FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 犬里親募集/リハビリのための新しい病院
2011年02月15日 (火) | 編集 |
車の運転は殆ど右手右足ですから自分では大丈夫と思っていますが、前の病院のリハビリで注意力が低下している可能性もあると言われておりましたのでしばらくはいつも走る道以外はやめておきます。自分のことだけではすみませんから。
猫タクシーのFさんの送迎でこんな楽しちゃっていいのかな。リハビリを受ける新しい病院に行って来ました。

リハビリ室に入りますと、前と同じように理学療法士の先生と、理学作業士の先生がおられ、紹介を受けました。
お二人の先生がこれから私の担当ということです。
お話をしながら(猫のはなしとか・・)これからのリハビリ計画を立てることに。

退院してから、忙しい三日間を過ごした私は、その時間の中で、さほど問題ないと思っていた左手があまりにも力が弱くて作業を上手くできないことを何度も実感しました。このままじゃまずいな。そこで、今度の病院では、まず左の指、手首、腕、肩の動きに重点をおいて相談いたしました。
握力を測定したり、指や腕を動かしてみたりして先生がおっしゃったことは、「早くにいいほうにいけそうです。」とおっしゃって下さいました。
今までだって毎日ちゃんとリハビリしてきましたからちょっと不安だったのですが、「ホントウ、回復しますか。」
先生は、「まず、指に力を加え、それからその力を腕へ、そして肩へと順番に伝えていく、それがスムーズにできるようなリハビリからやります。」というようななんとなく納得いくような説明をされてリハビリ開始。これからの1回の作業療法は約40分だそうです。


それから、足と体、こちらの担当の先生、なんだかやたらとやさしすぎるので
「先生、私、普通じゃないですから、大抵のことは耐えられますから。やったっていう実感が得られるくらいやって下さいね。」
「では、まず、普通に歩いてみて下さい。」
それから、先生、私の歩き方を何度も見て
「ただの板ですけど、これに足の内側、親指側だけのせて爪先立ちしてください。」
私が、地面を踏んだ時に強く踏んでいる力を感じないと言ったものですから、左足の親指にしっかり力を入れて踏み切れるようにするためのトレーニングのようです。
それから、もともとの悪い姿勢と体型、今までのリハビリ効果は抜群でしたけどまだ直りきってはいない。
「今までは・・」
ってきかれたので、「上半身が左にはっきり傾いているので、上半身だけ右に20回動かしてとめる。」
先生「そんなことできるの?ボク、できるかなー。」
「できますよ、先生。私、なおさなくちゃならないんです。頼みますね。」

前の病院で頼りきってやっていたのとはかなり違う雰囲気ですけど、何でも言わせてもらって良い結果にもっていけたらいいです。
こちらの方は、本日、これからの計画できず、先生「いろいろ考えておきます。」

毎週、月・水・金曜日 新しい病院でリハビリを継続してまいります。




リハビリからTNR日本動物福祉病院へ直行  雪が降り始めました。本格的ー。
犬たちの散歩、どうしてそんなに喜ぶのよ。走れないって言ってるでしょ。
3頭目のお散歩ワンコは、少し前にセンターから引き出した甲斐犬ミックス。

03448s.jpg
里親さんは決まったのですが、大きな乳腺腫瘍があったために右側、左側二度に分けての全摘手術のためTNR日本動物福祉病院に入院中。
術後の経過もよくて、寒さも雪もなんでも嬉しい元気いっぱいの姿に、一緒に喜んでお付き合いした私でした。が、私はやっぱり寒かった。リハビリ用のシューズはびしょびしょだし。
明日には、心配している飼い主さんのところに帰れるチョコちゃんです。







こんな雪の日にと思うけれど、TNRは連日です。
手術の終わった猫さん達をリリースのため車に乗せます。
21:00過ぎ、こんなに降るとは思っていなかったボランティアさん達を駅まで車で送り
22:00寒さが気になる富士見公園シェルターへ 
中からライトの光が  寒さを気にしてボランティアさんが来てくれていました。
ストーブの灯油が切れないように追加してくれたり、それでもシェルターの温度は9度。ホカロン40個を猫ハウスに入れてくれたそうです。
美味しい缶詰も追加されていて私が行ったときには、30匹の猫達みんなぬくもりに包まれていました。車に積んでいったフードをシェルターにおろして私は急ぎ羽田のリリース場所へ。
これで今日の活動終了。積もってきた雪に徐行運転。ガソリン切れそうだけどとにかく走れなくなる前に家に帰らなくちゃ。
23:00 無事、帰宅しました。ふー。




里親募集

川崎市動物愛護センターより、チワワのオス と シーズー×ペキニーズミックス(かなり大き目)オスを引き出しました。ワクチン、不妊手術済 フィラリア検査陰性 里親様を募集致します。
明日、写真掲載予定、ご検討宜しくお願い申し上げます。


川崎市動物愛護センター ミニチュアピンシャのオス  柴犬穏やかな性格の老犬 が保護され新しい飼い主様を待っています。川崎市在住、隣接の都県市の方でご検討いただけます方は、直接川崎市動物愛護センター譲渡担当者(電話 044-766-2237)までお問合せ下さい。<転載歓迎>
CIMG7065.jpg

CIMG7074.jpg
CIMG7075.jpg




五十歳の志から五年 「今、思うこと」
 「犬猫救済の輪」 「TNR日本動物福祉病院」 代表 結 昭子



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クイックをお願い致します。

★次回里親会     ★『犬猫救済の輪』    ★ 犬猫救済の輪@mixi


「TNRってなあに?」
 1kanban1.jpg

動物福祉病院設立基金
目標額10,000,000円   現在の合計額は8,508,846です。ありがとうございます。

「動物福祉病院設立基金のお願い」につきましては、本開業日の2011年2月2日をもちまして閉め切りさせて頂き、後日、会計報告をさせていただきます。宜しくお願い申し上げます。
              2010年12月27日  犬猫救済の輪 結 昭子  


pittobana.jpg     
スポンサーサイト