FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 横浜市動物愛護センターパブコメを募集しています。
2010年10月21日 (木) | 編集 |
☆次回里親会
10月24日(日)
▼ペットスマイル 戸越店 店頭
 東京都品川区戸越2-6-6
   戸越銀座商店街




転載歓迎
http://blogs.yahoo.co.jp/kaizaru7

◇◆THEペット法塾2010シンポジウム◆◇
『野良猫問題を考える』
~加藤元名人の猫餌やり判決を受けて~




転載歓迎

横浜市動物愛護センターパブコメを募集

当ブログ10月8日にお知らせしたように、横浜市が来年開所予定の動物愛護センターについてパブコメを募集しています。
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/hokenjo/genre/doubutsu/ikenbosyuu.html

横浜市動物愛護センターのこれからを見守る会が、この度、提出意見を公表されましたのでご紹介します。
尚、パブコメの締め切りは10月31日です。ご協力よろしくお願いいたします。

http://yokohamaaigo.web.fc2.com/


 ■10月1日付けで、「横浜市動物愛護センター運営計画案」が福祉局のホームページ上に発表されパ ブリックコメントの募集が始まっております。
 かねてより「動物愛護センターのこれからを見守る会」から要望書を提出してまいりましたが、今回の計画案については大筋では一定の評価が出来る内容になっていると思います。 但し細部については引き続き意見要望を提出してまいりたいと考えています。

ここまでたどり着けました事、約一年間にわたりご多忙中にもかかわらず私達市民と動物の為に様々な面から協力を惜しまず、心強い存在でいてくださった市議太田正孝先生に心から感謝を申し上げる次第です。

 尚、本日付で当会としての意見書を作成しましたので、福祉局に提出させて頂きます。
□横浜市動物愛護センター運営計画案についての意見
(案)(3) 譲渡事業の充実
収容した犬や猫について、健康状態や社会への適合性等をみて、市民や
動物関係団体等へ可能な限り譲渡を推進します。

(意見)団体譲渡を始めることで、譲渡数が増え、致死処分数減となることを期待しております。団体譲渡に際しては環境省の告示に沿って、近隣市外の団体にも譲渡事業に参加してもらい1頭でも多くの動物が良い終生飼養者に巡り合えるようお願いします。

(参考、環境省告示第26号の第3保管・返還及び橋渡し 平成18年1月20日)
4 保管動物の飼養を希望する者の募集は、近隣の都道府県知事等との連携を図りつつ、できる限り広域的に行うように努めること。この際、保管動物に関する情報の提供については、インターネット等の活用により広域的かつ迅速に行われるように努めること。
となっています
http://www.env.go.jp/hourei/syousai.php?id=18000006(添付資料1)

(案)(4) 市民ボランティア等との協働(ボランティアセンター設置予定)
本市動物行政の考え方を共有する市民ボランティアや動物関係団体との
連携により普及啓発などの事業を推進するため、「動物愛護ボランティアセ
ンター(仮称)」の設置を予定しています。

(意見)ボランティアセンターで活動する個人は団体同様、市外の人も対象として下さい。理由は前述同様、環境省告示第26号の考え方に基づきます。
市民でなくても、市内に通勤、通学しているなど、または横浜市に近いところに居住している等の人にも参加してもらい、人材と人員の確保をお願いします。
(案)(5) 飼い主不明の犬、猫の対策(不妊去勢手術・マイクロチップ装着)
飼い主の不明な犬、猫の頭数や苦情等を減らすため、適正飼育指導を推進
するほか、みだりな繁殖を防止するための不妊去勢手術と、動物逸走時の迅
速な対応や遺棄の防止を図るためのマイクロチップの装着を推進します。
また、いわゆる「地域猫」については、環境省のガイドラインに基づき、
18 区役所やボランティア、動物関係団体等と連携・調整して必要な支援を
行います。

(意見)飼い主不明への犬猫に不妊去勢手術やマイクロチップ装着は善意の市民の経済的負担にならない様に無償にし、愛護センター施設で量とスピードを伴って行ってください。

野良猫対策として全国で行われている地域猫ですが、横浜市は地域猫発祥の地でもありますので、全国の規範となるような事業を展開していただきたいと思います。当会は横浜市が本年公表されたガイドラインについて、主に行政不参加の部分に対し疑問を感じておりました。本案では行政、市民、ボランテイア三者協働をうたう「環境省ガイドラインに基づき」とされましたので、18区役所は環境省ガイドラインに記載されている行政の役割を担っていただきますようお願いいたします。また、地域猫は市街地、公園、公共の場など様々な場所で行われるので、関連の複数の部署と連携・調整を行ってください。動物愛護関連以外の部署に対して、地域猫の必要性と合法性を説明し、地域猫が部署を超えて共通の認識となるように働きかけをお願いします。

(案) (1) 傷病動物への緊急措置
交通事故等で動けない飼い主が不明な傷病動物(犬、猫等)への対応と
して、市内の動物病院で緊急的な治療等を行います。
(2) 収容動物の保護管理業務
ア 収容された犬、猫(*)の健康状態についての診察を行い、万一異常を認
めた場合には、観察室で必要な措置を行います。また、動物病院から搬送
された傷病動物についても引き続き治療等を行います。

(意見)傷病動物の保護、治療に積極的に取り組んでいただき深く感謝いたします。さらに返還や譲渡につながるよう、ネット等で広域に傷病動物の情報を迅速に公開することや、飼い主が現れない場合の譲渡の努力をお願いします。

(案)(3) 飼うことのできなくなった犬、猫の引取り業務(引取り時の終生飼育指導の徹底)

(意見)引き取り時の終生飼養指導の徹底は是非進めて下さい。
環境省は「犬又はねこの引取り業務に当たっての参考事項」の送付について
平成2 1 年2 月4 日事務連絡として以下の文書を出しております。
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室長から各都道府県・指定都市・中核市動物愛護管理主管課(室) 長あて
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/files/n_06.pdf(添付資料2)
横浜市におかれましては以下の環境省事務連絡に沿って、引き取り業務の厳格化とリピーター対策等に取り組んでいただきたいと思います。

(案)土曜日の開所

(意見)見学者、里親希望者、グループ活動などにとって土曜日の開所は利用者の便宜上大変ありがたいと思います。さらにゴールデンウィーク等家族ぐるみの利用者が増えるような日の開所も検討してください。

全体を通して

(意見)
横浜市動物愛護センターには市民の税金だけではなく国からも約6億円という補助金が費やされていることから、国民の期待に応えられるような運営を希望いたします。今回の案には環境省その他、国の方針に沿う方向が明確に伺えます。しかしながら、実際にセンターに命を吹き込むのは センター運営に係る「人」にかかっていると言っても過言ではないと思います。
何よりも命を慈しみ、難題にひるむことなく取り組んでいただける所長、命をつなぐ事業に創造的な企画力を発揮できる職員、専門的知識を駆使して動物が快く社会に受け入れてもらえるような提言ができる協議会委員、具体的な現場活動のスペシャリスト等が強く求められております。
新しい横浜市動物愛護センターが動物とのかかわりを通して次世代の青少年の成長に大きく貢献できるよう、心あるスタッフの配置を心よりお願い申し上げます。

最後に、案を作成された健康福祉局の担当の皆様に深く謝意を表します。



犬猫救済の輪
・ムーミンちゃん、永眠10月20日(水)
・叶ちゃん危篤、呼吸困難
・絹ちゃん、癲癇症状

●ご協力、お願い申し上げます。
・富士見公園シェルターやTNR日本動物福祉病院ボランティア事業部での、お掃除や猫のお世話、里親会のお手伝い。週一程度、可能な方は是非ご連絡ください。
logo41.gif

●ご協力、お願い申し上げます。

子猫・成猫用缶詰(できましたらあまり小さな缶でないもの)種類問いません。
猫用トイレの紙砂
・せんたー引出の子猫をパルボウィールスの脅威から守るためにワクチンカンパにご協力ください。約1500円で、一匹の子猫にワクチン接種を受けさせてあげる事ができます。多くの命が救われますように、ご協力をお願い申し上げます。

支援物資受入先 (毎週火曜日午後2時から8時までのお時間でお受けさせていただいております。)
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛

カンパのお振込先
お振込先 郵便振替 口座番号    00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 

いつも、お世話になりましてありがとうございます。


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

消えていく命

シェルターのボランティアさん達のブログ
●猫トモへの道   ●シェルターの猫たち  ●うめばち日記
★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi


pittobana.jpg    
「TNRってなあに?」 1kanban1.jpg
殺処分ゼロへの道!この病院は、みんなで力を出し合って作り上げる不幸な動物たちの福祉のための病院です。2010年、開業届け提出、不妊手術と動物センター引取りの猫の譲渡事業を推進します。
目標額10,000,000円達成で設備を整え、一般診療等を充実していきます。あと一歩。絶大な協力をお願い申し上げます。

目標額10,000,000円   8月16日現在の合計額は7,336,383円です。ありがとうございます。
<TNR日本動物福祉病院 獣医・AHT募集中 アルバイト可>
スポンサーサイト