FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 民主党 「犬・猫等の殺処分を禁止する議員連盟」会長城島光力先生と面談
2010年04月17日 (土) | 編集 |
里親会続行 お待ちしています!

☆犬猫救済の輪主催 
  子猫成猫里親会 
  4月17日(土)18(日) 20日(火) 13時~17時 雨天決行
  川崎市川崎区大島4-23-13
  TNR日本動物福祉病院内


WS000027.jpg





民主党 「犬・猫等の殺処分を禁止する議員連盟」会長であられます国会議員城島光力先生より昨日お電話を頂戴し、本日、1時間ほど面談させていただく事ができました。

偶然、その前の時間までご一緒されていたという川崎市議会議員の飯塚正良先生もご同席くださって、これほど恵まれた機会はそうそう望んでも叶えれることではありません。

お忙しい時間を気にして急いで話す私にコーヒーのおかわりまでさせていただきゆっくりリラックスした中で、真剣に耳を傾けて下さいましたこと本当に感謝いたしております。


実は当会では4月12日に、先生に以下のお願いを申し上げました。

川崎市への動物譲渡専用シェルター導入のお願い


先生には昨年、民主党の動物愛護議員連盟を結成され、会長となられましたこと、大変心強く有り難く御礼申し上げます。

早速でございますが、松野頼久先生が提唱されている欧米型譲渡専用シェルターの川崎市への導入について、本日あらためて問い合わせさせていただきたく一筆啓上いたします。

川崎市動物愛護センターは従来殺処分数の大部分を占めていた猫についても、登録譲渡団体が増え(4団体以上)、センターに収容された猫の引き出しを積極的に行っております。また、私ども犬猫救済の輪では、今年、川崎区内に動物福祉病院を開設し、健康上の問題のある猫や離乳前の猫の譲渡にも対応できる体制を整えることができました。

川崎市動物愛護センターで殺処分となる猫は年間2000匹あまりです。
当会だけでも譲渡会の実施等で年間300匹程度の譲渡が可能であり、川崎市の殺処分は早い段階でゼロにできると思います。

ただひとつ、不足している要件は、収容スペースです。
現在のセンターは老朽化しており、何よりも手狭です。立地も良くありません。
新しい譲渡専用シェルターがあれば、団体、個人ボランティアともに、充分余裕をもって活動でき、かなり早期に殺処分ゼロが達成できると確信しております。

川崎市の財政は厳しいと思いますので、この譲渡専用シェルター補助金制度に申請し、川崎市に欧米型譲渡専用シェルター建設ができますようお願い申し上げる次第です。

この件につきまして、ぜひご面談いただきたく、大変ぶしつけでございますがご連絡いただけましたら幸いでございます。




神奈川県では、既に横須賀市に、また横浜市には39億をもかけた動物愛護センターの建設が進んでおります。
東京都も建設に向け国に補助を申請しております。
当会では、既に申請されております4都県はじめ全国どこからでも早期に譲渡専用シェルターが実現して欲しいと願っております。
川崎市も殺処分ゼロを実現するために必要と考えております。
特に川崎市に関しましては状況が把握できておりますこと、漠然とした話でなく譲渡専用シェルターがあれば早い時期に殺処分ゼロが実現できる見通しが立つことから話しが進めやすいのです。

今日の尊い時間が、犬・猫等の殺処分を禁止、殺処分ゼロの実現に向けた稼動の一歩となり、大きく前進していきますように先生方と連絡を取り合い、今この時から目標達成を目指して参ります。


http://www.animalpolice.net/kaigai/Germany1/

http://blog.pooch1.com/?eid=1000554

http://blog.goo.ne.jp/quantum0208/e/3472cb94ea8ad86a5bb22210d0c05ba9



民主党「犬・猫等の殺処分を禁止する議員連盟」


不妊手術 殺処分ゼロへの道!
  TNR 推進プロジェクト


  「TNRってなあに?」 1kanban1.jpg



犬猫救済の輪では、里親会や富士見公園シェルターやTNR日本動物福祉病院ボランティア事業部で、お掃除や猫のお世話などに協力していただけますボランティアさんを募集しております。
logo41.gif


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

シェルターのボランティアさん達のブログ
●猫トモへの道  ●こにゃんこにゃんこ  ●シェルターの猫たち  ●うめばち日記
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg    

殺処分ゼロへの道!この病院は、不幸な動物達を救うため、私達ひとりひとりの力を出し合ってつくりあげる動物たちのための病院です。2010年、開業届け提出、不妊手術と動物センター引取りの猫の譲渡事業を推進します。
目標額10,000,000円達成で設備を整え、一般診療等を充実していきます。   
   目標額10,000,000円   3月24日現在合計額6,581,383円

スポンサーサイト