FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 アエラ調査による優しい自治体はどこか 川崎はB
2010年06月16日 (水) | 編集 |
☆ 次回 子猫里親会
   6月19日(土) 20日(日) 午後1時~5時 雨天決行
   川崎市川崎区大島4-23-13
   TNR日本動物福祉病院内


「川崎市 殺処分ゼロを目指して!」 をカテゴリーに追加致しました。
HPにも掲載して参ります。



アエラ、2010年6月21日号(表紙、北野武)P38~

全国自治体調査、59都市ランキング
犬に優しい自治体はどこか


判定
東京A 神奈川A 横浜A  川はB

その理由は、

Ⅰ)アンケートに基づき編集部で集計した「犬に優しい度」B
2)犬の引き取り数 177
3)返還、譲渡数 125
4)殺処分数  62
5)返還・譲渡率 71%
6)定点定時回収 未実施
7)犬の引き取り担当者 獣医師
8)犬引き取り時の手数料 有料
9)犬を引き取る際の飼い主の身元確認の有無 有り
10)同様に動物取扱業者確認の有無 無し
11)動物取扱業者からの引き取りの有無 無し
12)引き取った犬の保管期間 5日
13)引き取った犬の情報のネット公開 有り
14)成犬譲渡の有無 有り
15)動物愛護団体屁の団体譲渡の有無 有り
16)新たな飼い主等へ犬を譲渡する際の不妊手術の有無 飼い主に指導
17)殺処分の際の致死方法  CO2ガス
18)保管施設、殺処分の公開状況 保管施設は公開、殺処分は場合によって公開
19)殺処分の削減目標 06年度から10年で半減
   

犬に優しい自治体1位は、熊本市(殺処分ゼロに向けた取り組み09年度、453匹の犬を引き取ったが、そのうち411匹を返還・譲渡につなげた。収容中に傷病死した犬を除けば、殺処分した犬は1匹だけだった。
飼い主とことん説得
熊本市の場合、「引き取らない」ことにも力を入れている。捨てに来た飼い主に職員が徹底的に説得を行い連れ帰ってもらう。その結果が殺処分を減らした。


2位兵庫県西宮市 3位神奈川県
評価基準
「致死方法」「返還・譲渡率」「定時定点収集の有無」
 どれだけ里親探しに力を入れているかを判断できる「団体譲渡の有無」
「飼い主への啓発や職員のモラル向上につながる「情報公開度」
 引き取る際の「獣医師の関与度」


自治体による動物愛護への温度差浮き彫り

●下関市動物愛護管理センター 1億円殺処分機 職員獣医師の言葉「精神的な苦痛を取り除いてあげることはできません。だから、肉体的苦痛だけでもなくしてあげたかったのです。」
●大阪府2009年度から獣医師が麻酔薬を注射する方法に切り替えている。
●田島環境副大臣の言葉「捨てられた犬達を再飼養してもらうための体制作り、殺処分を減らそうという取り組みが必要」
●横浜市は総工費38億円をかけた横浜市動物愛護センターで2011年5月開設を目指す。「殺処分機は置きません。」殺処分ゼロを実践する独ベルリンの動物保護施設の資料などを取り寄せ、参考にしながら設計した。
「機械の導入に頼らず、譲渡を推進する事で殺処分を減らしていく決意です。」(横浜市動物愛護センター整備担当課長)
職員の育成が急務



先日の、飯塚正良市議会議員との会合では、具体的な話し合いができました。
熊本にも負けない川崎市の動物愛護行政の実現は、十分に可能です。
どの自治体も、みんな1番になって欲しいです。




殺処分をゼロに!1日も早い達成を!

センターに持ち込まれる命。その多くは子猫です。
生まれてしまったと困る前に、どうか不妊手術をしてください。
不妊手術は、動物愛護の第一歩です!

tnrba88x31.jpg

川崎市平成22年度ねこの不妊及び去勢手術補助のご案内
全国犬猫助成金リスト 

川崎市在住の方で川崎市動物愛護センター(高津区蟹ヶ谷)収容犬猫の譲渡を希望される方は、センターに電話でお問合せください。
川崎市動物愛護センター  電話 044-766-2237




◆映画「HOME」無料上映会のお知らせ
日時:6月18日(金) 19―21時"
http://www.jccca.org/


TNR日本動物福祉病院ボランティア事業部で、お掃除や猫のお世話などに協力していただけますボランティアさんを募集しております。只今、離乳前の子猫の飼育に大忙しです。週一程度、手を貸してくださいませんか。
logo41.gif


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

シェルターのボランティアさん達のブログ
●猫トモへの道  ●こにゃんこにゃんこ  ●シェルターの猫たち  ●うめばち日記
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg    


殺処分ゼロへの道!この病院は、不幸な動物達を救うため、私達ひとりひとりの力を出し合ってつくりあげる動物たちのための病院です。2010年、開業届け提出、不妊手術と動物センター引取りの猫の譲渡事業を推進します。
目標額10,000,000円達成で設備を整え、一般診療等を充実していきます。   
   目標額10,000,000円   3月24日現在合計額6,581,383円
スポンサーサイト