シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆中間貯蔵施設 搬入開始   取り残された猫、一刻も早く救出したい  ☆京都市条例 予算委員会(市長総括質疑)…進化する動物愛護行政の推進を!☆大拡散希望!! 京都市条例・・猫餌やり禁止につながる条例・・・3月20日が最終本会議です。市議へあなたの最後の訴えを!
2015年03月14日 (土) | 編集 |
【TOP固定】

☆飯館村活動natsumintさんよりフードご支援のお願いです
 フード募集期間:3月14日(土)~18日(水)
 詳細はこちらよりご確認願います⇒


☆ボランティア連携福島レスキュー活動 
3月13日(金)またたびさん&ねこかつさん号・ねこのマリアさん&Dさん号
3月14日(土)ニャンダ-ガード岳っちさん&Mさん号・犬猫救済の輪結号・犬猫救済の輪ボランティア号
3月15日(日)桜ママさん号・ニャンダ-ガード岳っちさん&Mさん号・犬猫救済の輪結号


◆福島連携ボランティア交通費等援助金(フクコ)のお願い 
ボランティア連携福島レスキュー活動。福島交通費フクコ(高速代ガソリン代)のご協力でボランティアさんの継続活動を支えて頂けましたら幸いです。収支は、当ブログにてご報告させて頂きます。
振込先下記に記載、郵便振替は、通信欄に使途目的(フクコ )と明記、銀行振込は、お名前の前に使途目的(フクコ)とご記入下さい。宜しくお願い申し上げます。



ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!

  banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif



☆犬猫救済の輪 里 親 会  

①3月14日(土)13時~17時 雨天決行   
川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院内

1kanban1.jpg

②3月15日(日)12時~17時 雨天決行
品川区戸越2-6-6  戸越銀座商店街
ペットスマイル 戸越銀座店店頭


togosi.jpg
被災猫多数参加します。
震災原発事故から4年になる今も、人のいない町で必死で生き延びている猫達がいます。
犬猫救済の輪では、保護される猫達を受け入れて下さる優しい里親様のお申し出をお待ちしています。


茨城県多頭飼育崩壊引取り 幼犬 臆病です 一匹飼い、お近くの方希望です
S0600573 (640x480)

茨城県動物指導センター引取り 生後2.5か月 ♀ 夕方犬MIX 大きくなっても室内飼いできるご家族へ。
harukaharuna.png

大熊町よりキッド君 幼猫
IMG_1654.jpg



☆ボランティア連携福島レスキュー活動
初日3月13日(金)またたびさん&ねこかつさん号・ねこのマリアさん&Dさん号に予定通りの活動を終了しましたとの報告が入りました。
報告を引き継ぎ、二日目活動についての詳細をニャンダ-ガード岳っちさんと打ち合わせしました。
約1時間後、福島にむけて出発予定です。
三日間、圏内国有化予定区域と帰還困難区域に約40台の捕獲器が設置されます。
救出できますように。

IMG_1664.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆中間貯蔵施設 今日から搬入開始 
  取り残された猫、一刻も早く救出したい



中間貯蔵施設 きょうから除染で出た土など搬入
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150313/k10010013491000.html

福島県内の除染で出た土などを保管する中間貯蔵施設への土などの搬入が、震災の発生から4年を経て13日から始まります。今後、国は、難航している用地全体の確保に向けた地権者との交渉や、保管を始めてから30年以内に完了するとしている県外での最終処分に向けた作業を着実に進められるかが課題となります。
政府は、東京電力福島第一原子力発電所の周辺の福島県双葉町と大熊町に、県内の除染で出た土などを保管する中間貯蔵施設を建設する計画で、先月、工事に着手しました。
搬入の開始については、震災の発生から4年となる今月11日を目指すとしていましたが、地元の要望を踏まえて延期し、13日から土などを一時的に受け入れる「保管場」への搬入が始まります。
13日午後は、搬入に向けて、大熊町にある仮置き場で土などが入った袋を運び出す作業が行われました。13日に搬入されるのは大熊町の仮置き場にある土などで、環境省では、おおむね1年間は試験的な輸送として43の市町村から1000立方メートルずつを施設に搬入する方針です。
中間貯蔵施設は、16平方キロメートルの土地に最大で東京ドーム18杯分に当たる2200万立方メートルの土などを搬入する計画ですが、今のところ搬入のめどが立っているのは2万立方メートルを受け入れる保管場だけで、用地全体の確保に向けた地権者との交渉が難航しています。
このため、仮置き場などでの一時保管が続いている土などの搬入完了や、施設の完成の時期は見通しが立っておらず、どのように地権者の理解を得て交渉を進められるかが課題となります。また、政府は、保管が始まった13日から30年以内に福島県外で最終処分を完了する方針ですが、処分場の候補地の選定を含め具体的な工程は示されておらず、最終処分に向けた作業を着実に進められるかも大きな課題となります。

建設の経緯
中間貯蔵施設は、除染で出た大量の土などが、県内各地の仮置き場や住宅の庭先などで一時保管される状況が続くなか、県外で最終処分するまでの間、保管する施設として、政府が建設を計画しました。
去年3月、政府は、福島県大熊町と双葉町を建設予定地とする計画案を示し、2つの町の住民などを対象にした説明会を開くなど地元の了解に向けて調整を進めてきました。
さらに、用地の取得について地権者に土地の所有権を残すことを認めたり、地域振興などのため福島県や自治体に総額3010億円の交付を決めたりするなど、地元の要望を取り入れ、去年9月、当時の佐藤知事が建設を受け入れる考えを正式に表明しました。
中間貯蔵施設は、東京・渋谷区とほぼ同じ、およそ16平方キロメートルの土地に建設され、県内の除染で出た土などや、放射性物質の濃度が1キログラム当たり10万ベクレルを超える焼却灰などを保管します。
施設には、搬入された土などの放射線量を測定して仕分ける「受入・分別施設」、搬入した土などにシートなどををかけて保管する「土壌貯蔵施設」、草木などを燃やして容量を減らす「減容化施設」、放射性物質の濃度が高い焼却灰などをドラム缶などに密閉したうえで建屋で保管する「廃棄物貯蔵施設」などの施設が建設されます。
13日に搬入が行われる「保管場」は、「受入・分別施設」に土などを持ち込むまでの間一時的に保管する施設で、早期の搬入を求める自治体や住民の声を受けて、先行して整備が進められています。
政府は、搬入された土などを保管が始まった13日から30年以内に福島県外で最終処分を完了する方針で、そのために必要な措置をとることが法律で定められています。

多くの課題
除染で出た土などの中間貯蔵施設への搬入が始まりますが、課題も多く残されています。
その1つは「用地の確保」です。
今のところまとまった用地が確保できているのは、土などを一時的に受け入れる「保管場」だけです。
しかし、ここで保管できる土などは2万立方メートルで、最大で2200万立方メートルとされている除染で出る土などの量全体のおよそ0.1%にとどまります。
環境省では、2300人以上に上るとする建設予定地の地権者と用地の確保に向けた交渉を進めていて、今月に入って初めて契約に至ったケースもあるということです。
一方で、地権者の中には、先祖代々の土地を手放したくないという人や、土地の補償額を巡って折り合いがつかない人もいて、用地の確保に向けた交渉は、長期化することが予想されています。
環境省は、搬入の作業と平行して、用地の確保ができたところから建設工事を進めることにしていますが、施設の完成や搬入の完了の時期は見通しが立っていません。
もう1つの課題は「最終処分場」です。
政府は、中間貯蔵施設で土などの保管を始めてから30年以内に福島県外で最終処分を完了する方針で、これを定めた法律が去年、施行されました。
法制化は、施設が事実上の最終処分場になるのではないかという地元の住民や自治体の懸念を受けたもので、搬入が始まった13日が、30年の期限の起点となります。
環境省は、福島県や双葉町、大熊町と結んだ協定の中で、最終処分場の候補地の選定や建設の時期などを記した工程表を作成し、毎年、進捗(しんちょく)を報告することとされています。
しかし、現時点で向こう30年のスケジュールは示されておらず、今後、どのように具体的な候補地を選定し、選ばれた候補地の地元の理解を得るかが大きな課題となります。
一方、環境省は、できるだけ最終処分の規模を小さくするため、施設で保管する土などのうち、時間がたったり、処理をしたりして、放射性物質の濃度が低くなったものを建設資材などとして再生利用する考えです。
しかし、除染で出た土などの再生利用については今のところ基準がなく、放射性物質の濃度がどの程度の水準なら使うことができるのかは、今後、幅広い議論が必要となります。

「重要な復興の一歩」「安心・安全の認識を」
望月環境大臣は「中間貯蔵施設への搬入が開始できることは、福島の除染や復興の推進にとって重要な一歩だ。施設の整備や土などの搬入に万全を期すとともに、地権者の皆さんをはじめ、地元の方々に親身な説明を尽くし、1日も早く用地の契約ができるよう努力していきたい」と述べました。一方、法律で定められた福島県外での最終処分について、「きょうから搬入が始まったところなので、具体的に発表するところまではいっていないが、今後ともしっかりと道筋をつけていきたい」と述べました。望月大臣は、中間貯蔵施設に2か所ある保管場のうち、双葉町側への搬入開始については、地元の要請を受けて今月25日に延期したことを明らかにしました。
また、竹下復興大臣は「これから具体的な作業が始まるが、何よりも地域住民に安心・安全であると認識してもらったうえで進めていかなければならない。建設予定地の地権者と連絡がまだ十分にとれていないということなので、丁寧にしっかりと対応していきたい」と述べました。

住民らは複雑な思い
施設の予定地に住んでいた30代の男性は、「廃棄物は原発周辺で処理するしかないので、搬入はしかたないと思う。県外に搬出するというが、ほかの県で受け入れてもらえるところはないと思うので、中間ではなく最終処分になるだろう。ふるさとに帰りたいが、子どももいるので、帰ることは諦めている」と話していました。
予定地の近くに自宅がある30代の女性は、「中間貯蔵施設ができれば、町に帰れなくなる。ほかのところは廃棄物の受け入れが難しいと思うので最終処分場は双葉か大熊になると思う。戻りたいけど、戻れなくなるという思いです」と話していました。
施設の予定地の外に自宅がある60代の男性は「廃棄物をいつまで置いておくのかという問題があるので、中間貯蔵施設で処理しなければらない。早く処理を終えて、また住めるようにしてもらいたい」と話していました。




☆京都市条例
予算委員会(市長総括質疑)…進化する動物愛護行政の推進を!


http://www.yubikiri.net/

2015年3月12日 (木)

予算委員会(市長総括質疑)…進化する動物愛護行政の推進を!

3月12日には、平成27年度一般会計等の関連議案を審議する予算委員会の市長総括質疑の初日です。12日と13日の2日間をかけて集中審議が行われます。
私は、予算委員会の第2分科会で議論が伯仲した「動物への迷惑等の防止に関する条例」を中心とした動物愛護行政の推進について質疑を行いました。

3月12日は、85年前、インドのガンジーが後に国民独立運動となった歴史的な「塩の行進」に立ち上がった日である。そのガンジーは、「国の道徳的水準は、その国の動物がどのように取り扱われているかによって決まる」との言葉を残しています。
私は、この言葉の意味は「国家の品格」のひとつのあり方を示す箴言だとし、今回の条例化は、ある意味「京都市の品格」が問われていると指摘しました。
その上で、以下の質疑を行いました。
①条例提案に至る手順のあり方について…パブリックコメントに寄せられた市民意見を十分に取り入れたものとなっていないのではないか。また、所管の常任委員会である京都市会教育福祉常任委員会には正式に報告案件として報告されておらず議会軽視ではないか。
さらに予算委員会で審議中に、3月15日に説明会を臨時的に開催することも異例中の異例であること等、条例提案に至るプロセスの問題点を指摘し、市長にその認識について質疑を行いました。


動物愛護施策を推進するための条例化の考えについて…市民に義務付ける規制するための条例を制定するのであれば、その一方で動物愛護施策を推進するための条例化は不可欠でありバランスのとれた動物愛護施策を推進するための法体系を整理することが必要ではないか。
実際に、全国の都道府県ではすでに動物愛護管理条例(略称)を制定している中で、多くの政令指定都市が独自の動物愛護管理条例(略称)を制定していますが、京都市には残念ながら条例制定されていません。本来であれば規制する条例とともに、愛護施策を推進するための条例の制定の必要性を指摘し、制定の考えについて質疑を行いました。

京都府条例との関係について…京都府の条例を京都市が踏まえると、都心部である京都市がもつ課題に十分に対応できないのではないか。獣医師会も京都府と京都市と別れているようにその意味を十分に認識し都市部の課題に対応できる法体系を整備する必要であることを指摘し、質疑を行いました。

動物愛護行政の推進体制の強化について…今回の条例提案は保健福祉局を中心に対応されていますが、仮に条例制定後は、公園や道路を管理する建設局や公営住宅を管理する都市計画局、ゴミ行政を管理する環境政策局等との連携強化が不可欠です。動物愛護施策を推進する総合推進体制を整備すべきことを強く訴え、質疑を行いました。

総合的な動物愛護施策の推進について…憲章によるモラル醸成、条例による適正飼育等とともに、まち猫活動への支援、マイクロチップ装着支援、猫との共生ガイドプランの制定、ふるさと納税に動物愛護の視点を、等を提案しました。
いずれにしても、京都市の動物愛護行政は、スタートラインについたばかり。時代と市民ニーズに対応する進化する動物愛護行政であってほしいと願うばかりである。

2015年3月12日 (木) 22時56分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大拡散希望!!
京都市条例・・猫餌やり禁止につながる条例・・・3月20日が最終本会議です。市議へあなたの最後の訴えを!


すべては市会議員の判断にかかっています。
この記事をご覧下さった皆様、どうかすぐにアクションを起こして下さいませんか。
市会議員どなたでもOK、ひとりでも多くの市会議員、各会派市議団に訴えてくださいませんか。
メール、ファックス等で、この条例を廃案にするか、猫についての記述を除外するようにお願いしてください。
京都市野良猫へのえさやり禁止につながる条例を阻止するため、最後のアクションをお願いします。

意見例(一部分でも全文でもご自由にコピーしてお使いください)

※ 「京都市動物による迷惑の防止に関する条例案」は法的にも手続き的にも過誤が多いので廃案にするか、猫についての記述をを除外するかしてください。
※ 「京都市動物による迷惑の防止に関する条例案」は立法手続きにおいて不正(公式ホームページ改ざん)があるので廃案にしてください。
※ 「京都市動物による迷惑の防止に関する条例案」はパブリックコメントで猫への餌やりを制限することに反対する意見が大多数であったので、条例から猫についての記述を除外してください
※ 「京都市動物による迷惑の防止に関する条例案」はパブリックコメント募集の過程で、京都市や一部市議による民間団体や民間人へのいわれなき誹謗中傷が行われたため廃案とし、謝罪も行ってください。
※ 「京都市動物による迷惑の防止に関する条例案」は所有者の明確な犬に限定し、猫については完全に除外してください。
※ 「京都市動物による迷惑の防止に関する条例案」は野良猫問題解決の支障となるので、猫については条例から除外し、糞尿の苦情には個別に対応してください。(苦情は区役所単位で平均月1~2件)

京都市議へのメールやファックス等はこちらから

個人はこちらから
http://www.city.kyoto.jp/shikai/meibo/index.html

自由民主党市議団
http://jimin-kyoto.jp/contact.html

共産党市議団
info@cpgkyoto.jp

民主都みらい市議団
info@minsyumiyako.net

公明党市議団
http://www.kid97.co.jp/komeishikai/contact/index.php

地域政党京都党市議団
http://www.kyoto-to.com/contact.html





/////////////////////////////////////////////////

今、感じる世界    動物愛護ケイさん

http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/457a04fea0089a1c5978e940c43744c6





◆支援物資のお願い 川崎 (受入指定日なし午後2時以降配達指定)
現在、特に必要なもの順に書いています
・ドクターズケア (Dr's CARE) 療法食 猫 キドニーケアチキンテイスト 1.5kg (腎臓の悪い保護猫用)
・猫用ドライフード種類問わず
・黒缶シラス入り
・黒缶かつお
・たまの伝説各種
・ミヨシの石鹸
・洗濯用洗剤・食器用洗剤・薬用ハンドソープ種類問わず
・子犬用缶詰種類問わず
・猫トイレ大粒用スコップ
・ピュアクリスタル 軟水化フィルター
・猫砂(格安の品が見つかりました)
・爪みがきワイド
・処方食a/d缶
・塩素系ハイター
・キッチンペーパー
川崎   12時から17時 
受入先住所 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島 (受入指定日なし午後2時以降配達指定)
※福島浪江町用給餌用フードご支援のお願い
福島宛に3月20日までに着でお願い申し上げます。
・成猫用ドライフード
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705788/
http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4522831705771/

・猫砂(格安の品が見つかりました)
・100円洗面器(被災地給水用ボール)
・ペットシーツレギュラー
福島新受入先 指定日なし午前着指定  
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
「ヤマト運輸で出荷」 村尾智恵様方 犬猫救済の輪

090-4630-8861(福島の住民のご協力を頂いて受けて頂いておりますので電話はお控え下さい。)
被災地楢葉町への配達を行っているのは現在「ヤマト運輸」のみです。


アマゾンほしい物リストはこちら

楽天ほしいものリスト フードはこちら

楽天ほしいものリスト 消耗品はこちら



◆支援金のお願い 
支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例 シェルター支援 ・例 被災動物支援 ・例 一般活動支援 )と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的(例 シェルタ ・ 例 ヒサイ ・ 例 イッパン)とご記入下さい。





banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ご紹介

「渡辺綾美プレイズ・シューベルト&ショパン」発売中!
http://blog.livedoor.jp/pianogarden/archives/43569149.html
ショパンの故郷ワルシャワ
演奏はオフィシャルサイトからご視聴いただけます。
ずっと、福島に取り残されている動物たちに心をお寄せ下さり、応援して頂いてまいりました。
どうぞ、渡辺綾美さんの応援を宜しく。


■ 求人 獣医 TNR日本動物福祉病院

動物に優しい熱意ある獣医さんを募集しています 
・正社員 2015年新卒獣医  中途採用も募集
・アルバイト・パート(週1日~ 長期・短期可) ・研修医も歓迎
詳細お問い合わせは、お気軽に メールフォーム にて








スポンサーサイト