FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 愛知県動物保護管理センターと名古屋市動物愛護センター毎日が里親の日/センターでの不妊手術
2010年08月08日 (日) | 編集 |

☆子猫とダックス1匹里親会 今日もやっています。お出かけください。


 8月8日(日) 13時~17時 
  川崎市川崎区大島4-23-13
  TNR 日本動物福祉病院内





・気にかけております『宮島の鹿』について

・また、犬猫等の譲渡に関する動物愛護センターの取組についての視察のご報告感想等を掲載して下さっています。

是非、ご覧ください。


転載です。
北日本動物福祉協会 すずらん白書・・・
http://pub.ne.jp/withinuneko/?daily_id=20100802

今回、特に、難しくて手を焼いたのは、「宮島の鹿」の記事でした。鹿の問題は、犬猫の大量遺棄事件とは本質的に異なっています。犬猫のように、里親活動を展開して、問題の解決を図ることが出来ません。故に、動物愛護団体の力をどう結集してみても、絶対に問題の根本的な解決が出来ないのです。これから先、ず~と、ず~と、宮島という狭い地で、人も鹿も幸せに暮らせるようにと願うのであれば、心熱きボランティア団体と行政の連携・協働が不可欠だと思います。

そしてまた、様々な問題、トラブルが発生している原因が鹿の過剰繁殖によるものですから、鹿に不妊処置という方法も解決のために必要との提言が協議会からなされているのですが( 私が地元で何人もの方に質問した時も、多くの人は、何故、不妊措置しないのだろうか・・・と言っておられましたが・・・)、『野生動物に不妊手術を施すのは問題』という意見もあって、現状は、混沌と不透明な状況です。

実は、今日も、宮島の鹿の問題で、広島選出の国会議員のYさんからお電話を頂きました。「NPO法人・宮島の鹿をいつくしむ会」代表の竹中さんを紹介しました。行政との関係構築に尽力して下さることを約束して下さったので期待したいと思います。

宮島の問題の根本的な解決は本当に難しいと思いますが、餌やり禁止のみが先行するやり方は、余りにも非人道的だと思います。鹿を飢餓状態に置かないために、人から餌を貰わなくても生きられるような環境を整えてから、それから餌やり禁止を打ち出すのが、これまで何十年間も、観光に鹿を利用してきた宮島の責任だと思います。しかし、何事も、人間至上主義の世の中ですから、残念ながら、正論が通用するとは限りません。

今回の会報NO25号は、先回のNO24号から、1年3ヶ月振りの発行になってしまったために、内容も多岐にわたって 40Pもの大作になってしまいまいた。(普通は28P~32Pです) しかも、今回は、愛知県動物保護管理センターの所長さんとセンターの獣医さんからも記事を16P頂きました。

余りにページ数が多くなってしまったので、愛知県の記事は別冊にしました。 「何故、愛知県なの・・・? 」と 思われる方がおられるかも知れませんが、近年、愛知県は、特に 猫の里親事業に力を入れている、という情報が耳に入りました。正直、猫問題は、全国、どこも深刻で、ほとんどの自治体では「打つ手なし」という状態が続いているというのが実状です。

しかし、愛知県センターでは、子猫、成猫合わせて、常時、60~80頭が里親さんを待っている状況にあって、毎日が里親の日との事を聞き知りました。それを自分の目で確かめたくて、私は、6月18日、愛知県動物保護管理センターと名古屋市動物愛護センターを訪ねました。

センターに到着して、いきなり驚いたのは、2箇所 どちらのセンターでも、建物の入口から廊下、各部屋に置かれた たくさんのケージの中にたくさんの猫が居たことです。しかも、成猫も子猫もです。そして、猫たちは、やさしい職員さんとボランティアさんのお世話を受けていたのです。

又、愛知県は、里親さんに渡す犬猫全てに(2ヶ月以上から・・・)、不妊手術を済ませてから譲渡するそうですが、これは、名古屋市のセンターも同じでした。

そして、愛知県のセンターで、犬猫の不妊手術を 毎日 毎日 引き受けておられるのが獣医の柘植さんです。柘植さんはセンターへ赴任するまでは、全く、臨床の経験がなかったそうですが、ある日、先輩の獣医さんに 半ば 強制的に不妊手術を教え込まれて、そして、現在に至っているそうですが、良き先輩に恵まれて、なんとも うらやましい・・・

又、センターの職員の方々の苦労、悩み、喜びなどが、ありのままに書かれている手記ですから、心打たれる部分も多く、私自身、無知を反省する事や新しい発見が多々ありました。

しかし、どこのセンターの職員の方も、愛知県のセンターの職員さんと同じ気持ちで、仕事をされているとは思いません。要は、個人個人の意識の問題と 理解ある上司に恵まれているかどうかが 関係していると思っています。

「先進的な取組み」で知られている熊本市や愛媛県のように 愛知県の取組みが広く紹介されて、他の自治体にも良き影響を及ぼしてほしいと願っています。




川崎市在住、隣接の都県市の方で川崎市動物愛護センター(高津区蟹ヶ谷)収容犬猫の譲渡を希望される方は、センターに電話でお問合せください。
譲渡動物情報 
http://www.city.kawasaki.jp/35/35dobutu/home/zyouto/centerzyouto/cat/list.html
川崎市動物愛護センター  電話 044-766-2237




●ご協力、お願い申し上げます。
・ボランティア ・フード支援 ・ワクチン代のカンパを!
・富士見公園シェルターやTNR日本動物福祉病院ボランティア事業部での、お掃除や猫のお世話、里親会のお手伝い。週一程度、可能な方は是非ご連絡ください。
logo41.gif

・子猫成猫用ドライフード、缶詰、レトルト

・沢山の数が毎日のように収容されるセンターでは怖いパルボウィールスへの感染がいつ発生してもおかしくありません。一刻も早くワクチン接種をする事で生存率は大きく高まりまたウィールスの蔓延を防止できます。現状では、センターではまだまだ予算等の関係でワクチン接種をほどこすことができません。
約1500円で、一匹の子猫にワクチン接種を受けさせてあげる事ができます。
子猫の引き出しと同時に、直ぐに必要となります医療やワクチン接種を多くの子猫達が受けられ、命が救われますように、カンパのご協力をお願い申し上げます。


支援物資受入先 (毎週火曜日午後2時から8時までのお時間でお受けさせていただいております。)
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛

カンパのお振込先
お振込先 郵便振替 口座番号    00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

シェルターのボランティアさん達のブログ

●猫トモへの道  ●こにゃんこにゃんこ  ●シェルターの猫たち  ●うめばち日記
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg    


殺処分ゼロへの道!この病院は、不幸な動物達を救うため、私達ひとりひとりの力を出し合ってつくりあげる動物たちのための病院です。2010年、開業届け提出、不妊手術と動物センター引取りの猫の譲渡事業を推進します。
目標額10,000,000円達成で設備を整え、一般診療等を充実していきます。   
   目標額10,000,000円   3月31日現在合計額6,810,383円

<TNR日本動物福祉病院 獣医募集中>
スポンサーサイト