FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 拡散歓迎! 6.19 <院内集会のご案内> ~動物の命と福祉を求めて・実験動物~
2012年06月12日 (火) | 編集 |
拡散歓迎! 6.19 <院内集会のご案内>
皆様、万障お繰り合わせの上、是非とも御参加頂けますようお願い申し上げます。

****************************
意見交流会・勉強会 (2012. 6.19緊急院内集会)
「動物の命」と「人と動物の共生」 
~動物の命と福祉を求めて・実験動物~

 
(内容は確定ではありませんので、出席者等、変更になる可能性があります。ご了承ください。)

 
                 弁護士 植田 勝博 (THE ペット法塾代表)

1   動物愛護法は「動物の命」を核とし、「人と動物の共生」を基本原則として、何人もみだりに動物を傷つけたり、殺したりすることを犯罪として禁じています。
  現在の日本の動物をめぐる状況は、動物を物や商品として生産、販売をし、利用し、要らなくなればゴミとして行政が引き取るなどして、殺処分、焼却をしています。
 私達は、多くの国民の意見を背景として次の法律改正が必要であると訴えて来ました。
  動物愛護法35条の行政の引取義務、及び、それに続く殺処分は、動物をゴミとして殺す行政であり、これは動物愛護法の基本に反するとして、同法35条の行政の引取義務の原則撤廃(制限)を求めてきました。
また、実験動物、産業動物などは、行政の殺処分以上ともいうおびただしい数とされながら、動物愛護法の枠外に置かれており、その実態さえ闇の中にあり、苦痛の中で生かされて殺されている状況にあります。これは動物愛護法の基本原則に反するものであり、動物の保護・福祉を基本として、実験動物の動物取扱業の規制を求めてきました。
 この度、平成24年5月31日の民主党動物愛対策ワーキングチームで、予定されていた実験動物の改正は、動物愛護法の改正項目から一切除かれ、実験動物は、動物愛護法とは別の法律で規定することも含めて今後の問題とされました。しかし、これは、動物愛護法の基本原則に踏みにじるものといわざるを得ません。
  動物愛護法は、実験動物などの区分けの規定はなく、区分けするべき合理的根拠もなく、痛みと感情を有する動物の命において差異はなく、実験動物も命ある動物として動物愛護法の適用と保護がなされると解されてきました。動物愛護法の「動物の命」と「人と動物の共生」の基本理念は、人類の普遍的原理であり、同規定を置く動物愛護法は、動物法の基本法と理解をされてきました。
 しかるに、実験動物を、動物愛護法から除き別の法律で規定をすることを含めて今後の方針とされたことは、実験動物を、「動物の命」と「人と動物の共生」の普遍的な基本原則の外に置くことに他ならず、実験動物が、「動物の命」において差異はなく、およそ動物の命への尊厳、畏敬、いたわりが必要なことは、人倫であり、動物愛護法の基本理念であるところ、そのような動物基本法に明らかに反するものと言うべきです。
  私達は、今回の動物愛護法の改正おいて、「動物の命」と「人と動物の共生」を基本原則として、行政に対して「殺す行政」から「生かす行政」へ、業者に対して「物・商品」から「命ある動物」として扱うべきことを、行政、社会、国民については「迷惑や被害を受ける動物の排除」から「動物の命と人と動物の共生」をすべき義務、責任を負うものとすべき、大きな法律改正を求めてきました。それは、動物との共生なくして、私達、人間が生存し、豊かに生活が送れるとは考えられないからです。
  上記の動物愛護法改正のために、実験動物を含めて、「動物の命」と「人と動物の共生」を目的とする、約30万人近くの署名や、数万件に及ぶパブコメにおいて、迷惑な動物を殺すことによって問題を解決し、人が利用する動物を、あたかも物として利用して痛みを与え続けて、利用が終われば殺して廃棄するという、行政、業者、社会の状況は、動物愛護法の普遍的な基本原則や人倫からも許されないとの、国民の多くの人達の意見をふまえて、その改正を求めてきたものです。
  私達は、この大詰めの状況において、上記の国民の声を踏まえた、動物愛護法の基本原則に基づいた動物愛護法の改正を実現するために、本意見交流会を開催するものです。

以 上


1 開催日 平成24年6月19日、午後5時から午後7時
2 場所  衆議院第一議員会館 大会議室(国会議事堂裏)
国会議事堂前駅(地下鉄千代田線・丸ノ内線) 徒歩1分 
3 主催:THEペット法塾、
共催:全国動物ネットワーク(*157の賛同団体リストは裏面)、日本動物虐待防止協会、栄町猫対策委員会、動物実験の法制度改善を求めるネットワーク
4 定員:300名 
5 次第、資料配布
  
司会進行:藤村晃子氏(社団法人日本動物虐待防止協会)
司会補佐:坂本博之氏(弁護士・NPO法人動物愛護を考える茨城県民ネットワーク)

____________________________________________

開会宣言  司会 日本動物虐待防止協会 藤村晃子氏 

開催趣旨説明 植田勝博弁護士(THEペット法塾) 


第一部
■基調報告1
「骨子案まとめまでの経緯を振り返って」 
   松野頼久氏(衆議院議員、民主)  
■基調報告2 
「動物愛護法改正を巡る動きを取材して」太田匡彦氏(AERA記者)

■第二部  再度、私たちは国会議員に訴えます。

テーマ①動物実験と実験動物の福祉についての意見
藤沢 顕卯氏(動物実験の法制度改善を求めるネットワーク)
ゲスト:「某化学企業社員の証言」~動物実験の現場からの体験談を聞く~
テーマ② 動物愛護法35条、引取制限(撤廃)を原則とすることの意見
植田勝博弁護士(THEペット法塾代表) 

テーマ③ 野良ねこ等所有者のいない動物についての繁殖抑止及び行政、社会、国民の
保護義務についての意見    宮本充氏(立川市栄町猫対策委員会 代表) 

議員挨拶

■第三部
意見交流会(パネリスト・議員と会場との意見交換)

・コーディネーター 植田勝博弁護士(THE ペット法塾代表)
・パネリスト:
出席議員
和崎聖子氏(NPO法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA))
山田佐代子氏(神奈川県動物愛護協会)
藤沢顕卯氏 (動物実験の法制度改善を求めるネットワーク)
成田司氏(株式会社コクーア代表取締役Giraf Project)
マルコ・ブルーノ氏(動物愛護支援の会代表)ほか
会場の参加者を交えて
 
閉会宣言 決議文 植田勝博弁護士(THEペット法塾代表)
閉会 の辞 司会 藤村晃子氏
**********************************************

1 申込方法: 事務局(全国動物ネットワーク事務局(坂本博之法律事務所)) 

※参加費は無料です。
※ただし、資料代としてお一人様500円のご協力をお願い申し上げます。
※①ご氏名、②ご住所、③(あれば)所属団体、④連絡のつくお電話番号をご明記の上、
「6.19緊急院内集会参加申込」として、下記のメールアドレス又はfaxにてお申し込み下さい。
のちほど整理番号等記載の受付票(印刷の上、当日ご持参ください)を返信させて頂きます。
※お一人様ごとに受付票を1枚お出ししますので、お一人様ごとにお申し込み下さい。
※残席がある場合は当日でもご入場頂けます。
_____________
※メール:fwin5675@nifty.com
※ファックス:029-851-5586
_____________
 お問い合わせ:
   *メール:fwin5675@nifty.com
*ファックス:  (029-851-5586)



犬猫救済の輪では、私たちと共に被災地で活動できる方を募集しています。
給餌や捕獲保護に慣れている方、車が出せる方、 メールフォーム 
よりお声をかけてください。

犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、東日本大震災と原発事故による被災動物救済活動を行っています。 
110308_093805_20110324015518.jpg

◆支援物資のお願い 川崎
・猫用トイレの紙砂又はトフカスサンド等おからの砂...只今、購入しています。ご協力お願い申し上げます。
.子猫の数がピークの時期に入りました。子猫用缶詰 ・カルカンレトルト・まぐろゼリーカップ等のウエットフードのご支援をお願い申し上げます。
・子猫用哺乳瓶(森乳サンワールド)
・子猫用ワンラックゴールデンキャットミルク(離乳食は不要です)
・子猫用ドライフードロイヤルカナンベビーキャット
・猫用ドライフード(種類問わず)
・猫用缶詰・レトルト(種類問わず)
・猫用おやつ(焼きカツオ)
・ペットシーツ ワイドサイズ・レギュラーサイズ
・塩素系ハイター(消毒用に使います)

受け入れ時間  平日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援金のお願い
不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!
救えるのはみんなの愛!「動物の家」シェルター新設
2012年夏の実現を目指します。

5月31日、無事に新シェルター物件の本契約が完了いたしました。
まずは、お世話になっております皆様にご報告とお礼を申し上げます。

アニマルシェルター設立基金
本契約成立までに必要な資金は3000万円、オープンまでの内装工事等が300万円と想定いたしております。シェルター設立基金は、実現後はシェルター運営のためのシェルター基金として続けてまいります。まずは、シェルターの実現、その後は沢山の動物達がそこに保護され命が守られていきますように今後とも皆様のご支援ご協力を宜しくお願い申し上げます。心からの感謝の気持ちを込めて、お礼とご報告をさせて頂きました。
        2012.5.31 犬猫救済の輪 結 昭子
目標額5,000,000円 現在 5,509,282円
ご寄附の明細はHP  シェルター設立基金 でご報告させていただきます。
sie1.jpg

振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルタ ・ 例 被災動物)と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ)とご記入下さい。



牛のご支援をお願いできます方は、こちらで詳細をご覧ください。
弁天さんの宝石ブログより
 http://ameblo.jp/nihaojet/
家畜おたすけ隊様ブログよりhttp://ameblo.jp/helpcow/


被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。
被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/


●消えていく命 ●ココニャン一家の縁結び
  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市動物愛護センター


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi



スポンサーサイト