FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 野良猫の去勢避妊無償 京都市 / 市が自ら不妊手術を実施 福岡市
2009年10月03日 (土) | 編集 |
里親会開催 10月04日(日) 大田区 ペットスマイル 蒲田店
動物センターより引き出されました沢山の子猫たちが、新しい飼い主さんを待っています。
里親会でお待ちしています。

koneko-satooyabosyu.jpg



「犬と猫と人間と」 イベント情報
■10/4 動物愛護トークイベントに出演します!
日時:10月4日(日) 13:00-15:30(会場12:00)
場所:東京カルチャーカルチャー(地図)
内容:それぞれの動物愛護のカタチ(マルコ・ブルーノ×飯田基晴)
   取材現場から見えてきた日本の現実(太田匡彦×調整中)
   「Rehoming」という選択肢(穴澤賢×新木美絵)
主催:ドッグアクチュアリー
お申込・詳細はこちらより、
http://dogactually.nifty.com/blog/2009/09/post-c0e8.html#more
■10月6日 横浜Cat Cafe Miysisにて、トーク&ダイジェスト上映!
Miysisは保護猫の里親探しなどの活動も行われているところです。
今回はユーロスペースでの前売券付きのお得なイベントになります。
日時:10月6日(火) 19時~20時30分
会場:Cat Cafe Miysis http://www.cat-miysis.com/
   関内駅徒歩5分 TEL:045-325-7166
内容:予告編+ダイジェスト上映&監督によるトーク
入場料金:1500円(渋谷ユーロスペースでの前売り券1400円付き)
席数に限りがあるため、事前予約制とさせていただきます。
miysis_yokohama@yahoo.co.jpまでお申し込み下さい。




素晴らしい情報をありがとうございます。

野良猫の去勢避妊無償 京都市 / 市が自ら不妊手術を実施 福岡市

京都新聞 10月3日(土)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009100100244&genre=A2&area=K00

野良猫の去勢・避妊を無償で実施
京都市方針

 京都市は1日、来年度から野良猫の去勢・避妊手術を無償で行う方針を決めた。市内の猫の殺処分数は犬の10倍以上に上っており、去勢・避妊手術を行うことで野良猫の繁殖を防ぐ。政令指定都市では初の取り組み。

 市内では野良猫の数が野良犬に比べて圧倒的に多いという。猫の殺処分数は年々減少しているものの、昨年度は1867匹と、依然として犬の159匹を大きく上回っている。

 野良猫はふん害や騒音など市民生活に悪影響を及ぼすことから、市は3月に策定した「市動物愛護行動計画」で、2018年度の犬猫の殺処分数を07年度の6割に減らす目標を掲げ、具体策として無償で去勢・避妊手術を行うことにした。

 野良猫の被害に遭っている自治会などに、保健所の職員が被害状況や飼い猫でないことなどを確認する。自治会などがその地域の野良猫を飼育する意思がある場合に限り、市が野良猫を回収し、市獣医師会の協力を得て、家庭動物相談所(南区)で無償手術する。

 このほか市は、飼い猫を捨てないよう市民に呼び掛けるポスター(B4サイズ)を京都府警と作製。年内に市内各所に掲示する。

 市生活衛生課は「猫の殺処分数を少しでも減らしたい」としている。




西日本新聞 =2009/10/02付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/125695

九州 > 福岡

野良猫トラブルなくせ 不妊・去勢手術スタート 福岡市

2009年10月2日 02:28 カテゴリー:九州 > 福岡
 福岡市は1日から、住民有志がルールに基づいて世話をする「地域猫」に限り、市動物管理センターが不妊・去勢手術をする取り組みを始めた。猫トラブルを防ぐとともに、殺処分を減らすのが狙い。自治体や市民団体が費用を助成する例はあるが、市が自ら手術を行うのは九州初。全国でも珍しいという。

 市内2カ所(東部、西部)の動物管理センターに相談すれば、市が猫の成育状況を確認。周辺住民の理解を得た上で、住民有志が(1)餌やり場の限定(2)食べ残しの清掃(3)ふんの処理‐などのルールを定めることを条件に、市の動物管理センターが不妊・去勢手術を行う。

 市では、野良猫に関する苦情や相談が毎年千件を超え、殺処分は昨年度2650匹に上った。市は猫をめぐる住民トラブルを減らすため、飼い主のいない猫をルールを定めて地域で飼う「地域猫」活動の考え方をまとめたガイドラインを策定。今年4月には行政の対応を盛り込んだ実施計画をまとめていた。

 市生活衛生課は「猫1匹当たり1万-4万円の費用がかかる不妊・去勢手術を市が行うことで、野良猫とトラブルを減らしたい」と話している。

=2009/10/02付 西日本新聞朝刊=






ozisanto-12hikinoneko.jpg

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★次回里親会   ★シェルターの猫たち   ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg ☆動物達の為に、皆でつくる動物福祉病院
この病院は、恵まれない不幸な動物達を救うために、私達ひとりひとりの力を出し合って、ゼロからつくりあげる動物たちのための病院です。
目標額10,000,000円    8月30日現在合計額5,065,348円
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
もう一部のボランティアさんだけに猫たちのお世話を委ねるのには無理があります。

去勢・不妊手術をすることが多少の時間はかかりますが、確実に数を減らす最大かつ最良の方法です。
あとは温かくその猫たちの猫生を住民とボランティアさんとで見守って頂くそんな社会になって欲しいですね。
2009/10/04(日) 10:08:17 | URL | しんのすけ&大和の母ちゃん #o6.nH2Qo[ 編集]
とても嬉しいニュースです!
京都市と福岡市に拍手です(^^)
これも長年のボランテアさんの賜物だと感謝します。
これが全国に広まっていくことを心から願っています。
2009/10/03(土) 19:21:42 | URL | ハナミズキ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する