FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 里親様待ちの子猫たち/長崎市「猫の適正飼育ガイドライン」
2010年05月27日 (木) | 編集 |
☆ 子猫里親会 no お知らせ

日時: 27日(木)・29日(土) 13時~17時 雨天決行

場所: 川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院内


t02200293_0480064010559289957.jpg
t02200293_0480064010559289949.jpg
t02200293_0480064010559289940.jpg

里親さん待ちの子猫達の様子
http://ameblo.jp/kenko323/day-20100526.html

毎日が里親会みたいに感じられるほど、最近は、里親会の回数が増えました。
1 匹だって、里親様を見つけてあげたいから頑張ってしまうのだけれど、さすがに眠くて眠くて広告の情報発信もできない私。
でも、ボランティアさん達に助けられてます。
この子達も、27日、29日のTNR日本動物福祉病院内で行なわれる里親会で皆様をお待ちしています。




頑張る行政(長崎市・猫の適正飼育ガイドライン)

http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/douai/pdf/6150-2.pdf (ダイジェスト版より)
地域猫活動
地域住民の絆を深める自治会活動です。
・自治会が中心となり、地域住民みんなで野良猫(飼い主がいない猫)の
飼育を行う活動です。
・動物ボランティアが手助けしてくれます。(飼い方等の指導)
・大事な不妊・去勢手術については、市としても補助等を検討しています。
・その他市として援助できることはやります。
⇒住民が協力し合って行う活動で、活動としてとても有意義な市民活動になりますよ。

心に響く長崎市「猫の適正飼育ガイドライン」を紹介します。
このようなガイドラインを読みますと、作り手の人柄までが伝わってきます。
えさやりさん、近隣住民両方の立場を良く理解たうえで、野良猫問題は市をふくめて皆で解決していこうと呼び掛けています。このような公平中立な調整ができるかどうかが行政の力量だと思います。

以下、長崎市「猫の適正飼育ガイドライン」より
http://www.city.nagasaki.nagasaki.jp/douai/pdf/6150-1.pdf

野良猫への無節操な餌やりにより、近隣住民へ様々な被害、迷惑を及ぼす人たちも、悪意を持ってやっているわけではなく、また、野良猫がかわいそうという優しい気持ちではあると言えます。ですから、餌をやること自体が悪い行為だとは言いません。餌をやる人も、一人で糞尿の始末、丌妊・去勢手術とすべてすることはできません。そこで近隣住民も、これは地域住民みんなの問題だとして、手を貸そうというわけです。放っておけば被害が大きくなり、自分たちも困る。それならば、一歩譲って、自分たちで被害を無くすようにしようとするものです。考え方によっては、“何で自分たちが他人の尻拭いをせねばならないのか!”と腹を立てるところですが、対立しているだけでは何の解決にもならないし、双方の主張が平行線で、お互い主張を通そうとするだけでは、拉致があかない。どこかで譲歩せねばならないということです。そこで、餌やりさんも、地域住民の方も納得のゆく公平な飼い方のルールを決め、野良猫を“地域猫”として飼っていこうとするものです。そこで、動物ボランティアグループが中心となり、実際に活動を指導、サポートします。



センターに持ち込まれる命。その多くは子猫です。
生まれてしまったと困る前に、どうか不妊手術をしてください。
不妊手術は、動物愛護の第一歩です!

川崎市平成22年度ねこの不妊及び去勢手術補助のご案内

全国犬猫助成金リスト 



TNR日本動物福祉病院ボランティア事業部で、お掃除や猫のお世話などに協力していただけますボランティアさんを募集しております。只今、離乳前の子猫の飼育に大忙しです。週一程度、手を貸してくださいませんか。
logo41.gif


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

シェルターのボランティアさん達のブログ
●猫トモへの道  ●こにゃんこにゃんこ  ●シェルターの猫たち  ●うめばち日記
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg    

殺処分ゼロへの道!この病院は、不幸な動物達を救うため、私達ひとりひとりの力を出し合ってつくりあげる動物たちのための病院です。2010年、開業届け提出、不妊手術と動物センター引取りの猫の譲渡事業を推進します。
目標額10,000,000円達成で設備を整え、一般診療等を充実していきます。   
   目標額10,000,000円   3月24日現在合計額6,581,383円



スポンサーサイト