FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆院内交流会ご出席のお願い ペット法塾様より
2018年03月14日 (水) | 編集 |
ペット法塾さまより
http://thepetlaw.web.fc2.com/

2018年3月12日

 院内交流会ご出席のお願い          
                      THEペット法塾代表 弁護士 植田勝博
                         TEL:06-6362-8177、FAX:06-6362-8178
                         Email:uedalaw@skyblue.ocn.ne.jp

   動物に代わって声をあげられるのはあなたです。
   私達は、平成24年(2012年)法改正で、国会議員会館を満杯にして、同改正法を実現しました。平成
  30(2018)年が法律見直しの改正年です。
   下記の院内集会に是非御出席をいただき平成30年法改正を実現しましょう。
   1 開催日時 平成30年3月23日(金)午後2時~午後6時
   2 開催場所 衆議院第一議員会館大会議室
   動物愛護法は、平成30(2018)年が法律見直しの改正年です。動物愛護法は、平成11年(1999年)、平成
  17年(2005年)、平成24年(2012   年)の各々、大きな制度改善を進めてきました。
   私達は、平成24年法改正で「殺す行政」から「生かす行政」を求め、これは附帯決議で「野良猫は殺処
  分目的で引き取りを禁じられている」と決議されましたが、行政の現場では、決議は法律ではないとして、
  大量の犬猫がヤミの中で引き取られて当日ないし数日で過半数の犬猫が殺処分されています。附帯決議で
  はなく、実効性ある法改正が是非とも必要です。動物は声を上げられません。声を上げられるのは人間し
  かありません。
   大きな法改正はしないとの話しも出ていますが、殺しているのは法律です。「動物は声を上げられませ
  ん。声を上げることができるのはあなたです。」 法律は国会で作ります。声を上げなければ、法律は変
  わらず、現在の法律を容認し、行政の殺処分は継続します。
   声をあげることができるのはあなたであり私です。
   当日は、動物愛護法改正の資料(動物法ニュース48号)を用意して無償で配布を予定します。現在、
  少数の方の申込みです。




2018年2月27日

18年3月23日院内交流会のご案内         
①  開催日時 平成30年3月23日(金)午後2時~午後6時
                        予備室午後1時から
   ② 開催場所 衆議院第一議員会館大会議室(300人)
   ③ 主催   THEペット法塾、ANJその他
   ④ テーマ 「法律が現場を変える」「法律を変えれば現場を変えられる」
   ⑤ 会場300人を満杯にする。国会議員の参加を求める。
   ⑥ 分かり易い改正の柱を作り、全国へ発信

     申込先 植田法律事務所 Tel 06-6362-8177、Fax 06-6362-8178、
    メール uedalaw@skyblue.ocn.ne.jp
    ◆平成30年3月23日院内交流会ポスター◆
    ◆平成30年3月23日院内交流会ポスター2◆

スポンサーサイト