FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 ☆福島 6号線 最後の検問通過
2014年09月14日 (日) | 編集 |
☆福島 6号線 最後の検問通過

原発20キロ圏内の活動のためにどうしても通らなければならない6号線。
この通行許可を取るために、3年半ずっと苦労続きでした。

9月15日から、一般車両が許可証無しで通過できるようになる6号線
DSC02802.jpg



DSC02725.jpg



楢葉町・富岡町の一部が日中の立入ができるようになり、検問が富岡町に移動になり、ここから圏内に入っての活動が続いていました。この検問が15日0時で無くなります。
許可証無しで6号線のみの通過ができるようになりますので、何時間もかけて遠回りをしなければならなかった人たちにとってやっとの開通は待ちに待っていたものです。
DSC02726.jpg


さて、圏内で猫達の救済活動しなければならない私たちにとっては、どうなるのか。
DSC02727.jpg



DSC02729.jpg


DSC02779.jpg



DSC02730.jpg



DSC02731.jpg


大熊町の作業、そして6号線を右に第一原発を見て
DSC02732.jpg


双葉町へ。
DSC02734.jpg



DSC02775.jpg




特に活動が困難な区域です。
けれど、確実に残されている猫達がいます。
DSC02776.jpg


少しでも早い時間に捕獲器を設置します。
DSC02778.jpg


DSC02743.jpg



DSC02747.jpg


6号線から近いこの場所は、エサを探して道を渡って辿り着く猫もいます。
沢山の命を繋いでいる給餌ポイントです。
いつか掃除をしたいと思いながら3年半、やっと、掃くだけですが初めて掃除ができました。
DSC02736.jpg



DSC02738.jpg


目撃しながら何度捕獲器をかけても入っておらず、諦めずに続けて、やっと入ってくれたキジトラの男の子。
白血病でした。みんなで、大切にします。
DSC02940.jpg


双葉町から浪江町へ抜ける検問 ここを抜けて、浪江町に入っていました。
ここも無くなって、開通です。
DSC02755.jpg


この検問の人たちは、いつも、一台一台の車に頭を下げて、暑い日も雨の日も一生懸命大変な仕事してたな。
お疲れ様でした。
DSC02756.jpg



6号線の通過で、浪江町に行けるようになります。
浪江町の猫達の給餌保護活動をしてみようと思われますボランティアさんがいらっしゃいましたら、改めてご連絡をお待ちしています。




さて、大熊町、双葉町につきましては、今までにない更に厳しい局面を迎えたと思われます。
6号線通過により、一般車両も多く通過するため、今までほんの数か所開いていたバリケードが全て閉められ、日中は有人管理されると聞いています。

大熊町、双葉町、取り残されている猫達が確実にいるのに、
声をあげられない小さな命が、飢えに苦しみ彷徨っていることなど、何とも思わないのか。
犠牲は人間だけではない。人間に見捨てられた命を、救出するべきと、正しい声をあげられる人はいないのか。
弱い物は、見捨てられる、今が変わらないなら、それがこの地域の未来になってしまうのでは。




スポンサーサイト




 ☆フォスターペアレント様へ連絡事項 ☆「地域猫」活動 県が後押し/山口
2014年09月14日 (日) | 編集 |
☆フォスターペアレント様へ連絡事項
現在入院中の猫達
マリオ君(白血病)(腎臓肝臓貧血黄疸削痩) 重症
ロク君 (腎臓) 数値悪い 
清美ちゃん(白血病)目・頬の腫れ・・回復傾向
__.jpg





☆「地域猫」活動 県が後押し/山口


http://shippo-news.seesaa.net/article/405091439.html

読売新聞
2014年09月08日 Copyright The Yomiuri Shimbun

殺処分年間4000匹、7割減目指す

 県は今年度から、住民が協力して野良猫の世話をする「地域猫」活動の推進に本格的に乗り出す。引き取り手のない猫や殺処分を減らす取り組みの一つで、活動を広く知ってもらおうと、先駆者で横浜市神奈川区福祉保健センター職員の黒沢泰さんを招いた学習会を10日に山口市、11日に周南市で開く。(北川洋平)

 地域猫は、住民が主体となって野良猫の餌やりやフンの始末、周辺の清掃などを行う活動。不妊・去勢手術も施して繁殖を防ぎ、地域で共生しながら野良猫を徐々に減らしていく。1990年代に横浜市で始まり、全国に広がった。手術費用の負担が課題だが、全国的に助成制度を導入する自治体も増えている。

 県内の猫の引き取りと殺処分は、いずれも年間4000匹程度と横ばい状態が続いており、ほとんどが野良猫という。県は活動を定着させることなどで殺処分の減少を目指す。3月に策定した県動物愛護管理推進計画(改定版、2014~23年度)では、23年度に引き取り、殺処分数を現状から7割削減して1200匹以下にするとしている。

 初年度となる今年度は「動物の飼い方マナーアップ強化期間」(今月1日~10月末)に合わせ、10日午後2時から県教育会館(山口市)、11日午前10時から周南総合庁舎(周南市)で学習会を開催。黒沢さんに活動や先進事例を紹介してもらう。参加無料。県生活衛生課は「猫のトラブルに困っている人や関心がある人にぜひ聞いてほしい」と呼びかけている。

 問い合わせは同課(083・933・2974)へ。