FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
  「ハーちゃん基金/「ねこばす」黒ちゃん両眼手術・茶トラ君里親会へ
2010年07月16日 (金) | 編集 |
nekobasu-yamanasi110.gif
リンクご協力お願い致します。

☆子猫と成猫の里親会 
7月16日(金)7月17日(土) 
13時~17時 雨天決行
▼ TNR日本動物福祉 病院内
  川崎市川崎区大島4-23-13
  
DSC01395.jpg




山梨「ねこばす」 の成猫たちも参加しておりますのでご検討ください。
どうぞ、お出かけください。お待ちしています。


山梨「ねこばす」の猫さんたちの救済活動が、個人ボランティアさんにより進められています。犬猫救済の輪では、頑張るボランティアさんと猫たちのために微力ながら協力させていただいております。
まずは、増えないように不妊手術からスタート。TNR日本動物福祉病院で行うことになりました。
1回目の捕獲が行われ、搬送されてきた「ねこばす」猫さんたちの中に、目の治療が必要な猫さんが二匹いました。一頭のキジトラは、結膜角膜癒着剥離手術を実施いたしました。

もう一頭の黒猫は両目とも塞がっていて手術をしてみないと中がどうなっているかわかりません。
両目が全く見えない状態で外で生きていくことは容易ではありません。
眼球が残っていること、せめてわづかでも見えてほしい、ボランティアさんも、私たちも、病院の獣医も願う気持ちは同じです。

現在、「ねこばす」さんには、温かいが支援が届いているそうです。
まず、全頭の手術を実現させることと、猫さんの給食に通うための山梨までの交通費が最低必要です。
一頭のために治療費をかけすぎてしまいますと他の猫たちが救えなくなります。

犬猫救済の輪では、この二頭の猫が今後幸せに生きていくためには、どうしても目の手術が必要との判断から、
犬猫救済の輪「ハーちゃん基金」 より支出して、TNR日本動物福祉病院でこの二頭に目の手術を受けてもらうことに致しました。



そして、二頭の眼手術は、不妊手術の麻酔をかけた時に同時に実施されました。

11 キジトラ白 オス 推定2才
エーズ陰性)白血病陰性)
目は見えていますが、両目とも結膜が角膜に癒着しています。
7月9日 去勢手術実施 両目結膜癒着剥離手術実施 三種混合ワクチン1回目接種
t02200165_0640048010631897948.jpg



10 黒 メス 推定2才
10kurotyan-mesu.jpg
両目が全く開いていません。痩せています。よく生き延びてくれたと思います。おじさんが一生懸命世話をしてくれたからおじさんだけを頼りに待って甘えて、今、命があるのだと思います。
塞がったままの両目は、不妊手術のための麻酔をかけたときによく診て、目の手術をするかどうか判断するそうです。少しの光でも感じさせてあげたいです。

まずは、不妊手術。流れるような手技で終了です。過去に子供を産んでいる子宮でした。
DSC01369.jpg

祈る気持ちの眼の手術が始まりました。
メスが入ると中から風船のように膜が押し出されてきてそれは水が溜まっていて眼球ではありませんでした。
眼球は残っていないのか。このまま閉じられるのか。それとも眼摘出されて縫合されるのか。
さらに獣医の手先が動く。息を飲む一瞬。
膜が切られた。水が流れ出す。
DSC01373.jpg
その奥に黒く見えるもの。眼球か。
DSC01366.jpg

DSC01365.jpg

眼球です。それも、濁りのない綺麗な宝石のような澄んだ瞳が・・・宝物を見つけたように、思わず歓喜の声を上げてしまいそうでした。
DSC01361.jpg
腫れてこないように縫合。両眼とも手術成功です。
この後は、数時間間隔で獣医による抗癌剤の目薬が投与されていきます。
DSC01371.jpg

目を開けたら見えるんだよ。
明るい光が、優しい人たちの顔が、あなたの幸せな未来が。
掴もうね。きっときっと、幸せを。

この子の、里親様を募集させていただきます。
どうか、ご検討、宜しくお願い申し上げます。

犬猫救済の輪「ハーちゃん基金」を使わせて頂きました。
基金への協力をいただいております皆様に、厚くお礼を申し上げます。

また、「ねこばす」櫻井様より、入院中の「ねこばすの子たちに食べさせてください。」とのことで前回と今回の搬入時に、支援者様から送っていただいたというドライフードその他、沢山の物資を頂戴致しました。
遠方からの皆様の「ねこばす」猫さんたちへの想い願い、しっかりとお受けさせていただきました。
犬猫救済の輪と致しましてTNR日本動物福祉病院スタッフとも力を合わせ、できます限りの協力をさせていただきます。
「ねこばす」猫さんたちの一部ご報告を申し上げ、ご支援に厚くお礼を申し上げます。



こちらは、7月21日殺処分予定(新しい飼い主さん・保護主さん緊急募集されております)
http://satooya-bosyu.seesaa.net/article/156381734.html


川崎市在住、隣接の都県市の方で川崎市動物愛護センター(高津区蟹ヶ谷)収容犬猫の譲渡を希望される方は、センターに電話でお問合せください。
譲渡動物情報 
http://www.city.kawasaki.jp/35/35dobutu/home/zyouto/centerzyouto/cat/list.html
川崎市動物愛護センター  電話 044-766-2237




支援物資ありがとうございます。
 HI様 HS様 ST様TS様 SH様 MT様 ST様 IM様 NK様 RS様 


●ご協力、お願い申し上げます。
・ボランティア ・フード支援 ・ワクチン代のカンパを!

・富士見公園シェルターやTNR日本動物福祉病院ボランティア事業部での、お掃除や猫のお世話、里親会のお手伝い。週一程度、可能な方は是非ご連絡ください。
logo41.gif

・子猫成猫用ドライフード、缶詰、レトルト

・沢山の数が毎日のように収容されるセンターでは怖いパルボウィールスへの感染がいつ発生してもおかしくありません。一刻も早くワクチン接種をする事で生存率は大きく高まりまたウィールスの蔓延を防止できます。現状では、センターではまだまだ予算等の関係でワクチン接種をほどこすことができません。
約1500円で、一匹の子猫にワクチン接種を受けさせてあげる事ができます。
子猫の引き出しと同時に、直ぐに必要となります医療やワクチン接種を多くの子猫達が受けられ、命が救われますように、カンパのご協力をお願い申し上げます。


支援物資受入先 (毎週火曜日午後2時から8時までのお時間でお受けさせていただいております。)
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛

カンパのお振込先
お振込先 郵便振替 口座番号    00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

シェルターのボランティアさん達のブログ
●猫トモへの道  ●こにゃんこにゃんこ  ●シェルターの猫たち  ●うめばち日記
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi

pittobana.jpg    


殺処分ゼロへの道!この病院は、不幸な動物達を救うため、私達ひとりひとりの力を出し合ってつくりあげる動物たちのための病院です。2010年、開業届け提出、不妊手術と動物センター引取りの猫の譲渡事業を推進します。
目標額10,000,000円達成で設備を整え、一般診療等を充実していきます。   
   目標額10,000,000円   3月31日現在合計額6,810,383円

<TNR日本動物福祉病院 獣医募集中>

スポンサーサイト