FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 本日4日(日)子猫里親会蒲田西口/こんなに楽しい猫との暮らし(里親様からのお便り)
2010年07月03日 (土) | 編集 |
nekobasu-yamanasi110.gif
リンクご協力お願い致します。


里親会 子猫30匹 里親様大募集!!

☆7月4日(日) 12時~17時 雨天決行
  ▼ ペットスマイル 蒲田店
   東京都大田区西蒲田7-66-12
   蒲田西口1分 サンロード商店街
 


こんなに楽しい猫との暮らし
里親様からのお便り


川崎市動物愛護センター出身。ゴールが決まった2にゃんです。おめでとう。
里親様、ありがとうございます。

犬猫救済の輪
代表 結 昭子 様

こんにちわ。
先月29日TKR日本動物福祉病院で2匹の仔猫を引き取りましたYと申します。
早いもので約1カ月が過ぎ、2匹の仔猫は「ゆず」(♂ キジトラ)と「うに」(♀ グレー)と名づけました。
2匹とも元気に暮らしております。

CIMG2412_convert_20100703220621.jpg

CIMG2427_convert_20100703221031.jpg





殺処分をゼロに!1日も早い達成を!

センターに持ち込まれる命。その多くは子猫です。
生まれてしまったと困る前に、どうか不妊手術をしてください。
不妊手術は、動物愛護の第一歩です!

tnrba88x31.jpg

川崎市平成22年度ねこの不妊及び去勢手術補助のご案内
全国犬猫助成金リスト 

川崎市在住、隣接の都県市の方で川崎市動物愛護センター(高津区蟹ヶ谷)収容犬猫の譲渡を希望される方は、センターに電話でお問合せください。
川崎市動物愛護センター  電話 044-766-2237




富士見公園シェルターやTNR日本動物福祉病院ボランティア事業部で、お掃除や猫のお世話などに協力していただけますボランティアさんを募集しております。週一程度、可能な方は、是非ご連絡ください。
logo41.gif


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

シェルターのボランティアさん達のブログ
●猫トモへの道  ●こにゃんこにゃんこ  ●シェルターの猫たち  ●うめばち日記
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg    


殺処分ゼロへの道!この病院は、不幸な動物達を救うため、私達ひとりひとりの力を出し合ってつくりあげる動物たちのための病院です。2010年、開業届け提出、不妊手術と動物センター引取りの猫の譲渡事業を推進します。
目標額10,000,000円達成で設備を整え、一般診療等を充実していきます。   
   目標額10,000,000円   3月24日現在合計額6,701,383円




スポンサーサイト




 本日、子猫里親会/ドイツの獣医局と動物保護
2010年07月03日 (土) | 編集 |
nekobasu-yamanasi110.gif
リンクご協力お願い致します。


里親会 子猫30匹 里親様大募集!!

☆7月3日(土) 13時~17時 雨天決行
  ▼ TNR日本動物福祉病院内
川崎市川崎区大島4-23-13

☆7月4日(日) 12時~17時 雨天決行
  ▼ ペットスマイル 蒲田店
   東京都大田区西蒲田7-66-12
   蒲田西口1分 サンロード商店街
 

本日も、川崎市動物愛護センターより、子猫を引き出しております。茶トラ白の兄弟、黒の兄弟等、写真の掲載が間に合いませんが、沢山の子猫が、新しい飼い主様との出会いを待っています。どうぞ、お出かけください。



京子アルシャー

ドイツ連邦共和国獣医師。保健学士。ドッグジャーナリスト。犬先進国ドイツから貴重な情報を発信する。

犬の虐待を見逃さない、ドイツの獣医局と動物保護


http://dogactually.nifty.com/blog/kyoko_alscher/index.htm


2009.09.08 Tue

「マンションの場合、決して目標とする家庭のベルは押しちゃダメ。まずは近隣の人たちのベルを鳴らして協力してもらうこと」

これは私が獣医局で実習を行ったときに初日に教えられたテクニック。目標とされた家庭では小型犬3頭・猫3頭を1DKで飼い、階段付近に異臭が漂うことから近隣住人が対処を求め通報をしたようだ。まずは周辺住人に外部のオートロック扉を開けてもらい、目標とする家庭の玄関前まで行き中の様子を伺う...刑事ドラマのようなそんな緊張感。

ドイツで動物の虐待・不適切な飼育などが目撃された場合、通報される先は「獣医局(Veterinäramt)」である。警察に通報しても、消防署に通報しても、結局は獣医局に役目が回ってくる。

アメリカでは「アニマル・ポリス」、イギリスでは「RSPCA」といった民間団体と警察との連携により動物保護を行っている国があるが、ドイツの場合は「獣医局」つまり民間団体ではなく国の機関である。


獣医局はそもそも食品となる家畜の管理に発し、食品衛生・動物疫病・屠畜に関するすべての管理と、そして現在動物保護を4本目の柱とし社会の中で重要な位置を占めている。

と、これだけ聞けば「なんだ、日本の保健所と変わらないじゃないか」と思うかもしれない。たぶん一番違うのはその行動力と法的措置の迅速さだろう。動物に関わる一切を取り締まる機関として各都市各地域に必ず獣医局はあり、そして局には動物保護を専門とする獣医師が必ずいる。「獣医局」と名が付くくらいだから、動物に関して何らかの通報があれば必ず局獣医師が現場を確認し処置に当たる「お役所版アニマルポリス」といってもいいだろう。肉食文化の国らしく動物に関わる分野で大事な権限を持つ機関のひとつでありその社会的責任は非常に大きい。



ベルリン市内ツェーレンドルフ区の静かな住宅街にある獣医局。食品衛生と動物の管理がともに獣医局の課題である。

住人から動物虐待の通報を受ければ出向き、必要とあらば虐待を受けている動物をその場で飼い主から押収もする。管轄内の牧場・ペットショップ・動物実験施設など動物飼育施設をアポなしで訪問検査するのは当たり前、この抜きうち検査で欠点が見つかれば即日のうちに営業許可が没収されることだって少なくない。


その他危険犬種といわれる犬たちの取り絞まりに噛み事件の処分、ペットの輸出入の際の検疫、輸送許可・輸送状況管理、ペットフードを含む動物飼料の衛生管理、はてはサーカスの動物飼育管理の検査などなどを日常の課題とし、動物保護法に則った動物福祉(アニマル・ウェルフェア)の充実をはかるために局獣医師達は奔走しているのである。

もちろん動物は犬猫だけではない、金魚から象にいたるまで魚類・爬虫類・鳥類・哺乳類といった脊椎動物すべてがおもに動物保護の対象となるから局獣医師という仕事は大変だ。獣医師として知識と臨床経験を持ち、安定した体力と強靭な一貫性を持ち合わせなければなかなか勤まらない。

動物保護の現場では虐待の傾向である低所得層あるいは精神不安定な飼い主・外国人を相手にすることが多く、まず当事者との衝突は免れられないと思っていい。時には獣医局からの指摘・監視を当事者が逆恨みし、局獣医師の身が危険にさらされることもある。

それでも彼らが誇りを持って取締りを続けるのは、なによりも動物を愛し、敬意を持ち、決して人間社会の犠牲になることなく動物本来の自然な行動を発揮することを権利として認めているからである。どこの国にもありがちな「お役人的」なそっけなさではなく、一人の人間として同じ社会に生きている動物への思いやりを公的に表現できる獣医師にとっての天職のひとつ。臨床獣医師だけが獣医師ではないのだ。



さらに言うならば、法律が存在するからにはそれを機能させるべく取締りを行わないとドイツの納税者達は黙っちゃいない。

今のドイツの動物保護の現状をバックアップしているのは「憲法第20a条」と「動物保護法」である。1970年以降ドイツでは動物保護法の内容がすでに充実していたのに加え、国民の意識と期待がいよいよ高まった2002年に国は動物保護を憲法の一部(第20a条「自然な生活基盤の保護」)に取り入れた。ドイツの獣医師達はいずれも動物好きが高じた者ばかりだから動物保護が憲法の一部となったことで「これからは法の後ろ盾をもって不良飼い主たちを再教育できる」と非常に喜んだ。

以来ドイツ連邦獣医師会ではますます「動物保護」に力をいれ、インターアクティブなゼミや意見交換を学会などで展開し高い関心を得ているほか、今年は特に臨床獣医師が患畜の心身に虐待の痕跡を発見したとき獣医局への通報を可能にする「守秘義務の改正」に活発な動きを見せている。



[Photo by Beaubelle]

飼い主にダーツの的代わりにされていた犬、深い傷は全身だけでなく心にも。これはスペインにおける意識的な虐待例だが、社会には「散歩に行かない」「檻に閉じ込めて飼う」といった無意識の虐待の方が多くはびこっている。

EUにおける動物保護の動き

動物保護はEU(欧州連合)においても2004年末に欧州理事会に承認されたことで、近い将来EU法に取り入れられる意向となった(アムステルダム条約のプロトコルより)。

これに伴いEU加盟国のうちこれまで動物保護法を重要視してこなかった数カ国は国内法の見直しを余儀なくされ、スペインでは現在国内動物保護法の統一を予定している。

また新しくEUに加盟した国々でも動物保護の水準をEUにあわせなければならないが、彼らにとって動物保護とはひとつの新しい概念ともいえるほどこれまで無縁の課題であったため、前途はまだまだ多難である。


殺処分をゼロに!1日も早い達成を!

センターに持ち込まれる命。その多くは子猫です。
生まれてしまったと困る前に、どうか不妊手術をしてください。
不妊手術は、動物愛護の第一歩です!

tnrba88x31.jpg

川崎市平成22年度ねこの不妊及び去勢手術補助のご案内
全国犬猫助成金リスト 

川崎市在住、隣接の都県市の方で川崎市動物愛護センター(高津区蟹ヶ谷)収容犬猫の譲渡を希望される方は、センターに電話でお問合せください。
川崎市動物愛護センター  電話 044-766-2237




富士見公園シェルターやTNR日本動物福祉病院ボランティア事業部で、お掃除や猫のお世話などに協力していただけますボランティアさんを募集しております。週一程度、可能な方は、是非ご連絡ください。
logo41.gif


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

シェルターのボランティアさん達のブログ
●猫トモへの道  ●こにゃんこにゃんこ  ●シェルターの猫たち  ●うめばち日記
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg    


殺処分ゼロへの道!この病院は、不幸な動物達を救うため、私達ひとりひとりの力を出し合ってつくりあげる動物たちのための病院です。2010年、開業届け提出、不妊手術と動物センター引取りの猫の譲渡事業を推進します。
目標額10,000,000円達成で設備を整え、一般診療等を充実していきます。   
   目標額10,000,000円   3月24日現在合計額6,581,383円