FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆茨城県動物指導センター多頭猫引取り  ☆<犬猫の殺処分問題>年間5万匹以上が犠牲!涙する保護センター職員が実態を告白
2017年10月28日 (土) | 編集 |
【トップ固定】
          1kanban1_20160719013152964.jpg
 獣医師・動物看護師求人(正社員・アルバイト・パート週1日~)

TNR日本動物福祉病院獣医師募集■獣医師正社員初心者月給30万円~経験者月給35万円~院長副院長候補月給最低保証40万~年棒560万~■獣医師アルバイト日給16000円~時給2000円~ 経験により日給20000円~25000円 ■動物看護師経験者月給22万円~お問い合せ 担当深澤

★犬不妊手術キャンペーン受付中!!

★マイクロチップ(電子迷子札)キャンペーン 10月1日~31日迄


猫のお世話ボランティアさん、大募集!!
週1回程度7時から24時までの間の1日4時間位、沢山の保護猫たちのお世話に、手を貸していただけませんか。お気軽にお問い合わせください。  メールフォーム
          
           

 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!


★こねこ・成猫里親会 
茨城県動物指導センター収容猫の殺処分をなくすため多頭の子猫の引き出しを行っています。
室内里親会では、抱っこしたり遊んだりして決められます。


10月28日(土)29日(日) 
14:00~18:00 雨天決行

川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院内


1kanban1_201511110202174f8.jpg

茨城県動物指導センター引取りの子猫たちを順次、掲載してまいります。
ペットのおうち
http://www.pet-home.jp/contribute_user_151327/
ロンリーペット
http://lonelypet.jp/team/detail/189/

chatora2s_201710270247151fa.jpg
20171019041247087s_20171027024714728.png
sirubia-mmurasakli-pauro_20171027024712b9e.png





※茨城県動物指導センター多頭猫引取り

子猫全頭と、負傷猫数頭もお引き取りさせていただきました。
詳細、後日お伝えいたします。









DSC08941.jpg

DSC08942.jpg

DSC08973.jpg

DSC08982_201710280138507df.jpg



※センターに収容される猫たちを救うため、引出しています。支援物資のご協力をお願い申し上げます。
・「トイレの猫砂」・塩素系ハイター消毒用・箱ティッシュ・ダブルトイレットペーパー・洗濯用粉石鹸・食器用洗剤・ちゅーる ・カルカン子猫用他子猫用ウエット種類問わず・ロイヤルカナンベビーキャット 



☆<犬猫の殺処分問題>年間5万匹以上が犠牲!
   涙する保護センター職員が実態を告白


愛護意識の高まりとともに、最近は頻繁に殺処分問題が週刊誌でも取り上げられるようになりました。
週刊女性でも、全国の殺処分問題を取り上げ、仕事に従事している職員さんたちの苦悩を取材しています。
また、この記事では、殺処分をなくすため新たなチャレンジをしている自治体の取り組みも紹介されています。

「何かを変えれば、殺処分は減らせる。殺処分ゼロも夢ではないという目標を掲げ動物の命を守る取り組みを展開している自治体もある。」

名古屋市…ふるさと納税で犬の殺処分ゼロを達成(昨年度)、病気の犬猫の譲渡に際し、ボランティアさんへの病院代補助について検討中
神奈川県…乳吞猫は100%譲渡、建築予定の新センターに殺処分機は置かない(犬は4年連続、猫は3年連続殺処分ゼロ更新中)
香川県…野犬の子犬を人馴らしをして譲渡する検討委員会を立ち上げた






<犬猫の殺処分問題>年間5万匹以上が犠牲!涙する保護センター職員が実態を告白
週刊女性2017年10月31日号

2017/10/17

http://www.jprime.jp/articles/print/10858


全国で5万5998頭が殺処分された
「好きな動物を助けたいと思い獣医師になったのに、なぜ動物を殺しているんだろうって。今まで(犬や猫)100匹以上は手にかけました……」


 苦しい胸の内をそう吐露するのは獣医師だ。自らの手で麻酔薬を打ち処分する様子を、

「注射器のシリンダーの目盛りが減っていくんですけど、手が震えて力が入らなくなったこともありました。閉じた目は2度と開かないんです」

 と振り返る。動物に、こう呼びかけていたという。

「ただ、安らかに眠ってくれ。次に生まれ変わったときは、幸せになってくれと、いつもそれだけを願っていました」

 獣医師の名は、神奈川県保健福祉局生活衛生部の八木一彰さん。獣医師として2005年から'08年まで、県動物保護センターに勤務し、殺処分を担当した。こう続ける。

「仕事なので誰かがやらなければならない。悔しい気持ちだけでは何も変わらない。殺処分される動物を少しでも減らすために変えていかなければと思うようになりました」

 何かを変えれば、殺処分は減らせる。殺処分ゼロも夢ではないという目標を掲げ動物の命を守る取り組みを展開している自治体もある。

 昨年度、全国で殺処分された犬・猫の数は5万5998頭。年々、減少してはいるが、殺処分ゼロの日は遠い。
 愛知県名古屋市の動物愛護センターは昨年度、犬の殺処分ゼロを達成した。1985年の開設以来、初めて。ふるさと納税で集まった寄付金が財源となり活動を支えた。同センター愛護指導係の鳴海大助係長が解説する。

「'13年度は83頭、'14年度は56頭、'15年度は25頭の殺処分をしました。あと少しでゼロにできる。しかし、犬を生かすために税金を使っていいのかという議論もありました。ならば寄付金で行おうと、昨年度から取り組みをはじめました」

c_20171028010729d6b.png

現在は使われていない殺処分機。窓から犬や猫が死んでいるか確認する



「やりたくない」と泣く職員も

 当初の寄付の予想は100万円ほど。ところが蓋を開けてみると、予想の10倍以上の約1100万円の寄付金が集まった。お金の使い道は、

「エサ代、医療費、(しつけや世話をする)ボランティアさんへ現物支給する首輪、リード、ペットシート等の代金などです」(鳴海係長)

 保健所の努力以外にも、ボランティアの力添えがなければ、犬の殺処分ゼロは達成できなかったと感謝する。

「センターから引き取って飼い主を探してくれるのがボランティアさん。本当に頭が下がります。1頭につきエサやペットシートなどをワンセット渡していますが、医療費がどうにかならないか、という声をいただいています。病気の犬や猫を引き取っていただいた場合、飼い主が見つかるまで病院代はボランティアさんの自腹。今後、検討する予定です」(鳴海係長)

 今年からは寄付金の用途を猫にも拡大しているが、

「数が多すぎるのが一番の問題。当センターも、現状はぱんぱん。どうしても殺処分せざるをえない。昨年度は399頭の猫を殺処分しましたが、“やりたくない”と涙を流す職員もいます」(鳴海係長)


 犬と比較し猫の殺処分が多いのは全国的な傾向だ。特に生後間もない乳飲み猫は数時間おきのミルク、お尻ふきと負担が多く面倒を見きれないのが現実。

m.png
授乳中の子猫は生後2週間(名古屋市提供)


 そんな中、いち早く殺処分ゼロを達成したところがある。神奈川県が所管する県動物保護センターだ。犬は4年連続、猫は3年連続殺処分ゼロを更新している。

 同センターを見学させてもらった。犬・猫は現在、各40頭ほど収容されている。猫舎に入ると「にゃあにゃあ」と甘える声が。ケージには《人なれ強化中。たくさん遊んでね》と書かれたプラスチックの板がぶら下がっている。

「猫はなかなか人なれしないんです。引っかいたり、噛みつく子もいる。乳飲み猫は100%、ボランティアの方が引き取ってくれています」

 そう話すのは同センターの岩屋修課長。地下の犬舎も案内してもらった。

「昔はここにいっぱいの犬が収容されていました。電話で、心ない言葉を言われたこともあります。職員たちはみな、なぜ殺さなければならないのか葛藤していました。

 最後は、処分室の箱の中に二酸化炭素を注入して窒息死させます。幼い犬や猫は呼吸が浅いので死にきれない場合がある。そのときは、麻酔などを打って殺すんです」


 冒頭に登場した八木獣医師は、その最終局面で多くの犬・猫の命と向かい合ってきた。

y.png

「この子はシャイなんですよ」と訓練中の犬に呼びかける岩屋課長

新センターに殺処分室はない

 殺処分の一方、収容された犬・猫を新たな飼い主へと譲渡するのも保健所の役目。八木獣医師は、譲渡会の運営担当者だった。参加者に対し、

「動物を飼うということは最後まで責任を持つということ。動物は自分で生きることができない。飼い主が、その動物の人生を大きく左右するんです。1匹犬を飼っている人が2匹目を飼ったが、犬同士の相性が悪く、ケンカもする。散歩も別々で時間がかかる。引き取ってほしいと連れて来る方もいます」

 と包み隠さず伝える。

 神奈川県では未来を見据えた取り組みも行っている。

 1972年に開設された県動物保護センターは老朽化しているため、新施設を'19年4月に開設する予定だ。

「新たなセンターには、殺処分室はありません。殺処分ゼロを継続するのは難しいことです。私たちもいつまで続けられるかわかりません。少しでも命が失われることを防ぐためにも、動物愛護の拠点として、将来は動物も人間も幸せになれる施設を目指します」

 と同県保健福祉局で動物愛護を担当する松谷順子課長が明かす。現在、寄付を募っているが、目標の11億円に対し、現状は2億3万8014円(10月6日現在)。

 自治体によって、事情は違う。香川県では、昨年度、約1500件もの犬の殺処分を行わざるをえなかった。野犬が非常に多いためだ。

「野犬というと他県にも驚かれます。もともと飼い主がいないもので、どうしても殺処分せざるをえない。子どもが追いかけられた、通学路にたまっているという苦情をよくいただきます。成犬は人になれず、海外でも駆除対象です。しかし野犬でも子犬は順化しやすいため、人にならして譲渡をする取り組みを行っています。今年度は検討委員会を立ち上げました。検討し改善を図っていきます」(同県生活衛生課)

 一朝一夕に解決する名案がない殺処分。犬・猫を保健所から引き取って飼えば小さな命を救うことができる。ただし、その命が尽きるまで、しっかり家族のように面倒を見ることが大前提だが。



☆転載です 
「ダンデイ:野犬のボスだった犬が保健所では異例のトレイナーさんによって飼い犬になる。期限は10月31日~倉敷市」


ダンデイの命の期限は10月31日
です。







http://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-2229.html
「ダンデイ:野犬のボスだった犬が保健所では異例のトレイナーさんによって飼い犬になる。期限は10月31日~倉敷市」

今回は野犬のボスだったダンデイという犬を
保健所としては異例のトレイナーさんに預けて
飼い犬になれる試みを行いました。

2017102420422992fs.jpg

ダンデイの記事
「野犬のボスだった犬を家庭犬にとプロのトレイナーにトレーニングに出す倉敷市保健所~岡山県」

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-2050.html

トレイナーさんのおかげで
・お散歩ができる
・爪切りができる
・コスプレもできる
・助手席でドライブもできる

ようになったそうです。


これ普通の犬だったら当たり前の事なんですが
野犬のボスで収容された当時は人慣れしていなかった犬です。



ダンデイの命の期限は10月31日
です。





----------記事転載ここから------------

岡山県、倉敷保健所から、特別にトレーナーさんのもとで
トレーニングを続けてきた、元野犬の王者、ダンディ。

複数回の期限延長も、もう先がありません。
10月末が最終期限となります。


お散歩ができる、爪切りができる、コスプレもできる、
助手席でドライブもできるようになってきたダンディですが
人への警戒が人一倍強かったこともあり
さらにトレーニングを視野に入れてくださる方への
譲渡が望ましいといわれています。

ダンディが人と楽しく暮らしていけるように、
祈りつつ、最後の最後のお願いです。
宜しくお願いします!

こちらに情報掲載中です。
「ダンディな野犬、その名もダンディくん!」
http://www.pet-home.jp/dogs/okayama/pn158035/

お問い合わせは、ボランティアでも、直接保健所でも!

連絡先
倉敷市保健所 生活衛生課 動物管理係
電 話: 086-434-9829 
※平日8時30分~17時15分 土日祝除く
e-mail: anmlhlt@city.kurashiki.okayama.jp



◆支援物資のお願い 川崎川崎現在不足品 
・保護猫用ドライフード種類問わず・シーバドライ・モンプチパウチ高齢猫用イナバチャオとろみタイプ ・金のだしちゅーるタイプ高齢猫用舐めて食べられるウエット・焼きカツオ高齢猫用・使い捨てマスク・洗濯用粉石鹸・食器用洗剤・箱ティッシュ・ダブルトイレットペーパー
・健康缶腎臓食・高齢猫用とろみウエット・食欲のない猫用とろみ缶焼津のマグロ各種 
・消化器サポート・可溶性消化器サポート
・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・腎臓ケアウエット種類問わず
川崎 指定日なし12時から17時 
受入先〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛

◆支援物資のお願い 福島
いつも沢山の支援物資をお送りいただきましてありがとうございます。倉庫の掃除のためしばらくの間、物資は川崎でお受けさせていただきます。福島受け入れ態勢が整いましたら改めましてお願いをさせていただきますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
福島 指定日なし午前着指定  
受入先 現在ゆうぱっくの受け取り不可、ご注意ください。クロネコさんか佐川さんで。
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
   村尾智恵様方 犬猫救済の輪


アマゾンほしい物リストはこちら   





◆支援金のお願い 犬猫救済の輪では、動物センターに収容された子猫や負傷猫を引き取っています。保護時の治療に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。
支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 フクシマ支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 フクシマ ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご記入下さい。



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






スポンサーサイト