シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 拡散!!☆自治体(行政)といえども、みだりに殺してはいけない!!熊本県動物管理センター事件、地元選出議員には、事件の内容を正確に知っていただき、正しい判断をしていただけますように!
2017年07月17日 (月) | 編集 |
拡散!!
☆自治体(行政)といえども、みだりに殺してはいけない!!
熊本県動物管理センター事件、地元選出議員には、事件の内容を正確に知っていただき、正しい判断をしていただけますように!


松野頼久先生

16日付でお送りした質問状 に加えて、熊本県動物管理センター事件について、熊本県選出の国会議員であられる松野先生に、正確な内容をご理解いただく必要があると考え、告発人の一人としての立場から、この機会に説明させていただきたいと思います。

1)270人に及ぶ国民が告発人となっていることの重さ、その理由

国民性として裁判沙汰、警察沙汰を好まないと言われている中、270人以上の国民が動愛法違反として動物管理センター関係者の告発に名前を連ねています。
殺処分停止期間中の猫の殺害等が、被災後の熊本県を見守り応援してきた多くの国民にとりまして許しがたい行為であり、社会的な関心の深さも表しております。 私どもも、熊本県から合計111匹の猫をお引き受けし新しい家庭にお世話してまいりました。遠方の秋田県や東京都をはじめ全国22以上の自治体が知事の殺処分停止措置に呼応して、犬猫を引き受けてきました。
もちろん地元、熊本県のボランィアさん達のご苦労も筆舌に尽くしがたいものがありました。また、全国からセンター収容の被災犬猫のために寄付金、フードなどの支援物資も潤沢に届けられていました。おなかをすかせて支援フードにたどり着き、フードの袋を破いた猫を捕獲し、所轄の市センターに届けもせず、公示もせずに殺したことに、強く批判されているところです。国民の善意を裏切る行為に対し、また、もの言えぬ動物を安易に殺害したことに対し、270名という異例の告発人数になっていることをご理解いただきたいと思います。

2)事件を起こした熊本県弘済会と県との40年にわたる特別随意契約の特異性

今時、40年にも及ぶ一社のみとの特別随意契約は世の中に稀ですが、今回問題を起こした「弘済会」と県はまさに他社の入り込む余地もない状態に長年おかれています。そして、センター長以下アルバイトに至るまですべて弘済会です。大変珍しい形態と言えます。そして、長年、県の動物管理業務を「丸投げ」してきた結果、県に無断でセンター長以下独断で被災猫を多数殺害するという事態になりました。
特別随意契約の弊害といってもよろしいかと思います。
事件の背景としてぜひご記憶いただきたいことです。
比較していただきたいのは神奈川県の対応です、
神奈川県は現在、犬猫ともに実質殺処分ゼロが続いていますが、委託会社社員による動物保護センター収容犬殺害事件の折に、神奈川県知事自らが動愛法違反で警察に告発を行いました。刑確定後、契約年度が切り替わると同時に、当該会社との契約を解除し、現在は別の会社に委託しています。
私どもも、今回、熊本県蒲島知事に、県の収容動物を無断で殺されたということで委託会社を告発することを強くお勧めしましたが、なさいませんでした。
蒲島知事が真に殺処分ゼロ達成を震災後4か年計画の公約となさっているならば、センター施設管理の最高責任者として弘済会を告発すべきだったと思います。このあたりから特別随意契約によって生じた、しがらみ、癒着ともいえる弊害により自浄作用を失っている状況が伺えます。

3)行政としての動愛法及び種々、指針、告知、通達等の順守に対する姿勢

昨年3月8日の衆議院環境委員会において先生より以下の発言がありました。
(太文字は松野先生のご発言部分)

基本原則、「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。」また、二番目として、「何人も、動物を取り扱う場合には、その飼養又は保管の目的の達成に支障を及ぼさない範囲で、適切な給餌及び給水、必要な健康の管理並びにその動物の種類、習性等を考慮した飼養又は保管を行うための環境」を確保しなければならない、これがこの法律の基本原則なんですね。さっき大臣がおっしゃった、自治体の皆さんと連携をということですが、各自治体を見ていると、同じ法律ですけれども、非常に頑張って殺処分ゼロを達成している自治体もあれば、そうではなくて、今でも殺処分数の非常に多い、昔ながらのやり方でひどい扱いをしている自治体というのがたくさんあるんです。

熊本県動物管理センターは「昔ながらのやり方でひどい扱いをしている自治体」だったのではないでしょうか。

要は、収容された犬を譲渡して少しでも生かしてあげようというような施設、それがさっき大臣がおっしゃった殺処分ゼロにつながっていくことなんですけれども、そういう施設は入った瞬間にわかるんですよ。

きちんと管理して飼い主を見つけようということならば、やはり入った瞬間にやる気が見えてくるので、ぜひそこはしっかり指導していただきたいというふうに思います。


先生は熊本県動物管理センターを視察なさったことがありますか、もしあったとすれば、「入った瞬間」どの様な施設だと理解なさいましたか。
少しでも生かしてあげようという施設とは種々の証言からほど遠い実態でした。

さっきの基本原則で、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、または苦しめないようにするのみではなくて、これは何人もですから、自治体ならいいという話じゃないんですよ。何人もですよ。

この部分のご発言は山口県の劣悪な状況に端を発したお言葉ですが、まさに今回の熊本県動物管理センターによる被災猫多数の殺害事件を、自治体ならいいという話じゃなく、何人も守らねばならぬ動愛法違反であると言ってくださっている部分でもあると思います。

この国の動愛法整備に尽力してきてくださった松野先生が動愛法は自治体を含め国民万人が守るべき法律であること、自治体間の格差がありそれを生かすために是正していくことの大切さを述べてくださった大事な質疑だと思います。


それが今回、公の場で先生が、熊本県の事件を大目に見るようにとおっしゃったとの情報に私どもは混乱しております。

長々と書いてまいりましたが、今回の事件は先生の理念からも大変問題の多い事件であり、先生のおっしゃる通り自治体(行政)といえども、みだりに殺してはいけないということを徹底させるための270名の告発であることをご理解下さいますようお願いいたします。

平成29年7月17日
             犬猫救済の輪・TNR日本動物福祉病院
               代表  結 昭子




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
署 名 にご協力ください。★3,200人を超えました!!
全国動物ネットワーク 事務局より
署名 県に無断で被災猫14匹を殺し、迷い猫1匹を捕獲して殺した熊本県動物管理センターを動愛法違反で厳しく罰してください。

qRlaqByNhJDqOHq-800x450-noPad_20170716020708c3f.jpg



◆支援物資のお願い 川崎川崎現在不足品 
・ペットシーツワイド中厚 ・「トイレの猫砂」・食欲のない猫用とろみ缶ほか、高齢猫用柔らかめのウエット・シーバ・懐石(元気のない子に)、焼津のマグロやチャオなどの美味し目缶詰(福島保護活動用)・焼きカツオ(福島及び保護猫用)
・腸の弱い猫や慢性軟便の猫用処方食i/d缶詰  i/dドライ
・子猫用カルカンレトルト(チキン除く)・a/d缶
・シェルター100匹猫さんに
夏用猫ベッドシェルター多頭用
・ご不要の中古バスタオル、フェイスタオル、洗濯用粉石鹸、食器用洗剤などございましたらご協力ください。
・ハイター消毒用
川崎 指定日なし12時から17時 
受入先〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
いつも沢山の支援物資をお送りいただきましてありがとうございます。帰還困難区域に残る猫の頭数も少なくなり、給餌量が少なくなってまいりました。お送りいただきました在庫分で7月いっぱいは賄えそうです。また、不足してまいりましたらお願いをさせていただきますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
福島 指定日なし午前着指定  
受入先 現在ゆうぱっくの受け取り不可、ご注意ください。クロネコさんか佐川さんで。
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
   村尾智恵様方 犬猫救済の輪


アマゾンほしい物リストはこちら   





◆支援金のお願い 犬猫救済の輪では、動物センターに収容された子猫や負傷猫を引き取っています。保護時の治療に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、どうか、センター基金に皆様のご支援をお寄せいただけますよう宜しくお願い申し上げます。また、一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。
支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 フクシマ支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 フクシマ ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご記入下さい。


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






スポンサーサイト

 ☆マイナス2 プラス2
2017年07月17日 (月) | 編集 |
【トップ固定】
          1kanban1_20160719013152964.jpg
 獣医師・動物看護師求人(正社員・アルバイト・パート週1日~)

TNR日本動物福祉病院獣医師募集■獣医師正社員初心者月給30万円~経験者月給35万円~院長副院長候補月給最低保証40万~年棒560万~■獣医師アルバイト日給16000円~時給2000円~ 経験により日給20000円~25000円 ■動物看護師経験者月給22万円~お問い合せ 担当深澤

               
logo41_20170711015311c80.gif
★ボランティアさん募集  メールフォーム
猫たちとたわむれて、楽しくボランティアしませんか。週1回程度1日4時間位の猫たちのお世話です。簡単なボランティア登録後、即日から活動に参加できます。お気軽にお問い合わせください。                
  
                 
※センターに収容される多頭の子猫を生かしてあげるためご協力ください。
子猫たちは、生後2カ月ほどに成長しています。トイレのしつけが必要な時です。
・「トイレの猫砂」・カルカン子猫用マグロゼリー食べやすい小さ目フレーク  ・ワンラックキャットミルク  ・猫用カロリーエース・子猫用ちゅーる・子猫用缶詰 ・子猫用レトルト・ロイヤルカナンベビーキャット
・a/d缶.・焼津のマグロ(おいしく食べやすいので食欲のない子に混ぜて与えます)
 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!


☆子犬/子猫/センター引出し猫の里親会
茨城県動物指導センター収容猫の殺処分をなくすため多頭の子猫の引き出しを行っています。
室内里親会では、抱っこしたり遊んだりして決められます。

①7月22日(土) 14:00~18:00 雨天決行 
②7月23日(日) 13:00~17:00 雨天決行

川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院内

1kanban1_201511110202174f8.jpg


☆マイナス2 プラス2



里親会は、きらりちゃんとロメオ君が決まって、おめでとう。
マイナス2


戸越銀座里親会場のすぐ近くに、親子猫の情報。
その日の夕方。
プラス2

母猫はTNR、
子猫は保護で、おめでとう・・・ということにしましょう。


クロタン♂  チャータン♂
S0029199.jpg

     実はまだ・・あと2匹います。




◆支援物資のお願い 川崎川崎現在不足品 
・ハイター消毒用・「トイレの猫砂」・食欲のない猫用とろみ缶ほか、高齢猫用柔らかめのウエット・ペットシーツワイド中厚 
・腸の弱い猫や慢性軟便の猫用処方食i/d缶詰  i/dドライ
・シーバ・懐石(元気のない子に)、焼津のマグロやチャオなどの美味し目缶詰(福島保護活動用)・焼きカツオ(福島及び保護猫用)
・子猫用カルカンレトルト(チキン除く)・a/d缶
・シェルター100匹猫さんに
夏用猫ベッドシェルター多頭用
・ご不要の中古バスタオル、フェイスタオル、洗濯用粉石鹸、食器用洗剤などございましたらご協力ください。

川崎 指定日なし12時から17時 
受入先〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
いつも沢山の支援物資をお送りいただきましてありがとうございます。帰還困難区域に残る猫の頭数も少なくなり、給餌量が少なくなってまいりました。お送りいただきました在庫分で7月いっぱいは賄えそうです。また、不足してまいりましたらお願いをさせていただきますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
福島 指定日なし午前着指定  
受入先 現在ゆうぱっくの受け取り不可、ご注意ください。クロネコさんか佐川さんで。
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
   村尾智恵様方 犬猫救済の輪


アマゾンほしい物リストはこちら   





◆支援金のお願い 犬猫救済の輪では、動物センターに収容された子猫や負傷猫を引き取っています。保護時の治療に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、どうか、センター基金に皆様のご支援をお寄せいただけますよう宜しくお願い申し上げます。また、一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。
支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 フクシマ支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 フクシマ ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご記入下さい。


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。