FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 9-15
2006年09月15日 (金) | 編集 |
議員に電話、結果は、どうなっているのですか。
市が条例違反新聞記事がでて、行政が頑なになっている。
h-yomiuri-kizi117.jpg

手続きが必要であること、また、使用に当たっては、契約書を交わしてからでないと使えないということは、行政から聞いていたことです。公示がされていなかったことは、当会も知りませんでした。事実である以上、この記事に問題はないと思いますが、
この取材により、今までに決めたことが全て白紙になるとは、どういうことでしょうか。予算がないといいながら、無駄なフェンスに60万もかけていたとは、驚きです。しかし、必要なことには、使わなければなりません。勿論、公にするべきことです。現状、写真の通り、ボランティアが、提供して下さったこの建物だけでは、猫の適正飼養は、5匹ほどしかできないスペースです。本来、公園整備事業に伴う、問題の解決策として、すべて、行政が行うべきことです。そのため、提供用地の拡大、使用期限、電気、水道配管工事について、最低必要なことを行政が行うよう交渉してまいりました。そして、この、最低のことを了承頂いたところで、契約書を交わすだけとなっていた、今日です。すべて、白紙に戻します。36㎡の用地提供のみです。行政は、何もしません。その、説明は、一切なく、契約書も交わさず、一方的に通知します。以上。それで、嫌なら、また、税金使って撤去します。という訳です。
読売新聞と、行政の間に、何があるのか、読売新聞の目的は何か、今の段階では、全く、不透明でわかりません。
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック