FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 頑張る行政 徳島・佐賀
2009年10月06日 (火) | 編集 |
☆次回里親会開催  10月10日(土) ペットスマイル下北沢店 雨天決行



命 生かすもの   命 生かされて感謝

「友愛」

自分が生かしていただいている事に感謝する心を持ち、他の命もまた生かしてあげようとする心を持ち、人も他の命も共に生きる社会にしたい。

命を奪ってはいけない。殺処分を止めさせなくてはいけない。





頑張る行政

徳島
毎日新聞 2009年10月1日
http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20091001ddlk36010612000c.html

県:「不幸なネコ減らしたい」 地域ぐるみで管理--来年度からモデル事業 /徳島
◇来年度から3年間
猫の殺処分や虐待をなくそうと、県は来年度から3年間、捨て猫や迷い猫を地域ぐるみで管理するモデル事業に乗り出す。住民や県獣医師会の協力を得て、飼い主のいない「地域猫」に不妊去勢手術を施し、繁殖を防ぐ取り組み。県は「猫の苦情を減らし、住民と猫の共生を目指す試み。処分される不幸な猫を少しでも減らしたい」としている。【岸川弘明】

 昨年度、県動物愛護管理センター(神山町阿野)で殺処分された猫は2467匹。犬に比べ若干少ないが、犬の殺処分数が過去10年間で減少傾向にあるのに対し、猫はほぼ横ばい状態が続く。「近所に野良猫が多い」「ふん尿が臭い」などと、センターに寄せられる猫の苦情も年々増加しているという。

 県生活衛生課の西條和芳・技術課長補佐(動物愛護・衛生担当)は「犬の飼い主には法律や条例で縛りがあるが、猫については明確な規定がない」と行政対応の難しさを訴える。県内にも猫の不妊去勢に携わる民間団体はあるが、2万円前後はかかるという手術経費の負担が活動の障壁となっている。

 モデル事業では、地域猫を巡る苦情が多く寄せられる地域から、自治会などを中心に住民主体で活動に従事できる10地域をモデル地域として選定。1地域20匹程度を不妊去勢し、半年後に住民アンケートを実施して猫による被害や苦情が減ったかを調べる。

 県内で猫の不妊去勢の啓発活動に取り組むボランティアグループ「ミルク」の平野登美子代表は「地域猫に無責任に餌をやる人もいるが、結果的には飼い主のいない可哀そうな猫を増やすことになる。行政のバックアップがあるのは一歩前進。命に対する意識向上につなげるきっかけにもなれば」と期待する。



佐賀新聞
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.904430.article.html
野良猫養い「地域猫」に 佐賀市が試行へ

 佐賀市は地域住民が野良猫を養う「地域猫」制度の導入を検討する。市の補助で避妊・去勢手術を施した上で、住民が餌やりやふん掃除などを担う。住民の世話や管理で野良猫によるトラブルを防止しながら、野良猫の数を減らしていくのが狙い。本年度中に基本方針をまとめ2009年度にはモデル地域で試行し、効果があれば本格導入する。
 佐賀市内の野良猫は現在約2000頭。親切心から餌をやり繁殖を助長したり、ふん害などのトラブルが多数寄せられている。しかし野良犬は狂犬病予防法で捕獲が認められているが、野良猫を捕獲できる法令はなく、有効な手を打てなかった。

 一方で、野良猫が町のネズミ退治など環境維持に一定の役割を担っている面があることも重視。猫との共生へ地域による適正な管理態勢の検討を決めた。

 想定では避妊・去勢手術の済んだ猫に識別のため印をつけ管理する。5月には猫との共生の指針となるガイドラインの検討委員会を発足。地域で面倒を見る“飼い主”や餌のやり方、行政の役割なども検討する。

 市環境課は「厄介者扱いするのではなく、うまく管理することで不幸な猫が増えないし、住民も助かる」と話す。

【写真】佐賀市には約2000匹の野良猫がいる。市は野良猫を地域住民が養う「地域猫」制度の検討を始めた




ozisanto-12hikinoneko.jpg

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★次回里親会   ★シェルターの猫たち   ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg ☆動物達の為に、皆でつくる動物福祉病院
この病院は、恵まれない不幸な動物達を救うために、私達ひとりひとりの力を出し合って、ゼロからつくりあげる動物たちのための病院です。
目標額10,000,000円    8月30日現在合計額5,065,348円
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
初めましてこんにちは
大阪にも地域猫の活動をと思ってます。
とても参考になります。
好きで自分の意志で野良猫になった訳ではないのです。
野良猫さんは、人の悪意の産物です。
もの言わぬ弱者です。
かわいそうな猫さんに手を差し伸べてくださって
ありがとうございます
2009/10/07(水) 13:18:26 | URL | syanmao #-[ 編集]
最近、財政状況が厳しい、地方の方が頑張っているようです
東京の中野区では、去年の区議会で避妊手術の助成金が決まったのに、いざとなると、野良猫のえさやり禁止条例とセットとしようとして、それが無理となると、山田区長は、「助成金をだすなんて、言ってない」とウソあでつくしまつ、明らかに時代に逆行してます
2009/10/07(水) 10:20:15 | URL | キキママ #92eFZkuY[ 編集]
はじめまして。

とても嬉しい記事ですね。
このような試みをもっといろんな地方自治体がしてくれるようになれば良いですよね。
もし宜しければこちらの記事を私のブログに転載させていただけないでしょうか?
2009/10/06(火) 22:29:37 | URL | みん #-[ 編集]
なんとか自分の市も
自分が住んでいる市にも、ペットの命について
考えて欲しいと、メールを送ったりしていますが
このような記事も、参考として送っています。

行政は民間の声を待っている、ということが
あることを、こちらで紹介のあった
mimiさんの本「君はぼくの声になる」で
教わったからです。
2009/10/06(火) 11:50:34 | URL | ひろひろ #6facQlv.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する