シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆茨城県動物指導センター収容ミルク猫、11日(木)22頭引き取りました。
2017年05月12日 (金) | 編集 |

【トップ固定】

署 名
 にご協力ください。
全国動物ネットワーク 事務局より
署名 県に無断で被災猫14匹を殺し、迷い猫1匹を捕獲して殺した熊本県動物管理センターを動愛法違反で厳しく罰してください。

logo41_201704190020121d7.gif
週一回、半日程度のお時間、保護猫のお世話がメインです。保護猫お世話ボランティアさん、ミルクボランティアさん、家猫修業ボランティアさん、看取り犬猫ボランティアさん、ご検討ください。お気軽に、お問い合わせください。 メールフォーム



☆茨城県動物指導センター収容ミルク猫、11日(木)22頭引き取りました。


一日前には、死にそうになってしまった子猫たち。未熟児だったり、やせ細っていたり、低体温だったりで、到着するミルク猫たちは、日々順調に成長していかないケースが多々あります。昨日元気だった子が、今日はぐったり、死にそうになったり、また翌日には元気を復活できる子もいます。

この子たちは、一日前は、死にそうになった子たちです。目を離せず、細やかな処置を施しよじ登るほど元気になった子もいます。
それでも、一日で体重は激減していますので油断はできません。
今、二匹が、生死をさまよっています。

動画


ご支援の暖かマットありがとうございます。
DSC04510.jpg


いっぱいの時は一つのマットを半分づつ使って、二つのキャリーの子たちをあたためます。
DSC04517.jpg
DSC04533.jpg


子猫には、保温はとても重要です。保護されるまでの環境が良くない場合が多いですから、保護された後は、細やかにできる限りの良い状況を作り保たなければなりません。
前回センターから引き出された52匹は、引受先の「ねこかつさん」に到着した時には、既に4匹が亡くなっていたそうです。


茨城県動物指導センター、今日は、いったいどれほどの数が収容されるのか、今までに経験のない頭数に感覚がおかしくなっています。
連休前からの負傷猫もセンターに保護されておりますが、センターでの生命維持が可能な猫は、センター施設で保護していただき、手を差し伸べなければ明日も生きられないミルク猫の受け入れを優先することでセンター愛護推進課長と電話で予定を調整致しました。

センターに引き取りに行ってくださっているのは、「浦和キャッツさん」です。
「今日は、22匹です。今、川崎に向かっています。」と、
動きっぱなしでどれほど疲れていらっしゃるか、にもかかわらず、いつも明るく元気づけられます。

少し落ち着いたら、ブログにも書こうと思いますが、目の前の命を生かしてあげることが最優先ですが、沢山の問題を抱えているこの状況を変えるため、県や、センター長さん、愛護推進課の課長さん、いろいろ電話で話し合っています。
提案や、意見要望も出してまいります。
実現する前に、倒れてしまいそうですが・・・。だから、早く変えてもらわないと・・・。



DSC04518.jpg





「浦和キャッツさん」の松本さんには、TNR日本動物福祉病院で22匹のミルク猫の哺乳も手伝っていただき大助かりです。
お湯から哺乳瓶、ミルク、完璧すべて常備されていらっしゃいました。


一匹は、低体温、やせています。ミルクも飲めません。
温めて、補液、栄養カテーテルで直接ミルクを胃に入れます。
今夜も寝られないけど、100グラムの命、生きてほしい。

DSC04534.jpg






TNR日本動物福祉病院の保護室は、
DSC04460.jpg



DSC04461.jpg



満室。一匹でも、里親さん決まってほしいと平日に臨時の里親会やったけど、一匹も決まらず。
前日の午後に、私がブログに書いたくらいで、全然宣伝できてないのだから、私が、里親会やるよってひとりごと言っただけのようなもので、、、う、う、ぅ、 決まらないのも無理ないです。こねこちゃん、ごめんね。



だけど、だけど、 センターに収容される、罪なき命。助けてあげたいです。

ボランティアさん、ねこちゃんたちのお世話に来てください。

皆様、ねこちゃんたちの里親になってくださいませんか。


犬猫救済の輪は、川崎市動物愛護センター・神奈川県動物保護センター・茨城県動物指導センターの登録譲渡団体です。現在、川崎市動物愛護センター・神奈川県動物保護センター・茨城県動物指導センターのいずれも収容されている子猫・負傷猫を引き出しています。


◆支援金のお願い 多頭の命の保護が続きます。御協力をお願い申し上げます。犬猫救済の輪では、被災地の保護活動をはじめ、動物センターに収容された犬猫の引取り等、沢山の動物の救済活動を行っています。現在保護数190頭、ご支援ご協力をお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。
支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 フクシマ支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 フクシマ ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご記入下さい。



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。


 1kanban1_20160719013152964.jpg
 獣医師・動物看護師求人(正社員・アルバイト・パート週1日~)




スポンサーサイト