FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 なんのための緊急災害時動物救援本部ですか
2011年05月09日 (月) | 編集 |
5月10日最新情報はこちらから
http://www.tamakinet.jp/





今日もまた・・・・

玉木雄一郎議員のブログ
http://ameblo.jp/tamakiyuichiro/entry-10886152647.html



犬猫救済の輪では、残されている命を想い、すぐに登録の申し出をしようと文面を作成いたしました。

緊急災害時動物救援本部御中         平成23年5月9日午後5時
                            犬猫救済の輪 結 昭子
                       

団体登録の申し込み
  
前略、被災地の動物救護に関しまして、大変お世話様でございます。
 
本日9日付けの玉木雄一郎議員のホームページに警戒区域内動物救済について次のような記述がありました。

「ペットの救護活動は、国からの要請を受け、福島県が中心になって行う。必要な人員や車両は、福島県が出す。
・ 上記の福島県の救護活動は、国(環境省)や民間団体も協力して行う。
・ 国(環境省)から緊急災害時動物救援本部 に委嘱する形で、同本部に登録した民間各種保護団体の協力も求める。
・ 実施時期は、遅くとも、5月10日の一時立ち入り実施と並行して行う。」
つきましては、是非協力させていただきたく、民間団体として、貴本部に登録致したく、申請申し上げます。
詳細につきまして、ご連絡をお願い申し上げます。




が、それも送信しないうちに、
玉木雄一郎議員のブログが更新されました。
http://ameblo.jp/tamakiyuichiro/entry-10886576594.html



転載です。
http://nekohitomaria.blog109.fc2.com/blog-date-201105.html

「20km圏内の動物救護について」救援本部の対応5/9
5月9日付玉木雄一郎議員のブログに「20km圏内の動物救護について」というタイトルで次のように書かれていました。

「警戒区域内におけるペットの救護については、概ね以下のような方法で実施される予定となっています
(関係者からの口頭での聴取に基づくもので、多少変更がある点、ご留意ください)。

(中略)

・国(環境省)から緊急災害時動物救援本部 に委嘱する形で、同本部に登録した民間各種保護団体の協力も求める。」

いよいよ、警戒区域内の動物救護に民間団体も参加できるものと、とるものもとりあえず、緊急災害時動物救援本部内、ボランティア募集担当の日本愛玩動物協会に電話で詳細を確認しました。


以下は緊急災害時動物救援本部の談話要旨です。(内容をまとめたもので、そのままの文言ではないことをお断りします)

1)緊急災害時動物救援本部は20km圏内(警戒区域)に入るつもりはありません。

2)保護された飼い主のいるペットだけが本部の活動対象です。

3)警戒区域内で放浪している犬猫を救護する予定はありません。(環境省や県の仕事です)

4)フード支援や救出後の管理等をします。

本部の御考えを伺い大変落胆しました。警戒区域に取り残されている動物に対しての温度差はどこから来るのでしょうか。

3億円以上の寄付金がありながら、寄付者が最も望んでいる警戒区域内では一切活動しないと断言されてしまい、私は途方に暮れました。

その後、玉木議員のブログも新しい記事が掲載されており、緊急災害時動物救援本部が今回、どのような活動を担当するのかが明らかになりました

それには「(なお、収容施設における飼育、治療や物資の支援等については、緊急災害時動物救援本部の協力を得て行う。)」とだけ書かれていました。

◆-----------------------------◆



今度こそと何度思ったことでしょう。
言葉もなくすほど落胆しています。


これから福島から助けられた犬猫たちが命のリレーで深夜に川崎に到着します。
助けさせてもらえない動物たちの命、こんな命の扱いがあってよいのでしょうか。

これが、緊急災害時動物救援本部の言葉ですか。助けないための緊急災害時動物救援本部ですか。
あまりにも、ショックです。

1)緊急災害時動物救援本部は20km圏内(警戒区域)に入るつもりはありません。
2)保護された飼い主のいるペットだけが本部の活動対象です。
3)警戒区域内で放浪している犬猫を救護する予定はありません。





海外署名サイトCare2で、
「原発避難区域で動物救済の許可を求める」署名をつのっておられます。
記入は英語ですが簡単な入力で済みますー。
●Please Allow Animal Rescue in Japan's Nuclear Evacuation Zone
http://www.thepetitionsite.com/26/save-animals-in-Japan-evacuation-zone/


被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。


被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/
被災地迷子ペット探し掲示板
http://japananimals.bbs.fc2.com/

※アニマルファインダー
http://japan.animal-finder.appspot.com/

※避難区域で活動する団体さん一覧
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10859883097.html

※動かない行政に動物救済の嘆願書を出しませんか?
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10859114944.html



支援物資につきましては、いつもご協力ありがとうございます。現在の不足品です。保護犬は餓えの状況が続いたこともあり消化器に異常が見られます。犬用のドライ及びウエットで消化器サポート・i/d・w/d等が必要です。一般子猫成猫ドライフード・ウエット・子猫用ワンラックキャットミルク・中古キャリーケースプラスチック製のみ。中型犬用首輪とリード。富士見公園シェルター用蚊取り線香 箱ティッシュ カッターナイフ ヘッドライト、宜しくお願い申し上げます。


受け入れ時間  平日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


支援金のご協力を宜しくお願い申し上げます。
保護される犬猫は生死も危ぶまれる状態です。医療費のご協力をお願い申し上げます。
振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪  044-276-9388
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪  044-276-9388
郵便振替は、通信欄に使途目的(例ー被災動物)と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(ヒサイ)とご記入下さい。



犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、小さな力ですが、
東北関東大地震による被災動物に手を差し伸べたいと思います。 

110308_093805_20110324015518.jpg



ペット法塾様の署名HPはリンクフリーです。
banar_2011syomei.jpg



五十歳の志から五年 「今、思うこと」
 「犬猫救済の輪」 「TNR日本動物福祉病院」 代表 結 昭子




●ココニャン一家の縁結び  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市畜犬センター
飼い主さん迎えに行ってください。犬を飼われている方、首輪に名札電話番号を付けてください。これから犬を飼われる方、ペットショップで買わないでください。センターの収容犬猫を家族に迎えてあげて下さいませんか。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi


「TNRってなあに?」  Trap (捕獲し) Neuter(不妊手術を施し) Return(元の場所へ戻す)
 
1kanban1.jpg

pittobana.jpg     

スポンサーサイト