FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 横浜市が野良猫無料不妊手術を、公共事業として来年度よりスタート
2012年09月30日 (日) | 編集 |
トップ固定 記事はこの下からになります。

保護猫のお世話等、ボランティアさん大募集!週1回シフト制です!
 

福島の被災地には、まだまだ、沢山の猫達が取り残されています。救いを待っています。
あなたの手をお貸し下さいませんか。初めての方も大歓迎です。
o0350026311320954821.jpg

ボランティアのお問い合わせは メールフォーム にて


o0450033811742904684.jpg

DS2049.jpg福島の保健所から来た犬の、サクラちゃんが里親様を待っています。
(推定3才  茶色 中型犬大き目 甘えん坊 元気ですが無駄なきしない飼いやすい女の子です。一緒に暮らしたら本当に楽しい暮らしができるでしょう。室内飼い、一生大切にしていただける方をお待ちしています。)



横浜市が公共事業としての野良猫無料不妊手術をスタート(来年度から)

すでにお伝えしていますが、横浜市では来年度から横浜市の公共事業として野良猫の無料不妊手術を横浜市動物愛護センターでスタートします。
「飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術はは行政が行うべき公共、公益事業です」と犬猫救済の輪では以前から主張してきました。

大都市ヨコハマで、公共事業として市民の負担なく市の施設で市の職員により手術がスタートすることは大変意味があります。
仮に横浜でのスタートの不妊手術数が少なくても、全国の各センターでセンターの獣医による不妊手術の動きが加速することで、全国的な殺処分ゼロへの道が加速します。
横浜の一歩は、非常に大きな一歩だと思いませんか。
あなたのお住まいの自治体にもこの新聞記事を送るなど、広めてくださいませんか。






神奈川新聞9月26日の報道
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1209260004/

野良猫の不妊・去勢手術、横浜市が来年度から一部を無料化/神奈川


2012年9月26日


 横浜市は2013年度から、野良猫の一部の不妊・去勢手術を市動物愛護センター(神奈川区)で無料で実施する方針を決めた。これまでの助成制度も継続する。無料手術は月10匹程度で、市健康福祉局は「無料手術を求める市民の声に応えた。野良猫を減らしたい」と話している。

 同局によると、無料手術は同センターに市獣医師会の獣医師を招いて実施する考えで、費用は市が全額を負担する。10匹の選定方法などは今後検討するとしている。

 市が現在、設けている不妊・去勢手術費用の助成は飼い猫4千円、野良猫6千円で市と獣医師会が負担。12年度予算には約2千万円(約4400匹分)を計上している。

 市は年間約1万2千匹の猫が保護されていた1988年度から不妊・去勢手術費用の助成を開始。助成の拡大とともに保護数は年々減少しており、11年度は1565匹だった。そのうち396匹が譲渡・返還され、188匹が殺処分となり、900匹以上が同センターや動物病院などで病死、衰弱死したという。

 野良猫に対する市民からの苦情は11年度で3550件あった。



フクシマ スペイ クリニックさん 福島県白河市
http://animalrescue-sf.org/fukushima/index.html





犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、東日本大震災と原発事故による被災動物救済活動を行っています。
◆被災地に取り残されている猫たちへの給餌用ドライフードが不足しています。お支援ご協力お願い申し上げます。
9月福島への最終便は、9月26日(水)川崎より出発予定です。
9月25日(火)まで、川崎必着にて宜しくお願い申し上げます。

◆支援物資のお願い 川崎
・猫缶種類問わず
・処方食a/d缶
・主食成猫用ドライフード
・塩素系ハイター(消毒用に用います)
・猫用トイレの紙砂(種類問わず)

・犬用おやつ(ドギーマンチーササビーフサンド・おやつですよチーズ・デビフマイルドジャーキービーフ)
・消耗品 ・箱ティッシュ ・トイレットペーパー(猫のお尻用にも使えるダブルソフト希望) ・トイレマジックリン ・洗濯用粉石鹸
※新シェルター稼働に伴いまして希望しております。
・中古キャットタワー(大小可)
・フレッシュファウンテンコンパクト交換用フィルター 10箱程  
http://item.rakuten.co.jp/aquadiscount/11-02-00037/
・主食成猫用ドライフード・成猫用缶詰種類問わず シェルターは50~100頭の猫が入居してきます。現在60頭入居済。まずは、主食のドライフードが大量に必要です。種類問わず。

●川崎 受け入れ時間  毎日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い 「動物達の家」新シェルター


不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!
救えるのはみんなの愛!お陰様で、「動物の家」新シェルターがスタート致しました!

被災地は、活動できるボランティアの人数も減り、残された動物達は餌も水もない厳しすぎる環境に耐えつつも、日々、多くの命がつきていく現状です。
犬猫救済の輪では、ご支援者様、ボランティアさん、多くの 皆様の力を結集して苦境におかれた動物たちの救済に懸命にあたっております。
また、行政の殺処分ゼロを目指し、動物愛護センター収容の動物の引き出しにも 力を入れています。
2011.3.11震災と原発によって被災動物となった苦しみ彷徨う動物たちを、救出してほしいと願う全国の皆様から、現地で救出活動にあたる私共の元に沢山のご支援が寄せられました。第一にしなければならないことは何百頭もの沢山の動物を保護する場所の確保でした。シェルター設立基金に皆様の多大なご支援を賜りまして、また、被災動物支援金、一般寄付も投入させて頂きまして、生死の瀬戸際に置かれている待てない命を救うべく、動物保護シェルターの設立を実現いたしました。
「動物達の家」新シェルターの運営が始まりました。2012.9月現在、すでに猫60頭が入居しました。引き続き被災地に取り残された猫達の救出保護を全力で行います。

設立後、「シェルター設立基金」は、「シェルター基金」と名前を変えました。
この場所で沢山の命を守ってい けるようしっかり運営してまいります。今後ともシェルター基金に、ご支援ご協力を賜れますよう宜しくお願い申し上げます。
ご寄附の明細はHP  シェルター基金 でご報告させていただきます。

7892925.jpg

支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルター支援 ・例 被災動物支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ ・ 例 イッパン)とご記入下さい。




福島の吉田美恵子さんよりのお願いです。
「警戒区域解除の小高の給餌活動にご参加いただけませんか。」

小高区給餌ボランティアに関してのみ、下記時間内でお願い致します。
吉田美恵子  電話 090-4555-5452
電話対応時間 15時~18時



被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。
被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/


●ココニャン一家の縁結び  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市動物愛護センター


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi



1kanban1.jpg

獣医師募集 (アルバイト・パートも可)
 お問い合わせは メールフォーム にて




拡散歓迎!!
あなたも、ホームページを作ってみませんか。
ボランティアT君のお仕事


LimeNetWork0円ホームページ



スポンサーサイト




 警戒区域 2012年9月保護給餌活動
2012年09月30日 (日) | 編集 |
トップ固定 記事はこの下からになります。

ネコトモノカイ様
dekirukotowo.jpg


o0450033811742904684.jpg

DS2049.jpg福島の保健所から来た犬の、サクラちゃんが里親様を待っています。
(推定3才  茶色 中型犬大き目 甘えん坊 元気ですが無駄なきしない飼いやすい女の子です。一緒に暮らしたら本当に楽しい暮らしができるでしょう。室内飼い、一生大切にしていただける方をお待ちしています。)



警戒区域 2012年9月保護給餌活動

常磐道は、いわきから四倉まで、通行止めになっています。
6号線に出て四倉まで走る車窓。

一面に田んぼが広がり、稲が実っています。綺麗です。
福島に通うようになって、こんなに外に出て四季の移り変わりを1年を通して見たことは子供の時以来です。風に揺れるススキの穂と稲、故郷山梨の風景とも重なります。
でも、立ち止まる時間はなく

CIMG8622.jpg


警戒区域入りです。
検問は、以前よりチェックが厳しくなりました。
運転する人の免許証確認は勿論ですが、同乗者すべてに身分証明書の提示が義務付けられたようです。

圏内入りすると、大熊町に直行します。
今後どうなってしまうかわからない場所です。捕獲保護は、大熊町と双葉町の一部を優先しています。
捕獲器を目的の場所にかけて回ったら、後は、ひたすら給餌ポイントを回ってフードを次回までの分、ストックしていきます。

給餌
CIMG8629.jpg


給餌
CIMG8628.jpg


給餌
CIMG8627.jpg


移動する道は、背丈以上にも伸びた雑草が覆いかぶさり、元の田畑の風景をすっかり変えています。
CIMG8668.jpg


ひたすら、給餌ポイントを回ります。
給餌場所は、なるべくご依頼主の家にあるものを工夫して使わせて頂きます。
CIMG8711.jpg



CIMG8632.jpg



CIMG8633.jpg




二日で130箇所、単純計算で1日65箇所回ることになります。
給餌だけならできるのですが、捕獲保護に時間をとられます。

原発に近い大熊町
朝、給餌器は空っぽのままにして捕獲器を2台かけていったところです。危険な動物から守るために少しでも安全そうな場所に捕獲器を仕掛けてあります。
暗くなる前に、回収に回ります。

CIMG8692.jpg


生後6か月位のベージュ色の猫が入っていました。

CIMG8689.jpg



CIMG8696.jpg

1日目に捕獲した猫たちは、警戒区域から出て楢葉町の住人の方のご協力で、一晩、楢葉の安全な場所におかせて頂けます。









保護猫のお世話等、ボランティアさん大募集!週1回シフト制です!
 

福島の被災地には、まだまだ、沢山の猫達が取り残されています。救いを待っています。あなたの手をお貸し下さいませんか。
初めての方も大歓迎です。
o0350026311320954821.jpg

ボランティアのお問い合わせは メールフォーム にて







犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院は、東日本大震災と原発事故による被災動物救済活動を行っています。
◆被災地に取り残されている猫たちへの給餌用ドライフードが不足しています。お支援ご協力お願い申し上げます。
9月福島への最終便は、9月26日(水)川崎より出発予定です。
9月25日(火)まで、川崎必着にて宜しくお願い申し上げます。

◆支援物資のお願い 川崎
・処方食a/d缶
・塩素系ハイター(消毒用に用います)
・猫用トイレの紙砂(種類問わず)
・主食成猫用ドライフード・子猫用ドライフード
・猫缶種類問わず

・犬用おやつ(ドギーマンチーササビーフサンド・おやつですよチーズ・デビフマイルドジャーキービーフ・さやビーフ味)
・消耗品 ・箱ティッシュ ・トイレットペーパー(猫のお尻用にも使えるダブルソフト希望) ・トイレマジックリン ・洗濯用粉石鹸
※新シェルター稼働に伴いまして希望しております。
・中古キャットタワー(大小可)
・フレッシュファウンテンコンパクト交換用フィルター 10箱程  
http://item.rakuten.co.jp/aquadiscount/11-02-00037/
・主食成猫用ドライフード・成猫用缶詰種類問わず シェルターは50~100頭の猫が入居してきます。現在60頭入居済。まずは、主食のドライフードが大量に必要です。種類問わず。

●川崎 受け入れ時間  毎日12時から17時 
受け入れ先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
        TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い 「動物達の家」新シェルター


不幸な命を助けよう!災害時の命、保護できますように!
救えるのはみんなの愛!お陰様で、「動物の家」新シェルターがスタート致しました!

被災地は、活動できるボランティアの人数も減り、残された動物達は餌も水もない厳しすぎる環境に耐えつつも、日々、多くの命がつきていく現状です。
犬猫救済の輪では、ご支援者様、ボランティアさん、多くの 皆様の力を結集して苦境におかれた動物たちの救済に懸命にあたっております。
また、行政の殺処分ゼロを目指し、動物愛護センター収容の動物の引き出しにも 力を入れています。
2011.3.11震災と原発によって被災動物となった苦しみ彷徨う動物たちを、救出してほしいと願う全国の皆様から、現地で救出活動にあたる私共の元に沢山のご支援が寄せられました。第一にしなければならないことは何百頭もの沢山の動物を保護する場所の確保でした。シェルター設立基金に皆様の多大なご支援を賜りまして、また、被災動物支援金、一般寄付も投入させて頂きまして、生死の瀬戸際に置かれている待てない命を救うべく、動物保護シェルターの設立を実現いたしました。
「動物達の家」新シェルターの運営が始まりました。2012.9月現在、すでに猫60頭が入居しました。引き続き被災地に取り残された猫達の救出保護を全力で行います。

設立後、「シェルター設立基金」は、「シェルター基金」と名前を変えました。
この場所で沢山の命を守ってい けるようしっかり運営してまいります。今後ともシェルター基金に、ご支援ご協力を賜れますよう宜しくお願い申し上げます。
ご寄附の明細はHP  シェルター基金 でご報告させていただきます。

7892925.jpg

支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767  口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルター支援 ・例 被災動物支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ ・ 例 イッパン)とご記入下さい。




福島の吉田美恵子さんよりのお願いです。
「警戒区域解除の小高の給餌活動にご参加いただけませんか。」

小高区給餌ボランティアに関してのみ、下記時間内でお願い致します。
吉田美恵子  電話 090-4555-5452
電話対応時間 15時~18時



被災地での動物と飼い主様・レスキューの皆様に大変有益な情報を発信して下さっています。
被災地動物情報のブログ
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/


●ココニャン一家の縁結び  
●神奈川県動物保護センター収容犬   ●川崎市動物愛護センター   ●横浜市動物愛護センター


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi



1kanban1.jpg

獣医師募集 (アルバイト・パートも可)
 お問い合わせは メールフォーム にて




拡散歓迎!!
あなたも、ホームページを作ってみませんか。
ボランティアT君のお仕事


LimeNetWork0円ホームページ