FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 本日里親会/杉本彩 PETA毛皮反対広告/年間4000頭の犬猫を殺す横浜市動物愛護センターとは
2009年11月01日 (日) | 編集 |
☆本日里親会です 11月1日(日) ペットスマイル 蒲田店
子猫30匹~なついている成猫まで多数参加します。



杉本彩 PETA毛皮反対広告



太田正孝横浜市議会議員の掲示板より
http://www.ota-masataka.com/

恐ろしい「ドリームボックス」 投稿者:M機関報告 石井 投稿日:2009年10月31日(土)20時42分36秒

「ドリームボックス」とは、横浜市動物愛護センターに設置する動物殺処分用の部屋の事である。

二酸化炭素を使って、年間4000頭の犬猫を殺す。

動物愛護の美名に隠された「アウシュビッツのガス室」同様である。

宗教団体で、政治的集団のK党関係者が、この設備を提供するということを、関係者が証言
している

動物愛護団体は、何故黙認するのか!



※転載歓迎

横浜市動物愛護センター、開設準備中

良いセンターにするため、今がチャンスです。 どんどん意見を届けましょう!


こちらは、太田正孝横浜市議会議員の掲示板です。
http://www.ota-masataka.com/それぞれに、いろいろな場所で意見が交わされよい方向に向かってほしいと思います。
動物愛護センターは、純粋に動物愛護のための施設でなければならないと思います。
横浜方式のような獣医師会委託で猫を殺処分し続け、莫大な税金が獣医師会に流れ込むようなシステムは、きっぱりやめて、行政の責任において真の動物愛護を推進する立派なセンターにして頂きたい。
そのためには、議員の掲示板に寄せられている声のような、センター設立に関わる裏の問題はすっきりさせる必要があり、センターの業務内容については一度白紙に戻し、広く民間の声を募るべきではないかと私は思います。


横浜市では、現在、総工費37億円をかけて、動物愛護センターを建設中です。
国内最大規模の愛護センターです。
横浜市動物愛護センターが不幸な動物達にとって命をつなぐセンターとしてスタートできるよう、意見や要望を横浜市に届けませんか。
どんな事業をしてもらいたいか等、たくさんの声を届けていただきますようお願いいたします。


ほんの1例です
※愛護センター内で、飼い主不明猫に無料で不妊去勢手術を行ってください。
※収容されている犬猫の譲渡会をセンター内で頻繁に行ってほしい。(市役所前広場や、各区役所内などでも、譲渡会を主催し、譲渡数を増やしていただきたい)
※土曜日、日曜日、祝日もセンターを開けてほしい。
※横浜市内だけではなく、市外のボランティアの力も借りてほしい
※収容動物がをテレビや広報よこはま、新聞などで公開してほしい
※殺処分はできるだけ早くなくすようにしてほしい


意見のあて先は
横浜市健康福祉局総務部総務課にお願いします。
電話: 045-671-2380 ・ 045-671-2380
    FAX: 045-664-4739
    メール




「ちいさなチカラ http://love.ap.teacup.com/seri_ai/

link_mini_seri.jpg

☆こちらのブログをさかのぼって読ませていただきました。
        皆様も是非・・・  そして、感じてください。
「命のかたち・・・心のかたち・・・つちびと作家・・・可南ギャラリー
http://www.saki-world.com/kanan/index.html
1225036859.jpg



ozisanto-12hikinoneko.jpg

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★次回里親会   ★シェルターの猫たち   ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg ☆動物達の為に、皆でつくる動物福祉病院
この病院は、恵まれない不幸な動物達を救うために、私達ひとりひとりの力を出し合って、ゼロからつくりあげる動物たちのための病院です。
目標額10,000,000円    9月30日現在合計額5,093,348円
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
はじめまして、可南です。
ずいぶん遅いお礼になってしまいましたが、私のブログを御紹介くださりありがとうございます。動物達の命を救うため真摯に活動なさっているお姿、頭が下がります。
同じ50代という事を知れば、尚更でした。
ご縁をいただけたこと、とてもうれしく思います。
ありがとうございました。
2009/11/06(金) 17:53:50 | URL | Kanan #5e0PjV5I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する