FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 ☆フォスター・ペアレント様 ありがとう。(ビバちゃん)
2010年01月14日 (木) | 編集 |
☆フォスター・ペアレント様 ありがとう。

ビバちゃん

フォスター・ペアレント S様(横浜市)




残された時を・・

CIMG4572.jpg

CIMG4584.jpg

猫の白血病キャリアだったビバちゃん、FIPの症状(お腹の腹水がいっぱいです。)で末期の状態です。
フォスター・ペアレント様にも連絡がとれました。
元々、ご自身もお外の猫さんたちの事を気にかけて下さっている方でご自宅にもワンちゃん猫ちゃんがいます。
ビバちゃんの境遇から何かできないかととてもお気遣いをいただいております。

この子は、三年前に私が働いていた職場の前の駐車場に現れてTNRしようと捕獲した子です。
異常が見られ白血病を持っている事がわかったためにそのままもどさずに保護し三年になります。ベッタリなついていて環境にも馴染んでくれて体調は回復、それからというもの当会では一番の食べたがりやさんで一日の大半はキッチンを居場所にしていました。
給食の準備の時は絶対に一番先、器に盛り終わらないうちから顔を突っ込んで食べ始めます。
そんな元気な様子を、「ビバちゃん、邪魔だよ。」と言いながらも心では嬉しくて可愛くて、ボランティアさんたちと共に可愛がり見守ってまいりました。

年末から三日間ほど、ちょっといつものようにキッチンに飛び乗らないね、と思いましたらそのまま食欲は激減していき、お腹に腹水が大きく溜まり、痩せて背中の骨がゴツゴツしてくるというFIP特有の症状になりました。
今日現在、一口食べるかどうかなという状態にまでなりましたが、もともとの甘えん坊の性格で、それでも小さくゴロゴロいって頭をすり寄せてきます。

とにかく苦しみを少しでもなくせるようにできる限りの事をしてあげましょうと、フォスター・ペアレント様とお話しさせて頂きました。

             フォスター・ペアレント制度



●アンケート 締め切り1月22日
横浜市動物愛護センターアンケート.pdf
●署名(つくば市独自の動物愛護政策の導入を求めます) 期限は2月半ば
http://www.capin.jp/Signature_091123.pdf
オンライン署名はこちら
http://www.shomei.tv/project-1400.html



「TNRってなあに?」 

☆動物達の為に、皆でつくる動物福祉病院
pittobana.jpg    この病院は、恵まれない不幸な動物達を救うために、私達ひとりひとりの力を出し合って、ゼロからつくりあげる動物たちのための病院です。2010年、開業届け提出のうえ、不妊手術と動物センター引取りの猫の譲渡事業を推進します。
   目標額10,000,000円達成で設備を整え、一般診療等を充実していきます。   
   目標額10,000,000円   1月8日現在合計額5,907,383円

看板
<求人募集獣医師> 院長候補 アルバイト パート
保護猫の治療や健康管理、不幸なノラ猫を減らすための不妊手術、一般診療等を行い、動物福祉を考えた命に優しい病院を目指します。 動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、臨床経験を積みたい方、出勤時間や曜日の希望など何でもお気軽にご相談ください。   メールフォーム



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★次回里親会   ★シェルターの猫たち   ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

スポンサーサイト