FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 上げ馬神事 1馬転倒死「問題あり」/ 「犬の殺処分ゼロ」で、熊本市動物愛護推進協議会が日本動物大賞を受賞
2010年04月05日 (月) | 編集 |
Please help!

3月4日の蒲田里親会ご報告
子猫三匹のうち一匹は、風邪症状が見られ治療中、母猫共に参加を見送りました。
参加した二匹は、一緒にもらっていただく事ができました。
草子ちゃん、おかっぱちゃん、たけし君、あずきちゃんに里親様が内定、お届け、お試し飼いに入ります。

とてもなついている子達も、今までの飼われていた場所と保護されてからのTNR日本動物福祉病院内でのお部屋しか知らないために、新居にはとまどいがあるようです。少々、パニック状態になる子もいて可哀そうになりますが、恵まれない成猫たちに心をお留め下さった愛情深い里親様ですので、はやく環境に馴染んで幸せになってほしいと願っています。

ペットショップに行く前に!

シェルターや里親会から、飼い主のいない恵まれない猫たちを迎えてくださる方が増えている事を実感しています。
とても良い傾向です。もっともっと広がって欲しいと思います。
今、生きている命に尊厳を。
ありがとうございます。



○いきもの多様性研究所 様が、問題提起されています。
  http://www.jca.apc.org/~qzu03325/ikimono.html

三重で上げ馬神事 1馬転倒死「問題なし」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000542-san-soci


武者姿の若者が馬で土壁を駆け登る「上げ馬神事」が3日、三重県東員町の猪名部神社で始まった。神事は県指定の無形民俗文化財だが、馬を興奮させるため騎手以外の参加者が腹をたたく行為などが問題となり、今年は県文化財保護審議委員ら十数人が視察。1頭が転倒死したが、委員の1人は「一般的なアクシデントで問題行為は確認できなかった」と話した。

上げ馬神事をめぐっては、「動物虐待にあたる」として動物愛護団体から文化財指定の見直し要望があり、議論となっている。

観客らの熱気に包まれる中、花笠をかぶった6人の若者が交代して12頭に騎乗。「絶対上げるぞ」と声が飛ぶ中を約80メートルの馬場を疾走し、高さ約2メートルの土壁に挑んだ。

今回は、土壁の前に坂をつけて登りやすくするなどの対策をとり、「騎手以外の参加者が馬をたたかないようさらに徹底した」と地元関係者。1頭が壁を登れず転倒死したが、過去にも馬の死亡例はあったという。

神事は800年以上の歴史があり景況などを占う伝統行事。
4日も行われる。同県桑名市の多度大社の同神事(5月4、5日)も視察対象になっている。



ご意見を、お寄せください。

■意見送付先
○猪名部神社 4月4日にも実施予定
 http://www.inabe-jinjya.or.jp/
○多度大社 5月4日、5日に実施予定
 http://www.tadotaisya.or.jp/
○三重県庁
http://www.pref.mie.jp/






熊本市動物愛護推進協議会が日本動物大賞を受賞 「犬の殺処分ゼロ」で
更新:2010/04/02
http://news.jprpet.com/news-bin/Detail.cgi?rgst=00004032

犬の殺処分ゼロを目指した活動などに取り組んでいる熊本市動物愛護推進協議会が第2回日本動物大賞を受賞した。協議会による熊本方式の導入で昨年度の熊本市での殺処分はわずか1匹。

熊本市動物愛護センターには現在飼い主の見つからない犬など約50匹が保護されてる。不要犬と呼ばれるこれらの犬は最終的に新しい飼い主が見つからなければ殺処分される。

殺処分は全国で年間10万匹近くにも上るなか、獣医師や動物愛護団体のメンバーなどでつくる熊本市動物愛護推進協議会は殺処分ゼロを目指し、熊本市動物愛護センターとともに犬の譲渡会など様々な活動を展開、日本動物大賞の受賞につながった。

協議会などで実施した犬の譲渡会は希望者に犬を譲るだけでなく、ビデオやテキストを使った講習を行って動物を飼うことの責任を認識してもらい、講習の修了証書を持っている人にしか犬を譲らない。

こうした熊本方式の導入によって昨年度の熊本市での殺処分はわずか1匹という成果を出した。日本動物大賞は近く東京で授賞式が開かれる。
日本動物大賞
http://jspca.or.jp/hp/index.html


■[環境省]動物の愛護と適切な管理

■住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン


■「子犬と子猫の適正譲渡ガイド」


不妊手術 殺処分ゼロへの道!
  TNR 推進プロジェクト


  「TNRってなあに?」 1kanban1.jpg



犬猫救済の輪では、里親会や富士見公園シェルターやTNR日本動物福祉病院ボランティア事業部で、お掃除や猫のお世話などに協力していただけますボランティアさんを募集しております。
logo41.gif


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

シェルターのボランティアさん達のブログです。
ボランティアさんのお家の子達も沢山登場します。ご訪問下さい。

●猫トモへの道  ●こにゃんこにゃんこ  ●シェルターの猫たち  ●うめばち日記
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg    

殺処分ゼロへの道!この病院は、不幸な動物達を救うため、私達ひとりひとりの力を出し合ってつくりあげる動物たちのための病院です。2010年、開業届け提出、不妊手術と動物センター引取りの猫の譲渡事業を推進します。
目標額10,000,000円達成で設備を整え、一般診療等を充実していきます。   
   目標額10,000,000円   3月24日現在合計額6,581,383円

スポンサーサイト