シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 楢葉 警戒区域解除で一時帰宅
2012年08月10日 (金) | 編集 |
拡散ご協力お願い!!
富岡町、松村さんがお世話されている犬のアキちゃん、行方不明


富岡町に残って牛の世話をなさっている松村直登さんの犬アキちゃんがいなくなってしまい、探されているそうです。

名前 アキ メス 中型犬小さ目 甲斐犬ミックス  首輪外れたまま不明
アキちゃんが無事に松村さんの元へ帰れることを願います。
情報提供にご協力お願い申し上げます。


aki.jpg


http://www.labs.globalanimalwelfare.org/reports/view/142


https://www.facebook.com/photo.php?fbid=272982682803590&set=a.182470031854856.28558.182452015189991&type=3&theater


https://www.facebook.com/photo.php?fbid=273806639387861&set=a.182470031854856.28558.182452015189991&type=3&theater


http://blog.goo.ne.jp/kuru0214/e/83a1cd1daf7923375ebfce3ce532e9b8

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120810/k10014194423000.html




楢葉 警戒区域解除で一時帰宅
8月10日 13時8分
原発事故に伴う福島県楢葉町の警戒区域が10日午前0時に解除されたことを受けて、町内では朝から一時帰宅する住民の姿が見られました。

放射線量の高さに応じて行われる原発事故の避難区域の見直しで、楢葉町の警戒区域は、10日午前0時に解除され、住民の早期帰宅を目指す「避難指示解除準備区域」になりました。
宿泊はできませんが、立ち入りは自由になり、朝から一時帰宅する住民の姿が見られました。
楢葉町で生活雑貨店を営んでいた松本健二さんは、妻の幾子さんと車で店舗を兼ねた自宅に帰りました。
家では、窓を開けて空気を入れ替えたり、仏壇の花を取り替えたりしました。
また、電力会社の担当者に電気を使えるようにしてもらい、震災以来1年5か月ぶりに部屋に明かりがともると、幾子さんは涙ぐんでいました。
夫の健二さんは、「日常的に戻れるのは1歩前進でとてもうれしい。しかし、放射線の影響や第一原発の状況など心の中に一抹の不安がある。いつ家族全員が戻れるのか先行きが見えません」と話していました。
楢葉町長“インフラ整備や除染を進めたい”

警戒区域が解除されたことについて、楢葉町の松本幸英町長は、「町の復旧復興に向けて1歩踏み出すことができたと感じている。警戒区域の中で、しかも原発が立地する自治体としては初めての避難区域の見直しになるので、今後、各方面から注目されることになる。インフラの整備や除染をしっかり進めていきたい」と話しました。
一方で、住民が実際に住めるようになる時期については、「環境省は2年かけて除染作業を行うとしているが、経験がないことなので、住民の帰還時期は『環境が整えば』ということになる。今の時点ではいつになるということは断言できない」と述べました。
仮設トイレの設置が始まる

楢葉町の警戒区域が解除され、町への立ち入りは自由になりましたが、震災で壊れた上下水道がすべて復旧していないことから、町は一時帰宅する住民のために仮設のトイレの設置を始めました。
楢葉町では、地震や津波で道路などのインフラが大きな被害を受け、このうち上下水道はおよそ2800世帯のうち、1300世帯がまだ復旧していません。
このため楢葉町は、一時帰宅する住民のために、これらの地区の集会所や公共施設の21か所に仮設のトイレを設置することにしています。
10日は、委託を受けた業者がトラックで仮設トイレを運びこみ、ロープで固定していました。
設置作業は、11日まで行われます。
警戒区域の解除に反対の動きも

楢葉町の警戒区域の解除に反対する住民グループが、「安全が確保されているのか疑問だ」などとしてデモ活動を行いました。
警戒区域の解除に反対しているのは、避難区域の住民で作る「原発被災者の会」で、メンバーの楢葉町の町民やインターネットを通じた呼びかけで集まった人など8人がデモ活動をしました。
8人は、警戒区域の境界だった場所で、楢葉町内に入る車両に対し、「将来の子ども達に安心安全な楢葉町を残せますか」などと書かれた横断幕を掲げ、警戒区域の解除に疑問を投げかけました。
住民グループは、安全が確保されているか明らかでなく、健康への影響が懸念されるほか、避難の期間が短くなると、東京電力からの損害賠償が少なくなる可能性があると訴えていて、12日までデモ活動を行うことにしています。
グループ代表の新妻久明さんは、「安全が確認されておらず、楢葉町の将来が不安だ」と話していました。



http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120810/k10014188491000.html


福島・楢葉町の警戒区域が解除
8月10日 6時23分
原発事故によって町内のほとんどで立ち入りが制限されていた福島県楢葉町は、10日午前0時に警戒区域が解除され、住民の立ち入りができるようになりました。

政府は、原発事故の影響で避難区域に指定された11の自治体で、放射線量に応じて区域の見直しを進めています。
このうち楢葉町では、町のほとんどの地域で指定されていた警戒区域が、10日午前0時に解除されました。
国道の検問所では、警察官たちが標識や表示板などを撤去したあと、「規制解除」と声を挙げ検問を終えていました。
楢葉町は、これで住民が早期の帰還を目指す「避難指示解除準備区域」になり、自由に立ち入ることができるようになりましたが、夜間の宿泊はできません。
住民からは空き巣などの犯罪が増えるのではないかと不安の声が出ていることから、警察と消防のパトロール隊が早速、町内を回り、不審者がいないか確認していました。
福島県警察本部の緑川静生活安全部長は「町の安心と安全をしっかり確保し、復興を支えたい」と話していました。
避難区域が見直されたのは県内で5か所目で、福島第二原発がある楢葉町は、原発が立地する自治体では初めてとなります。





「動物実験の法制度改善を求めるネットワーク」様より
http://homepage2.nifty.com/jikken-houseido/

http://homepage2.nifty.com/jikken-houseido/zenkoku-ikensho.htm

この度、THEペット法塾様主催の以下のプロジェクトを共催することとなりました。
当会も全面的に参加・協力しています。
実験動物法改正を何としてでも実現させるために、このプロジェクトを国民運動にす
る必要があります。
ぜひ全国の皆様のご参加、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

(チラシを20枚以上ご利用または配布いただける方は、
こちらから送料無料で送付させていただきますのでご連絡ください。)

なお、国会情勢は未だ不透明で、今国会中(9/8まで)に法律が通るかどうかは不明で
す。
(現在、与党案をもとに与野党協議の最中で、まだ法案化に至っていません。)
どちらにしても悔いが残らないように頑張っていきましょう。

動物実験の法制度改善を求めるネットワーク




=========================
http://thepetlaw.web.fc2.com/
緊急提案!!これ以上時代遅れで良いのか!日本の実験動物 
~ご意見は2012年8月末までに~

動物愛護法・実験動物の法改正の国民運動のお願い

                                       
2012年8月3日
 THEペット法塾では、「動物愛護法・実験動物の法改正を求める申入書」を作成
し、主催:THEペット法塾、共催:全国動物ネットワーク、日本動物虐待防止協
会、栄町猫対策委員会、犬猫救済の輪、動物実験の法制度改善を求めるネットワー
ク、動物愛護支援の会(マルコ・ブルーノ)、NPO法人アニマルレフュージ関西
(エリザベス・オリバー)、その他で「動物愛護法・実験動物の法改正」の国民運動
を進めたいと思います。 2012年が、動物愛護法の5年毎の見直しの年であり、
2012年(平成24年)5月31日、民主党動物愛護対策ワーキングチ一ムは、法改
正項目にあった実験動物の項目を、改正項目から除くとの方針が示されました。 動
物愛護法35条の行政の引取殺処分を無くすための法改正などを含めて、この申入は
動物愛護法改正のために、市民1人1人が国会議員や行政、企業、大学、その他関連
機関へ訴えて、世論を国政に向けるものです。 今国会の短い会期の中で、国民の皆
様の一致団結をした早急な動物愛護法改正活動が必要です。 申入先のリストをセッ
トでご案内致しますが、本件に関してのお問い合わせは070-6634-6939までお願い致
します。 実験動物は動物愛護法41条で規定されながら、自主管理の下、闇の中に
置かれており、感情や痛みもある動物の命が浪費され、あるいは動物に不相当な苦痛
を与える状況が認められ、人倫及び動物愛護法からも許されないところであり、過去
2回にわたり立法が見送られてきた経緯があります。 一人でも多くの人達への配信
と申入をしていただくよう、他の皆様へも早急にご伝達いただき、特に業界団体や、
行政、議員の皆様にされることが重要と思います。 この活動は、主権者側から、申
入先の機関へアンケートを出し、回答結果を広報し、さらに、勉強会、国会議員、各
政党への申し入れなどの活動を進めていきたいと思います。 今国会の1ヶ月余の最
後の活動であり、これをまた、5年後の見直しに託することはできないところであ
り、皆様一人でも多くの方に呼びかけてご意見を国会や改正に反対する機関などに届
けるご尽力が必要です。 宜しくお願い申し上げます。

 ◆動物愛護法・実験動物の法改正の申し入れ・意見書◆
http://thepetlaw.web.fc2.com/Scan/jikkendoubutu_mousiiresyo.pdf

 ※申し入れ宛先リストを掲載します。追加があれば別途リストの追加掲載をいたし
ます。問合せ先メールアドレスにつきましては、別途掲載いたします。

 ◆動物愛護法・実験動物の法改正の申し入れ宛先リスト◆
http://thepetlaw.web.fc2.com/Scan/atesaki_list_1.pdf






■NPO法人横浜アニマルファミリー様
「人と動物の共生推進よこはま協議会」委員・太田成江氏に委員勇退勧告書提出



■太田市議動物愛護掲示板
http://www.ota-masataka.com/





110308_093805_20110324015518.jpg
犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、東日本大震災と原発事故による被災動物救済活動を行っています。
◆被災地用支援物資のお願い
福島被災地の給餌用猫ドライフードのご協力をお願い申し上げます。

被災地の猫達の給餌は残されている猫の数に対し、給餌に行かれる人の人数が大幅に足りていません。そのため犬猫救済の輪では、給餌に行く回数を増やすと共に、警戒区域解除になる場所は保護や不妊手術について飼い主さんとも相談しながら進めてまいります。フードの支援を常時受け付けてまいります。警戒区域解除になります場所は、少し時間をかけて丁寧に給餌ができますので缶詰も使ってあげたいと思っています。引き続き、被災地の猫達の命を繋ぐため、どうぞ、フード支援のご協力を宜しくお願い申し上げます。
フードは、種類問わず、福島・川崎共に日にち指定なしでお受けさせて頂きます。
 
◆支援物資のお願い 福島
・成猫用ドライフード
・成猫用缶詰種類問わず(手間を少しでもかけずにすむパッ缶希望)
・犬用缶詰 レトルト等(種類問わず
・猫用おやつ少々(焼きカツオ・・被災地等の猫の捕獲時にも使います)
・アイスボックス(中にペットボトル2Lを入れます)
・100円洗面器
・消耗品中古バスタオル・フェイスタオル
・箱ティッシュ

●福島 受け入れ時間  毎日12時から17時 
受け入れ先住所 〒963-6315福島県石川郡玉川村大字中字後作田33-13
        玉川ペット霊園  ボランティア事業部宛 


◆支援物資のお願い 川崎
・猫用トイレの紙砂またはおからの砂と、子猫、成猫用缶詰レトルトのご協力をお願い申し上げます。
・塩素系ハイター(消毒用に用います)
・処方食a/d缶
・子猫用粉ミルク(森永サンワールドキャットミルク)

・犬用レトルト等(種類問わず)
・犬用おやつ(さやビーフ味・スナックボーイ)
・猫用おやつ(焼きカツオ・・被災地等の猫の捕獲時にも使います)
・100円洗面器
・消耗品中古バスタオル
・ガムテープ(粘着力のある布製普通幅の物)
・アイスボックス(中にペットボトル2Lを入れます)
※新シェルターまもなく稼働に伴いまして希望しております。
・アイリスオーヤマ ステンレス製食器 猫用 SA-100 50枚
http://item.rakuten.co.jp/webbymono/50042709/
・成猫用缶詰種類問わず(手間を少しでもかけずにすむパッ缶希望)
・成猫用ドライフード
(歯のない猫もいるため、丸呑みできる小粒の物、銀のスプーン等も少々ありますと助かります)
●川崎 受け入れ時間  毎日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援金のお願い
不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!
救えるのはみんなの愛!「動物の家」シェルター新設、お陰様で新シェルターの内装工事が7月29日で一旦完了いたします。いよいよ保護猫の施設として稼働致します。


被災地は、活動される方の人数も減り残された動物達は厳しすぎる環境に耐えつつも、日々、多くの命がつきていく現実です。
犬猫救済の輪では、ご支援者様、ボランティアさん、多くの皆様の力を結集して苦境におかれた動物たちを一頭でも多く救出してまいります。
引き続き殺処分ゼロを目指し、動物愛護センターとも連携し収容動物の引き出し譲渡にも力を注ぎます。
新シェルターの運営が始まります。
多くの命を救い維持していくため、皆様には一層のご支援を賜りますよう切にお願い申し上げます。
                 7月27日  犬猫救済の輪 結 昭子

ご寄附の明細はHP  シェルター基金 でご報告させていただきます。
 ◆現在 6,945,581円
sie1.jpg

支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルター支援 ・例 被災動物支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ ・ 例 イッパン)とご記入下さい。





厳しい炎天下に水なし、エサなし、これでは生きていけない
福島・楢葉町の「警戒区域」、8月10日解除へ
苦しい命が救いを待っています。生き残る命のために、給餌給水が必要です。足を運んで頂けませんか!

情報や、同行者を希望されます方、お問い合わせは、犬猫救済の輪 メールフォーム にて



社)アニマルエイドさん 里親さん探しをしている猫達の情報ページです☆
http://ameblo.jp/anieisatogo/ 
被災地から沢山の猫を保護されています。まだまだ、取り残されている猫達を救出するためにも、もう一度、猫を迎えることを真剣に考えてみて頂けませんか。アニマルエイドさんは、埼玉県です。特に、埼玉方面の方宜しくお願い申し上げます。
愛に気付くさんでは、警戒区域動物レスキュー隊員を募集されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/iihiroi324/14022649.html


福島の吉田美恵子さんよりのお願いです。
「警戒区域解除の小高の給餌活動にご参加いただけませんか。」

小高区給餌ボランティアに関してのみ、下記時間内でお願い致します。
吉田美恵子  電話 090-4555-5452
電話対応時間 15時~18時



被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。
被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/


●ココニャン一家の縁結び  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市動物愛護センター


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi




拡散歓迎!!
あなたも、ホームページを作ってみませんか。
ボランティアT君のお仕事


LimeNetWork0円ホームページ






スポンサーサイト

 拡散ご協力お願い!! 富岡町、松村さんがお世話されている犬のアキちゃん、行方不明
2012年08月10日 (金) | 編集 |
拡散ご協力お願い!!
富岡町、松村さんがお世話されている犬のアキちゃん、行方不明


富岡町に残って牛の世話をなさっている松村直登さんの犬アキちゃんがいなくなってしまい、探されているそうです。

名前 アキ メス 中型犬小さ目 甲斐犬ミックス  首輪外れたまま不明
アキちゃんが無事に松村さんの元へ帰れることを願います。
情報提供にご協力お願い申し上げます。


aki.jpg


http://www.labs.globalanimalwelfare.org/reports/view/142


https://www.facebook.com/photo.php?fbid=272982682803590&set=a.182470031854856.28558.182452015189991&type=3&theater


https://www.facebook.com/photo.php?fbid=273806639387861&set=a.182470031854856.28558.182452015189991&type=3&theater


http://blog.goo.ne.jp/kuru0214/e/83a1cd1daf7923375ebfce3ce532e9b8




「動物実験の法制度改善を求めるネットワーク」様より
http://homepage2.nifty.com/jikken-houseido/

http://homepage2.nifty.com/jikken-houseido/zenkoku-ikensho.htm

この度、THEペット法塾様主催の以下のプロジェクトを共催することとなりました。
当会も全面的に参加・協力しています。
実験動物法改正を何としてでも実現させるために、このプロジェクトを国民運動にす
る必要があります。
ぜひ全国の皆様のご参加、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

(チラシを20枚以上ご利用または配布いただける方は、
こちらから送料無料で送付させていただきますのでご連絡ください。)

なお、国会情勢は未だ不透明で、今国会中(9/8まで)に法律が通るかどうかは不明で
す。
(現在、与党案をもとに与野党協議の最中で、まだ法案化に至っていません。)
どちらにしても悔いが残らないように頑張っていきましょう。

動物実験の法制度改善を求めるネットワーク




=========================
http://thepetlaw.web.fc2.com/
緊急提案!!これ以上時代遅れで良いのか!日本の実験動物 
~ご意見は2012年8月末までに~

動物愛護法・実験動物の法改正の国民運動のお願い

                                       
2012年8月3日
 THEペット法塾では、「動物愛護法・実験動物の法改正を求める申入書」を作成
し、主催:THEペット法塾、共催:全国動物ネットワーク、日本動物虐待防止協
会、栄町猫対策委員会、犬猫救済の輪、動物実験の法制度改善を求めるネットワー
ク、動物愛護支援の会(マルコ・ブルーノ)、NPO法人アニマルレフュージ関西
(エリザベス・オリバー)、その他で「動物愛護法・実験動物の法改正」の国民運動
を進めたいと思います。 2012年が、動物愛護法の5年毎の見直しの年であり、
2012年(平成24年)5月31日、民主党動物愛護対策ワーキングチ一ムは、法改
正項目にあった実験動物の項目を、改正項目から除くとの方針が示されました。 動
物愛護法35条の行政の引取殺処分を無くすための法改正などを含めて、この申入は
動物愛護法改正のために、市民1人1人が国会議員や行政、企業、大学、その他関連
機関へ訴えて、世論を国政に向けるものです。 今国会の短い会期の中で、国民の皆
様の一致団結をした早急な動物愛護法改正活動が必要です。 申入先のリストをセッ
トでご案内致しますが、本件に関してのお問い合わせは070-6634-6939までお願い致
します。 実験動物は動物愛護法41条で規定されながら、自主管理の下、闇の中に
置かれており、感情や痛みもある動物の命が浪費され、あるいは動物に不相当な苦痛
を与える状況が認められ、人倫及び動物愛護法からも許されないところであり、過去
2回にわたり立法が見送られてきた経緯があります。 一人でも多くの人達への配信
と申入をしていただくよう、他の皆様へも早急にご伝達いただき、特に業界団体や、
行政、議員の皆様にされることが重要と思います。 この活動は、主権者側から、申
入先の機関へアンケートを出し、回答結果を広報し、さらに、勉強会、国会議員、各
政党への申し入れなどの活動を進めていきたいと思います。 今国会の1ヶ月余の最
後の活動であり、これをまた、5年後の見直しに託することはできないところであ
り、皆様一人でも多くの方に呼びかけてご意見を国会や改正に反対する機関などに届
けるご尽力が必要です。 宜しくお願い申し上げます。

 ◆動物愛護法・実験動物の法改正の申し入れ・意見書◆
http://thepetlaw.web.fc2.com/Scan/jikkendoubutu_mousiiresyo.pdf

 ※申し入れ宛先リストを掲載します。追加があれば別途リストの追加掲載をいたし
ます。問合せ先メールアドレスにつきましては、別途掲載いたします。

 ◆動物愛護法・実験動物の法改正の申し入れ宛先リスト◆
http://thepetlaw.web.fc2.com/Scan/atesaki_list_1.pdf






■NPO法人横浜アニマルファミリー様
「人と動物の共生推進よこはま協議会」委員・太田成江氏に委員勇退勧告書提出



■太田市議動物愛護掲示板
http://www.ota-masataka.com/





110308_093805_20110324015518.jpg
犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、東日本大震災と原発事故による被災動物救済活動を行っています。
◆被災地用支援物資のお願い
福島被災地の給餌用猫ドライフードのご協力をお願い申し上げます。

被災地の猫達の給餌は残されている猫の数に対し、給餌に行かれる人の人数が大幅に足りていません。そのため犬猫救済の輪では、給餌に行く回数を増やすと共に、警戒区域解除になる場所は保護や不妊手術について飼い主さんとも相談しながら進めてまいります。フードの支援を常時受け付けてまいります。警戒区域解除になります場所は、少し時間をかけて丁寧に給餌ができますので缶詰も使ってあげたいと思っています。引き続き、被災地の猫達の命を繋ぐため、どうぞ、フード支援のご協力を宜しくお願い申し上げます。
フードは、種類問わず、福島・川崎共に日にち指定なしでお受けさせて頂きます。
 
◆支援物資のお願い 福島
・成猫用ドライフード
・成猫用缶詰種類問わず(手間を少しでもかけずにすむパッ缶希望)
・犬用缶詰 レトルト等(種類問わず
・猫用おやつ少々(焼きカツオ・・被災地等の猫の捕獲時にも使います)
・アイスボックス(中にペットボトル2Lを入れます)
・100円洗面器
・消耗品中古バスタオル・フェイスタオル
・箱ティッシュ

●福島 受け入れ時間  毎日12時から17時 
受け入れ先住所 〒963-6315福島県石川郡玉川村大字中字後作田33-13
        玉川ペット霊園  ボランティア事業部宛 


◆支援物資のお願い 川崎
・猫用トイレの紙砂またはおからの砂と、子猫、成猫用缶詰レトルトのご協力をお願い申し上げます。
・塩素系ハイター(消毒用に用います)
・処方食a/d缶
・子猫用粉ミルク(森永サンワールドキャットミルク)

・犬用レトルト等(種類問わず)
・犬用おやつ(さやビーフ味・スナックボーイ)
・猫用おやつ(焼きカツオ・・被災地等の猫の捕獲時にも使います)
・100円洗面器
・消耗品中古バスタオル
・ガムテープ(粘着力のある布製普通幅の物)
・アイスボックス(中にペットボトル2Lを入れます)
※新シェルターまもなく稼働に伴いまして希望しております。
・アイリスオーヤマ ステンレス製食器 猫用 SA-100 50枚
http://item.rakuten.co.jp/webbymono/50042709/
・成猫用缶詰種類問わず(手間を少しでもかけずにすむパッ缶希望)
・成猫用ドライフード
(歯のない猫もいるため、丸呑みできる小粒の物、銀のスプーン等も少々ありますと助かります)
●川崎 受け入れ時間  毎日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援金のお願い
不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!
救えるのはみんなの愛!「動物の家」シェルター新設、お陰様で新シェルターの内装工事が7月29日で一旦完了いたします。いよいよ保護猫の施設として稼働致します。


被災地は、活動される方の人数も減り残された動物達は厳しすぎる環境に耐えつつも、日々、多くの命がつきていく現実です。
犬猫救済の輪では、ご支援者様、ボランティアさん、多くの皆様の力を結集して苦境におかれた動物たちを一頭でも多く救出してまいります。
引き続き殺処分ゼロを目指し、動物愛護センターとも連携し収容動物の引き出し譲渡にも力を注ぎます。
新シェルターの運営が始まります。
多くの命を救い維持していくため、皆様には一層のご支援を賜りますよう切にお願い申し上げます。
                 7月27日  犬猫救済の輪 結 昭子

ご寄附の明細はHP  シェルター基金 でご報告させていただきます。
 ◆現在 6,945,581円

sie1.jpg

支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルター支援 ・例 被災動物支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ ・ 例 イッパン)とご記入下さい。





厳しい炎天下に水なし、エサなし、これでは生きていけない
福島・楢葉町の「警戒区域」、8月10日解除へ
苦しい命が救いを待っています。生き残る命のために、給餌給水が必要です。足を運んで頂けませんか!

情報や、同行者を希望されます方、お問い合わせは、犬猫救済の輪 メールフォーム にて



社)アニマルエイドさん 里親さん探しをしている猫達の情報ページです☆
http://ameblo.jp/anieisatogo/ 
被災地から沢山の猫を保護されています。まだまだ、取り残されている猫達を救出するためにも、もう一度、猫を迎えることを真剣に考えてみて頂けませんか。アニマルエイドさんは、埼玉県です。特に、埼玉方面の方宜しくお願い申し上げます。
愛に気付くさんでは、警戒区域動物レスキュー隊員を募集されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/iihiroi324/14022649.html


福島の吉田美恵子さんよりのお願いです。
「警戒区域解除の小高の給餌活動にご参加いただけませんか。」

小高区給餌ボランティアに関してのみ、下記時間内でお願い致します。
吉田美恵子  電話 090-4555-5452
電話対応時間 15時~18時



被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。
被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/


●ココニャン一家の縁結び  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市動物愛護センター


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi




拡散歓迎!!
あなたも、ホームページを作ってみませんか。
ボランティアT君のお仕事


LimeNetWork0円ホームページ