FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 殺処分かわいそう
2009年10月17日 (土) | 編集 |
白内障のペロ(猫)行方不明  10月6日横浜市旭区さちが丘179から行方不明

開催日までバナーをトップに固定致します。日々の記事はこの後に続きます。
kuresu.gif

   動物愛護チャリティーセミナー
 「飼い主のためのドイツ自然療法」
日時:2009年12月13日(日)午後2時~5時
会場:代々木研修室4F会議室(JR代々木駅西口徒歩1分)


ドイツで活躍中の獣医師、クレス聖美先生来日!ドイツ自然療法に対する正しい知識を日本の皆様にお伝えします。
収益を動物愛護活動に携わる団体・個人に寄付する目的の動物愛護チャリティーセミナーです。
趣旨にご理解ご賛同の皆様、ブログやウェブサイトにバナーをおいて広く参加を呼びかけてください。
「多くの不幸な動物たちを救えたらと願っての動物愛護チャリティーセミナー ですので、協力を御願いしたいのです。」と、クレス先生の言葉です。
不幸な動物達と愛護活動に携わる人を応援する獣医師を、私達は応援します。

当日は、私、結 も、セミナーに参加します。ご一緒しませんか。名札をつけていきます。




当会では、今、行方不明の犬の捜索をしています。
17日、川崎市幸区より首輪のない柴犬が数日前から放浪しているとの連絡を頂きました。
その、数日前にも他の方から通報を頂きました。

警察に届けたら、殺処分の可能性が高い。それを知っている人にはどうして良いかわからない。
市民の感情は、「可哀そう、助けてあげたい。」
自分が保護できる環境にない、警察や保健所、動物センターに届ければおそらく殺処分に。
だから手を出せない。

人間の子供が迷子になっていたら、迷わず保護するでしょう。
犬猫は保護といいつつ、正反対の殺処分になる確立が限りなく高い。

どうしたらいいでしょうかと訊かれても、すぐに警察や保健所に届けてくださいと安易には言えません。
「可哀そう、助けてあげたい。」と思う普通の人間感情を持っているからです。

センターに連絡して、探している飼い主がいないか調べてもらってください。
飼い主らしき人がいたら情報を提供して犬を探しに来てもらえるといいのですが・・。
そんな、中途半端なことになってしまいます。

警察に届けることは良いことと思い、迷子犬を救ってあげられたと思ったのに、あとから殺処分された事を知ったら、自分のした事をどう感じるでしょう。自分があの犬を殺してしまったと心が傷つき一生、悔いる人もいるでしょう。

犬猫の迷子はありえることなのに、その受け皿は保護より殺処分の確立が大きい、そんな事ではいけないと思います。迷子になったら、捕まったら最後のような社会ではいけないと思います。悲しすぎます。

安心して助けてあげられる環境をはやく作り上げましょう。

愛犬家の皆様へお願い
動物センターに収容される犬の多くが名札を付けていません。保護されたとき電話番号さえ付いていれば、お家に帰れるのです。
動物センターに収容される前に放浪しているのを発見された時点で、電話番号さえついていれば安心して保護してあげられるのに、自分には保護場所がなく動物センターで殺処分されるのは可哀そうで手が出せずそのまま放浪している犬もいるのです。
家の犬は大丈夫と思っている方も、どうか、愛犬の万が一の命を守るために名札をつけてあげてください。言葉がない動物への、それが飼い主の愛・責任だと思います。




産経ニュース

「迷い猫処分かわいそう」 逃がした兵庫県警職員を訓戒処分に_兵庫
 交番に届けられた「迷い猫」が殺処分されるのはかわいそうだと、逃すよう指示した兵庫県警の警察署勤務の男性職員が、届けを受け付けた際に作成した書類の廃棄も指示していたとして、所属長訓戒の処分を受けたことが6日、県警への取材で分かった。

 県警は「親切心から出た行動だが、公文書の廃棄は問題」と処分に踏み切った。県警によると4月8日、9歳の男児が路上で猫を見つけ交番に届けた。飼い主が分からないと動物愛護センターに送られ殺処分になるため、職員は「飼い主の元に戻る習性がある」として、猫を見つけられた路上に戻すよう交番に指示。「戻るだろう」と考えて書類の廃棄も指示したという。

 翌日、猫の遺失届を出した飼い主が、逃したことを聞いて苦情を訴え、警察署は情報提供を呼び掛けるポスターも作ったが、猫は見つからなかった。

産経新聞 2009.10.6 21:05
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091006/crm0910062106021-n1.htm






☆2009.10.25 毛皮反対デモ行進
☆10月25日(日) 第4回「梅小路公園の未来を考える会」ご案内


ozisanto-12hikinoneko.jpg

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★次回里親会   ★シェルターの猫たち   ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg ☆動物達の為に、皆でつくる動物福祉病院
この病院は、恵まれない不幸な動物達を救うために、私達ひとりひとりの力を出し合って、ゼロからつくりあげる動物たちのための病院です。
目標額10,000,000円    9月30日現在合計額5,093,348円
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
兵庫県の迷子猫のお話しは切ないですね。
職員の方の、処分になってはかわいそうだから、という
気持ちは、人間として当然のことではないでしょうか。
ただ、やり方がもう少し他の方法もあったのでjはないかと
思われますが。
飼い主の方も、ここでおっしゃているように、
迷子札とかを猫につけていれば
猫も不幸にならず、職員の方の訓戒も避けらたはず。
職員の方の気持ちも大切にしたく、
「今回のところは訓戒は免除していただけたら」というメールを
兵庫警察に送りました。
2009/10/18(日) 12:36:41 | URL | ひろひろ #6facQlv.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する