FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 不幸な野良猫を減らすために
2009年05月18日 (月) | 編集 |
里親会のお知らせ
5月24日(日)12時ー17時 雨天決行
品川区 戸越銀座商店街 ペットスマイル戸越銀座店店頭 




子猫多数参加します。お出かけください。
http://homepage2.nifty.com/inunekokyusainowa/satooyakai.html


毎日新聞5月6日
http://mainichi.jp/life/housing/sippo/news/20090506ddm013070176000c.html

しっぽの気持ち
不幸な野良猫を減らすために=渡辺眞子 

3頭の犬たちと同じルートを毎日散歩していたころ。顔見知りの猫がいつも塀の上で寝そべっていた。声をかけると返事をし、繰り返し呼べば何度でも応えた。私たちが歩き出すと、つかず離れず後を付いてくる。あの猫に帰る家はあったのだろうか。風が冷たい夕暮れなどは別れ際がしのびなかった。

 人は簡単に生き物を捨てる。「誰か拾うだろう」と、子猫を置き去りにする。いきなり母親から引き離された子猫に生きるすべなどない。運良く救われるのは幸運な一握りに過ぎず、多くは暑さ寒さ、飢えとかわきに苦しみながら、あるいはカラスやネズミに襲われ命を落とす。懸命に生き延びても、野良としての一生は過酷だ。07年度に全国の行政施設にて殺処分を受けた猫、約20万匹のほとんどは幼い子猫である。親猫が不妊去勢手術(以下、手術)を受けていれば避けられた不幸の数だ。

 自治体に寄せられる猫の苦情で多いのは、ふん尿被害と鳴き声。猫たちは嫌われ、追い払われ、虐待を受けることもある。この解決策になるのが地域猫活動である。これは猫にまつわるトラブルをなくすため、地域住民が協力して猫の適切な世話と管理をしようというものだ。


犬の吉弥(雑種、オス、11歳)のあごの下にすっぽりと収まって昼寝する猫の清志郎(雑種、オス、14歳)。11年来の付き合いの吉弥に、一番気を許しているようです=東京、友沢昭子さん 置きエサはせず、食べ残しは片付けて周辺を清潔に保つ。トイレを設けて掃除をする。手術して数を増やさない。これらを続けることで猫の数も苦情の件数も確実に減る。現在はこの活動を支援し手術の助成金を出す自治体もあるが、その一方で未手術の飼い猫が外を歩き回っていては意味がない。

 海外の大きな動物福祉団体や獣医師会は、飼い主のいない猫には手術後に元の場所へ放す方法と、すべての猫の完全室内飼育を推進している。手術により発情期の鳴き声とストレスはなくなり、外出させなければ事故やケンカ、感染症のリスクから守られる。猫は縦移動する動物なので、キャットタワーなどの設置で運動も足りるそうだ。

 それまで外に出ていた猫でも室内飼育に変更できる。出たがる猫との我慢比べになるが、飼い主が頑張れば猫は必ずあきらめるという。「猫は自由が好きなのに、かわいそう」という声が聞こえてきそうだけれど、幾多の命が不幸と危険にさらされる現状を考えてほしいと思う。(作家)


毎日新聞 2009年5月6日 東京朝刊


当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。

■H20.04.17川崎市動物愛護センター 収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05川崎市動物愛護センター 「収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14川崎市動物愛護センター 「収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16川崎市動物愛護センター 公開質問2
■H21.01.19川崎市動物愛護センター 公開質問2回答
■H21.01.26川崎市動物愛護センター 公開質問3-1
3-2
■H21.01.29川崎市動物愛護センター 質問回答日について ・ 当会返信
■H21.02.02川崎市動物愛護センター 収容幼猫譲渡要望に関する補足
■H21.02.04川崎市動物愛護センター 公開質問3回答
■H21.02.10川崎市動物愛護センター 環境省見解に関する公開質問4
■H21.02.13川崎市動物愛護センター 環境省見解に関する公開質問4回答
■H21.03.13川崎市動物愛護センター公開質問5
皆様のご意見・ご要望をお寄せ下さい
〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp

にゃわん奮闘記     新・縁側日記



「アニマル・フレンドシップ」HP「アニマル・フレンドシップ」ブログ

殺処分ゼロを目指して! 川崎市動物愛護センターに嘆願書提出
●川崎市動物愛護センターへ嘆願書送付(2009.03.09)
●続・川崎市動物愛護センターへ嘆願書(2009.03.16)



kitaku2.jpg
      リンクフリー
募金参加ありがとうございました。
5月1日N様 4月28日MK様 ・RS様 4月21日HN 様  4月16日AS様 4月15日EN様 4月9日ST様 4月6日MA様・KK様 

詳細会計報告は、HPにて

野良猫TNR募金
ゆうちょ銀行    00240-3-17767 犬猫救済の輪
横浜銀行 大島支店 普通 口座1189874 犬猫救済の輪
ゆうちょ銀行は通信欄に使用目的(ノラ)とお書き添え下さい。
銀行振り込みは、お名前の前に(ノラ)を入れ続けてお名前を入れてください。


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会里親会
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する