FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆茨城県へのご提案  犬猫殺処分ゼロを迅速に達成するために 即効性のある方法  
2017年04月24日 (月) | 編集 |

茨城県へのご提案
犬猫殺処分ゼロを迅速に達成するために
     即効性のある方法  


茨城県が殺処分ゼロ達成を目指して条例を可決された上に、予算を大きく獲得されたことにつきまして、大変なご尽力の賜物と感謝申し上げます。
 犬猫救済の輪は、川崎市と神奈川県の登録譲渡団体であり、附属TNR日本動物福祉病院は、川崎市と横浜市の猫の不妊去勢手術推進事業協力登録病院であると同時に、ご縁を頂き、貴県茨城県動物指導センターから犬猫の譲渡を受けております。こうした経験から、どうしたら茨城県で殺処分ゼロが迅速に実現できるのかについて、以下ご提案させていただきます。

平成27年度環境省資料では茨城県の犬猫の引き取り数4083頭、殺処分総数が3450頭、そのうち猫が2209匹(うち離乳していない幼猫が2048頭)でした。
要するに犬猫総殺処分数のうち約6割が幼猫だということです。幼猫を救命すること、幼猫を生み出さないことが殺処分減の早道です。

1)幼猫を生み出さないために
幼猫を生み出さないために不妊去勢手術に力を入れてくださるとのことですが、米国の研究ではその地域の約70%以上の猫を手術して初めて猫の数が増えないとされています。大量に迅速に手術するにはどうしたらよいか、助成金の額、支払方法等工夫が必要です。より多くの猫の不妊手術を実施することで良い結果になりますので、手術費を全額助成するよりも一部を助成することで、多くの人に知っていただきTNRをより多く実施していただけることで効果が上がります。手術による繁殖制限では大量に迅速に手術を行いませんと緩やかに殺処分が減る効果はありますが、即効性には欠けます。

2)幼猫を救命するために
早期に殺処分ゼロを実現するために、今着手すると良いのは、収容される幼猫の救命です。今殺処分となっている約2000匹ほどの幼猫を助け譲渡すれば、殺処分の割合が現在収容数の80%であるのに対して、50%まで減ります。救命のためにはミルクをやって育てる人員(特に夜間)が必要です。ここで頑張って2~3か月まで育てていただければ譲渡に繋げます。殺処分減に即効性がある方法です。

以上の理由で、特に2)の幼猫の救命に予算を用いるのが、最も有効性、即効性があると考えます。


茨城県動物指導センター現状説明
人員の確保や勤務時間体制などが確保されていないため、現在、センターに到着した幼齢猫は、育てられないことを理由にほぼ即日、薬殺されています。
27年度では、2209匹(うち離乳していない幼猫が2048頭)という全国でもワーストのおびただしい数にのぼっています。

殺処分ゼロを目指すと言いながら、実際には、到着したら即殺処分、猫たちにしてみれば、殺されるために集められている現状なのです。
4月20日、犬猫救済の輪では茨城県動物指導センターから27頭の猫の譲渡を受けました。事前に申し入れて、生かしておいていただき、三日間で収容された猫たちです。事前に申し入れる理由は、センターに直接行っても、前日収容の幼猫は殺処分されてしまっているので引き取る猫がいないからです。

この生かしておくということは、センターで生かす体制ができていない今、職員さんたちが家に持ち帰り、夜の間2時間おきの哺乳をするという大変な労働、ボランティアを強いられることになります。とてもありがたいことですが、今週も引取りたいのでまた生かしておいてくださいと頻繁に言えるでしょうか。職員さんたちが、連日自宅で夜の哺乳をしなければ生かせないのでは、職員さんたちの日中の仕事にも支障が出るでしょうし、何日も続けられることではありません。

職員さんもボランティアも望む殺処分ゼロは、茨城県年間約2000頭の、現実に収容される幼猫に昼も夜も継続してミルクを与える職員を確保していただくことで、生かして譲渡することで、実現可能になります。

動物愛護のための予算を、
1番に、「生かさなければ実現しない殺処分ゼロ」に、その現場でありますセンターでの生かす体制づくりに充てていただけますこと。
次に、県内の不妊手術推進は、手術費の全額助成ではなく、一部助成として、限られた予算でいかに多くの猫たちに不妊手術を施し、望まれない命が生まれることを未然に防ぐかが、茨城県の犬猫殺処分ゼロ達成への近道と考え、ご提案させていただきました。宜しくお願い申し上げます。




茨城県の動物愛護にご尽力くださってる議員の先生方、茨城県生活衛生課、センターの皆様、
お話をさせていただきながら、殺処分ゼロに向けて進んでいきたいと思います。

H29.4.24  犬猫救済の輪TNR日本動物福祉病院 代表 結 昭子

スポンサーサイト




 ☆3月茨城県動物指導センター引取りの負傷猫、リボンちゃん永眠
2017年04月24日 (月) | 編集 |
【トップ固定】

★4月不妊手術キャンペーン ★横浜市猫の助成金制度


国民の声をしっかりと受け止めて捜査をしていただくためにも、引き続き 署 名 にご協力ください。2,600人を超えました!!
全国動物ネットワーク 事務局より
署名 県に無断で被災猫14匹を殺し、迷い猫1匹を捕獲して殺した熊本県動物管理センターを動愛法違反で厳しく罰してください。



保護動物お世話ボランティアさん大募集
★成猫お世話ボランティアさん★ミルクボランティアさん あなたの手をお貸しください 
20日茨城県動物指導センター収容猫全頭を受け入れ。ミルク猫や負傷猫多数。ミルク猫につきましては急激に増える時期です。生まれた命を生かしてあげたいと思います。どうかあなたの手をお貸しください。初めての方もご指導させていただきます。長い期間でなくても例えば3日間、1週間のお預かりでも離乳までの期間を繋げれば助かる命があります。
体調の急変に対応するために、すぐにTNR日本動物福祉病院まで連れてこられます川崎区・幸区・中原区・高津区・大田区・鶴見区(品川区・世田谷区・港北区の一部)の地域に在住の方のミルクボランティアさん協力を求めています。お気軽にお問い合わせください。

☆ボランティアさん大募集 週一回、半日程度のお時間、保護猫のお世話がメインです。保護猫お世話ボランティアさん、家猫修業ボランティアさん、看取り犬猫ボランティアさん、ご検討ください。お気軽に、お問い合わせください。 メールフォーム

logo41_201704190020121d7.gif


 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!


☆土・日の里親会ありがとうございました。

子猫4 (茨城センター)
成猫3 (熊本センター2)(川崎センター1)
子犬1 (茨城センター)

計8頭にご縁をいただきました。順次お届けをさせていただきトライアルに入ります。

また、熊本地震以降、犬猫救済の輪で熊本県から空輸で引き取りました111頭(子猫28頭・成猫83頭)は、震災から1年の4月までで、子猫全頭と成猫71頭の計99頭に里親様が決定し、全頭不妊手術済で新しい飼い主様のもとで暮らしております。
本当に、多くの皆様からのお力添えをいただいておりますことに心から感謝を申し上げます。

ここからは、茨城県動物指導センターの収容猫の引き出しに力を入れたいところですが、現状、茨城県動物指導センターは収容される幼齢猫を生かす体制ができておらず、1に生かしていただかねば引き出すこともできないという現実を改善するところからのスタートになります。日々殺処分されていく命を思いますと、この1だけは、時間をかけられません。
早々、今週から、茨城県と協力し、改善に向けて取り組んでまいりますので、今後とも皆様のお力添えを宜しくお願い申し上げます。

1kanban1_201511110202174f8.jpg

子犬の里親希望者様は、平日14:00~17:00も面会受け付けております。
お出かけください。

j



☆3月茨城県動物指導センター引取りの負傷猫、リボンちゃん永眠

リボンちゃん
三毛 メス 高齢
2017.3.22 茨城県動物指導センターより下半身麻痺 負傷猫引取り
白血病陽性 癲癇
前足で少しだけ移動します。
シェルターの白血病ルームに入居


3.22 茨城県動物指導センター、引取り
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20170323.html

皆様に支えられて
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/pb129%2029-19ribon.html



リボンちゃんは、数日前に、シェルターで癲癇を起こしました。
すぐに入院して、薬で症状は落ち着き、ごはんも食べだしましたが、瞳孔が開いたまま見えなくなるなど、状態は良くありませんでした。
3月22日の引取りからわづか一か月、余生を幸せに暮らさせてあげたかったシェルターボランティアさんたちは、落胆しています。
獣医たちも、一生懸命手を施してくれました。
なでなでもできるようになったけれど、幸せは、感じられただろうか。
いくつもの苦を背負って生きてきたリボンちゃんの猫生はどんなだったのでしょう。
もっともっと沢山の幸せをあげたかったのに、ごめんなさい。
リボンちゃん、やすらかに。   合掌




脱水の改善や治療を受けて、いい感じでシェルターに入居できたんだけど
DSCF7494s_20170424040530384.jpg


いい時が、もっと続けばよかったけど、リボンちゃん、とっても頑張って生きたよね。ありがとう。
20170401_213403_20170424033752a08.jpg






◆支援物資のお願い 川崎川崎現在不足品  一個からのご支援に御協力いただけましたら幸いです。川崎よりの福島行きの便は次回予定です。4月28日~30日決定ドライフード まんぷく・乾電池単三
・細口乳首スペア ・ワンラックキャットミルク限定ロイヤルカナンベビーキャット2キロ 4キロ
・子猫用カルカンレトルト(チキン除く)・猫用z/d缶詰・a/d缶・i/d缶・食欲のない猫用とろみ缶・焼きカツオ・箱シーバ
・夏用猫ベッドシェルター多頭用・ダブルトイレットペーパー(主にシェルター用)・ペーパータオル再生紙・箱ティッシュ・「トイレの猫砂」・ペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー
・30Lポリ袋半透明(保​護猫160頭、トイレ​処理に用います)・猫じゃらし(動物製品不可)・首輪
川崎 指定日なし12時から17時 
受入先〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
ドライフード まんぷく・乾電池単三 
福島 指定日なし午前着指定  
受入先 現在ゆうぱっくの受け取り不可、ご注意ください。クロネコさんか佐川さんで。
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
   村尾智恵様方 犬猫救済の輪


アマゾンほしい物リストはこちら   

楽天ほしいものリスト フードはこちら

楽天ほしいものリスト 消耗品はこちら






犬猫救済の輪は、川崎市動物愛護センター・神奈川県動物保護センター・茨城県動物指導センターの登録譲渡団体です。現在、川崎市動物愛護センター・神奈川県動物保護センター・茨城県動物指導センターのいずれも収容されている子猫・負傷猫・災害被災猫を引き出しています。センター基金及び支援物資にご協力ください。



◆支援金のお願い 多頭の命の保護が続きます。御協力をお願い申し上げます。犬猫救済の輪では、被災地の保護活動をはじめ、動物センターに収容された犬猫の引取り等、沢山の動物の救済活動を行っています。現在保護数160頭、ご支援ご協力をお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。
支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 フクシマ支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 フクシマ ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご記入下さい。



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。


 1kanban1_20160719013152964.jpg
 獣医師・動物看護師求人(正社員・アルバイト・パート週1日~)