FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 「ツルちゃん、食べて」
2009年03月02日 (月) | 編集 |
ツルちゃん、どうした?
数日前までは元気だったのに食べなくなってしまったツルちゃん。
あまりにも高齢なのでいよいよ来るときが来てしまったのかなと見守るスタッフ。


このまま最後なら入院やケージに入れたりせずに今までのままにしておいてあげたい。
でも食べないまま1週間、このままでは。
何がしてあげられるのだろう。
脱水だけでもとってあげたら少しは楽になるだろうか。

結局、ケージに入れて病院に電話、先生に症状を話す。
「もうすごい高齢で、老衰だと思うけど、意識がしっかりしていて可哀そう。痛いとか苦しいといった感じでもないけど、膀胱がダラーンと下がっているのが気になるくらい。年令のせいかと思いますけど、あまりそういうの見たことないし、オシッコはでてます。そういう病気ってありますか。」

「膀胱ヘルニアってのもあるよ。」
「それは、、」
「腹空に穴があいてそこから膀胱や腸が出ちゃうんだよ。いつから?。連れて来なさい。手遅れになると死んじゃうよ。」

失敗だ。老衰とばかり思い込んでいた。ツルちゃん、ごめん。

ツルちゃんは、病院につくとすぐ手術となりました。
膀胱ヘルニア、それも、とても大変な状態で難しい大手術になりました。
ツルちゃん、麻酔に耐えられるか、祈るしか、じっと待つしかありませんでした。

手術が終わって、先生、「あー、難しかったなー。」
どれ程数をこなしてきたか知れない大ベテランの先生の口からそんな言葉を聞いたのは初めてでした。

緊張している私に先生は、「結さん、もし、こいつが死んだら先生のせいで死んだとか言うだろうな.そしたら、俺が、結さんが1週間も連れてこなかったから死んだんだ。可哀そうに。って言ってやるんだ。そしたら、結さん、私のせいで死んじゃったって泣くんだろうな。ハハ。」いつもの調子で冗談言って「やるだけやったんだ。明日、食べるようになるといいな。」と。

私の家のケージで回復を待つツルちゃん。麻酔はもう醒めているけれど、少しづつ元気になってくれるかな。頑張って、ツル。
CIMG3047.jpg
大きな子だったのに、痩せちゃった、ツルちゃん。体重3キロ、最初の半分だね。取り戻さなくちゃね。
CIMG3045.jpg
ツル、どう?お顔上げてしっかりしてきたね。食べられない?
すごい手術で、痛みもあるんでしょうね。
シーバばかり食べていたツルちゃん、でも、一粒も食べない。
ツルちゃん、食べて。体力がなくなってしまう。
CIMG3049.jpg
a/d缶をシリンジに入れての強制給仕、嫌がって抵抗するツルちゃん、上手く入らない。
手が動かないようにバスタオルで巻いて、無理に1回、2回、口に入れるけれど出してしまう。
ツルちゃん、お願い。一口飲み込んで。
3回目、「コクン」と。 ツルちゃん、確かに飲み込んだよね。こぼれてないもの。
よし、胃がびっくりしちゃうから、時間空けてまた食べてみようね。
頑張ろう、ツル。
CIMG3057.jpg
ツルちゃん、その後も強制給仕でふた口ほど飲み込む事ができました。
トイレは自分で入れました。早く、自力で食べられますように。


今日もまた、多摩川の猫が具合が悪いと・・・連絡が。
完全に食べなくなって3日目だという。河川敷の寒さは健康な猫にさえ過酷で、具合が悪そうと思ったらすぐ保護してやらないと寒さの中に一晩おいただけでも死んでしまう。
明日は、雪だとも、、、河原の冷え込みは私達にもきつい。
触れない猫でしたが、弱ってきて手で捕まえられました。

私達の救いは、いつでもどんなに状態の悪い動物でも良心的に受け入れてくれる病院が、先生がいることです。お金のことも、何も心配せずとにかく駆け込んで治療を受けさせてあげられます。
ツルちゃんの手術費用もおそらく通常の動物病院とは一桁足りない金額でした。
どれだけ助けられたでしょう。感謝しています。

今日の小さな三毛猫ちゃんも、どうか、助かりますように。





当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17川崎市動物愛護センター 収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05川崎市動物愛護センター 「収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14川崎市動物愛護センター 「収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16川崎市動物愛護センター 公開質問2
■H21.01.19川崎市動物愛護センター 公開質問2回答
■H21.01.26川崎市動物愛護センター 公開質問3-1
3-2
■H21.01.29川崎市動物愛護センター 質問回答日について ・ 当会返信
■H21.02.02川崎市動物愛護センター 収容幼猫譲渡要望に関する補足
■H21.02.04川崎市動物愛護センター 公開質問3回答
■H21.02.10川崎市動物愛護センター 環境省見解に関する公開質問4
■H21.02.13川崎市動物愛護センター 環境省見解に関する公開質問4回答

皆様のご意見・ご要望をお寄せ下さい
〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』


★のらねこ(野良にゃん写真集)  ★『工場猫物語』 2月28日発売 アニマル・フレンドシップ

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会

rock2.gif
http://www.animalfriendship.jp/image/tantei.pdf

スポンサーサイト




 多摩川河川敷の「しっぽちゃん」死亡。
2009年03月02日 (月) | 編集 |
2009年2月28日

多摩川河川敷の 「しっぽちゃん」 死亡。

突然のお知らせになりました。
私が始めて多摩川のホームレスさんと捨てられた猫達に出会ったその時から、すでに「しっぽちゃん」はホームレスさんと一緒に河川敷に暮していました。確実に老猫ではありましたが、突然の死に、ホームレスさんも私達も呆然としてしまいました。

昨日、28日は他の老猫の緊急手術で遅くなり、多摩川の河川敷の猫達の世話に辿り着いたのは夜8時になっていました。
先に、当会のスタッフが動物たちの世話をしてくれています。
暗い中を猫達のいる小屋に向うと小さく揺れるあかりが・・・。
・・・・もしや。

やっぱり、ろうそく。    「誰か、死んだの。」    「しっぽ。」
「いつ。」    「今朝、ホームレスさんが一緒に寝ている布団の上で死んでたって。」

全身キジトラの長いしっぽの「しっぽちゃん」
ダンボールの中には、痩せて小さくなりましたがきれいな寝顔の「しっぽちゃん」が布に包まれておりました。

誰もが、無言でした。

でも、それぞれに自分を納得させました。
みんな「しっぽちゃん」を想っていました。

「しっぽちゃん」もまた、河川敷の暮らしを受け入れざるを得ず、仲良しの猫との別れ、気に入ったホームレスさんの小屋に住まわせてもらいました。

すべてを飲み込んだかのような2007年台風9号の恐ろしい濁流に襲われたときもホームレスさんに中州の一番高い所に上げてもらって助かりました。
後からわかったことですが、あの時ホームレスさんは非難せず3匹の猫を抱いて一番高い所でじっとしていたと聞き驚きました。

しっぽは、大好きだったホームレスさんの布団の上で静かな眠りにつきました。

老猫になって、口内炎の治療に何度か病院に通い、昨年からは、フォスター・ペアレント様がついてくださり暖かいご支援のお陰で、この一番の不況の中、今となっては最後にいろいろ美味しい物も食べさせてあげられたねと、私達の気持ちは救われております。

フォスター・ペアレント S様に厚く厚く御礼を申し上げます。
しっぽちゃんが、お世話になりました。本当に本当にありがとうございました。

多摩川の動物たちを応援して下さっている皆様、ありがとうございます。みんな不妊手術も終っていますがまだまだ数は多いです。高齢の子達が多くなりました。寿命をまっとうさせてあげたいと思います。

なぜか、亡くなった時は、結構冷静にできるのですが、1日2日としてから、突然、悲しみに襲われ涙が止まらなくなります。

少しだけ泣いてまた深呼吸してみんなを守らなくては。
おそらく一番、二番目の高齢のツルちゃんが、膀胱ヘルニアの緊急手術を受け生死をさまよっています。

ひとつひとつ、尊い命です。




当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17川崎市動物愛護センター 収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05川崎市動物愛護センター 「収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14川崎市動物愛護センター 「収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16川崎市動物愛護センター 公開質問2
■H21.01.19川崎市動物愛護センター 公開質問2回答
■H21.01.26川崎市動物愛護センター 公開質問3-1
3-2
■H21.01.29川崎市動物愛護センター 質問回答日について ・ 当会返信
■H21.02.02川崎市動物愛護センター 収容幼猫譲渡要望に関する補足
■H21.02.04川崎市動物愛護センター 公開質問3回答
■H21.02.10川崎市動物愛護センター 環境省見解に関する公開質問4
■H21.02.13川崎市動物愛護センター 環境省見解に関する公開質問4回答

皆様のご意見・ご要望をお寄せ下さい
〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp

★動物行政の新しい試み!小樽市→引き取り犬を譲渡に...
★「猫はその人の人間性を見せてしまう」


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』


★のらねこ(野良にゃん写真集)  ★『工場猫物語』 2月28日発売 アニマル・フレンドシップ

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会

rock2.gif
http://www.animalfriendship.jp/image/tantei.pdf