FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 動物センター収容の猫達を救うために!
2010年04月10日 (土) | 編集 |
Please help!

・癲癇の「たけし君」戻ってきました。
安心したのか落ちついています。

・あずきちゃんは、里親様から嬉しい近況報告を頂きました。
一部ご紹介させていただきます。
2日間は水も殆ど飲まず、全く食べずでとても心配でなりませんでした。
が3日目から少しずつ食べ始め警戒心が薄れたのか食べる食べる、当初の下痢も大丈夫です。
やっぱりお転婆な子です。まだ1週間経たないうちにすっかり打ち解け、家族の一員になってきました。
今回、このような出会いをいただきとても感謝しております。


IMG_8906_convert_20100412014050.jpg

IMG_8951_convert_20100412014145.jpg


宮前猫達は、なついている子でも新しい環境に驚くほど極度に緊張する子が多く見られます。
健康であれば、時間をかけてなれるのを待つのですが、癲癇症状が出た子は、状態によりストレスを避けなければなりません。



神奈川県動物保護センターから引き出された子猫たち
引き出した時は、助けられるか心配されるほど痩せて体温も下がっていました。CIMG5794.jpg

CIMG5791.jpg

bDSC00136.jpg

3DSC00144.jpg


インターキャット、補液、保温、飲みたがらないミルクを短い間隔で強制的に経口投与していくのは子猫ちゃんも苦しいし、お世話する人間も寝る時間もないほどです。
でも、明日元気になってくれる事を祈ってもう少しの辛抱だよ。
それから、今日で三日目です。

見てあげてください。
この子猫らしく明日への希望に輝いた目を。
少しの、『愛と勇気と行動』があれば、救われる命があるのです。
殺処分ゼロは、できることなのです。

CIMG5809.jpg
CIMG5810.jpg
CIMG5800.jpg
CIMG5837.jpg
CIMG5865.jpg


☆動物センターの収容動物を救うため、ご協力お願い致します。

子猫のシーズンになりました。
保健所に収容された猫達を救うために、ご協力お願い申し上げます。

●粉ミルク(ワンラックキャットミルク・ワンラックゴールデンキャットミルク・ヱスビーキャットミルク・ロイヤルカナン)
 尚、離乳食は不要です。
●ヒルズ a/d缶詰 (離乳の子猫から老猫まで、栄養を必要な猫に適します。シリンジに入れて与える事もできとても便利な必需品です。)
●子猫用缶詰・レトルト(種類問わず)
●ホカロン
(子猫は収容時、体温が低下している場合が多くその後の維持にも保温が必要なケースが多くあります。今シーズンあまったホカロンがございましたらお譲りいただけますと有り難いです。これから、動物センター引取りが毎週続くと思われます。行政で十分な体制が整うには時間がかかります。職員さんたちは、懸命に譲渡のため尽力されています。力を合わせて小さな命を助けなければなりません。一部をセンターにお届けさせていただきます事をご了承お願い申し上げます。)
●敷物
動物センターで収容された猫達は冷たい網のケージの上で過します。
敷物があれば職員さんが布を敷いてホカロンを入れてくださいます。生存率は大きく高まります。
感染症予防のため使い捨てにできる衣類などで、洗濯のしてあるものならボロ布でも十分使用できます。
●動物センターの猫達にワクチンを!カンパのお願い。
沢山の数が毎日のように収容される状況では怖いパルボウィールスへの感染がいつ発生してもおかしくありません。一刻も早くワクチン接種をする事で生存率は大きく高まりまたウィールスの蔓延を防止できます。現状では、センターではまだまだ予算等の関係でワクチン接種をほどこすことができません。
約1500円で、一匹の子猫にワクチン接種を受けさせてあげる事ができます。
子猫の引き出しと同時に、直ぐに必要となります医療やワクチン接種を多くの子猫達が受けられ、命が救われますように、カンパのご協力をお願い申し上げます。


現在、毎週火曜日午後2時から8時までのお時間でお受けさせていただいております。
支援物資受入先住所
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛

カンパのお振込先
お振込先 郵便振替 口座番号   00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金 口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 

ボランティアさん募集
主に、動物センターから引き出されました子猫たちに里親様が決まるまでのお世話とお掃除です。
初めての方でも、先輩ボランティアさんが優しく教えてくれますから安心してご応募ください。週1回程度、1日3時間以上、最低3ヶ月以上、長期にできる方を希望致します。
詳細は、お気軽にメールフォームよりお問合せください。お待ちしています。

ご協力を宜しくお願い申し上げます。



犬・猫等の殺処分を禁止する議員連盟


不妊手術 殺処分ゼロへの道!
  TNR 推進プロジェクト


  「TNRってなあに?」 1kanban1.jpg



犬猫救済の輪では、里親会や富士見公園シェルターやTNR日本動物福祉病院ボランティア事業部で、お掃除や猫のお世話などに協力していただけますボランティアさんを募集しております。
logo41.gif


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

シェルターのボランティアさん達のブログ

●猫トモへの道  ●こにゃんこにゃんこ  ●シェルターの猫たち  ●うめばち日記
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg    

殺処分ゼロへの道!この病院は、不幸な動物達を救うため、私達ひとりひとりの力を出し合ってつくりあげる動物たちのための病院です。2010年、開業届け提出、不妊手術と動物センター引取りの猫の譲渡事業を推進します。
目標額10,000,000円達成で設備を整え、一般診療等を充実していきます。   
   目標額10,000,000円   3月24日現在合計額6,581,383円


スポンサーサイト




 ☆フォスター・ペアレント様 ありがとう。(リオ君)/成猫4匹青森へ旅立ちます。
2010年04月10日 (土) | 編集 |
Please help!

里親様宅で、癲癇症状が出たことをご報告致しました「たけし君」ですが、最初の連絡を受けました後も癲癇が続けておきていて状態が心配されます事からお引取りさせていただく事に致しました。
10日、TNR日本動物福祉病院に戻り、獣医による診療、その後の方針を検討したいと思います。

以前に里親に行き、癲癇症状が出た三毛猫に付きましても、今日、里親様からご報告を頂きました。やはり、数回、症状があり大学病院で検査を受けて下さったそうです。
結論はやはり癲癇と考えられ、他には異常は認められないとの見解だそうです。
この子は、ずっと一緒にとおっしゃってくださっています。



フォスターペアレント様 ありがとう

☆(リオ君)
 白黒 2才

フォスター・ペアレント M・K様 (愛知県)

(ボランティアおぐさんが書きました。)

我が家の咲の兄妹のリオ君。
うちの一本奥の道のお宅で生まれました。
今でも、たまにお母さんを見かけます。
そのお宅でごはんはもらっていましたが、
目が飛び出たままでも病院にも連れて行ってもらえず
片目が落ちて見えなくなってしまいました。

それでもとっても元気で
と~っても甘えん坊さんです。
633321eb4615595e0a119d0c4c4cde32.jpg

ボランティアさんたちに
とてもかわいがられていま~す
たくさん遊んでくれてありがとう
9f77238a808b0f99754fd19a0376fce1.jpg

ぼく、次はほんとに幸せになるよ~
c00df1d78e167439908d989b7dca826b.jpg

4月10日、いよいよ4匹そろって
出発します。
飛行機の手配もし、準備は整いました。
安全運転で空港まで見送りに行ってきます


フォスター・ペアレント様に支えていただきながら、これから5年間獣医学生さんと一緒にのびのび甘えて暮らすことができます。
狭くてギューギューのストレス解消だね。
寂しいけど、その分、このこ達が幸せに暮らしてくれる事が嬉しいです。
フォスター・ペアレント様、ありがとうございます。



リオ君と一緒に青森に旅たつ三匹は
たまちゃん

それから仲良しの富士見公園猫、
サブ君とハナクロ君。

みんなの愛で守られて、今日、羽田空港から旅立ちます。
ありがとう。



犬・猫等の殺処分を禁止する議員連盟


不妊手術 殺処分ゼロへの道!
  TNR 推進プロジェクト


  「TNRってなあに?」 1kanban1.jpg



犬猫救済の輪では、里親会や富士見公園シェルターやTNR日本動物福祉病院ボランティア事業部で、お掃除や猫のお世話などに協力していただけますボランティアさんを募集しております。
logo41.gif


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

シェルターのボランティアさん達のブログ

●猫トモへの道  ●こにゃんこにゃんこ  ●シェルターの猫たち  ●うめばち日記
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg    

殺処分ゼロへの道!この病院は、不幸な動物達を救うため、私達ひとりひとりの力を出し合ってつくりあげる動物たちのための病院です。2010年、開業届け提出、不妊手術と動物センター引取りの猫の譲渡事業を推進します。
目標額10,000,000円達成で設備を整え、一般診療等を充実していきます。   
   目標額10,000,000円   3月24日現在合計額6,581,383円