シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 マンション・ビル・総合管理 (㈱)日鉄コミュニティ
2009年05月06日 (水) | 編集 |
■今回、ノラ猫問題の現場
川崎市幸区戸手4丁目
マンション名 アクアリーナ
1棟 アズリーノタワー  2棟 ヴェルデタワー 3練ロッソ

■内容
2005年より多摩川河川敷に高層マンション建設が始まった。その場所は元は特別な地域で昔から朝鮮の人達が住む集落でした。
マンション計画に伴い、集落は撤去となり後に残された猫は約35匹。現在は13匹。
状況は、ブログでも紹介した事がある。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-528.html#comment

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20090324.html

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-category-27.html

土手のすぐ上に高層マンション建設。土手の真下に残された猫。多摩川の水までの河川敷の幅は20メートル程しかない狭い河川敷。木1本なく雨を凌ぐこともできない。目立たないように陰になる部分もない。土手の上から石を投げつける人もいる。

工事中も、マンション入居後も猫達は、土手の上にあがれば問題になる。
その為、河川敷に事務机の古い物をひとつだけ置かせてもらい猫達はそこにいつも身を寄せている。ホームレスさんの小屋のようなものではなく机ひとつです。
これを理想と思っているわけではない。猫達がマンションに入ったりする事を防ぐ為、また生きていくため必要最小限の緊急避難措置です。
工事のためのフェンスがはずされ、マンションから真下に見えないよう猫が着いてこれる範囲の10メートルくらいづつ、上流に移動中です。

2005年より
主に二名の川崎市民のボランティアにより、
子猫全頭保護 治療のうえ里親探し
なついている成猫保護ー里親探し
残された猫ー増えないよう不妊手術
地域の環境と猫の生きる権利を守るため、毎日朝夕二回、残された猫の給食等の世話と管理を続けている。不妊手術から日々の経費は全て自己負担です。

2005年から国土交通省田園調布出張所の所長も3代変わりましたが、大変、苦慮されてきました。常に地域住民に配慮し、猫たちの移動について相談したり、とにかく減らす、そして新たな猫を増やさないために、捨て猫禁止の立て看板60本を河川敷の広範囲に設置してくれました。
この場所だけはその看板もすぐに壊されました。


管理会社(㈱)日鉄コミュニティは、河川を管理する国土交通省に対し、毎日猫の世話管理をするボランティアに対し、非情な苦情を申し立て、精神的に耐えられない状況に追い込んでいます。
マンションから猫の糞尿の苦情があったと言いますが、ここまで猫たちを減らし環境改善のために尽くしているボランティアを攻撃することでしょうか。幸区戸手地域のノラ猫の数は100や200ではありません。今もボランティアさん達は、自費で必死に不妊手術を続けています。
マンション敷地内にわづかに猫が入り糞をすることもあるでしょうがそれは他の地域でもどこにでもある現状です。これは地域の問題として、マンション管理のあり方を考えるべきではないでしょうか。
猫の給食場所に集まった鳩やカラスが飛んできて糞をした被害を被ったと言いますが、川崎にも全域に鳩もカラスも生息しています。
不潔にゴミ屋敷状態にしているところにいつもカラスが集まっているというのなら問題ですが、朝夕二回管理して、いつも清潔にするよう努めています。
(㈱)日鉄コミュニティは、ハトやカラスの被害の実態をどのように把握されているのでしょうか。
これが、許容の範囲をはるかに超えるものだというのなら、㈱日鉄コミュニティは、川崎市のマンションを管理する能力はありません。どこでもある範囲の問題を管理できないのですから。

生物が多様な環境の中で、既に人間は多くの環境を破壊し、多くの生命の犠牲の上に生きています。わづかに残された哀れな命、それさえも排除してしまえでは、あまりにも人間としての心がないのではないでしょうか。
新しい地域に来て、以前からの人達にも、「越してきました。宜しく御願い致します。そんなことがあったのですか。私にもできる事がありましたら・・。」私的には、昔ながらの温かみのある交流ができるような雰囲気を作っていただくため、仲介的な役割を管理会社にはお願いしたいと思います。

しかし、㈱日鉄コミュニティは、マンション住民よりの苦情を理由に、強行に排除を進めようとしています。
ボランティアがエサやりを止めないことから、河川敷を管理する国土交通省に対し、餌やり場所の机は法的に違法である。国土がそんなことを認めていいのかと再三の抗議をしています。
行政は、法を無視することはできませんが、河川敷には沢山のホームレスさんの小屋などある中で、そこに命があるため人権や人道的な面からもその対応には大変苦慮されています。

行政も民間も、改善に向けできる限りのことをするということではないでしょうか。

㈱日鉄コミュニティは、そうした説明には一切耳をかさず、猫は排除が望ましい。撤去しないなら法的処置をとると国土交通省にせまっています。㈱日鉄コミュニティのコミュニティの意味はと問いたくなります。

そして、㈱日鉄コミュニティは、河川敷に物を置くのはどんなものでも法的に違法だと言いながら、ボランティアに対し「野良猫は、保健所に渡したらどうですか。」と人に違法な犯罪を犯させる誘導発言をしています。

多摩川沿いには下流まで新しく次々と建設された高層マンションが建ち並びますがどこにも似たような問題はあります。
少し下流でも、先日、工事のためにホームレスさんの小屋が立ち退きになりました。突然倒れ亡くなったホームレスさんが飼っていた犬2頭についてのみ行政からの相談を受け当会が引き取りました。他のホームレスさんや動物は、緊急的には場所を移動、これが現状で行政もボランティアも精一杯なのです。
幸いか、この付近のマンション管理会社が、管理するマンション以外の河川敷の管理のことでここまで激しくやることは㈱日鉄コミュニティの他にはありません。

㈱日鉄コミュニティ 東京西支店担当者様には電話にて要望をお伝えいたしましたがご理解していただけないようでした。

本社へは電話をし、係りから電話を下さいとお願い致しましたが、連絡を頂いておりません。
本日、6日、再度、メールにて意見を送らせていただきました。




皆様の、ご意見ご要望を㈱日鉄コミュニティにお送りいただけませんでしょうか。



http://www.ns-community.jp/ns/index.php

(㈱)日鉄コミュニティ
本社
新所在地:東京都中央区日本橋1丁目21番5号
電話番号:03-5202-2700(大代表)

東京西支店 03-5202-2801

問合せ意見メールhttps://www.ns-community.jp/www/contactus11.html





当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17川崎市動物愛護センター 収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05川崎市動物愛護センター 「収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14川崎市動物愛護センター 「収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16川崎市動物愛護センター 公開質問2
■H21.01.19川崎市動物愛護センター 公開質問2回答
■H21.01.26川崎市動物愛護センター 公開質問3-1
3-2
■H21.01.29川崎市動物愛護センター 質問回答日について ・ 当会返信
■H21.02.02川崎市動物愛護センター 収容幼猫譲渡要望に関する補足
■H21.02.04川崎市動物愛護センター 公開質問3回答
■H21.02.10川崎市動物愛護センター 環境省見解に関する公開質問4
■H21.02.13川崎市動物愛護センター 環境省見解に関する公開質問4回答
■H21.03.13川崎市動物愛護センター公開質問5
皆様のご意見・ご要望をお寄せ下さい
〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp

にゃわん奮闘記     新・縁側日記



「アニマル・フレンドシップ」HP「アニマル・フレンドシップ」ブログ

殺処分ゼロを目指して! 川崎市動物愛護センターに嘆願書提出
●川崎市動物愛護センターへ嘆願書送付(2009.03.09)
●続・川崎市動物愛護センターへ嘆願書(2009.03.16)



kitaku2.jpg
      リンクフリー
募金参加ありがとうございました。
4月21日HN 様  4月16日AS様 4月15日EN様 4月9日ST様 4月6日MA様・KK様 

詳細会計報告は、HPにて

野良猫TNR募金
ゆうちょ銀行    00240-3-17767 犬猫救済の輪
横浜銀行 大島支店 普通 口座1189874 犬猫救済の輪
ゆうちょ銀行は通信欄に使用目的(ノラ)とお書き添え下さい。
銀行振り込みは、お名前の前に(ノラ)を入れ続けてお名前を入れてください。


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★『工場猫物語』 2月28日発売 アニマル・フレンドシップ
★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会 

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
河川敷の云々は管理会社とは全く関係のない事。
マンション敷地内で猫の糞があったとの苦情に関しては、何時、どの場所で、河川敷の猫だと決め付けることの理由を管理会社はっきりさせるべきです。
それにしても、この管理会社の対応はあまりにも理に合わず、
殺伐とした世の中を反映している。

ボランティアさんも毅然とした態度で頑張ってほしい。
応援しています。
管理会社にコメントを送ります。



2009/05/06(水) 23:40:23 | URL | #ZlKJu336[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する