FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ★川崎市動物愛護センター引取りのみみぞうちゃん、月命日に  ☆川崎市動物愛護センター 高齢犬の飼主を募集しています!!
2015年04月30日 (木) | 編集 |
★川崎市動物愛護センター収容の負傷猫だったみみぞうちゃん、
幸せに暮らし、3月31日、我が家のみみぞうちゃんが静かに旅立ちました。


みみぞうちゃんの里親になってくれたのは、元、TNR日本動物福祉病院の獣医さんでした。
二年間お勤めされ、退職後実家に戻られる時、みみぞうちゃんも家族として一緒に行ったのです。
先日ご報告を頂きました。

大切にして下さったご家族の皆様ありがとうございました。
そして、命を繋いで下さった皆様ありがとうございました。


一カ月程前に腫瘍が見つかり、徐々に進行していたので予想はできていました。

うちに来て2年半くらいと短い間でしたが、他の猫にはない魅力に本当に癒されまくりでした。

歯も全部無くて、年齢は分からないけど、耳カットしてあるからきっと長いこと地域猫だったのだろうと思います。
うちに来るまで、どんな猫生を過ごしていたのでしょう?

事故の後遺症か、四肢不全麻痺と前庭障害で動きが可愛…不自由で、他の猫みたいに高い所に登ったりはできません。耳も聞こえません。

本当の気持ちは本ニャンに聞かないと分からないですが、不自由に負けず、人に甘え、ごはんをよく食べ、よく寝て、時には怒り、一生懸命のような、能天気なような、みみぞうの生き方を見ていると笑顔と力を貰えました。

みみぞうのセンターからの引き出し、施設にいた時のお世話、譲渡をしてくださった犬猫救済の輪の皆様
連れて行くたび可愛がってくれて、治療にとても沢山ご協力頂いた現職場の皆様
診察や検査をして頂いた二次診療病院の先生方
私が留守の時間に面倒を見てくれた家族

その他、お会いしたことはないですが、地域猫時代のみみぞうの世話をしてくれていた方や、怪我で動けないところを保護してくれた方、川崎市動物愛護センターの方

皆様がいてくださって、みみぞうと今日まで暮らせました。

本当にお世話になり、ありがとうございました!


xrgh



■ 川崎市動物愛護センターでは、犬の14年度の殺処分が2年連続でゼロだった。
猫の殺処分は、14年度12頭
成猫6頭 子猫6頭 奇形や交通事故の酷い損傷で、手の施しようがなく苦痛を与えるだけの状態であった




川崎市動物愛護センター 高齢犬の飼主を募集しています!!


http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000052167.html


高齢犬の飼主を募集しています!!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます twitterでツイートする

2015年3月30日
高齢犬の譲渡について

 動物愛護センターには、10歳を超える高齢な犬たちがいますが、新しく飼い主になっていただける方は少なく、譲渡先を見つけることが難しくなっています。

 しかし、当センターでは、可能な限りこれらの犬たちも、新しい飼い主の下で穏やかな老後を送ってほしいと考えています。

 年をとってくると犬も人と同じように、足腰が弱ったり、目が悪くなったり、介護が必要になったりしますが、高齢犬は落ち着いている子が多く、一緒にゆったりとした時間を過ごすことができます。

 このため、動物愛護センターでは、高齢犬の飼い主となっていただける方を募集しています。病気など医療面でのリスクはありますが、最後まで幸せに看取っていただける方を募集致します。

 なお、高齢犬の譲渡については、個別に相談をお受けしますので、動物愛護センターまでお電話(044-766-2237)にてお問い合わせください。



☆愛護センターの高齢犬たち

DSCF6059.jpg



DSCF6062.jpg



DSCF6610.jpg



犬殺処分:初のゼロ達成、猫も最少 札幌市

毎日新聞 2015年04月18日 11時53分(最終更新 04月18日 16時19分)

 札幌市動物管理センターは、2014年度、市内で収容した犬の殺処分数が統計を取り始めた1972年度以降、初めてゼロになったと発表した。改正動物愛護管理法の施行で自治体が業者からの引き取りを拒否できるようになったことや、動物愛護団体との連携強化で新しい飼い主への譲渡が進んだことが理由。市民の動物愛護意識も高まっているという。

 同センターによると、昨年度、収容した犬は301匹で、うち293匹が引き取られた。残りは病死など。
 ◇猫も最少534匹

 一方、猫の殺処分数もボランティアなどへの譲渡が進んだことから過去最少の534匹になった。ただ、保護した時点で感染症にかかっているため安楽死させるしかない猫も多いという。同センターは「ペットは、みとるまで飼ってほしい」としている。【高野玲央奈】



☆茨城県常総市、多頭野犬は助けられるか

センターによる捕獲は、中断されることなく続いています。
また捕獲された、また捕獲された、と・・・
受け入れ態勢を整えるのは簡単なことではない
茨城県に行政と民間の協働が実現するのはいつになるのでしょうか。

お腹がパンパンの犬が二頭確認されています。捕まりません。
行政の捕獲は、助けることを目的としていません。
生まれた後に、母犬が捕獲されればどこで生んだかもわからない子犬は飢え死にするだけです。
保護のための捕獲は必要です。しかし、それは、人道的に行われるべきです。

IMG_4243.jpg

☆茨城県常総市、多頭野犬レスキュー
 活動資金のご寄付を募らせて頂きます。



数十頭の多頭の犬たちを保護していくにあたり、不妊手術、ワクチン、フィラリア検査等を施してあげなければなりません。また、保護場所シェルターの設備を用意したり維持していくために、資金が必要です。
常総の犬たち(地域内飼い主のいない猫含む)以外の事に使うことはございません。
茨城県常総市、多頭野犬が助けられますように、ワンコインからの、多くの皆様のご寄付をお呼びかけさせていただきます。どうか、宜しくお願い申し上げます。  
 2015.4.28  犬猫救済の輪 結 昭子
【ご寄付口座】
みずほ銀行 守谷支店
普通 口座番号1068500
内村祐子(ウチムラユウコ)

【支援物資受取先】 希望配達時間夜18時以降
〒303-0042茨城県常総市坂手町6239
内村祐子(ウチムラユウコ)宛
080-8749-5626(仕事をしています。電話は、受けられず申し訳ございません。)

【足りないもの】
・成犬用ドライフード種類問わず
・中型犬用チェーンリード
茨城多頭放浪犬アマゾンほしいものリスト



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ご紹介
「渡辺綾美プレイズ・シューベルト&ショパン」発売中!
http://blog.livedoor.jp/pianogarden/archives/43569149.html
ショパンの故郷ワルシャワ
演奏はオフィシャルサイトからご視聴いただけます。
ずっと、福島に取り残されている動物たちに心をお寄せ下さり、応援して頂いてまいりました。
どうぞ、渡辺綾美さんの応援を宜しく。








スポンサーサイト