FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 ☆ボランティア連携福島被災動物救済活動 6月大熊町
2017年06月23日 (金) | 編集 |
【トップ固定】
          1kanban1_20160719013152964.jpg
 獣医師・動物看護師求人(正社員・アルバイト・パート週1日~)

TNR日本動物福祉病院獣医師募集■獣医師正社員初心者月給30万円~経験者月給35万円~院長副院長候補月給最低保証40万~年棒560万~■獣医師アルバイト日給16000円~時給2000円~ 経験により日給20000円~25000円 ■動物看護師経験者月給22万円~お問い合せ 担当深澤

※6月23日~24日 ボランティア連携福島被災動物救済活動


※センターに収容される多頭の子猫を生かしてあげるためご協力ください。
 離乳した子たちがウエットを食べだしました。
・ワンラックキャットミルク  ・猫用カロリーエース・子猫用ちゅーる・子猫用缶詰 ・子猫用レトルト・ロイヤルカナンベビーキャット
・カルカン子猫用マグロゼリー食べやすい小さ目フレーク・a/d缶.・焼津のマグロ(おいしく食べやすいので食欲のない子に混ぜて与えます)
 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!


logo41_201704190020121d7.gif          
                メールフォーム
保護猫たちのお世話は、週1回程度1日4時間位。また、なついていない子の預かりボランティアさん等募集しています。簡単なボランティア登録後、即日から活動に参加できます。

          
「ゆる~り里親会」 TNR日本動物福祉病院内(川崎区)
月曜~土曜 15:00~17:00


ちょっと恐がりさんで、外での里親会には、連れていけないこたちも里親様との出会いを待っています。TNR日本動物福祉病院内の保護室で、そのままの状態でお見合いしていただけます。
メールフォームより、事前予約受付により電話でお話しさせていただいたうえで、個別対応で猫たちとお見合いしていただけます。お見合い希望と明記してください。他の子猫成猫もご覧いただけます。



☆ボランティア連携福島被災動物救済活動 大熊町


8_20170623134615486.jpg7_201706231346198da.jpg
DSC04945.jpg
3_20170623134613c42.jpg6_2017062313462019e.jpg
5_201706231346429a9.jpg1_20170623134645d68.jpg
DSC04993.jpgDSC04991_20170623134931770.jpg
DSC04985_201706231350262eb.jpgDSC04988.jpg
DSC04989_20170623134931192.jpg9_20170623134615e24.jpg
DSC04984_201706231350280cf.jpgDSC04977.jpg
DSC04975_2017062313503254f.jpgDSC04930.jpg
DSC04972.jpgDSC04982_2017062313502909c.jpg
DSC04970_20170623135142804.jpgDSC04935_2017062313514649d.jpg



住民さん依頼の、家の中の片付け。
7年もたって、やっと少し手を付けられる時間を作り出す。
ネズミの糞尿の匂いがきつい。殆どのものをゴミとして処分してほしいと。
DSC05003_201706231355010e9.jpg



思い出のある物も沢山あるでしょう。
DSC05000_20170623135525508.jpg



大熊町役場に確認して、処理してもらえる場所へ運ぶ。
飼っていた犬猫の用品も沢山捨てる。
DSC05025.jpg



帰還の目途がたっていない長期帰還困難区域の大熊町。
それでも、住んでいた家をきれいにして、せめて住民さんが一時帰宅したときにくつろげたらと思う。
DSC05007.jpg


けれど、ゴミを出しても、部屋は酷い汚れ方で、水もなく掃除もできない。
何より、時間がなさすぎる私たちには、これ以上どうしてあげることもできなくて、慰めの言葉もなく、
ただ、頼まれたことだけを少しでもとお手伝いするだけ。男手があったので、やっとここまで片付けることができた。
DSC05010.jpg


DSC0502.jpg


6月23日~24日 ボランティア連携福島被災動物救済活動中




☆茨城県殺処分をなくすため 人員の補充 隔離室確保等を、 
  県・センター・議員にご提案させていただきました。

茨城県保健福祉部生活衛生課環境・動物愛護 
課長様 課長補佐様
茨城県動物指導センター 
センター長様 愛護推進課長様


大変お世話になっております。

このところ、県議会でも議員の先生方が県の殺処分ゼロを目指す施策について積極的に質疑なさっておられます。またセミナーの開催等、県が真剣に殺処分ゼロに向かって始動している様子が、さかんに伝えられています。

一方で、殺処分ゼロを実現させなければならない実務ご担当の皆様には大変にご苦労なさっていることと存じます。

私どもの経験に基づいて、前回に引き続き、以下の様にご提案させていただきます。

地域猫や飼い主の啓蒙は必要不可欠な施策ですが、皆さまも私どもも、それとは別に、とにかく目前の命をリアルタイムに救っていかなければならないという急務があります。
将来に備えつつも、毎日収容される猫も救い続けなければならない状況です。大変緊急性があり、かつ柔軟な対応が必要なのですが、以下の事をお願いしたいと存じます。

1)収容された猫を隔離する隔離室を確保
毎日のように多頭の猫が収容される茨城県動物指導センターの現状においては、パルボ対策として、保護室に入れる前に、一定日数、隔離する部屋が絶対に必要と考えます。
ワクチンを接種して一定日数隔離後、安全を確認したら保護室へ。
まだ、ワクチンを打てない体重の子猫は、パルボウィールスやカリシウィールス等の感染の拡大を防ぐために、いくつかの小部屋に分けて隔離飼養する必要があります。細やかなケアをしていくためには、世話にあたる職員の目が届く場所、事務所練に近いことも大切です。
このステップは感染症蔓延防止の第1歩です。

2)ワクチン接種を積極的に
実際に実施している動物センターや団体等の実例を参考にされ、早期ワクチンを接種して一定日数隔離後保護室へ移動。また、団体等へ譲渡する猫については、ワクチン接種の時期と譲渡をどの段階で実施されるかは、個別にご相談いただき柔軟なご対応をお願いしたいと思います。

3)搬送の便宜
私どもをはじめ、譲渡を引き受ける多くのボランティアは、すでに手元に、時間での世話が必要な多頭の子猫たちをお引き受けしているため、茨城県動物指導センターまでの長時間の外出が困難です。搬送していただければ、更にお引き受けできる団体やグループが出てくる可能性がございます。また搬送先の様子も知っていただきたくお願い申し上げます。

3)人員の補充
譲渡団体等に引き渡すまでの間にも、ミルクやりなど人手が必要です。職員の皆様が過重労働にならないために、アルバイト等の補充が必要です。
 ボランティアを募る方法もありますが、それには時間も要しますので、やはり、県として人を雇用するしかないと思います。

ご参考
読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/local/kumamoto/news/20170618-OYTNT50062.html
犬や猫の殺処分ゼロを目指す県は、県動物愛護センター(熊本市東区)の職員増員や飼育スペース拡充など飼育環境の向上を図る方針を明らかにした。

 同センターは4月に県動物管理センターから名称変更し、積極的に保護した犬や猫を新たな飼い主に譲渡している。殺処分するのは感染症に罹患りかんしたり、人に危害を与える恐れがあったりする場合に限っている。

 態勢を強化するため、運営を委託する事業者が職員を3人増員できるよう予算措置するほか、犬の飼育スペースを広げる。さらに月1回だった譲渡会を月2回程度に増やす。

 県は関連費用として4300万円を今年度一般会計補正予算案に計上し、県議会定例会に提案している。「適正な飼育環境を整えるとともに、譲渡が進むよう啓発にも力を入れたい」としている。2017年06月19日 Copyright c The Yomiuri Shimbun






議会動画を拝見しまして、県局長様、議員の先生方ともに大変に熱心に取り組んでおられますので、予算が関係することではありますがご理解いただけると存じます。
どうか宜しくご検討の上、一日も早い実現をお願い申し上げます。

2017.6.22
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13 
犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院 
代表 結 昭子






http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-6087.html
6月12日(月)に、熊本県動物管理センターにおける3件の猫虐待事件告発が熊本東警察署に全て受理されました。


署 名 にご協力ください。★3,100人を超えました!!
全国動物ネットワーク 事務局より

県に無断で被災猫14匹を殺し、迷い猫1匹を捕獲して殺した熊本県動物管理センターを動愛法違反で厳しく罰してください。


qRlaqByNhJDqOHq-800x450-noPad_201706130327062fb.jpg



◆支援物資のお願い 川崎川崎現在不足品 
・k/d腎臓処方食(今週川崎市動物愛護センターより腎臓の悪い猫たち数匹を受け入れます)
・可溶性消化器サポート
・「トイレの猫砂」・シーバ・懐石(元気のない子に)・食欲のない猫用とろみ缶また、焼津のマグロやチャオなどの美味し目缶詰(福島保護活動用)・焼きカツオ(福島及び保護猫用)・猫缶種類問わず 魚正など
・ダブルトイレットペーパー・シェルター100匹猫さんに夏用猫ベッドシェルター多頭用
・子猫用カルカンレトルト(チキン除く)・a/d缶・猫用z/d缶詰

川崎 指定日なし12時から17時 
受入先〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
いつも沢山の支援物資をお送りいただきましてありがとうございます。帰還困難区域に残る猫の頭数も少なくなり、給餌量が少なくなってまいりました。お送りいただきました在庫分で7月いっぱいは賄えそうです。また、不足してまいりましたらお願いをさせていただきますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
福島 指定日なし午前着指定  
受入先 現在ゆうぱっくの受け取り不可、ご注意ください。クロネコさんか佐川さんで。
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
   村尾智恵様方 犬猫救済の輪


アマゾンほしい物リストはこちら   

楽天ほしいものリスト フードはこちら

楽天ほしいものリスト 消耗品はこちら



犬猫救済の輪は、川崎市動物愛護センター・神奈川県動物保護センター・茨城県動物指導センターの登録譲渡団体です。
今期、茨城県動物指導センターより殺処分をなくすため、最上限でのこねこの引き取りを実施しています。
茨城県センターに収容される頭数の多さから、過去にない頭数の引取りとなり、スタートから二ヶ月目で早くも行き詰まっています。生まれてきた命を救うため、どうか、センター基金のご協力をお願い申し上げます。
ミルク猫から育て譲渡するため、また、重症の負傷猫も救い医療を施し余生を幸せに暮らせるようにするために使わせていただきます。



◆支援金のお願い
 多頭の命の保護が続きます。御協力をお願い申し上げます。犬猫救済の輪では、被災地の保護活動をはじめ、動物センターに収容された犬猫の引取り等、沢山の動物の救済活動を行っています。現在保護数190頭、ご支援ご協力をお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。
支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 フクシマ支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 フクシマ ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご記入下さい。



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。
スポンサーサイト