FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 ☆フォスター・ペアレント様 ありがとう。(富士見公園シェルターの猫ハナクロ君)
2010年03月30日 (火) | 編集 |
『ペットは家族一生一緒』フォトメッセージ展~ありがとう~
3月29日~4月4日
渋谷NHKふれあいホールギャラリー

http://inuyashiki.blog44.fc2.com/




Please help!

3月28日 厳しい寒さの中で行なわれた里親会
DSC00072.jpg

5匹に里親様内定

モモタロウ君・ムツカツ君・クロコちゃん・タマちゃん・茶々マル君
クロコちゃんは、以前に当会から1匹里親になって下さっているご家族、お友達にといきました。
モモタロウ君・ムツカツ君、は二匹一緒にお届けさせていただいたのですが夜になって「ムツカツ君が食べないし、呼吸が早いけれど大丈夫でしょうか。病院連れて行きましょうか。」と里親様からの電話。
エッ、ムツカツ、どうしたんでしょう。ちょっと気の弱い子だから緊張しすぎか、はたまた具合が悪いのでしょうか。
緊張しているのに病院に連れて行ったら余計緊張してしまうでしょうし。
一度、TNR日本動物福祉病院内の今までのケージに戻して様子をみるのが良いと判断。
ムツカツを迎えに行きますと、里親様のおっしゃるとおり、ムツカツ、横たわっています。

急いでTNR日本動物福祉病院へ。直ぐに病院内のムツカツのケージに戻すと・・トイレに入って・・やっぱり我慢してたのね。
ムツカツさん、ごはん、食べますか。・・タベター。 お腹空いても我慢してたんですね。アー、ホッとしました。
里親様に、電話。「緊張してただけみたいです。安心してください。」

次の日、里親様からのメール。モモタロー君のほうは、かなり激しく暴れていらっしゃるそうです。積極的な性格で若いですからね。ケージから出られて楽しくてたまらないのでしょう。特だね。そういう性格。
他の子の里親様宅へのお届け、次の日曜日はまた里親会と、残っている子達の幸せ探し奔走は続きます。



☆フォスター・ペアレント様 ありがとう。

p74.22-16
富士見公園シェルターの猫
 
 ハナクロ君
 黒白
 推定7才 オス

 フォスター・ペアレント  M・H様 


富士見公園でホームレスさんと暮らし、保護されてシェルターで暮らし、仲良しサブ君といっしょに里親さんが決まってマンション暮らし、引越しで田舎暮らし、また引越し、結局シェルターに戻ることになったけれど、今度は仲間と馴染めなくなってしまった。
私の自宅に来てもやっぱり他の子と馴染めない。
それでも、二匹は仲良しでいつも一緒。
DSC00080.jpg
CIMG5656.jpg
CIMG5657.jpg
DSC00083.jpg
DSC00086.jpg
サブ君は、猫エーズ陽性。
若くもなくなったサブ君、ハナクロ君、里親は一段と難しい。
人間大好きな二匹に、これから何がしてあげられるのでしょう。
他の猫のいないところで、二匹一緒に暮らさせてあげることがきっと一番の幸せだと思う。

獣医大学、青森でこれから5年間暮らす学生さんがサブ君とハナクロ君と一緒に暮らすことをのぞんでくれて、託す事を決めました。

関わる人間で変わる猫の一生、つくづく大変なんだと思う。
ごめんね。あっちこっち。

フォスター・ペアレント様とのご縁は、飼い猫ジュリちゃんがハナクロ君によーく似ていたこと。
今度、許可を頂いてジュリちゃんの写真もご紹介できるかも。

4月中旬、青森に出発するハナクロ君、サブ君の門出です。
これからが、いいこといっぱいの猫生でありますように。

フォスター・ペアレント様、お世話になります。
どうぞ、宜しくお願い申し上げます。


不妊手術 殺処分ゼロへの道!
  TNR 推進プロジェクト


  「TNRってなあに?」 1kanban1.jpg



犬猫救済の輪では、里親会や富士見公園シェルターやTNR日本動物福祉病院ボランティア事業部で、お掃除や猫のお世話などに協力していただけますボランティアさんを募集しております。
logo41.gif



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。



猫トモへの道。
http://ameblo.jp/kenko323/


★次回里親会   ★シェルターの猫たち   ★こにゃんこにゃんこ   ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg    

殺処分ゼロへの道!この病院は、不幸な動物達を救うため、私達ひとりひとりの力を出し合ってつくりあげる動物たちのための病院です。2010年、開業届け提出、不妊手術と動物センター引取りの猫の譲渡事業を推進します。
目標額10,000,000円達成で設備を整え、一般診療等を充実していきます。   
   目標額10,000,000円   3月24日現在合計額6,581,383円



スポンサーサイト