FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 11-9
2006年11月09日 (木) | 編集 |
yomiuri001.jpg

まあ、なんという記事でしょう?何が言いたいのか?
「着工前に義務付けられている建築確認申請をしていないことが8日わかった」
「そのようなものが必要とは、全く知りませんでした。でも、読売新聞記者様、あなたは、知っていたのでしょう。前の件もあってずっとこのシェルターの経過を追っているのですから。だったら、出来上がるのを待って、人が失敗するのをしっかり見届けてから、愛護団体、違法建築なんて記事にしなくたって、途中で、結さん、これは、申請が必要なんですよ。早く出した方がいいですよ。と一言教えてくだされば済む事ですね~。それが、親切と言うものでではないですか。「あいつ、知らないでやってるよ。もうちょっとでネタになる。人が、ミスするのを待って、あいつは、違反者ですよといいふらすなんて、いじめの体質に似ていますねー。新聞記者である前に、人間として考えたほうがと思いますよ。ま、目的はよくわかりませんけどね。そんなにネタがないのか、ネタつくりのために人の失敗を待ってまで、記事にして手柄をたてたいのか、それとも、読売新聞が入っただけで、行政、随分びびってますけど、双方の間になにかあるんでしょうかね。はたまた、私的に、猫が大嫌いで猫なんかのためにこんなもの造るのがよほど面白くないのか、なんとしても潰そうとしてるのでしょうか。新聞には、もっと、果たす役割があると私は、思いますが。

で、なんですか。この、「木造、屋根や壁があり建築基準法上の建築物に当たる」というのは。
最初から、猫40匹保護するためのシェルターを造る話しでしょ。(当会は、一度も40匹なんて話しは、環境局局長から聞いてませんけどね。話し合いの席の記録公開して頂くとわかりますよ。猫は、富士見公園の猫100匹から150匹をどうするかで話し合いをしてきたのですから。)仮に40匹入れるとしたって、なんですか、猫40匹、屋根も壁もないシェルター?いったいどんなところに入れるおつもりだったのですか。何処の、素人が考えたって、猫が40匹入るのに屋根や壁があるの当たり前と考えるのが普通かと思っておりましたが、川崎市環境局だけは、そう思っていなかったということですね。おまけに、「市は、鳥小屋程度のものだと思っていた」ですってー。この発言は、ひどすぎる。命を何だと思っているのですか。鳥小屋程度のものに、猫40匹入れようと考えていた。これを実現させたら川崎市による動物虐待ですね。そんなものを造るかどうかで、大勢の職員が無駄会議を続けてきたわけですね。そして、やらなければならない最低必要なことさえもやらず、ボランティアにまる投げですか。問題が起きて、責任まで、押し付けないで下さい。私達は、本来、市がやらなければならないことを、やっているのです。やらなければ、弱者が、犠牲になるからです。
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック