FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 横浜市動物愛護センタ-建設について
2009年09月15日 (火) | 編集 |
自民党動物愛護議連活動休止
http://blog.jimin-animal.net/

動物愛護管理推進議員連盟

選挙が終わり、どうぶつ議連は、制度の立て直しが必要です。
新体制を整えるまで、もう少しお休みを頂くことになります。
人と動物のよりよい共生を目指してがんばって参りましたが今後も、その歩みが止まることはないと信じております。
再開される事を信じ、お待ちいただければ幸いです。

いままで応援してくださった皆様に、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
                                        どうぶつ議連事務局




転載 NPO法人 横浜アニマルファミリー HPより

http://www.animal-family.org/index.php?itemid=1000

横浜市動物愛護センタ-建設について.  皆様へ

NPO法人 横浜アニマルファミリー理事長 野中正子   

横浜アニマルファミリーは2003年にNPO法人に認証され、主に神奈川県内で活動しております。私達は不幸な動物を減らす為、飼い主のいない野良猫を捕獲して不妊手術を施し、また生まれてしまった子猫・子犬に対しては、健康管理後、里親を探す活動を行っているボランティア団体です。また、老人福祉施設の慰問や、自然環境保護の為の活動にも積極的に取り組んでおります。
物言えぬ動物の命が相手の、一分一秒を争う活動の為、毎日数多くの一般市民の方々からの”助けて”の声が届き、たくさんの小さな命を救うため、走り回っております。一方で、行政へは特に野良猫排除の声ばかりが要望として届く為、横浜市は年間4000万円弱の税金を使って、終わりのない猫の殺処分を続けております。

日本国内で殺処分される犬猫の約80%が野良猫が産んだ目も開かないような子猫達です。横浜市も同様です。つまり、殺処分をなくすには、1にも2にも飼い猫、野良猫を問わず不妊手術を施すことが必要なのです。統計学的にも飼い猫、野良猫の8割に不妊措置が施されれば、猫の数が適切に安定するといわれています。
(参考:アメリカロスアンゼルス市は年間2億円にのぼる殺処分代が財政を圧迫したため、すべての市民に飼い犬、猫の不妊手術を義務付け、違反者には罰金刑、労働刑が科せられます。ワシントンDCでは、野良猫に不妊手術を行い地域で管理する方法(TNR)が野良猫の数を安定させ殺処分を減らせるとして野良猫に無料で手術を提供する高回転避妊去勢クリニックを開設するに至りました。東京都千代田区でも年間約200万円の不妊助成で短期間に殺処分がほぼゼロを達成しています)
つまり、動物の福祉のためだけではなく、市の財政のためにも殺処分を回避できる工夫がもとめられているわけです。
横浜アニマルファミリーは独自に昨年度1年間だけで1021匹の猫に不妊手術を施しました。
一方、横浜市が市民の行う猫の不妊手術への助成金は年間3000匹分であり、今年度は7月の段階ですでに予定頭数となりストップしています。民間の一NPOが年間1000匹以上できる手術です。横浜市が行政として積極的に不妊手術に予算を使い獣医師会の協力が得られれば、非常に早期に野良猫が減り、地域の環境改善と殺処分ゼロが達成できるはずなのです。

今回建設予定の横浜市動物愛護センターは収容犬猫の譲渡や飼い主の啓蒙を促進できる施設だとうたっておりますが、この不況下に新たに動物を飼おうとする市民は減少傾向ですし、啓蒙はセンターという場所で局所的に行うより、むしろテレビや市の広報等の媒体を使って広範囲に効果的に行うべきです。殺さずにすむためには不妊手術の徹底しか効果はありません。
以上の理由から、私達は40億円近くをかけながら、たくさんの生き物が住む貴重な自然を破壊し、犬猫の殺処分に多くの経費を計上している施設の建設に大きな疑問を感じています。これだけの予算がとれるのなら横浜市は不妊手術など本当に動物を生かす施策にこそ徹底的に取り組むべきだと考え、予算執行の再考を促していく所存です。動物福祉の立場から長々と申し述べさせていただきました。長文にお目を通していただき心より感謝申しあげます。なにとぞご理解の上、ご指導、ご協力のほどお願い申し上げます。
                                       平成21年9月吉日


☆ http://www.inunekoningen.com/news.html
      20090830205330dbd.jpg
kuroko-pero-sos.jpg

河原猫たちを助けてください ・・・ 里親様・一時預かり様 大募集中 

河原猫7月 9日現在/ 河原猫7月20日現在/ 8月5日 全頭捕獲保護終了/
河原猫に暖かいご支援をありがとうございます。 8月の収支報告

おじさんと12匹の猫たち 河原猫の里親探し  

        ozisanto-12hikinoneko.jpg
 リンクのご協力お願い致します。  

 
  ☆もうーすさんの「うちのとらまる」     ☆犬猫ぶろぐ   ☆またたびハウス 

河原猫情報     
只今、コイちゃん、里親様決定しています!8匹の里親募集中!
トラちゃん♀・クーちゃん♂ (当会保護)

            mikachibitabo.jpg チビタ君♂・ミカちゃん♀(沙羅様お預かり)
          
   ※河原猫チャーの情報がありましたらお寄せください。宜しく御願い致します。





banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★次回里親会   ★シェルターの猫たち   ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

1pittobana_convert_20090403165944.jpg  ☆動物達の為に、皆でつくる動物福祉病院

この病院は、恵まれない不幸な動物達を救うために、私達ひとりひとりの力を出し合って、ゼロからつくりあげる動物たちのための病院です。
目標額10,000,000円    8月30日現在合計額5,025,348円



スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
刹処分とても悲しい現実です。↓ちょっと長いですけど読んでもらえたら嬉しいです。

ペットブームの裏で大勢の犬猫が殺されています。じつは日本人は欧米などと比べて極端に幼い犬猫を好むそうです。でも幼い時に母兄弟と別れて子は問題行動を起こしやすく、また販売ルートで病気に感染しやすい、なのに日本人があまりに子犬子猫ばかりを好み「飼い始めるならより幼いほうが良い、可愛いほど良い」が当たり前になっています。
そのため販売側もより幼い子を売ろうとし可愛さばかりアピールするショーケース販売をしているペットショップがほとんどです。窮屈で衛生上もよくないところに幼すぎる犬猫を入れて販売しています。そして安易にただ可愛いというだけで購入する人が後を絶ちません。そのくせ保健所の人って動物殺しても平気なんだねとか検討はずれなことをいう人もいます(その人たちは好きでやっているのではなくつらくてしょうがないのに)。

このようなことは欧米では考えられないことです。欧米では既に育って大人になっている犬猫を引き取るとこに何ら抵抗もなく、幼いほどいいなどという考えを持っている人はまずいないそうです。ちゃんと幼い時(社会化期)の大切さをしっています。それに大人の犬猫は前の飼い主にしつけられていてかえって初心者などが飼いやすいそうです(前の飼い主がきちんとした人ならですが)
でも日本ではTVや雑誌で取り上げられるのはやはり幼くて可愛い犬猫ばかりです(視聴率、購買者が獲得できるから)。それを見た人が触発されて安易に幼い犬猫を購入・・・と負の連鎖を繰り返しています.
行政に著名を集めて提出したりするのももちろんいいですが、規制が厳しくなれば今度は保健所ではなくその辺に捨てる人が増えかねません。
やはり飼い主のモラルの問題です。メディアにはこういった裏の現状こそ広めて、へたに触発するようなことを報道するのは控えてくれないかと頼むのもいいかもしれません。もちろん法律も厳しくすべきだと思います。    長い文章載せてすみませんでした。
2009/09/24(木) 12:16:49 | URL | 甘党 #-[ 編集]
ペット里親会 

私は以前からファミリーさんのHPを読んでいますが、この記事もいいですよ↓

引き取り時の啓蒙活動全く無し!・・

http://www.animal-family.org/index.php?itemid=880

横浜市の処分指定獣医師からの不妊手術の必要性など、啓蒙活動がなかった現実についてなど疑問点ばかりが残ります。
皆様、、横浜市や各保健センタ-、横浜市獣医師会に意見をお送りして頂けたらと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

猫を殺せば税金からの1万円弱のお金が獣医に入るのです。儲けだけ考えてるような獣医ならば里親探しも啓蒙活動もないだろう。

しかしこんなことで'獣医が儲かって’いいのだろうか?
こんな風に特定の病院がもうかるようにできてるのはおかしいですね。こんな方法をしてる横浜市は全国からみても異質です。

税金がこのように使われてる事を市民はほとんど知らないのではないでしょうか?

このように猫が引き取られ殺されてる事をほとんどの市民がわかるように本来ならば横浜市がやらなくてはいけないのです!

したくないのか? 愛護団体も声をあげてますね。
新聞広告をだすのはお金がかかります・・草の根運動で、横浜市の方々にこの汚いやり方をしらせるしかないですね。
マスコミにもとりあげられるように、メールはしていますが・・

こちらも代表様も結様と同じように毎日お忙しそうです。
HPもとても為になります。皆様もどうぞ前の記事も見て
見てくださいね!



2009/09/17(木) 07:29:19 | URL | (^^) #hSCFVYi.[ 編集]
納得
NPO法人 横浜アニマルファミリー理事長様の言葉には
納得できるものがあります。
普段、なんとなく、思っていたことを
的確な文章にしてくださった、という感じです。

私も、もう少し、市の広報なりが
市報や、TV等で、啓蒙してくださったら
もう少し、人々の意識が違ってくると思うのです。

すべては「意識」から始まる、そんな気がします。
今まで、申し訳ないのですが、NPO法人 横浜アニマルファミリーさんの存在を知りませんでした。
素晴らしい活動をなさっていますね。
アップしてくださって、ありがとうございます。

2009/09/15(火) 20:47:20 | URL | ひろひろ #6facQlv.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する