FAX番号:092-733-5588
 メール






banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち・・・ももちゃんの動画も見てね!
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 北九州市動物管理センターワンニャン譲渡会
2009年01月07日 (水) | 編集 |
北九州動物管理センターでは、ワンニャン譲渡会を毎月第2土曜日に開催しています。

センター収容動物限定の譲渡会ではなく、捨てられた子猫、野良猫が生んだ子猫などを保護して困っている市民が持ち込み、譲渡を受けたい人に譲渡できるという譲渡会をセンターで毎月実施しています。

持込を減らし殺処分を減らすために行政が率先して行なう譲渡会は、命を粗末にしない、大切にする事を指導する立場の動物管理センターのあるべき姿ではないでしょうか。
民間と協力して譲渡に力を入れひとつでも多くの命を救おうと実践されていることに職員の皆様の熱意を感じます。ありがとうございます。

http://www.city.kitakyushu.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=18489
ワンニャン譲渡会
トップページ > 組織 > 保健福祉局 > 動物管理センター > ワンニャン譲渡会


ワン・ニャン譲渡会について
北九州市では、子犬・子猫等を対象とした譲渡会を下記の要領で開催しています。


日時・場所等について

日時 毎月第2土曜日 午前9時30分より
    

場所 北九州市動物管理センター
日程  
     9:30~             受付開始
     9:45~10:00        事前講習会(子犬譲渡会へ参加される方の講習は1階愛護教室で行います)
     9:45~10:00        事前講習会(子猫譲渡会へ参加される方の講習は1階図書室で行います)
    10:10~             譲渡会開始
    10:25~             「子犬の無料健康相談(開業獣医師の先生が相談を受けます)」(1階 図書室)
    10:30~12:00        「犬のしつけ方教室」(1階 愛護教室)
 
 ※ 「子犬のしつけ方教室」は、講師の都合で中止になることもありますのでご了承ください。
 ※ 日程は、持ち込まれる子犬・子猫の頭数によっては、少し変更になることがあります。

注意事項
譲渡したい方(市内在住の方に限ります。)
 1.子犬・子猫を持ってこられた方は、受付を済ませてから所定の位置にあるケージ等へ入れてください。
 2.9時45分になりましたら事前講習会(1階 図書室)に参加して下さい。
 3.自分の持ち込んだ子犬・子猫のケージ等の前で、質問内容については丁寧に答えてあげてください。
 4.譲渡が成立したら、
  ・連絡先(TELなど)
  ・生年月日や親の種類
  ・どの位の大きさになるか
  ・どんなえさを食べさせていたか等
  わかる範囲で譲渡を受けた方へ情報提供をしてあげてください。
 5.もらい手のつかなかった子犬・子猫は必ず持ち帰ってください。
 6.成犬・成猫の譲渡は行えません。

譲渡を受けたい方

 譲渡会へ参加する前に確認していただきたい事項
 1.成人であること、また家族全員の同意が得られていること。
 2.集合住宅または借家等にお住まいの場合は、動物の飼育が管理者(会社)に承認されていること。
   (市営住宅、県営住宅等の公営住宅では、動物の飼養が禁止されていますのでご注意ください。)
 3.営利や他人への譲渡を目的としないこと。
 4.その動物が死ぬまで一生飼えること。 犬・猫の平均寿命は10年以上あります。
 5.犬を飼うためには、登録・狂犬病予防注射代、毎日のエサ代、その他健康管理をする上で費用がかかります。
 6.ご近所に迷惑をかけず、また健康的に飼育できる環境にあること。
 7.「しつけ」を行い、法律や条例などのルールを守れること。
 8.現在、飼育環境に見合う頭数以上の動物を飼育してないこと。

 譲渡会参加時の注意事項
 1.受付はありませんので、講習の時間になるまで展示されている子犬・子猫を見て回ってください。
 2.9時45分になりましたら、係員の指示に従って事前講習会(1階 愛護教室または図書室)を受講し、「受講済み」シールを受け取ってください。
 3.譲渡会が始まったら、欲しい子犬・子猫の前に集まってください。
 4.同じ子犬・子猫を希望する方が多い場合は、その場で抽選等により譲渡先を決定します。
 5.当日、欲しい子犬・子猫がいなかった場合は「受講済み」シールを保管して、次回開催時に持参してください。
   (「受講済み」シールを持参した場合は、発行日から6ヶ月間に限り事前講習会を免除します。)



(譲渡者・被譲渡者)共通の注意事項
 ・避妊・去勢手術を必ず受けさせてください。

--------------------------------------------------------------------------------
<連絡先>
保健福祉局 動物管理センター
〒803-0801 北九州市小倉北区西港町24番7号
電話:093-581-1800
FAX:093-582-8852
ho-doubutsu@city.kitakyushu.lg.jp



北九州動物管理センターの譲渡会を利用されている方のブログをご紹介させていただきます。コメント欄をご覧下さいね。
>http://biora-room.at.webry.info/200811/article_5.html

保護され一生懸命幸せにしようと頑張っておられる方、それを応援している多くの人達。このような方達を支援するのが行政サービスと思います。
官民協働で成し遂げること、小さな命が救われること、それを国民は 願っています。



■川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問


〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹 殺処分減らせ 来年度 住民の世話が条件
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66298

福岡市動物愛護の愛護と管理推進協議会 議事録 20年9月17日
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

福岡市長への応援メッセージはこちらから
https://www.city.fukuoka.lg.jp/message/

担当部署への応援メッセージはこちらから
【問い合わせ先】保健福祉局生活衛生部生活衛生課
 住所:福岡市中央区天神1丁目8の1
 電話番号:092-711-4273
 FAX番号:092-733-5588
 メール






banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち・・・ももちゃんの動画も見てね!
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 フォスター・ペアレント募集(ボーちゃん・ナガオ君)
2009年01月06日 (火) | 編集 |
フォスター・ペアレント募集 (ボーちゃん・ナガオ君)

☆ナガオ君☆ ♂ 黒    推定4才
<富士見公園シェルターの猫>

CIMG1468.jpg

CIMG1470.jpg
   

黒猫さんが多くてサッパリ見分けが付きませんでした。
やっとなんとか違いを見つけてわかるようになってきました。
ボランティアさんが付けた名前は「ナガオ君」です。理由は聞いていませんが、この写真を見るとなんとなく納得ですね。三年目の今年こそ触れる子になって欲しい黒猫集団です。

--------------------------------------------------------------------------------

☆ボーちゃん☆ ♂ 黒白   推定15才
CIMG0882.jpg

CIMG1002.jpg
 
 2007年 野良猫不妊手術のための捕獲器に入ったぼーちゃん、かなり老猫さんで歯が1本もありませんでした。不妊手術は無事終えましたが、歯が無くては食べ物をとるのも難しいですから、可哀そうになってしまいました。余生、せめて飢えることなく暖かくと願い保護しました。
元は、飼われていたこともあったのでしょう。なついてくれました。今は、ベッタリの甘えん坊ですが、老衰が進んでいるのがはっきりわかります。あまり高い所に上る力はありません。可愛いおじいちゃん猫です。


--------------------------------------------------------------------------------


川崎市動物愛護センター 所長 前迫様          平成21年1月5日 
譲渡担当獣医師        西村様          犬猫救済の輪 結 昭子


                 公開質問

日頃は大変お世話になっております。昨年4月17日付けで「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡促進の嘆願書」をお送りいたしました。が、いまだに御回答をいただいておりません。すでにご存知とは思いますが、福岡市では愛護センターが無料で野良猫に不妊手術を施すことを検討しております。同市ではあわせて、殺処分のほとんどが幼猫であることから、幼猫を行政による不妊手術ができるまで預かるボランティアシステムを構築する計画も獣医師会の協力を得ながら検討中で、国民から高い評価を得ております。当会にも川崎市の状況について、市民の皆様からの問い合わせが多数寄せられていることから、本日は、貴センター収容猫の状況を把握いたしたく以下のような質問を用意させていただきました。ご回答は、勝手ながら1月13日までにメールにてお願い申し上げます。尚、市民の皆様の要望によりご回答は公開させていただきます。

質問1 平成20年4月~12月の貴センターでの猫の引き取り数
 総数(  )匹、そのうち成猫(  )匹、幼猫(  )匹

質問2 同期間の引き取り時の状況
 飼い主放棄(  )匹、飼い主不明(  )匹、負傷保護収容(  )匹
 
質問3 同期間の収容猫の譲渡状況
 総数(  )匹、そのうち成猫(  )匹、幼猫(  )匹  負傷保護収容猫(  )匹

質問4 同期間の譲渡先について
譲渡団体へ 総数(  )匹、うち成猫(  )匹、幼猫(  )匹  負傷(  )匹

個人ボランティアへ 総数(  )匹、うち成猫(  )匹、幼猫(  )匹 負傷(  )匹

一般家庭などへ 総数(  )匹、そのうち成猫(  )匹、幼猫(  )匹 負傷(  )匹


質問5 登録譲渡団体数
  平成19年3月時 (    )団体
  平成20年12月時 (    )団体
  登録譲渡個人ボランティア数
  平成19年3月時 (    )名
  平成20年12月時 (    )名




■川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf
〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹 殺処分減らせ 来年度 住民の世話が条件
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66298

福岡市動物愛護の愛護と管理推進協議会 議事録 20年9月17日
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

福岡市長への応援メッセージはこちらから
https://www.city.fukuoka.lg.jp/message/

担当部署への応援メッセージはこちらから
【問い合わせ先】保健福祉局生活衛生部生活衛生課
 住所:福岡市中央区天神1丁目8の1
 電話番号:092-711-4273
 FAX番号:092-733-5588
 メール






banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち・・・ももちゃんの動画も見てね!
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会


 フォスター・ペアレントUP(しっぽちゃん)
2009年01月05日 (月) | 編集 |
★フォスター・ペアレント様 ありがとう

☆しっぽちゃん ♂ キジトラ  フォスターペアレント:岡山県・清水様  
 (多摩川河川敷に暮しています)

初めてシッポちゃんを見たのは8年ほど前です。そのときもう成猫でしたから、しっぽちゃんはもう10才以上になると思われます。

最初にお世話してくれていたホームレスさんは、病気の為施設に入所しました。
そのあと、周辺のホームレスさんたちと当会のボランティアさんたちとで猫達の給食などのお世話をしていました。

当時、ドラちゃんというオスのキジトラ猫と仲良しでドラちゃんがたよりで一歩も離れないほど一緒でした。
そのドラちゃんも亡くなったときはシッポちゃんは本当に寂しそうで可愛そうでした。
私達の通いのお世話だけではたまらなく寂しかったようです。

しっぽちゃんは、すぐお隣のホームレスさんのおうちに居つく事になりました。
台風の災害からも守られ、現在もそこに暮します。

年もとってきたこともあり、口内炎で食べられなくなったり、小さな怪我をしたりしたときだけホームレスさんが私達のところへ連れて来て預かります。ですから写真もあまり撮れません。
シッポちゃんは頼りにしている人がいないとダメなようです。ちょっと回復してくると「帰りたい帰りたいとなきます」ので、すぐにホームレスさんの元へ返してあげます。

ホームレスさんは3匹の猫のお世話してくださっています。フードはなくなるととりに来てくれますので安心しています。
フォスター・ペアレントが決まり、最近は一寸美味しさや健康も配慮してあげられるようになりました。
どんな環境でも頑張って生きている子達に少しでも喜びを増やしてあげられて私達も嬉しく思っております。
しっぽちゃん、穏やかに長生きさせてあげたいです。

(2006年8月撮影のしっぽちゃん) 
sippo.jpg
(現在のしっぽちゃん)
sippo090101.jpg


 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問
2009年01月05日 (月) | 編集 |
川崎市動物愛護センター 所長 前迫様          平成21年1月5日 
譲渡担当獣医師        西村様          犬猫救済の輪 結 昭子


                 公開質問

日頃は大変お世話になっております。昨年4月17日付けで「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡促進の嘆願書」をお送りいたしました。が、いまだに御回答をいただいておりません。すでにご存知とは思いますが、福岡市では愛護センターが無料で野良猫に不妊手術を施すことを検討しております。同市ではあわせて、殺処分のほとんどが幼猫であることから、幼猫を行政による不妊手術ができるまで預かるボランティアシステムを構築する計画も獣医師会の協力を得ながら検討中で、国民から高い評価を得ております。当会にも川崎市の状況について、市民の皆様からの問い合わせが多数寄せられていることから、本日は、貴センター収容猫の状況を把握いたしたく以下のような質問を用意させていただきました。ご回答は、勝手ながら1月13日までにメールにてお願い申し上げます。尚、市民の皆様の要望によりご回答は公開させていただきます。

質問1 平成20年4月~12月の貴センターでの猫の引き取り数
 総数(  )匹、そのうち成猫(  )匹、幼猫(  )匹

質問2 同期間の引き取り時の状況
 飼い主放棄(  )匹、飼い主不明(  )匹、負傷保護収容(  )匹
 
質問3 同期間の収容猫の譲渡状況
 総数(  )匹、そのうち成猫(  )匹、幼猫(  )匹  負傷保護収容猫(  )匹

質問4 同期間の譲渡先について
譲渡団体へ 総数(  )匹、うち成猫(  )匹、幼猫(  )匹  負傷(  )匹

個人ボランティアへ 総数(  )匹、うち成猫(  )匹、幼猫(  )匹 負傷(  )匹

一般家庭などへ 総数(  )匹、そのうち成猫(  )匹、幼猫(  )匹 負傷(  )匹


質問5 登録譲渡団体数
  平成19年3月時 (    )団体
  平成20年12月時 (    )団体
  登録譲渡個人ボランティア数
  平成19年3月時 (    )名
  平成20年12月時 (    )名




■川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf
〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹 殺処分減らせ 来年度 住民の世話が条件
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66298

福岡市動物愛護の愛護と管理推進協議会 議事録 20年9月17日
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

福岡市長への応援メッセージはこちらから
https://www.city.fukuoka.lg.jp/message/

担当部署への応援メッセージはこちらから
【問い合わせ先】保健福祉局生活衛生部生活衛生課
 住所:福岡市中央区天神1丁目8の1
 電話番号:092-711-4273
 FAX番号:092-733-5588
 メール






banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち・・・ももちゃんの動画も見てね!
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会

 フォスター・ペアレント フジオ君とフジ太君
2009年01月03日 (土) | 編集 |
犬猫里親会 ペットスマイル蒲田店 店頭
1月4日(日) 12時~17時 雨天決行


沢山のわんちゃん、にゃんちゃん参加致します。
今年も、飼い主のいない子達に幸運あれと祈ります。
どうぞ、お出かけくださいね。
rubi1627.jpg
ルビーちゃん 8ヶ月

dada59.jpg
ダダちゃん 7ヶ月

kyannde2.jpg
キャンディちゃん 7ヶ月


★フォスター・ペアレント様 ありがとう

☆フジオ君 ♂ 茶トラ  フォスターペアレント:東京都・K様  
2006年 (富士見公園より保護)

2009.0102
3年目になっても、なんとなく愛らしい子供顔のフジオ君。抱いてあげたいのに公園で学んだ人間への警戒心は頭の中から消えることはないのでしょう。
シェルターは安全な場所ということはわかっているようです。
たぶん兄弟のフジ太君も、同じ部屋で暮しています。特別、仲良いわけでは無さそうですが。
遊んだり甘えたりできる子にさせてあげたいです。

fuzio090101CIMG1603.jpg

huzio80511fujimi02-07624[1]
     


☆ フジ太君   ♂  茶トラ フォスター・ペアレント 2008年 T様(千葉県)
2009.01.03UP
月日は流れ、比較するとだいぶ顔の険しさはなくなりました。
益々、フジオ君とそっくりです。
とはいえ、まだ怒ってます。近くでじっと見ようとすると「ナンダヨ!アッチ行け。」とお叱りを受けますので、写真をじっくり見て、「う~ん、なかなか可愛い。」
今年も、もっと距離を縮めて仲良くなりましょね。

 huzita3.jpg


■川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf



野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹 殺処分減らせ 来年度 住民の世話が条件
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66298

福岡市動物愛護の愛護と管理推進協議会 議事録 20年9月17日
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

福岡市長への応援メッセージはこちらから
https://www.city.fukuoka.lg.jp/message/

担当部署への応援メッセージはこちらから
【問い合わせ先】保健福祉局生活衛生部生活衛生課
 住所:福岡市中央区天神1丁目8の1
 電話番号:092-711-4273
 FAX番号:092-733-5588
 メール






banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち・・・ももちゃんの動画も見てね!
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 ★フォスター・ペアレント様 ありがとう チョコちゃんUP
2009年01月02日 (金) | 編集 |
次回犬猫里親会 ペットスマイル蒲田店 店頭
1月4日(日) 12時~17時 雨天決行



★フォスター・ペアレント様 ありがとう
20-01 チョコ ♀ サビ


★チョコちゃん
フォスター・ペアレント 2008年 K様(川崎市)


2006年 川崎区富士見公園より保護
1才にはなっていないと思われる小さな子でした。慢性の鼻炎でいつも小さなお鼻は塞がっていて苦しそう。薬があまり効きません。なついていないので治療も難しく、缶詰に薬を混ぜています。
ボランティアさんがブラッシングできるまでに心を開いてきましたが、まだ、甘えるまではいきません。

tyoko0901013CIMG1403.jpg

tyoko0901014CIMG1404.jpg


 

  2009.01.01UP
もう大人のチョコちゃんですが、体は小さくて子供のようです。ずっと風邪が治らずに成長が遅れたのでしょうか。この冬も、いつも鼻が詰まっていてズーズーと苦しそうなので、今は、自宅に連れて来て集中治療中です。
加湿器の部屋で暖かく、体にいいみたい。薬入りの缶詰もよく食べて、鼻水止まっています。まん丸目が可愛いチョコちゃん、しばらくここで暮します。
気に入ってくれるといいのですが。

tyoko0901016CIMG1414.jpg

tyoko0901011.jpg


   
野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹 殺処分減らせ 来年度 住民の世話が条件
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66298

福岡市動物愛護の愛護と管理推進協議会 議事録 20年9月17日
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

福岡市長への応援メッセージはこちらから
https://www.city.fukuoka.lg.jp/message/

担当部署への応援メッセージはこちらから
【問い合わせ先】保健福祉局生活衛生部生活衛生課
 住所:福岡市中央区天神1丁目8の1
 電話番号:092-711-4273
 FAX番号:092-733-5588
 メール




■川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち・・・ももちゃんの動画も見てね!
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会

 皆様、今年もよろしく。
2009年01月02日 (金) | 編集 |
  2009年
皆様、今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
sie_convert_20090102003943.jpg
                2009.01.01 富士見公園シェルター




banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち・・・ももちゃんの動画も見てね!
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
 宮島の鹿 異様な光景
2009年01月01日 (木) | 編集 |
次回犬猫里親会 ペットスマイル蒲田店 店頭
1月4日(日) 12時~17時 雨天決行


宮島の鹿を救う人道支援の輪
http://miyajimanosinjitu.web.fc2.com/


新聞記事12/29 朝日新聞朝刊「声」より

「安芸の宮島」に初めて旅行しました。宮島といえば、日本三景のひとつですが、町中に
いるどのシカも表情に元気がなく、目を細めてじっと座っているのです。

 普段、奈良公園の元気なシカを見慣れている私には、異様な光景が気になりました。
周りを見渡すと、シカせんべいの販売はなくなっており、シカは野生なので、えさを与える
な、という看板が目にとまりました。

 しかし、町中にはシカが食べる草がほとんど生えておらず、砂利道や舗装された道だ
けです。山道も歩いてみましたが、山にはほとんど草が生えておらず、いったいシカの食
べ物はなんだろうかと疑問に思いました。野生に返すなら、それなりの環境を整えるの
が先だと思います。

 いったん、えさを与えたシカは人間に依存してしか生きていけないので、人間が最後ま
で面倒を見るべきだと感じます。奈良では愛護会が、人とシカが共存できる環境を創り
出しているのですから、宮島にもそのことを切に望みます。

大阪市主婦




野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹 殺処分減らせ 来年度 住民の世話が条件
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/66298

福岡市動物愛護の愛護と管理推進協議会 議事録 20年9月17日
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/11628/1/08091702.doc

福岡市長への応援メッセージはこちらから
https://www.city.fukuoka.lg.jp/message/

担当部署への応援メッセージはこちらから
【問い合わせ先】保健福祉局生活衛生部生活衛生課
 住所:福岡市中央区天神1丁目8の1
 電話番号:092-711-4273
 FAX番号:092-733-5588
 メール




■川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち・・・ももちゃんの動画も見てね!
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会